阪神自動車航空鉄道専門学校「ミニバイク走行会」 レポート

2008年10月28日、阪神自動車航空鉄道専門学校 二輪コースの一年生17名が、
サーキット走行実習に堺カートランドへやって来ました。

午後からコース貸切で、「初めてのサーキット走行」
ほとんどの学生さんがミニバイク初体験。
普段から乗ってる自分のバイクとは、違うミニバイク、そして初めてのレーシングコース。
オートバイの走行技術の向上、整備技術、走行会やレースなどのイベント運営についてなど
実際に体験して将来必要な知識を学習する授業となっています。

さてさて、初体験がいっぱいの走行実習の密着取材フォトレポートです。


初めてのサーキット走行

サーキットへ到着し、マシンの準備。事前に学校でバッチリ整備して来ているので、整備は冷却水、空気圧調整、各部のチェックと手早く進みます。 

初めてのサーキット走行

走行前に先生からの最終的な指導があります。ポイントはやっぱり「安全」。

初めてのサーキット走行

コース走行はスポーツですから、事前の準備体操でしっかり体をほぐします。

初めてのサーキット走行

いよいよ走行開始。先生の先導でコースとマシンの状況を把握。

初めてのサーキット走行

ゆっくりとしたペースで、先生の走行ラインをトレース。

初めてのサーキット走行

ピットでは、学生さんの質問に先生が身振り手振りで回答します。「あのコーナーは、手前でしっかり減速して、アクセル開けながらクリアする」なんて感じ。

初めてのサーキット走行

コースとバイクに慣れ、走行にリズム感が出てくるとライディングフォームも決まりだします。

初めてのサーキット走行

コーナーの出口を確認して走行を続ける学生さんの走り。このコーナーは出口にギャップがあるので難しい所です。

初めてのサーキット走行

さすがバイクを勉強している学生さんです。ラップ毎に上手になるのが判ります。

初めてのサーキット走行

先生のお手本走行。

初めてのサーキット走行

学生さんの同じ場所。初めてのミニバイク走行でこれくらい走れるって凄い。

初めてのサーキット走行

勢い余って転倒も。でも転倒した学生さんはピットでずっと「何で転んだのか」ってしきりに考えてました。その研究熱心さに脱帽です。

初めてのサーキット走行

先生の乗るNSR。午後から先導車として、また学生さんの走りを見ながら終了まで連続走行。3時間以上走行を続けた先生の体力も流石。

初めてのサーキット走行

計三回の走行で、こんな感じで走れるようになりました。結構決まってます。

初めてのサーキット走行

日が傾いてきて、もうすぐ実習終了。

初めてのサーキット走行

走行時間いっぱい実習は続きます。

初めてのサーキット走行

走行終了後、コースで記念撮影。しっかり走り込んだ後でも、学生さん達はまだまだ元気。

初めてのサーキット走行

実習終了、テキパキとバイクをトラックに積み込みます。将来バイク関係の仕事を目指す学生さんにとって、バイクの積載も勉強です。

主催:阪神自動車航空鉄道専門学校

イベントレポートトップに戻る