バイクインフォメーション

アンダーバー
アクシス トリートXC125E
アクシス トリートXC125E

街中ジャストサイズ、125ccスタンダードスクーター新発売!

ヤマハ発動機株式会社は、環境性能に優れた4ストロークF.I. (フューエルインジェクション)エンジンを、コンパクトボディに搭載した125ccスクーターの新製品「アクシス トリート XC125E」※1が2009年8月25日より発売。 「アクシス トリートXC125E」は<通勤快速コンパクト125>をコンセプトとした製品で、①通勤や市街地走行に適したジャストサイズボディ、②環境性能・経済性・始動性に優れた4ストロークF.I.エンジン、③通勤にも使いやすいシンプルなスタイリング、④A4ファイルも納まるヘルメットボックス、⑤500mlペットボトル2本が納まるインナーポケットなどが特色となっている。
※1 「Treet」:ラテン語 “Tritium”(いつもの)+英語 “Street”(道)を併せた造語。

●メーカー希望小売価格(税込) ・アクシス トリートXC125E \220,500-
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

RMX450Z/RM-Z250/BOULEVARD M50
RMX450Z/RM-Z250/BOULEVARD M50

海外向け二輪車の2010年モデル!

スズキ株式会社は、欧州、北米市場をはじめとした海外向け二輪車の2010年モデルとして、以下の3機種を投入する。
●RM-Z450から派生した高性能オフロードモデル「RMX450Z」
モトクロッサーRM-Z450をベースに、オフロードモデルに求められる最小限の変更を加え、軽量・コンパクトな多機能デジタルメーターやヘッドランプ、 LEDテールライトを採用した、スズキのオフロードカテゴリーのフラッグシップモデル。フューエルインジェクションを採用し、スムーズな出力特性を実現するとともに、セルスターターを装備し、扱い易さにも配慮している。
●フューエルインジェクション搭載の250cm3クラス・モトクロッサー「RM-Z250」
スズキの250cm3クラスのモトクロッサーとして初めて、バッテリーレスフューエルインジェクションを採用し、高速域におけるエンジン出力を向上させると共に、扱い易さも向上させた。また、アルミフレームの剛性バランスの最適化とサスペンションの見直しを行い、ハンドリング性能の向上も図ることで、高性能と扱い易さをバランスさせ、トップレベルのライダーから多様な乗り方を楽しむユーザーまで、幅広いユーザーに受け入れられるモデルとした。
●800cm3のパフォーマンス・クルーザー「SUZUKI BOULEVARD M50(欧州でのモデル名はINTRUDER M800)」
スズキのパフォーマンス・クルーザー・カテゴリーのフラッグシップモデルとして人気を得ているSUZUKI BOULEVARD M109R(欧州でのモデル名は INTRUDER M1800R)の先進的なスタイリング・イメージを踏襲し、805cm3Vツインエンジンを搭載した。フューエルインジェクション(燃料噴射装置)を採用し、中低速でのスムーズなスロットルレスポンスと、低速からの力強い加速を実現するとともに、LEDテールライトの採用、およびインパネに燃料計・時刻表示を追加するなど、商品性を向上させた。
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

CRF250R/CRF450R
CRF250R/CRF450R

モトクロス競技専用車の2010年型モデルを発売!

世界各地のモトクロスレースで培った先進技術を投入した、水冷・4ストロークエンジン搭載のモトクロス競技専用車「CRF250R」を電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)を新たに採用するなどフルモデルチェンジするとともに、「CRF450R」の出力特性や操縦安定性など戦闘力を向上させ、2010年型モデルとして、9月11日に発売。
今回の「CRF250R」では、様々な使用環境の変化に、より緻密に対応できるバッテリーレスのPGM-FIを新たに採用。エンジンを新設計し小型、軽量、低重心化を図りながら、高出力でコントロール性に優れた扱いやすい出力特性を実現している。
またフレームも新設計とし、小型軽量化するとともに高剛性化を達成。新設計のエンジンとフレームによってPGM-FIを新たに搭載しながらも2009年モデルより軽量化を実現した。車体の低重心化とスイングアーム延長によるロングホイールベース化によって加速性能を向上。その他、前後サスペンションの設計変更やPGM-FI採用による燃費向上によって燃料タンクの小型化を果たしライダーが動きやすいスリムな車体デザインとも相まって、トータルで大幅な戦闘力の向上を実現している。
「CRF450R」は、エンジンのPGM-FIのプログラム変更による出力特性の向上、サスペンションのセッティング変更による操縦安定性の向上など、各部の熟成を図っている。車体色には、Hondaモトクロス競技専用車伝統のエクストリームレッドを採用し、「Red Honda」を強烈にアピールしている。

●メーカー希望小売価格(税込) ・CRF250R \724,500- / ・CRF450R \871,500-
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー