バイクインフォメーション

アンダーバー
シルバーウイングGT<600>
シルバーウイングGT<600>

快適な走行性能と上質なスタイリングを実現した600ccスクーターが発売!

600ccの排気量を有する大型スクーター「シルバーウイング<600>」がフルモデルチェンジし、上質なスタイリングとするとともに高速域での走行性能などのトータルパフォーマンスを向上させ、「シルバーウイングGT<600>」として6月5日に発売。
今回シルバーウイングGT<600>は、開発コンセプトを「High(ハイ) Luxury(ラグジュアリー) GT 2-Seater(シーター)」とし、Hondaのスクーターカテゴリーでフラッグシップに位置するモデルとして、より力強く快適に走る楽しさを体感でき、大人の所有感を満たすスクーターとしている。ネーミングに取り入れた「Gran Turismo(グラン ツーリスモ)(GT)」の名の通りパフォーマンスや快適性、スタイリングなどより一層の上質感を追求している。
より余裕あるパフォーマンスを実現するエンジンは、シルバーウイングGT<600>専用に開発。カムのプロフィールを見直し、バルブのリフト量と開閉タイミングを変更することで、高回転域の出力特性を向上。さらに、吸排気系の細部に至るまで最適化を図ることで、長距離ツーリングといった高速域での走行においても力強くゆとりある走行を実現し、大排気量としての優位性を実感できるものとしている。また環境性能への取り組みとして、従来から搭載している電子制御燃料噴射装置(PGM-FI※1)に加え、排気ガス中の酸素濃度を検知するO2センサーを新たに採用し、燃料噴射量を最適に制御している。これにより、定地走行燃費(60km/h)を30km/Lとし、従来から約9%向上。マフラー内には高効率のデュアルコアキャタライザー(触媒装置)を配置し、浄化性能を高めることで国内排出ガス規制に適合させている。
  スタイリングは、フロントからリアにかけて一新し、低重心で引き締まったフォルムを実現している。また、空力性能を徹底的に追求した造形は、高速巡航時でもライダーおよびパッセンジャーの疲労を軽減させるなど、快適性を向上。さらにスポーティーで精悍な外観デザインは、堂々とした印象を与え、インテリアの細部に至るまで機能性と質感を高めたデザインは、所有する喜びを感じさせるものとしている。シルバーウイングGT<600>と<400>のラインアップにより、幅広いお客様の要望に応えられるものとしている。

●メーカー希望小売価格(税込)
シルバーウイングGT<600> \892,500- / ・シルバーウイングGT<600>ABS \945,000-
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

グランドマジェスティ YP400G
グランドマジェスティ YP400G

上質感に一層磨きをかけて登場「グランドマジェスティ YP400G」
2009年モデルを発売!

400ccの水冷4ストロークDOHC・CVTエンジンをアルミ製フレームに搭載し、余裕のツーリング性能を備える「グランドマジェスティ YP400G」について、400ccビッグスクーターに相応しい上質感に一層磨きをかけた2009年モデルを設定、2009年6月10日より発売する。
2009年モデルの「グランドマジェスティ YP400G」は、現行の基本性能を継承し、1)ライダーの体格、好みに応じて調整可能な5段階のアジャスト機能付き左右ブレーキレバー採用、制動時のブレーキタッチフィーリング向上、2)前後灯火器及び外装のデザイン一新、3)前後シート表皮のステッチ採用(ホワイト車はライトブルー色、グレーメタリック車はブラック色)などで商品性を高めた。外観変更は2005年3月の初代モデル誕生以来、今回が初めてで情熱的なイタリアンアートを印象づける。カラーリングはクオリティー感ある「ブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)」と「グレーメタリックJ(グレーメタリック)」の新色を採用した。

●メーカー希望小売価格(税込) ・グランドマジェスティ YP400G \735,000-
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー