大阪オートメッセ2008 レポート

2008年2月9日〜11日の3日間。大阪・南港の
インテックス大阪にて 開催されたドレスアップ&チューニングコンテスト
「大阪オートメッセ2008」の模様をレポート!


大阪では珍しく大雪の日でした。

ホンダブースでは、フォルツァやGL1800が人気でした。

ホンダ モビリオ スパイクのミニモトレース参加専用車。

バイク、トランスポーター、ツナギまで、ホンダ一色

今年のカスタムトレンドは、マルチモニターか?一台でいくつ装着されているのでしょう。

ドリフト系のチューニングは性能プラスデザインセンスが必要。
BLITZ R34セダン。

Skyline 2000 GT-R
1972年の東京モーターショーで発表されたスカイラインレース仕様。

オールドシトロエントラック風のスズキキャリートラック。

人気車両コンテストでナンバー1でした。
メルセデスベンツSL600 キラキラ仕様

阪神自動車航空鉄道専門学校の自動車工学科 カスタマイズドカーコースの2年生卒業制作作品。グリーンがキレイです。

日本モータースポーツ専門学校大阪校の学生さんの作品。

デンソー・サード・スープラHV-R。
十勝24時間耐久レース総合優勝車

極太タイヤを装着したカスタムスクーター。正面からだと分かりにくいですが…

バックビューはド迫力!もはや、バイクのカデゴリーを超越した感がありますね。

トライクというカデゴリーも定着してきました。

こちらは屋根付きのトライク。雨天時に実力を発揮しそうですね。

 

 

イベントレポートトップに戻る