バイクインフォメーション

アンダーバー
CB600F Hornet
CB600F Hornet

欧州向け二輪車 2007年型モデルを発表 !

ホンダ・モーター・ヨーロッパは、欧州向け2007年型モデルの発表をドイツ ケルン市にて行った。10月10日に開幕する二輪車モーターショー「インターモト」に出展する。
CB600F Hornet(ホーネット):カスタマイズパーツ装着車
新型「CBR600RR」をベースとしたエンジンは、電子制御燃料噴射システム(PGM-FI)を採用し、低回転域から中回転域で扱いやすい仕様としている。また、ヘッドライト周りやエキゾーストパイプからサイレンサーにかけてのデザインを変更するなど、製品魅力を高めている。さらに、視認性の高いマルチリフレクタータイプのヘッドライトや軽量アルミホイールに幅広のラジアルタイヤを装備するなど、快適な走行を実現する装備も兼ね備えており、ネイキッドタイプのオンロードスポーツモデルとしてさらなる躍進が期待される

問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

B-KING(ビーキング)
B-KING(ビーキング)

欧州・北米向けに新型二輪車を投入

大型二輪車の需要が好調に推移している欧州および北米市場に向け、下記の新型二輪車を投入する。9月21日にパリでプレスミーティングを開催、また9月24日には米国で販売店大会を開催し、投入するモデルを発表した。
新型 GSX1300BK B-KING(ビーキング) :あのコンセプトモデルがついに量産化
2001年10月に開催された第35回東京モーターショーに、コンセプトモデルとして参考出品し、大きな話題となった同名の「B-KING」が、ついに量産化モデルとして投入される。 今回発表された「B-KING」は、強力なトルクと加速力を発揮する「GSX1300R隼」のエンジンをベースにしたハイパワーエンジンを搭載し、力強く個性的なボディスタイルで圧倒的な存在感を持つ、スズキのフラッグシップネイキッドとして、2007年より主に欧州・北米市場に投入する。この「B-KING」が加わることにより、スズキの大排気量車のラインナップがより強固なものとなった。
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

FZ6 Fazer spec2
FZ6 Fazer spec2

2007年欧州向けニューモデル2機種を『インターモト2006』で発表

2006年10月11日から5日間にわたりドイツ・ケルンで開催される『インターモト2006』(国際オートバイ・スクーター専門見本市)で2007年欧州向けの新製品ヤマハ「YZF-R1」「FZ6 Fazer spec2」を展示。
FZ6 Fazer spec2:走りのクオリティを進化させ全9バリエーションで登場
「FZ6 Fazer spec2」はミドルスポーツとして人気の現行「FZ6-S “Fazer”」(カウル付き)の基本構成を継承しつつ、走行性向上、ボディ一部変更、EU3適合の環境性能などを具現化して総合性能を高めたモデル。主な変更点は、(1)FI(フュエルインジェクション)制御マップ変更、(2)三元触媒採用、(3)新設計シート、(4)新作リアアーム、(5)一体キャリパー採用フロントブレーキ、(6)新設計カウルなどである。また最高出力値57kW設定のベーシック型として「FZ6 Fazer」(カウル付き)、「FZ6」(ネイキッド)を設定、若年向け免許制度(18歳~21歳制限)の西欧諸国向けに「FZ6 Fazer」は25kW仕様も設定した。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

XJR1300
XJR1300

空冷ネイキッド国内最大排気量モデルがモデルチェンジ

今回のモデルチェンジでは“スポーツは深く・広く”をキーワードにエンジンから車体細部まで随所に新技術を投入し製品化。主な特色は、吸排系最適化による中低速を中心としたトルクアップ、レスポンスと環境性能に優れたFI採用、精悍な4-2-1の集合マフラー採用、最高級グレードのオーリンス製リアサスペンション採用(専用セッティング)など。これらの相乗効果でXJR1300ならでは幅広い使用シーンでの“スポーティな走り”に一層磨きをかけた。
●メーカー希望小売価格:\1,081,500(税込)
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー