バイクインフォメーション

アンダーバー
CBR600RR/CBR600RR・スペシャルエディション
CBR600RR/CBR600RR・スペシャルエディション

カラーリングを変更すると共に専用仕様を施した限定車を発売!

MotoGP(FIMロードレース世界選手権)参戦マシンの開発などで培われた先進技術やスタイリングなどを継承した、軽量かつ高性能なエンジンとコンパクトな車体による高い走行性能が好評のスーパースポーツバイク「CBR600RR」が、カラーリングを変更して発売。また、フレームやスイングアーム、ホイールなどに特別なカラーリングを施すなど、MotoGPに参戦する「KONICA MINOLTA Honda」チームのマシンカラーリングを採用した、「CBR600RR・スペシャルエディション」が受注期間限定※にて発売。両モデルともに、11月20日より発売する。
「CBR600RR」は、イタリアンレッド、グラファイトブラックの2色のカラーリングに、新たにマットアクシスグレーメタリックのミドルカウルを採用し、より精悍なイメージとしている。これら2色に加えて、好評のパールサンビームホワイト、グリントウェーブブルーメタリックの2色をあわせた、計4色のカラーリングを設定している。また、各色ともに、スイングアームをブラックアルマイト仕上げにすることで、足回りを引き締めたイメージとしている。
「CBR600RR・スペシャルエディション」は、パールサンビームホワイトをベースとした、スポーティーで爽やかなイメージのカラーリングや、シルバーのフレームを採用し、フロントカウルには「KONICA MINOLTA」のロゴを配すなど、レーシングマシンに忠実なカラーリングとしている。また、足回りにはコニカミノルタブルーのホイール、シルバーのスイングアームに加えて、高級感のあるゴールドのドライブチェーンやブレーキキャリパーを採用するなど、細部にわたってMotoGPマシン「RC212V」を彷彿させる、特別感を演出したモデルとしている。さらに、テクニカルスポンサーステッカーとホイール用ピンストライプシールを付属品とし、ユーザーの好みに合わせてより忠実なレーシングマシンイメージの再現を可能としている。 ※1 受注期間限定:受注期間は2007年10月22日から2007年12月9日まで
●メーカー希望小売価格
CBR600RR \1,076,250-(消費税抜本体価格 \1,025,000)
CBR600RR・スペシャルエディション \1,176,000-(消費税抜本体価格 \1,120,000)
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819


CB400SS/CB400SS・スペシャルエディション
CB400SS/CB400SS・スペシャルエディション

カラーリングを変更すると共に専用仕様を施した限定車を発売!

クラシカルなスタイリングと力強いトルク特性の単気筒エンジンを搭載したロードスポーツバイク「CB400SS」がスタンダードタイプとツートーンタイプのカラーリングを変更するとともに、ツートーンシートを採用し、10月25日より発売。また、特別色とツートーンシートなどの高級感ある専用装備を施した「CB400SS・スペシャルエディション」が受注期間限定※1にて11月8日より発売する。CB400SSは、着座部はブラック、サイド部をグレーとしたツートーンシートを採用。スタンダードタイプには、燃料タンクにシンプルでありながらアクセントとなるシルバーストライプを採用。ツートーンタイプには、燃料タンクに流れるようなデザインをモチーフとした新しいパターンにするとともに、燃料タンクに軟質の立体Hondaロゴエンブレムを施すなど、細部にまでこだわっている。カラーリングは、スタンダードタイプ1色とツートーンタイプ2色の合計3色を設定している。
CB400SS・スペシャルエディションは、クラシカルで高級感ある専用カラーのキャンディールビジウムレッド×グラファイトブラックを採用している。また、専用仕様として、着座部はブラック、サイド部をブラウンとしたツートーンシートやクロームメッキのグリップエンドを採用し、高級感を演出している。さらに、サイドカバーにCB400SS・スペシャルエディション専用のマークと燃料タンクに立体の軟質ウイングマークを採用するなど、特別感にあふれたものとしている。
※1 受注期間限定:受注期間は2007年10月19日から2007年11月11日まで
●メーカー希望小売価格
CB400SS スタンダードタイプ \513,450-/・CB400SS ツートーンタイプ \523,950-
CB400SS・スペシャルエディション \534,450-
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

スカイウェイブ250タイプM 限定車
スカイウェイブ250タイプM 限定車

大型スクーター「スカイウェイブ250タイプM」に鮮やかな赤を採用した限定車が登場!

大型スクーター「スカイウェイブ250タイプM」に鮮やかな赤「マーブルエラキスレッド」の車体色を採用した限定車を設定し、10月15日より発売。
「スカイウェイブ250タイプM」は、電子制御式CVTの採用により、オートマチックの変速パターン「ドライブモード」と「パワーモード」、マニュアルの変速パターン「7速マニュアルモード」と「MTアシストモード」の全4モードから、運転状況に応じた変速パターンの選択ができるスポーティーな大型スクーターである。 今回発売する限定車は、市場からの要望に応え、洗練されたスタイリングに映える鮮やかな赤「マーブルエラキスレッド」の車体色を採用し、500台の限定販売とする。
●メーカー希望小売価格 ・スカイウェイブ250タイプM(500台限定) \693,000-
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

XS-V1 Sakura
XS-V1 Sakura

「XS-1」のイメージと現代の“和”のテイストを最先端の技術で融合させた空冷1,000ccVツインの参考出品モデル!

ヤマハ発動機株式会社は、「第40回東京モーターショー2007」において、“The Art of Engineering”をテーマに、参考出品車19台を展示する。ブースでは、ワールドプレミアモデル(東京モーターショーで世界初披露となる出品物)として、ヤマハ初の4ストロークモデル、「XS-1」のイメージと現代の“和”のテイストを最先端の技術で融合させた空冷1,000ccVツインの参考出品モデル「XS-V1 Sakura」を展示する。同モデルは、1970年に発売のヤマハ初の4ストロークモデル、「XS-1」(650cc)をDNAにシンプルかつレトロモダンな造形美に、“和”のテイストを採り入れたVツインスポーツモデルである。軽量・スリム・低シート高・鼓動感など、空冷1,000ccVツインならではの特色の中にゆったりとした走行性能、和の感性溢れるデザインと細部にわたる丁寧な作り込みで、プレミアムなモーターサイクルライフを提案している。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー