バイクインフォメーション

アンダーバー
VT1300CX
VT1300CX

個性的なスタイリングの大型クルーザーモデルが新発売!

独創的な車体デザインに、力強く鼓動感にあふれた水冷・4ストローク・V型2気筒1,300ccエンジンを搭載した大型クルーザーモデル「VT1300CX」を11月9日(月)に発売する。
VT1300CXは、2009年4月より北米で販売され、個性豊かなデザインでありながらも軽快な乗り心地等で大変好評を得ているモデルである。フレームのハンドル支持部分を従来の位置より高く設定し、フロントホイールをより前方へ配置させるとともに、フレームとエンジンの間に大きな空間を生み出す「ハイネックスタイル」を実現。長くスリムな燃料タンクやロー&ロングの流麗な車体に、各部のクロームメッキパーツで高級感を演出するとともに、幅広リアフェンダーによるボリューム感等が斬新で個性的なスタイリングを主張している。
エンジンは、力強いトルク感と小気味よいパルス感に徹底的にこだわった水冷・4ストローク・V型2気筒の1,300ccを搭載。電子制御燃料噴射装置(PGM-FI※1)の採用により、国内排出ガス規制に適合させながら様々な走行状況において優れたスロットルレスポンスを実現している。迫力のある右出しの二本(デュアル)マフラーは、心地よい排気音を奏でる。
足回りは、駆動システムにメンテナンスフリーで耐久性や静粛性に優れたシャフトドライブを採用。世界初※2となるHonda独創のフローティング・ファイナルギアの採用や、エンジン後端部にスイングアームの支持部を設けることで不快な振動を吸収させながら高水準の直進安定性と旋回性を実現している。
  さらに、足着き性に優れた680mmの低いシート高と、ステップ位置やハンドルバーを輸出モデルに対し手前に設定した国内専用のライディングポジションにより、市街地での取り回しを含め余裕のある走行を楽しめるものとしている。タイプ設定は、前・後輪連動ブレーキシステムにABSを組み合わせたコンバインドABSを搭載したVT1300CX<ABS>とスタンダードタイプの2タイプをラインアップし選択の幅を広げている。

●メーカー希望小売価格(税込) ・VT1300CX \1,354,500- / ・VT1300CX<ABS> \1,428,000-

シャドウ<750>
シャドウ<750>

大型クルーザーモデルにABS仕様をタイプ追加し発売!

重厚で存在感のある大型クルーザーモデル「シャドウ<750>」にABS搭載モデルを新たにタイプ設定するとともに、カラーリングを変更し11月9日(月)に発売する。
 今回シャドウ<750>には、安全技術の一つとしてABS(アンチロック・ブレーキ・システム)搭載モデルを新たにタイプ設定した。このABS搭載車は、リアブレーキペダルの操作により、前・後輪に制動力を効果的に配分するコンバインドブレーキシステムと、急制動時などの車輪ロックを回避し、より車体を安定させるABSを組み合わせたコンバインドABSを採用している。このブレーキシステムの搭載にともない、シャドウ<750>ABSは、リアブレーキを従来のドラムブレーキからディスクブレーキに変更。コンバインドABSは、簡単な操作で最適な制動性能を確保し、ブレーキング時の安心感を高めている。
 カラーリングではスタンダードとABS搭載車の両タイプに、新色のパールコスミックブラックを採用。車体全体をブラックで統一しながら、燃料タンクと前・後フェンダーの両サイドに光沢感のあるシルバーを組み合わせ、さらにアクセントを与えるレッドのストライプを施し、個性が際立つカラーリングとしている。また、このカラーリングとは対照的な、ホワイトの車体にゴールドを組み合わせたパールサンビームホワイトを継続採用。高級感を持たせたカラーリングは、スタンダードタイプに設定し、合計2色のバリエーションとしている。

●メーカー希望小売価格(税込) ・シャドウ<750> \882,000- / ・シャドウ<750>ABS \955,500-
  問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

TMAX 10th Anniversary WHITEMAX
TMAX 10th Anniversary WHITEMAX

“誕生10周年”を記念した限定生産モデル発売!

500ccの水冷4ストロークDOHC・並列2気筒4バルブF.I.エンジン搭載のオートマチックスーパースポーツ、「XP500 TMAX」について10周年記念モデル「TMAX 10th Anniversary WHITEMAX」を設定、受注期間限定にて2009年11月10日より発売する。受注受付は2009年11月1日~2010年6月30日まで。「TMAX 10th Anniversary WHITEMAX」は、スタンダード車をベースに、1)コックピットなどへのカーボン柄水圧転写パーツ織り込み、2)ツートンカラーホイール、3)シャープかつスポーティな印象のツートンシート、4)「10th Anniversary」専用エンブレムを採用した他、専用のホワイト色を採用するなどパーツひとつひとつを吟味し、“所有する歓び”をさらに高めている。
「XP500 TMAX」の初代型は2000年に欧州、2001年には国内で発売した。往復ピストンバランサー採用2気筒CVTエンジンやバランスに優れたボディとの相乗効果が高次元のスポーツ性を生み出し、“オートマチックスーパースポーツ”と支持されてきた。2004 年にはF.I.化及び前後ラジアルタイヤ&前輪ダブルディスクブレーキ採用などで熟成。2008年には外観も一新し“CF アルミダイキャスト技術”を用いた新フレームの採用などでモデルチェンジ。今回のモデルは、上記の特別仕様により〈コンフォート&スポーティ〉の高次元での融合を一層表現した限定モデルである。

●メーカー希望小売価格(税込) ・TMAX 10th Anniversary WHITEMAX \976,500-
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

XVS400 ドラッグスター/XVS400C ドラッグスタークラシック
XVS400 ドラッグスター/XVS400C ドラッグスタークラシック

2010年モデル発売!

1996年から13年にわたりロングセラーとなっている400ccクラス唯一の空冷Vツインクルーザー「XVS400 ドラッグスター」及び「XVS400C ドラッグスタークラシック」について、F.I.を採用しドライバビリティと環境性能を調和させた2010年モデルを2009年11月16日より発売する。
2010年モデルでは、1)優れた始動性と環境性能を実現するF.I.採用、2)クオリティ感溢れるクロームメッキパーツを随所に採用、3)新デザインメーター、4)タンデムフットレスト位置の変更、5)マフラー形状の変更、などを施した。
「XVS400 ドラッグスター」は、上質な走行フィーリングとストリートファッションに溶けこむスタイルが人気のモデル。「XVS400C ドラッグスタークラシック」は、鞍型シート、スチール製前後ディープフェンダー、フロント幅広タイヤ、シーソー式シフトペダルなどを備えるオーセンティッククルーザーである。

●メーカー希望小売価格(税込)
XVS400 ドラッグスター \812,700- ・XVS400C ドラッグスタークラシック(ホワイト) \863,100-
XVS400C ドラッグスタークラシック(ブラック/ゴールド) \852,600-
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

スーパーカブ 110プロ
スーパーカブ 110プロ

積載性に優れたビジネスモデルを新発売!

力強い出力特性の空冷・4ストローク・単気筒110ccエンジンを取り回しの良い車体に搭載し、積載性に優れた大型のフロントバスケットとリアキャリアを標準装備したビジネスモデル「スーパーカブ 110プロ」が、10月16日(金)に発売。スーパーカブ 110プロは、新聞配達や宅配用途で求められる、取り回しの良い車体サイズや、優れた積載性と経済性を兼ね備えたビジネスモデルとして開発。
車体は、スーパーカブ110をベースに、取り回しに優れた小径14インチのタイヤを前・後に採用。サスペンションは、フロントに専用設計のテレスコピックタイプ、リアはストロークを伸ばした仕様とすることで、荷物積載時の走行安定性を高めている。さらに、荷物の積載に便利な専用の大型フロントバスケットと、大型のリアキャリアを標準装備することで、配達業務はもとより、ショッピングやアウトドアでのレジャーにも適した仕様としている。
エンジンは、スーパーカブ110に搭載し好評を得ている、低フリクション技術を採用した高効率な空冷・4ストローク・単気筒110ccを搭載。電子制御燃料噴射装置(PGM-FI※)の採用などで、燃費は66.2km/L(60km/h定地走行テスト値)を達成している。クラッチシステムは、発進と変速にそれぞれ独立したクラッチ機構を備えた2段クラッチシステムを採用し、変速時のショックを軽減させている。また4速ミッションの採用によって、巡航時の快適性の向上を図っている。 デザインは、スーパーカブ110の滑らかな曲面で構成した端正なスタイリングをベースに、逞しさを兼ね備えたものとしている。

●メーカー希望小売価格(税込) ・スーパーカブ 110プロ \289,800-
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー