春だ!スクーターだ!新生活だ!

アンダーバー

春だ!スクーターだ!新生活だ!

便利で経済的なスクーターの予備知識や、如何にスクーターが経済的であるかを紹介しています。

スクーター知識~雑学と大まかな分類~

普段の生活の中に溶け込んでいるスクーター。実は歴史が長く、今から約100年前にアメリカで作られたシートの無い「Autoped」が原形といわれている。 国産第1号のスクーターは、昭和21年、富士工業から発売された「ラビットS-1」だ。当時から、手軽な交通手段として人気だったが、軽四輪や小型オートバイの普及により、昭和43年に、国内で生産されなくなってしまった。しかし、昭和54年ホンダから「タクト」が発売されたのを皮切りに、国内でのスクーター生産が復活した。
そして現在、スクーターは免許の種類によって大きく4つの種類に分ける事が出来る。

1つめは、お馴染み原付クラス。制限速度30キロという難点を除けば、リーズナブルで、種類も豊富。それに加え、普通免許を持っていれば誰でも乗ることができる。

2つめは、最近注目を浴びている小型クラス。保険料などの維持費も安いし、2人乗りもOK!制限速度も60キロなので、お巡りさんのお世話になる事も少ないハズ。

3つめは、御存じ中型クラス。フォルツァやマジェスティはこのクラスになる。各社よりカスタムパーツが豊富に出ているので、自分好みの1台に仕上げることが出来る。

自動二輪免許の種類 4つめは、今回は紹介していないが、大型クラス。余裕あるパワーで、ロングツーリングも楽々こなしてしまう。

さあ、あなたのライフスタイルに合わせて、スクーターを選んでみよう!




・都道府県によっては年齢制限が違う場合があります。
・AT二輪車:
 オートマチック・トランスミッションなどのノークラッチ式の自動二輪車。
・AT限定免許(大型二輪):
 現在、総排気量650cc以上のAT自動二輪車が国内で生産されていない為、
 AT限定免許(大型二輪)は650cc以下に限定されています。


原付クラス…スクーターの中で最も種類が豊富

50cc










近所の足~スタイリッシュなものまで様々だ!必要免許:原付免許 以上

小型クラス…原付とは違い、速度規制が60km/h

125cc










家~会社までなど少し遠めの距離を走るのにピッタリだ。 必要免許:小型二輪限定 又はAT小型限定 以上

中型クラス…車検が不必要な排気量250cc

250ccスタンダードモデル








250cc個性派モデル








50ccや125ccと比べると車格は大きく、収納スペースも大幅に大きくなっている。 (一部例外あり)
カスタムパーツも豊富で、今一番人気のあるクラスと言っていいだろう。
必要免許:普通自動二輪 又は AT限定免許(普通二輪) 以上



▼125cc実践編へ▼   ▼250cc活用編へ▼