バイクインフォメーション

アンダーバー
ディオ/ディオ・スペシャル
ディオ/ディオ・スペシャル

カラーリングを変更&専用カラーの限定モデルが発売!

スタイリッシュなデザインと充実した装備で人気の原付スクーター「ディオ」がカラーリングを変更し2月12日に発売。また、専用カラーを採用した「ディオ・スペシャル」が2月12日に台数限定(1,000台)で発売。
今回の「ディオ」の車体色は、新たに高級感のあるキャンディーアルジャブルーとパールキャンサーホワイトの2色を採用し、継続カラー3色と合わせ合計5色の豊富なバリエーションとしている。また、前・後ホイールをブラックとし、両サイドに新デザインの「DiO」ロゴステッカーを採用することでスタイリングを引き締めている。「ディオ・スペシャル」の車体色は、シックで上質感のあるヘビーグレーメタリック-Uを採用。また、新デザインの「DiO」ロゴステッカーは、ゴールドカラーとすることで特別感を高めている。
エンジンは、粘り強く滑らかな出力特性の空冷・4ストロークエンジンに、優れた始動性に寄与する電子制御燃料噴射装置(PGM-FI※1)を採用。スムーズな走りを実現するとともに、73km/L(30km/h定地走行テスト値)の優れた燃費を達成している。

●メーカー希望小売価格(税込) ・ディオ \154,350- / ・ディオ・スペシャル \154,350-
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

トゥデイ・F スペシャル
トゥデイ・F スペシャル

専用カラーリングのスペシャルモデルを限定発売!

洗練されたデザインや充実した装備などで人気を得ている原付スクーターの「トゥデイ・F」に特別なカラーリングを施した「トゥデイ・F スペシャル」が2月12日(金)に台数限定で発売。
今回の「トゥデイ・F スペシャル」は、車体色にスペシャル専用のフォルタレーザバイオレットメタリック、ヘビーグレーメタリック-Uの2色を設定。あわせて専用カラーツートーンシート、専用カラーレッグシールドを装備することで、上質な印象をさらに高めている。
●メーカー希望小売価格(税込) ・トゥデイ・F スペシャル \139,650- 問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

トゥデイ/トゥデイ・F
トゥデイ/トゥデイ・F

カラーリングを変更して発売!

原付スクーターのスタンダードモデルとして、洗練されたデザインや充実した装備などで人気を得ている「トゥデイ」「トゥデイ・F」がカラーリングを変更し、2月12日(金)に発売。今回の「トゥデイ」シリーズは、「トゥデイ」に新色のピュアレッド、レプスピンクメタリック、デジタルシルバーメタリックを採用、「トゥデイ・F」にキャンディーアルジャブルー、パールキャンサーホワイトを新たに採用し、合計8色のバリエーションとなった。
また、「トゥデイ」「トゥデイ・F」ともに、新デザインの車名ロゴステッカーを採用。さらに「トゥデイ・F」にはフロントカバー左右にストライプ調の専用ロゴステッカーを採用し、さりげない上質感を演出している。
●メーカー希望小売価格(税込)・トゥデイ \134,400- / ・トゥデイ・F \139,650-
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CB223S
CB223S

カラーリングを変更するとともにお求めやすい価格を設定し発売!

軽量でスリムな車体に、空冷・4ストローク・223cc単気筒エンジンを搭載した、ベーシックなスタイリングの軽二輪ロードスポーツモデル「CB223S」が車体色を変更するとともに、お求めやすい価格に設定し、2月18日(木)に発売。
今回のCB223Sは、シンプルなスタイルをより強調するソリッドタイプ2色と、存在感を際立たせるストライプタイプ1色の、2タイプ3色のバリエーションとしている。
ソリッドタイプは、コルチナホワイト(新色)と、グラファイトブラックを採用し、それぞれ前・後フェンダーには、燃料タンクと同色を採用。また、シートには燃料タンクにマッチしたカラーのパイピングを施している。
さらにグラファイトブラックは、前・後ホイールとフロントサスペンションのボトムケースにブラック塗装を施すことで、ストリートテイストをより高めている。ストライプタイプには、落ち着いた色合いの新色キャンディーグレイスフルレッドを採用。燃料タンクにはシルバーのストライプを採用。また、シート表皮はグレーとブラックのツートーン仕様としクラシカルなイメージとしている。メーカー希望小売価格(消費税込み)は、ソリッドタイプが418,950円。ストライプタイプは、従来の同タイプに比べ、37,800円安い429,450円とし、よりお求めやすい価格を実現している。
●メーカー希望小売価格(税込)・CB223S ソリッドタイプ \418,950- / ・CB223S ストライプタイプ \429,450-
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

フォルツァ Z/フォルツァ Z ABS
フォルツァ Z/フォルツァ Z ABS

モデルチェンジして発売!

シャープなデザインや電子制御式オートマチックトランスミッション“Honda Sマチック Evo”の搭載によるスポーティーな走行性能などで好評を得ている軽二輪スクーター「フォルツァ Z」「フォルツァ Z ABS」がモデルチェンジし1月28日(木)に発売。
回のモデルチェンジでは、フロントカウルのスクリーンガーニッシュを一体化することで、より流麗かつスタイリッシュなデザインを実現。さらに、ホイールのカラーリング、エレガントさを演出するヘッドライトのブルーオーナメント、新デザインのエンブレムなど、外観各部を変更している。
また、電子制御式オートマチックトランスミッション“Honda Sマチック Evo”に、新たにS7モードを追加。全5モードとすることで、ゆったりした走行からスポーティーな走行まで、ライダーの要望に応じた走行モードの選択を可能としている。また、マフラーの内部構造を見直すことで、高回転域で伸びのある走行フィーリングを実現させている。なお、今回のモデルチェンジに伴い、従来の無段変速機構のみ搭載のXタイプを廃止し、Zタイプに4つのバリエーションを設定している。
●メーカー希望小売価格(税込)
フォルツァ Z \693,000-・フォルツァ Z・オーディオパッケージ \761,250-・フォルツァ Z ABS \756,000-
フォルツァ Z ABS・オーディオパッケージ \824,250- 問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

ビーノ XC50シリーズ
ビーノ XC50シリーズ

多彩なカラーバリエーションとレトロポップスタイルが人気 「ビーノ XC50」シリーズ2010年モデル発売!

環境性能に優れた4 ストロークF.I.(フューエルインジェクション)エンジンをレトロポップスタイルのボディに搭載する原付1種スクーター、「ビーノ XC50」シリーズが一部仕様変更し2010年2月20日より発売。
「ビーノ XC50D」と「ビーノ XC50R(リモコン仕様)」は、ヘッドライトカバーをクロームメッキ処理として高級感を演出、また「ビーノ XC50D」と「ビーノ XC50」はフロントフォークを従来のブラックからシルバーに変更した。カラーリングは、新たに「ビーノ XC50D」にシックな“パープリッシュブラックパール2”を、標準モデルの「ビーノ XC50」に躍動感のある鮮やかな“ヒートレッド”を設定、同シリーズの特徴である“選べる多彩なカラーバリエーション”を充実させた。
●メーカー希望小売価格(税込) ・ビーノ XC50 \193,200- / ・ビーノ XC50D \198,450- / ・ビーノ XC50R \201,600
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

CRF50F/CRF70F/CRF100F
CRF50F/CRF70F/CRF100F

スイッチ表示等を変更し発売!

オフロード走行専用車「CRF50F」「CRF70F」「CRF100F」がスイッチ表示や一部デザインを変更し、それぞれ1月21日(木)に発売。
今回、CRFシリーズ(CRF50F/70F/100F)はチョークレバー、エンジンストップスイッチ、イグニッションスイッチの各表示を視覚的に認知しやすいピクトグラム(絵文字)に統一することで、視認性をより高めている。これに加えて「CRF100F」に関しては、左側のクランクケースカバーのデザインを変更している。
* このCRFシリーズ(CRF50F/70F/100F)は、公道および一般交通の用に供する場所では一切走行できません。また、登録してナンバープレートを取得することもできません。
* 上記CRFシリーズ(CRF50F/70F/100F)はブローバイガス還元システムを採用し環境保全に配慮しております。
* CRF50Fは体重40kg以下の方、CRF70Fは体重60kg以下の方を想定して製作しております。
●メーカー希望小売価格(税込)・CRF50F \165,900-/・CRF70F \176,400- / ・CRF100F \253,050-
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

tricker(トリッカー) XG250
tricker(トリッカー) XG250

“艶あり&艶なし”をコンビネーションさせたブラックの新色を設定
2010年モデルを発売!

250ccの空冷4ストロークSOHC単気筒F.I.エンジンを搭載した「tricker
(トリッカー)XG250」が、カラーリング設定を変更し2010年1月15日より発売。
2010年モデルの新色「マットブラック2」は、フレーム、タンク、フロントフォークアウターチューブをブラックの艶消しに、タンクカバーはブラックの艶ありとして、“フリーライドプレイバイク”イメージを強調した。なお、人気の「ビビッドオレンジメタリック2」は継続設定とした。
●メーカー希望小売価格(税込) ・tricker(トリッカー) XG250 \457,800-
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

シグナス-X XC125SR
シグナス-X XC125SR

ツートンカラー採用で精悍なスタイリングを強調 2010年モデル発売!

スポーティなカラーリングで好評の125ccスクーター「シグナス-X
XC125SR」について、ツートンカラーを採用するなど精悍なスポーティ感を一層強調した2010年モデルが2010年1月20日より発売。
「シグナス-X XC125SR」は「シグナス-X XC125」をベースに、1)リアサスペンションへのイニシャル調整機構追加とスプリングのレッド化、2)前輪ブレーキキャリパーのレッド化、3)専用カラーとグラフィック採用、など専用装備を施したスポーティバージョンである。なお、2008年モデルからはF.I.を採用、ポジションランプ一体型ヘッドライトなどによる新デザインとし、駆動系セッティング変更による中低速域でのパワー感向上などを図っている。
今回の2010年モデルは、従来同様の2色設定を継承しつつ、「ブラックメタリックX」では艶ありと艶なしに塗り分けを施し、「ビビッドレッドメタリック5」はレッドとブラックに塗り分けた。いずれも上質でスポーティなキャラクターを強調。またシート表皮に赤いステッチを施したほか、前輪ディスクブレーキ内側にブラック塗装を施した。製造はヤマハモーター台湾で行う。
●メーカー希望小売価格(税込) ・シグナス-X XC125SR \315,000-
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

RM85L
RM85L

海外モデル『RM85L』の2010年モデルを販売!

「RM85L」の主な変更点
●モノトーンベースを継承しながら、パターンのエッジと配色を一層強化し、よりアグレッシブに、より軽快に見せる2010年NEWグラフィック。
●車体色 チェンピオンイエローNo.2
●メーカー希望小売価格(税込) ・RM85L \397,950-
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー