バイクインフォメーション

アンダーバー
FZ16
FZ16

インド向け新製品「FZ16」発表!

ヤマハ発動機株式会社は、、新設計の153cc空冷4ストロークSOHC単気筒エンジンを搭載し、新しいネイキッドを提唱する「FZ16」を2008年10月よりインド市場で発売。「FZ16」は、高い走りの基本性能に加えて、“自己表現ツール”としての二輪車の登場を期待する声に呼応したモデルである。“The cool street fighter”をコンセプトに掲げ<街中を活発に走れる潜在性能と見て・見られる優越感!>を主眼に開発。マス集中化に貢献するミッドシップマフラー、インド製二輪車初のリア・ラジアルタイヤ、Φ41㎜インナーチューブのフロントフォークなどを採用、凝縮感・筋肉美感を漂わせる外観とした。

販売価格:65,000ルピー(約165,000円) 販売計画: 150,000台(初年度)
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

V Star 950/V Star 950 Silverado
V Star 950/V Star 950 Silverado

気軽に操れるプレジャースポーツを提唱2009年欧州向けニューモデル「XJ6 Diversion」!

ヤマハ発動機株式会社は、950ccの空冷・4 ストロークV ツイン・F.I.エンジンを搭載するクルーザーの新製品「V Star 950」、及びウインドシールドやサイドバッグ、バックレストを標準装備する「V Star 950 Silverado(シルバラード)」をこのほど新開発、2008年12月より北米市場で発売する。軽快感とフルサイズの本物感を併せ持つのが特徴である。「V Star 950」及び「V Star 950 Silverado」 は<スポーティ&クラシッククルーザー>をコンセプトに掲げ、扱い易い車体機能とパルス感を楽しめる走り、クラシックでモダンなスタイルを調和させたモデルである。
1,000ccを越す大排気量クルーザーの人気が高い米国市場で、近年は一層扱いやすくライトウエイト・フィーリングを備えるモデルを待つ声が高く、このニーズに呼応した。空冷V ツイン、スチール製フェンダー、ベルトドライブ、ロー&ロングスタイリング・・・というクルーザーの基本を継承し、細部に新技術を投入した。エントリー層を含めた幅広いニーズに応えるモデルである。

問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

YZF-R1
YZF-R1

モトGP技術に基づいて開発した新開発エンジンを搭載 2009年 欧州向けニューモデル「YZF-R1」!

ヤマハ発動機株式会社は、モトGP用のファクトリーマシン「YZR-M1」の技術に基づいて開発した1,000ccの水冷・4 ストローク・並列4気筒F.I.エンジンを搭載する2009年欧州向けニューモデル、「YZF-R1」を2009年1月より発売する。
2009年型「YZF-R1」は、1998年導入の初代モデルから11年目、6代目となる。開発にあたっては、<Ultimate Cornering Master 1000>とコンセプトを掲げ、エンジンから車体まで全面新設計を行った。
とくに二輪車の世界最高峰ロードレースであるモトGP参戦から得た技術に基づいた「クロスプレーン型クランクシャフト」採用の新エンジンは、リニアなトラクション特性を引き出し卓越のコーナリング性能に寄与している。新設計フレームなどとの相乗効果により、コーナー進入、フルバンク、コーナーからの脱出・・・というそれぞれの走行状況で、よりスポーティな走行性が楽しめる。

問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

XJ6 Diversion
Ninja ZX-6R/ER-6n/ER-6f

気軽に操れるプレジャースポーツを提唱2009年欧州向けニューモデル「XJ6 Diversion」!

ヤマハ発動機株式会社は、600ccの水冷・4 ストローク・並列4気筒F.I.エンジンをダイヤモンドフレームに搭載し、<気軽に操れるプレジャースポーツ>を提唱する2009年欧州向けニューモデル「XJ6 Diversion(ディバージョン)」、及びABS標準装備の「XJ6 Diversion ABS」を2009年2月より発売する。「XJ6 Diversion」は日常生活での軽快な機動性に主眼をおき、<気軽に操れるプレジャースポーツ>をコンセプトに掲げて開発したモデルである。
モーターサイクルエントリー層を中心として気軽に市街地走行やツーリングを楽しみたいお客様に、親しみ易さとコストパフォーマンスを提供する。当社は欧州の600cc クラスに1999年より高性能スーパースポーツ「YZF-R6」を、2004年よりオールラウンダースポーツ「FZ6」を投入しており、今回のモデル投入により一層のラインナップ充実を図った。

問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー