バイクインフォメーション

アンダーバー
アドレスV125
アドレスV125

一部改良して発売!

原付二種スクーター「アドレスV125」が一部改良して、2010年1月15日より発売。
「アドレスV125」は、クラス最軽量※1のコンパクトな車体にパワフルなエンジンを搭載した、通勤・通学など日常の足として人気の高い原付二種スクーター。
今回の一部改良では、リヤキャリアなどを標準装備して利便性を高めるとともに、車体色に銀色を追加。アドレスV125シリーズの上級モデル「G」とあわせて充実したラインアップとした。
※1 国内原付二種スクータークラス。(2009年12月1日現在 カタログ値)

「アドレスV125」の主な変更点
●小物の収納に役立つフロントインナーポケット※2、荷物の積載に便利なリヤキャリア※3を採用した。
●車体色は、新たに銀(ソニックシルバーメタリックNo.2)を採用し、白、黒の全3色とした。

●メーカー希望小売価格(税込) ・アドレスV125 \236,250-
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

LML STAR Deluxe 4S 150/LML STAR Deluxe 4S 125
LML STAR Deluxe 4S 150/LML STAR Deluxe 4S 125

オリジナル4ストロークエンジンを搭載しフレームも新たに改良したモデルが登場!

世界的に優れたデザイン、乗る楽しみを実現するハンドチェンジシステムをそのままに販売開始。
車体色: アイボリー、 アーモンドグリーン
●メーカー希望小売価格(税込) ・LML STAR Deluxe 4S 150 \314,000- / ・LML STAR Deluxe 4S 125 \308,000-
問合先:LML Japan

CB Twister
CB Twister

インドで新型110ccモーターサイクル「CB Twister」を発表!

Hondaのインドにおける二輪車生産・販売子会社であるホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアプライベート・リミテッド(以下、HMSI社長:青山 真二)は、低燃費で取り回しの良い110ccのモーターサイクル「CB Twister」を発表、インド国内で来年2月末に発売する。同モデルは、来年1月5日からインド・ニューデリーで開催される「Auto Expo 2010」への出展を予定している。
「CB Twister」は、若者をターゲットとしたモデルで、欧州の大型モーターサイクルの流れをくむスタイリッシュなデザインを採用。エンジンは、低フリクション技術を採用した高効率・低燃費な空冷4ストローク単気筒110ccエンジンを搭載し、2010年4月から施行されるインドの排出ガス規制(BS-III)に適応している。価格は、約4.2万ルピー(デリー価格)からとし、年間22万台の販売を計画している(1ルピー=約1.9円)。

問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

セロー250
セロー250

カラーリングとグラフィックを変更し2010年モデルを発売!

250ccの空冷4ストロークSOHC単気筒エンジンを軽量・スリムなボディに搭載し優れたオフロード走行性を発揮する“マウンテントレール” 「セロー250」に、カラーリングとグラフィックなどを変更した2010年モデルを設定、2010年1月15日より発売する。
2010年モデルのカラーリングは、爽やかな自然をイメージさせるグリーン系と、カジュアルなブロンズ系の2色を設定。いずれも“マウンテントレール”のフィールドを想起させる等高線をモチーフとした新グラフィックを採用した。また前後のホイールは、シルバーアルマイトリムとし、軽快感のある足回りを演出している。

●メーカー希望小売価格(税込) ・セロー250 \493,500-   問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

バルカン900 クラシック
バルカン900 クラシック

2010年モデルが新発売!

タンク上部からの直線が、そのままスイングアームに直結する独特のバルカンライン。それを豊かな曲線でまとめ上げたおおらかで華やかなフォルムは、極上の存在感を形成。特徴的なワイドハンドルと鞍型シートが生み出すアップライトなポジション。そしてファットな足回りとフットボードから伝わる独特な鼓動感。美しさと居住性が高い次元で融合するバルカン900クラシックは、走る歓びを見つけるためのスタンダード・クルーザーとなっている。

■2008年モデルからの変更点
・ カラーリングの変更 ・ 整備質量の変更 ・ 最大トルク値の変更 ・ リムサイズ表記の変更 ・ 型式の変更
・ 型式指定番号の新規取得
●メーカー希望小売価格(税込) ・バルカン900 クラシック \849,000-
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

グラディウス400 ABS
グラディウス400 ABS

新型スポーツバイクが登場!

スズキ株式会社は、新型スポーツネイキッドバイク「グラディウス400 ABS」を、12月24日より発売する。「グラディウス400 ABS」は、「エレガント&スポーティ」をコンセプトとした、Vツインエンジン搭載のスポーツネイキッドバイクである。車体には剛性とデザイン性を併せ持つトラスフレームを採用。上品さとスポーティさを兼ね備えた質感の高い流麗なスタイリングに加え、力強く扱いやすいVツインエンジンを搭載し、2気筒ならではのエンジンの鼓動を味わえる軽快な走りを追求した。また、電子制御式ABSを標準装備した。

「グラディウス400 ABS」の主な特長
デザイン
●ヘッドライト、燃料タンク、車体後部にかけての曲面的なデザインに、トラスフレームやステップ周りの直線的なデザインを組み合わせ、優雅さとスポーティさを兼ね備えたスタイリングとした。
●樹脂カバーで包み込んだ燃料タンクやメッキカバーを装着したマフラー、車体色に応じて塗装の施された美しいトラスフレームなどを採用し、質感の高さを演出した。エンジン
●扱いやすさと力強さを兼ね備えた399cm3水冷4サイクル90度Vツイン(V型2気筒)DOHC4バルブエンジンを採用した。
●フューエルインジェクションシステムと、2つのスロットルバルブを持つスズキ独自のSDTV(スズキデュアルスロットルバルブ)を採用。運転状況に応じた最適な燃焼を維持し、低中速域での力強いトルク、高速域での伸びのあるパワーに加え、アクセル開度への追従性を高め力強く扱いやすい走りを実現した。
●冷寒時の始動やアイドリングの安定性を高める、スズキ独自のISC(アイドル・スピード・コントロール)内蔵スロットルボディを採用した。
車体
●剛性バランスに優れた鋼管製のトラス構造(三角形を基本にして組んだ構造)フレームを採用し、軽快なハンドリングを実現した。
●スリムな車体構造に加えリヤサスペンションにリンク式モノショックを採用するなど乗り易さと路面追従性を高めた。
●ライダーのブレーキ操作を補助する電子制御式ABSを標準装備した。

装備
●後席にはボディとの一体感を演出するグラブバーを装備。握りやすさと高い剛性を持ち、同乗者をサポートする。
●視認性の高い発光指針式のアナログタコメーターを中心に、ギアポジションインジケーターやデジタルスピードメーター、燃料計などを配した機能的なメーターパネルを採用。運転中の様々な情報を読み取りやすくした。
●配光特性とデザイン性を両立させた、1灯式の異形マルチリフレクターヘッドライトを採用した。
車体色
●車体色はスタイリングを引き立てる、青/白「パールスズキディープブルーNo.2/グラススプラッシュホワイト」、黒/赤「パールネブラーブラック/パールミラレッド」、黒「パールネブラーブラック」の3色を設定した。
●メーカー希望小売価格(税込) ・グラディウス400 ABS \798,000-
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

シグナスX XC125
シグナスX XC125

精悍なスタイリングに磨きをかけた2010年モデルが発売!

125ccの空冷4ストロークSOHC単気筒4バルブF.I.のオートマチック
エンジンを搭載するスクーター、「シグナスX XC125」について、カラーリングを変更するなどの仕様変更を施した2010年モデルを設定し2009年12月10日より発売する。
≪タフネス・コンフォート・コミューター≫をコンセプトに2003年に誕生した「シグナスX」は、都市部の通勤用途にマッチする走行性と経済性、利便性を調和させ幅広い層から支持を得ている。
2007年10月には始動性に優れ高い環境性能を備えるF.I.を採用、また乗り心地を向上させるとともに車体デザインを一新した。
今回の2010年モデルでは、シックなシルバーを新たに設定。また、設定の3色ともフロントフォークアウターチューブ・前後ホイール・フロントディスクブレーキ内側にブラック塗装を施し、精悍な車体デザインを一層強調した。なお本製品の製造はヤマハモーター台湾で行う。

●メーカー希望小売価格(税込) ・シグナスX XC125 \309,750-
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー