バイクインフォメーション

アンダーバー
LEXAM
LEXAM

小型CVT機構「Y.C.A.T.」を初めて採用したモペット型二輪車
ベトナムに導入する115ccの新製品!

ヤマハ発動機株式会社は、当社独自の小型CVT機構、「Y.C.A.T.」をエンジンに組み込み、走行性、利便性、扱い易さを躍動感ある新ボディに集約した115ccモペット※の新製品「LEXAM」(レグザム)を2009年11月26日、ベトナムでのディーラーミーティングに出展、2010年モデルとして同市場で導入する。本年 10月に発表した「Y.C.A.T.」を搭載した初の製品で、新世代モペットを主張する躍動的な車体デザインが特徴である。
アセアン5ヵ国での二輪車需要は年1,055万台規模(2009年見込み)で、モペット型二輪車(前後17インチ/変速機付)は約6割を占める。安心感のある走行性と実用性から人気があり家族で共用することも多く、オートマチック化が望まれていた。しかし、前後軸間距離があるスクーター用CVTを転用しエンジンに収めるのは構造上難しく、CVTの小型化が課題となっていた。当社は(1)高弾性耐熱樹脂ベルトとの最適化を図ったシーブ(滑車)設計、(2)冷却系の最適設計などでCVTを小型化する新しいコア技術「Y.C.A.T.」を開発、モペット型の外観のままオートマチック化を達成し、本モデルとして商品化した。
※モペット=乗り降りし易いようにメインフレームを下側へ湾曲させ大径タイヤ(前後17インチ等)を装着した小型二輪車。「アンダーボーン型」とも呼ぶ。
主な特徴
1)高弾性耐熱樹脂ベルトを内蔵する「Y.C.A.T.」を織り込んだ新設計115cc空冷4ストロークエンジンによる優れたレスポンスと信頼性。
2)より自由度を増した新設計ラバー製フットパッド等による快適なライディングポジション。
3)(1)小型CVT「Y.C.A.T.」、(2)新設計フレーム、(3)前後17インチなどの相乗効果とバランスによる優れた走行性能。
4)フロントから後方に伸び上がっていく躍動感溢れるデザイン。テール&ストップランプ両方へのLED採用。

問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

CBR600RR
CBR600RR

カラーリングを変更し発売!

軽量かつ高性能なエンジンやコンパクトな車体による高い走行性能と、取り回しのよさを両立し、大型二輪免許を取得したばかりのライダーからベテランライダーまで男女を問わず好評を得ている「CBR600RR」のカラーリングを変更し12月10日(木)に発売する。今回は、カラーリングを見直すことでよりレーシングスピリットを感じさせるパールサンビームホワイト(トリコロール)と、グラファイトブラック×ヴィクトリーレッドの組み合わせで力強さを表現したツートーンカラーの2色を設定。また、今回のカラー変更に伴い、スーパースポーツモデル用としては世界初※1の電子制御式“コンバインドABS(アンチロック・ブレーキ・システム)”を全カラーにタイプ設定することで商品選択の幅を広げた。

●メーカー希望小売価格(税込) ・CBR600RR \1,098,300- / ・CBR600RR<ABS> \1,266,300-
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CBR1000RR
CBR1000RR

エンジンを熟成し新しいカラーリングを採用し発売!

スーパースポーツモデルのフラッグシップである「CBR1000RR」のエンジンの熟成を図り走行性能を高めるとともに、機能性を向上させ、よりスポーティーなカラーリングを採用し、12月10日(木)に発売する。
今回、CBR1000RR(ABS搭載モデルを含む)のエンジンは、フライホイールの大径化を図ることで慣性マスを従来モデルから約7%上げるとともに、クランクシャフトの剛性を高める目的で軸端部も大径化している。これにより、サーキットでのスポーツ走行やワインディングでの走行などで多用される回転域において、スロットルコントロール性能を向上。よりリニアで扱いやすく、高い走行性能を実現している。一方、小型ファンモーターの採用やシリンダーヘッド部分のシーリングボルトをアルミ製とするなど細部の軽量化を図ることで、車両重量は従来と同等としている。
外観面では、高輝度で被視認性に優れたLEDランプを搭載しているテールランプ部分に、今回新たにクリアレンズを採用し、よりシャープな印象を与えるデザインとしている。また、マフラー右側面に新たにアルミ製のカバーを装備し質感を向上させている。車体色は、合計3色のカラーリングを採用。パールサンビームホワイトを基調にレッドとブルーのカラーリングを施したトリコロールは、さらにレーシングイメージを高める「HRC」のロゴを随所に配するとともに、ゴールドカラーの前・後ホイールを採用し精悍で存在感あふれるデザインとしている。また、グラファイトブラックとパールサンビームホワイトを組み合わせたカラーリングには、ブラックのホイールを装着し引き締まった印象を与えるものとしている。そして、車体全体にグラファイトブラックのカラーリングを施したモデルは、シルバーカラーに統一したメインフレームとスイングアーム部が車体とのコントラストを際立たせ、ゴールドのホイールと相まってシックなカラーリングにまとめている。これら3色のカラーリングは、スタンダードとABS搭載の両タイプに設定しており、幅広いバリエーションを展開している。

●メーカー希望小売価格はメーカーホームページにて

問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CB1300 SUPER TOURING/CB1300 SUPER FOUR/CB1300 SUPER BOL D'OR
CB1300 SUPER TOURING/CB1300 SUPER FOUR/CB1300 SUPER BOL D'OR

快適なロングツーリングに対応するモデルが発売!従来モデルもマイナーチェンジして登場!

力強い出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒1300ccエンジンを搭載し、快適なロングツーリングに対応する大型スクリーンやパニアケースを装備した「CB1300 SUPER TOURING」が12月18日(金)、また、「CB1300 SUPER FOUR」と「CB1300 SUPER BOL D'OR」がマイナーモデルチェンジし、12月10日(木)に発売。
今回、新たに開発したCB1300 SUPER TOURINGは、快適なロングツーリングを実現するための数々の専用装備を採用。上部をワイドなサイズにしたウインドスクリーンはライダーへの風圧を軽減し、長距離走行における快適性の向上を図っている。
また、リアの両サイドには、スタイリッシュなデザインと優れた積載性(左右各容量29L※1)のパニアケースを標準装備し、利便性を高めている。ライディングポジションは、アップハンドルの採用によってゆとりのあるポジションを実現。ブレーキシステムは、前・後輪連動ブレーキシステムとABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を組み合わせたコンバインドABSを標準装備することで、安心感を高めた仕様としている。
CB1300 SUPER FOURと、ハーフカウルを装備したCB1300 SUPER BOL D'ORは、外観と各部の熟成を図り、扱いやすさをさらに向上させている。外観は、両車種ともにリアカウルを落ち着きのあるデザインに変更するとともに、 LEDのテールランプは新たなデザインを採用し奥行きを感じさせる立体的な発光を実現している。ライディングポジションは、スポーティーな走行と快適なクルージングを両立させるために、両車種ともにハンドル形状を変更。従来モデルに比べ、14mm手前に、23mm上方に移動させた形状としている。また、新形状のシートと幅がスリムなサイドカバーを採用するとともに、サスペンションのセッティング変更を施すことで、座り心地を損なうことなく足着き性を向上させている。なお、両車種ともにコンバインドABSを搭載したタイプを設定している。

●メーカー希望小売価格はメーカーホームページにて

問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

グラストラッカー ビッグボーイ 10周年記念モデル
グラストラッカー ビッグボーイ 10周年記念モデル

「10周年記念モデル」を設定して発売!

ストリートバイク「グラストラッカー」の発売10周年を記念し、「グラストラッカー ビッグボーイ 10周年記念モデル」を設定して、12月24日から発売する。
「グラストラッカー ビッグボーイ 10周年記念モデル」の主な特長
※白(パールミラージュホワイト)を基調にして、オレンジ色のチェッカーフラッグ模様を燃料タンクと後ろフェンダーに配した。また、オレンジ色のラインを前後フェンダーに施した。
※燃料タンクには10周年を記念したエンブレムを貼付した。
※前後ホイールのリムに黒色塗装を施し、より精悍な印象とした。

●メーカー希望小売価格(税込) ・グラストラッカー ビッグボーイ 10周年記念モデル \460,950-
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

フェイズ TYPE-S
フェイズ TYPE-S

電子制御7速“Honda Sマチック Evo”を搭載したモデルが発売!

スポーティーで斬新なスタイリングや、力強い出力特性の水冷・4ストローク・4バルブ・単気筒エンジンなどで好評を得ている軽二輪スクーター「フェイズ」に、よりスポーティーな走行を可能とする電子制御7速“Honda Sマチック Evo”を搭載した「フェイズ TYPE-S」をタイプ追加し11月26日(木)に発売する。
フェイズ TYPE-Sは、スポーティーな走行から郊外のクルージングまで幅広い用途に対応できるオートマチックシステム電子制御7速“Honda Sマチック Evo”を新たに搭載している。このシステムは3種類のモードで構成されている。
スポーティーな走行に適したオートシフトモードの“S7モード”は、フォルツァに搭載しているオートシフトモードに対して、シフトタイミングの高回転化と各レシオのホールド性を高めることで、マニュアル操作感覚のシフトチェンジのフィーリングが堪能でき、走る喜びを演出している。オートシフトモードの“Aモード”は、坂道走行時などで威力を発揮する負荷判別機能を備えながら、 S7モードに比べシフトチェンジを積極的に行い、エンジン回転数を抑えた設定としており、軽快感のある走りから郊外でのクルージングまで幅広い用途で力強い走りを実現している。無段変速の“Dモード”は、軽快感となめらかさを両立した設定となっている。
スタイリングは、フェイズ TYPE-S専用ボディカラーのコルチナホワイトを採用し精悍なイメージとしている。さらに、ツートーンシートやゴールド塗装のフロントブレーキキャリパー、グレー塗装の前・後ホイールなどの専用装備を施すことで、よりスポーティー感を高めたものとしている。

●メーカー希望小売価格(税込) ・フェイズ TYPE-S \635,250-
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

SR400
SR400

F.I.採用によりドライバビリティと環境性能を向上した 2010年モデル発売!

30年を超えるロングセラーモデルとなっている「SR400」について、F.I.※を新たに採用するなど、優れたドライバビリティと環境性能を備えた2010年モデルを設定、2009年12月21日より発売する。
「SR400」は、1978年3月の発売以降、シンプルな外観と空冷単気筒エンジンの鼓動感あふれる走りで幅広い年
齢層から支持を得ているロングセラーである。今回の2010年モデルは、燃料供給系にF.I.を採用し、優れたドライバビリティと環境性能を両立させた。スタイリングは初代からの流れを受け継ぎつつ、レトロモダンなメーターパネルや新作のサイドカバー、エンブレムなどを採用し外観クオリティの向上を図っている。カラーは、SR400の定番として人気の「ブラック」と、ゴールド系グラフィックとの調和でレトロさを醸し出す「レッド」の2色を設定した。

●メーカー希望小売価格(税込) ・SR400 \577,500-

問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

WR250R/WR250X
WR250R/WR250X

”スポーティ&ハイパフォーマンス”イメージをより強調した 2010 年モデルが発売!

250ccの水冷4ストロークDOHC単気筒4バルブ・F.I.採用エンジンを、アルミ製フレームに搭載し、高いオフロード性能と市街地走行性を備える「WR250R」及び、市街地走行に加えスーパーモタードに対応する機能を備えた「WR250X」が、カラー設定及びグラフィックを変更し2009年12月10日より発売。
「WR250R」のカラーは、競技用モトクロスモデルのYZシリーズで定評のブルーを継続し、都会の街並みに似合う新色ブラックを設定した。また、ゴールド仕上げのフロントフォークアウターチューブと新グラフィックを採用して“スポーティ&ハイパフォーマンス”を一層強調した。
「WR250X」については、スポーティな感覚を備えるホワイトを新たに設定し、人気のブラックは継続、両カラーともにグラフィックを刷新した。いずれもストリートに似合うカラーリングとなっている

●メーカー希望小売価格(税込)
WR250R \701,400- / ・WR250X \732,900-
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー