中古・新車バイクの検索エンジン「ゲットバイク」のホームページにようこそ!バイクの検索はもちろん、バイクに関する様々な情報を発信しています!
新車バイク・中古バイク専門の検索エンジン「新車・中古バイク検索ゲットバイク」

新車・中古バイク検索エンジン GETBIKE
中古バイク・新車バイク検索 - GetBike(ゲットバイク) - バイク購入ガイド バイクショップ検索 インフォメーション バイク保険 バイクニュース バイクイベント
バイク検索エンジン GETBIKE
ホンダブース-第40回東京モーターショー2007速報レポート

ホンダブースの模様

EVO6(エヴォシックス)
EVO6(エヴォシックス)

EVO6(エヴォシックス)EVO6(エヴォシックス)

1832cc水平対向6気筒エンジンを搭載した次世代モンスターモデル「EVO6」!
未来感あるデザインながらも、実際に
今現在走っていても違和感ないかも?!

DN-01 with Dress-up
DN-01

DN-01DN-01

680cc水冷4ストロークV型2気筒エンジンを搭載したDN-01。無段変速機ということなので、スポーツモデルよりのスクーターに近い感じの乗り味なんでしょうか…。

フォルツァ Z ABS with Dress-up
フォルツァ Z ABS with Dress-up

フォルツァ Z ABS with Dress-upフォルツァ Z ABS with Dress-up

よりシャープな容姿が際立つマットシルバーのボディとドライカーボンパーツのコントラストなどラグジュアリー感&スポーティ感を強調した一台となってます。

CB1100R
CB1100R

CB1100R

お父さんにはたまらない!80年代HONDAを
代表するマシン「CB1100R」をモチーフにした一台!エキパイ部分が懐かしい構造です!

CB1100F
CB1100F

CB1100F

近未来化したCB!!将来的にはコイツが
スタンダードモデルとして認識されている
かも?!市販化に近そうな一台!

CB223S
CB223S

CB223S

こちらは市販予定車となっている一台。
ビギナーからベテランまで、バイク自体の
楽しさを教えてくれそうな優等生になりそうな
予感!

CB1300 SUPER BOL D'OR<ABS>
CB1300 SUPER BOL D'OR<ABS>

こちらはみなさんおなじみのCB1300SB!
IACV構造を採用し、オートチョーク化を実現。

CB400SSスペシャルエディション
CB400SS

上質で深みのある黒と赤のツートンカラーを採用したCB400SSスペシャルエディション

CB750スペシャル
CB750

1979年に発売され、一世を風靡した「CBX1000」を彷彿とさせるカラーリングが施された限定車となっているCB750スペシャル

CBR1000RR
CBR1000RR

より仮○ライダーが乗りそうなフォルム…いや、より丸みを帯びて和やかになるかと思いきや、やっぱり最新のテクノロジーが注入されているCBR1000RR!やっぱり速いんでしょうねぇ…。

CBR600RRスペシャルエディション
CBR600RRスペシャルエディション

で、こちらがその600版で、さらにスペシャルエディション!コニカ・ミノルタ・ホンダのカラーリング!…ホンダらしく見えないのは偏見?!

CBR1000RRW
CBR1000RRW

今年の鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦した「TEAM HRC 33」岡田/チェカ組のマシン!
もちろん参考出品ですが、やっぱりレーサーはカッコいいですね!

CBR1000RR
CBR1000RR

こちらは「仮面ライダー電王 Honda DREAM RT」徳留/鎌田組のマシン!
みんなのヒーロー「仮面ライダー」の走りが今年も8耐を盛り上げてました!

CRF150R
CRF150R

モトクロッサーではありますが、足着性が良さそうなので、オフロード入門〜応用まで幅広く活躍してくれそうなCRF150。軽さも魅力です!

CRF450R
CRF450R

こちらは450cc版、しかも全日本モトクロス選手権IA1クラス出場車!このパワーに振り回されずに、乗りこなす自信がある!って人、見に行った中で何人ぐらいいるんでしょうねぇ…?

フォルツァ Z ABS
フォルツァ Z AB

ちょっとおめめがキュートになったフォルツァZ君、なんと、モデルチェンジ後はオーディオシステムをビルトインしてるそうですよ。
音楽聴きながらラクラクツーリングの時代到来ですね。

ゴールドウイング
ゴールドウイング

やはり王道は…このバイクでしょう。国内向けにナビシステムを標準装備してるそうです!
北海道から沖縄まで、日本全国どこにでも
行っておしまい!!

リード
リード

あの!リードが大容量メットインスペースを搭載して復活!しかも、50km/Lの低燃費だそうですよ!早く登場してほしい二種スクです!

ST1300 Pan-European<ABS>
ST1300 Pan-European<ABS>

あまり知られていないモデルかもしれませんが、れっきとしたホンダのV4エンジンを搭載したハイスピードツアラ、パン・ヨーロピアン。

RC212V
RC212V

どんなコンセプトもでるよりも…コレが見てーんだよ!という方も多いことでしょう。
誰もが乗ってみたい、でも乗れないある意味永遠のコンセプトモデルです(笑)

トゥデイ
トゥデイ

そんな永遠のコンセプトモデルの横に掲載するにはギャップがありすぎるこちらのトゥデイ…。
でもね、ちゃんと燃費も向上して、PGM-FIっていう最新の技術が投入されているんです!

XR400 モタード
XR400 モタード

タンクとシュラウドにフレアパターンが施されたXR400モタード!うーん…欲しい…。

フォルツァ エンジン(カットモデル)
フォルツァ エンジン(カットモデル)

こちらはフォルツァのエンジンをバッサリと切って電子制御による燃料噴射装置「PGM-FI」のしくみが説明されています。

HFT Human-Friendly Transmission
HFT Human-Friendly TransmissionW650

「DN-01」に搭載されている、ホンダ独自のロックアップ機構付油圧機械式無段変速機がこのHFT!

東京モーターショートップに戻る


問合せ 会社概要 プライバシー 利用規約 リンク