バイクインフォメーション

アンダーバー
VT750S
VT750S

鼓動感あふれるV型2気筒エンジン搭載のロードスポーツモデルが新発売!

スリムでコンパクトな車体に、鼓動感あふれる水冷・4ストローク・V型2気筒750ccエンジンを搭載したロードスポーツモデル「VT750S」が3月30日(火)に発売する。
VT750Sは、「カジュアル・ロードスター」を開発のコンセプトに掲げ、より多くのお客様に大型二輪車に親しんでいただくことを目的に開発。
エンジンは、力強く鼓動感あふれる水冷・4ストローク・V型2気筒750ccを搭載。電子制御燃料噴射装置(PGM-FI※)の採用などにより、上質な走りを実現している。また、エンジンの外観はブラックを基調に、シリンダーヘッドカバーにはクロームメッキを施し、V型2気筒エンジンの逞しさと美しい造形を際立たせている。
車体は、剛性に優れながらスリムでコンパクトなサイズのダブルクレードルフレームを採用。750mmの低いシート高によって優れた足着き性を実現し、取り回しやすく安心感のある車体サイズとしている。スポークタイプのホイールは、フロントに19インチを、リアに16インチを採用し、安定感のある走りを実現している。
スタイリングは、一つひとつのパーツの質感を高めながら、シンプルでカジュアルなイメージでまとめている。さらに、流麗なティアドロップ型のフューエルタンクや、ブラックでまとめた逞しいエンジン、デュアルテーパードマフラーなどにより、躍動感と存在感を際立たせている。
750ccクラスのスポーツモデルは、ロードスタータイプのVT750S、クルーザータイプのシャドウ<750>、シャドウ ファントム<750>の合計3車種のラインアップとすることで、幅広いユーザーの嗜好に応えられるものとしている。
●メーカー希望小売価格(税込) ・VT750S \749,700-  問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

EV-neo
PCX

優れた環境性能と質感の高さが特長の原付二種スクーターが新発売!

先進的なデザインの車体に、アイドリングストップ・システムを採用するなど環境性能に優れた新開発の水冷・単気筒125ccエンジンを搭載した、原付二種の新型スクーター「PCX」を3月30日(火)に発売する。PCXは、経済性と利便性の良さから人気の原付二種市場における、多様化するお客様のニーズに応えるため、「クラスを超えた質感の高さと先進スタイリング」「高い動力性能と環境性能の両立」「スクーターに求められる快適さと使い勝手の良さ」をキーワードに、ワンランク上の次世代125ccスクーターとして開発された。エンジンは、低フリクション技術を採用した水冷・4ストローク・単気筒125ccエンジンを搭載。電子制御燃料噴射装置(PGM-FI※1)に加え、一時停止の際に自動的にエンジンが停止するアイドリングストップ・システムを125ccクラスとしては国内で初めて搭載※2するとともに、53km/L(60km/h定地走行テスト値)の低燃費を達成している。
車体は、前・後14インチの大径ホイールの採用により、優れた走行安定性とワンランク上の快適な乗り心地を実現。また、Honda独自のコンビブレーキ(前・後輪連動ブレーキ)を標準装備することで、安定した制動力を効率的に得ることを可能にしている。デザインは、流麗なフォルムや特徴的なウインカー一体型のデュアルハロゲンヘッドライトなど、車体細部にまで及ぶデザイン性の追求により、クラスを超えた上質な存在感を醸し出している。
収納は、シート下にフルフェイスヘルメット一個とグローブなどが入る容量25L※3の収納スペースとフロントカウルに容量1.5L※4のグローブボックスを設け、快適な使い勝手を実現。
●メーカー希望小売価格(税込) ・PCX \299,250-  問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

FZ8/FZ8ハーフカウル
FZ8/FZ8ハーフカウル

ネイキッドスタイルの大型ロードスポーツモデルが発売!

ヤマハ発動機株式会社は、欧州市場向けに779cc F.I.(フューエルインジェクション)エンジンを搭載した新製品、「FZ8」を2010 年5 月以降、「FZ8 ハーフカウル仕様」を2010 年6 月以降に発売する。
「FZ8」「FZ8 ハーフカウル仕様」は、スポーツバイクの新しい基準を提唱するモデルとして開発。スポーツバイクの多彩な可能性に着眼点をおき、市街地からワインディング路まで様々な環境で操る楽しさを徹底追求した結果、779cc という排気量設定とした。車体には躍動的な三次曲線を描く金型鋳造オールアルミ製メインフレームや、1,000cc モデルと同等レベルの前後サスペンションなどを装備して爽快な走行性能を実現した。
スタイリングは静止状態から走り出そうとしているクラウチングポジションが特色で、溜め込んだエネルギーを前へと開放するイメージを描いており、スポーツバイクの新基準を視覚的にも表現した。
「FZ8 ハーフカウル仕様」は、標準モデルをベースに、ヘッドライトの意匠変更及びハーフカウル、専用タンデムシートとグラブバーなどを採用したモデル。なお両モデルとも車輪のロック状態に応じて適切に液圧を変化させ、スムーズな制動感を実現するリニア制御のABS 装着モデルを設定した。

問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

VFR1200F
VFR1200F

独創の先進技術と洗練のスタイリングを高次元で融合した大型二輪スポーツツアラー「VFR1200F」を新発売!

先進技術と流麗で独創的なスタイリングを高次元で融合させた、大型二輪スポーツツアラー「VFR1200F」を3月18日(木)に発売する。
新型VFR1200Fは、新開発の1,236cm3 V型4気筒エンジンを搭載。ユニカムバルブトレインの採用により、シリンダーヘッドのコンパクト化を図り、マスの集中と低重心化を実現。シリンダー配置や爆発タイミングの見直しにより、独特のビート感とサウンドを生み出しながらも不快な振動の少ない上質な走行フィーリングを実現している。
さらに、MotoGPなどのレーシングマシンにおいて実績のあるスロットル・バイ・ワイヤを、Honda市販二輪車として初めて採用。スロットルバルブを電子制御化することで、さまざまな走行状態において最適なスロットルコントロールを可能としている。デザインでは、フロントカウルからフューエルタンクにかけて流れる、グラマラスかつエッジのきいたスタイリングを実現。カウル表面からビスやボルトなどが見えない外装は、高品位な塗装とあいまって、所有感を高めるとともに優れた空力性能を実現している。また、シートにはHonda初となる、一体発泡シートを採用。スタイリッシュな形状で長時間のライディングでも疲れにくいものとしながら、国内モデル専用のローシートとすることで、足着き性に優れたポジションを実現している。
●メーカー希望小売価格(税込) ・VFR1200F \1,575,000-  問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー