バイクインフォメーション

アンダーバー
Ninja 250R Special Edition
Ninja 250R Special Edition

スペシャルエディションが新発売!

レーシングイメージのスペシャルカラーと前後ホイールにピンストライプをまとったNinja 250R Special Editionが新登場。 水冷DOHC4バルブ並列2気筒エンジンが生み出す力強い中低速と、ツインならではのパワーテイスト。 微粒化インジェクター、デュアルスロットルバルブを採用するフューエルインジェクションシステムは、高回転域まで気持ちの良いレスポンスを実現。 フロント外径290mm、リヤ外径220mmのペタルディスクを採用するブレーキシステムや、視認性に優れたメーターパネル。充実の装備に加え、タンク上面に「Special Edition」のデカールを貼付し、まさに特別な1台に仕上げられています。

●メーカー希望小売価格 ・Ninja 250R Special Edition \538,000(消費税抜本体価格 \512,381)
問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

スカイウェイブ250リミテッド
スカイウェイブ250リミテッド

寒冷時走行に適した250cm3スクーターがカラーチェンジして発売!

風防効果の高い大型スクリーンと、寒冷時の走行にも適したグリップヒーターとナックルバイザーを装備した250cm3スクーター「スカイウェイブ250リミテッド」がカラーチェンジして12月2日より発売。
今回はカラーチェンジの他、グリップヒーター操作スイッチをダイヤル調整式からプッシュボタン式に変更し、操作性を高めた。
●変更点
・グリップヒーター操作スイッチをプッシュボタン式とし、5段階調節とした。
・車体色は、オールトグレーメタリックの1色設定とした。
●主な特長(リミテッド)
・「グリップヒーター」はグローブをしたままでも操作しやすいプッシュボタン式スイッチにより
5段階の温度調節が可能。LEDインジケーターで設定温度の強弱を確認できる。
・冬季など寒冷時の走行でハンドルグリップ部分を暖め疲労を軽減。
・車体同色の防風効果が高いナックルバイザーを装備。
・タンデムライダーのホールド感を増す大型シーシーバーを装備。
・風防効果の高い形状の大型スクリーンを採用し、ツーリング時にも快適な走りを実現。

●メーカー希望小売価格(税込) ・スカイウェイブ250リミテッド \660,450 問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

アドレスV125G/アドレスV125Gリミテッド
アドレスV125G/アドレスV125Gリミテッド

一部改良して発売!

125cm3のスクーター「アドレスV125G」、「アドレスV125Gリミテッド」を日本国内の新排出ガス基準に対応させるとともに、装備変更などの一部改良を行い、12月8日より発売。
今回の変更で、平成19年国内新排出ガス基準に対応した他、リミテッドには125cm3クラス初となる※シートヒーターを標準装備した。※スズキ調べ
●今回の一部改良のポイント
共通の変更点
・平成19年国内新排出ガス基準に対応。
・発電機のマグネットを変更することにより、より安定した発電容量を確保。
・メーターパネルのデザインを変更し、質感を向上。
・シャッターキーの形状を変更し、操作性を向上。
●装備の追加(リミテッド)
・冬期の運転時に寒気を和らげる装備として、「グリップヒーター」と「ナックルバイザー」に加え、クラス初※となるシート座面を温める「シートヒーター」を新たに標準装備。(※スズキ調べ)
・「シートヒーター」(フロントのみ)はサーモスタットによる自動温度制御式。右ハンドル手元のスイッチで「オン」、「オフ」の切り替えが可能。 ・「グリップヒーター」はグローブをしたままでも操作しやすいプッシュボタン式スイッチにより5段階の温度調節が可能。LEDインジケーターで設定温度の強弱を確認できる。

●メーカー希望小売価格(税込) ・アドレスV125G \257,250 / ・アドレスV125Gリミテッド \278,250
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

ZRX1200 DAEG
ZRX1200 DAEG

2009年モデル新発売!

「Japanese Standard Naked」として開発されたZRX1200 DAEG。
ダブルクレードルフレームと水冷4気筒DOHC16バルブエンジンのユニットをベースとし、市街地からワインディング、高速道路まで、あらゆる条件において安定した走行性能を発揮すると同時に、 高い快適性や足つき性のよさ、荷物の積載性や収納能力、飽きのこないスタイリングなど、オールマイティーな能力を高いレベルで実現。
ZRX1200 DAEGは日本のライダーのためだけに開発された、まさにテイラーメイドともいえるマシンなのです。 コンパクトなライディングポジション、スムーズでありながら豪快なキャラクターのエンジン、ライダーの意思に逆らわない高い車体性能。 ZRX1200 DAEGは、あらゆる面において「スポーティーであること」を目指して造り込まれ、マシンを「操っている」という感覚、マシンとの一体感をライダーに与えてくれるでしょう。
■主な特徴
・フューエルインジェクションの採用により、パワーフィーリングや低中速域の性能を確保しながら大幅に出力を向上。
・スロットルボディはメインボア径φ34、楕円サブスロットルバルブを備え、8ホールの高微粒化インジェクターを採用。
・オートファストアイドル機構を採用することで、冷間時の始動性を向上。
・新設計の6速トランスミッションを採用。ギヤ比をクロス化し、スムーズなシフトフィールを実現。
・ラジエターは、ZRX1200Rのものから上下方向を20mm、コア厚を3mm短縮し、340gの軽量化を図る一方、フィンピッチを密にすることにより冷却能力を16%向上。
・ラジエターファン径を拡大することにより送風量を増加させ、冷却ファンの稼働時間を短縮。またファンは外周リングと共に回転し、静粛性が向上。
・実用域での充実したパワーフィーリングを得るため、より低速寄りのカムプロファイル、バルブタイミングとして低中速域での充填効率を向上、燃料は無鉛ハイオクガソリン仕様としている。
・排気ポートの形状を変更し、導入する2次エア量を増加。また、2次エア制御バルブを負圧制御式からソレノイドバルブ式へ変更し、2次エア導入の緻密な制御を可能としている。
・大型のハニカム触媒を2個搭載しながら、エキゾーストパイプの肉厚低減などにより排気システム全体での重量はZRX1200Rと同等に抑えられている。
・触媒のレイアウトに合わせてサイレンサーの内部構造を最適化。心地良いサウンドを演出しながらもZRX1200Rと同等のサイズに抑えられている。
・フューエルインジェクション制御の為、エキゾーストパイプ集合部にはO2センサーを装備。
・4-2-1集合のエキゾーストパイプは、センターの区間を長くとることで低中速域の性能を確保。
・新設計のD断面スイングアームを採用。
・前後サスペンションはリバウンドストローク量のセッティングを最適化し、ライディングポジション、乗り心地、足つき性のバランスを向上。
・ブレーキにはフロント外径310mm、リヤ外径250mmのペタルディスクを採用。
・フロントブレーキにはタッチ、コントロール性に優れた新型の4ポットキャリパーを採用。
・荷掛フックは積載時でもテールカウルに傷をつけない、新設計のスライド収納式を採用。
・メーターユニットはアナログ式のスピードメーター、タコメーターを採用。デジタル表示の時計、オドメーター、ツイントリップメーター、燃料計を備える。
・ETCの装着にも考慮し、車載器、アンテナ、インジケーターランプのすべてがカウルの内側に取り付け可能。(取付けにはZRX1200 DAEG専用キットが必要です。)

●メーカー希望小売価格
ZRX1200 DAEG(ブルー/レッド) \1,120,000(消費税抜本体価格 \1,066,667)
ZRX1200 DAEG(ブラック) \1,140,000(消費税抜本体価格 \1,085,715)
問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

スカイウェイブ650LX
スカイウェイブ650LX

一部改良して発売!

650ccビッグスクーター「スカイウェイブ650LX」が一部改良して、11月28より発売。今回の改良では、ヘッドライトのリフレクター色を変更した他、シートヒーターとグリップヒーターなど、冬季の運転時の寒気を和らげる装備を標準装備とした。
●外観の変更点
・ヘッドライトのリフレクターを淡青色メッキとし、シャープで精悍なイメージとした。
・リアブレーキキャリパー取り付け位置を変更。
●装備の追加
・冬期の運転時に寒気をやわらげられる装備として、シート座面を温める「シートヒーター」と手元を温める「グリップヒーター」を標準装備した。
・「シートヒーター」はサーモスタットによる自動温度制御式で、「フロントのみ」、「フロント+タンデムシート」、「オフ」の切り替えが可能。
・「グリップヒーター」はグローブをしたままでも操作しやすいプッシュボタン式で、スイッチにより5段階の調節が可能。LEDインジケーターで設定温度の強弱を確認できる。

●メーカー希望小売価格 ・スカイウェイブ650LX \1,092,000(消費税抜本体価格 \1,040,000)
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

ブルバード400
ブルバード400

一部改良して発売!

低く流れるようなボディラインで、倒立フロントフォークやキャストホイールが特長の400cm3クルーザーモデル「ブルバード400」が一部改良し、11月28日より発売。
今回の改良では、フューエルインジェクションシステムを採用し、平成19年国内新排出ガス基準に対応した。
●変更点
・フューエルインジェクションシステムを採用し、始動性と環境性能を向上させた。 (平成19年国内新排出ガス基準に対応)
・エアクリーナーボックス形状を変更。
・設定色は2色とし、パールネブラーブラックにはブラックメーターパネルを採用。パールネブラーブラック/パールミラージュホワイトの2トーンカラーには、ホワイトメーターパネルを採用。ブルバードロゴマークを刻印したサイドメッシュシートも装備した。
●メーカー希望小売価格
ブルバード400(パールネブラーブラック) \819,000(消費税抜本体価格 \780,000)
ブルバード400(パールネブラーブラック/パールミラージュホワイト) \829,500(消費税抜本体価格 \780,000)
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー