バイクインフォメーション

アンダーバー
CBR250R
CBR250R

アジアを生産拠点とした新型ロードスポーツモデル「CBR250R」を発表 ~グローバル戦略機種として、タイ・インドから輸出~

Hondaは、新型のロードスポーツモデル「CBR250R」をタイで生産し、11月より発売します。このCBR250Rは、タイの生産会社タイホンダマニュファクチュアリングカンパニー・リミテッド(以下、タイホンダ)で生産する最大排気量車かつ初の本格的なロードスポーツモデル。昨年より同社で生産を開始した125ccスクーターPCXに続き、アセアン地域をはじめ、日本、欧州、北米、オーストラリアなど幅広い地域に輸出するグローバルモデルとして展開。日本国内におけるCBR250Rの発売は、2011年春予定。
CBR250RCBR250Rは、開発段階から日本とタイで研究開発を進め、世界各国の多様な嗜好に応えるため、“Sport Quarter for One World, CBR250R”をコンセプトに、初心者からベテランまで幅広い層がモーターサイクルを操る楽しさを体感できるモデルとして開発。
CBR250Rは、扱いやすい新開発の水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・単気筒250ccエンジンを搭載。電子制御燃料噴射装置(PGM-FI※1)に加え、O2センサーの採用やマフラー内に装備した触媒装置(キャタライザー)との相乗効果により、欧州排出ガス基準Euro3ならびにタイの第6次エミッション規制値に適合する高い環境性能を実現。
フレームは、剛性の高いトラス構造のダイヤモンドフレームを採用。軽量・コンパクトで、スポーツモデルとしての軽快なハンドリングと安心感のある操縦特性としています。車体にはフルカウルを装備し、エンジンやライダーに与える走行風を最適にマネージメントする形状としながら、先進性の高い造形美溢れるデザイン。
また安全技術においては、250ccクラスのロードスポーツモデルとしては世界初となる、コンバインドABSをタイプ設定。コンバインドABSは、前・後輪連動ブレーキシステムCBS(コンバインド・ブレーキシステム)に、急制動時などの車輪ロックを回避するABSを組み合わせ、制動時における車体挙動の安定性をより高めている。

問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

EV-neo
EV-neo

ビジネスユース向け電動二輪車「EV-neo」 テスト運用を開始!

Hondaは、2010年12月にリース販売を予定している電動二輪車「EV-neo(イーブイ・ネオ)」のテスト運用を開始しました。このテスト運用は12月のリース販売を前に、業態の異なる数社の協力企業に試作車を順次貸与し、公道を使った実走実験※を通じて、ビジネスの現場での各種車両データの収集と検証を行うものです。「EV-neo」は、2009年の第41回東京モーターショーでコンセプトモデルを初公開したスクータータイプの電動二輪車で、原付一種(第一種原動機付自転車)カテゴリーに分類され、配達業務などを行う企業や個人事業主向けに開発中のモデルです。
EV-neo「静か」「きれい」をキーワードに、リチウムイオン電池とブラシレスモーターを採用することで、走行時にCO2を一切排出しない高い環境性能を実現しています。また、低回転からトルクのあるモーターの特性により、荷物積載時にも力強い発進性能を実現するなど、現在市販されているガソリンエンジンの原付一種同等の実用性を備えています。
さらに、シート下のスペースに収納可能な普通充電器や、短時間での充電を可能にする急速充電器、二輪車の使い勝手を考慮した小型の充電コネクターなどを専用開発し、EVの充電操作を容易にしました。
Hondaは、環境性能に優れた製品を、より身近に、より多くのお客さまに提供していくことで、今後も地球規模でのCO2排出量削減に寄与していきます。

問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

VT400S
VT400S

鼓動感あふれるV型2気筒エンジンを搭載した400ccロードスポーツモデル「VT400S」を新発売!

スリムでコンパクトな車体に、鼓動感あふれる水冷・4ストローク・V型2気筒400ccエンジンを搭載したロードスポーツモデル「VT400S」が11月5日(金)に発売。VT400Sは、「カジュアル・ロードスター」を開発のコンセプトに掲げ、普通二輪免許をお持ちのより多くのお客様に二輪車に親しんでいただくことを目的に開発。
VT400Sエンジンは、水冷・4ストローク・V型2気筒400ccを搭載し、電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)の採用などにより、力強く鼓動感あふれる上質な走りを実現しています。車体は、750mmの低いシート高によるゆとりある足着き性と、アップライトなポジションを組み合わせることで、取り回しやすさと安心感を高めています。スタイリングは、流麗なティアドロップ型のフューエルタンク、ブラックを基調にクロームメッキのパーツを組み合わせた美しい造形のエンジン、軽快感のあるスポークホイールなど、一つひとつのパーツの質感を高めながら、全体をシンプルかつカジュアルなイメージでまとめました。
●メーカー希望小売価格(税込)
VT400S 車体色: グラファイトブラック \649,950 /  ・VT400S 車体色: パールヘロンブルー(トリコロール) \669,900
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

VN1700 Voyager/VN1700 Voyager Custom ABS/VN1700 Classic  TourerVulcan1700Vaquero/Ninja ZX-10R/W800/Z750/Versys  1400GTR/ZZR1400/Z1000/Ninja 650R/ER-6n/ER-6f

海外向けモデルを発表!


株式会社カワサキモーターサイクルジャパンは、2011年海外向けモデルを発表した。

問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

海外向け二輪車の2011年新モデル
GSR750

スズキ、海外向け二輪車の2011年新モデルを発表!

スズキ株式会社は、10月5日から10日までドイツ・ケルンで開催されている二輪車の見本市「インターモト」に出品し、海外向け2011年新モデル3機種を発表した。今回発表したいずれの機種も走行性能を向上させながら燃費を10%以上(※)向上させた。 (※WMTC走行モード/当社測定値)
斬新なスタイリングとパワフルなエンジンが融合した新型ネイキッドバイク「GSR750」
随所に先鋭的かつ近未来的なデザインが施された斬新なスタイリングを持ち、市街地での走行性能を追求した新型ネイキッドバイクGSR750を出品。微粒化タイプインジェクター等の最新技術の導入により、現行GSR600に比べ、燃費を10%以上(※)向上させ、低中速域でのトルクを厚くスムーズな出力特性としたことで取扱い性を向上させた。倒立フロントフォーク、多機能メーター、異形ヘッドランプ、異形断面マフラーはGSR750の機能だけでなく、斬新なスタイリングの実現にも貢献している。
GSX-R750750cm3ベストバランス スーパースポーツ「GSX-R750」
GSX-Rシリーズに共通するコンセプト“The Top Performer (ザ・トップ・パフォーマー)”を追求したGSX-R750は、車体を中心に8kgの軽量化を行い、600cm3クラス並みのコンパクトでより軽量なモデルとして性能向上を図った。車体は、新設計のフレーム、ビッグ・ピストン・フロントフォーク、ブレンボ製モノブロックフロントブレーキキャリパーを採用。エンジンは、最新の設計技術によりメカロス低減を図り、現行モデルに比べ10%以上(※)燃費を向上させた。軽量化を追及したコンパクトなスタイリングとした
GSX-R600クラス最高の性能を追及し、9kgの軽量化を実現した「GSX-R600」
進化し続けるスーパースポーツGSX-R600の車体には、新設計のフレーム、ビッグ・ピストン・フロントフォーク、ブレンボ製モノブロックフロントブレーキキャリパーを採用。エンジンは、モトGPマシンの部品開発技術を応用したピストンをはじめとする、最新の設計技術によりメカロス低減を図った。これらによって、高回転域での出力向上と共に、低中速回転域でのトルクアップを図り、トランスミッションギヤ比の見直しと併せて加速性能を高めただけでなく、現行モデルに比べ燃費を10%以上(※)向上させた。
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

e-Let's
e-Let's

スズキ、電動スクーター「e-Let's」を開発 製品化に向けて公道走行調査を開始!

スズキ株式会社が開発を進めてきた電動スクーターの試作車「e-Let's」が完成し、公道走行調査を開始する。9月21日に第一種原付自転車の届出を行い、ナンバーを取得したことで公道走行が可能となった。今後、様々な走行データを収集し製品化に向けた開発を進める。
「e-Let's」は、第一種原付自転車「Let's4バスケット」をベースに開発した試作車である。小型・軽量な車体に、回生充電が可能な高性能インホイールモーターとリチウムイオン電池、充電器システムを搭載しながらも、ガソリンエンジン搭載車と同等の車両重量とした。電動スクーターならではの滑らかな加速と軽快な走りに加え、低騒音、低振動、排出ガスゼロの高い環境性能を実現している。充電は家庭用の100Vを使用し、1回の充電(約4時間)で約30kmの走行(30km/h定地走行時)を可能としている。
電動スクーターの試作車「e-Let's」の概要
全長×全幅×全高 1,665mm×600mm×983mm/車両重量 74kg(バッテリー装着時)
乗車定員 1人/モーター 交流同期電動機/定格出力 0.6kW未満/航続距離 30km(30km/h定地走行時)
充電所要時間 約4時間/100V/バッテリー種類 リチウムイオン電池
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

Ninja 400R ABS
Ninja 400R ABS

2011年モデル新発売!

「Ninja」のイメージを強調するスタイリッシュなカウリング、水冷DOHC4バルブ並列2気筒エンジンを搭載したNinja 400Rに、ABS搭載モデルが新登場。
ブレーキには前後にペタルディスクを採用し、ABSを搭載。急激にブレーキをかけた場合のホイールのロックを回避し、安定したハンドルコントロールを可能にしている。

●メーカー希望小売価格(税込) ・Ninja 400R ABS \719,000-

問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

ER-4n ABS
Ninja 400R ABS

2011年モデル新発売!

スタイリッシュな造形とスポーティな性能を併せ持つER-4nに、ABS搭載モデルが新登場。ブレーキには前後にペタルディスクを採用し、ABSを搭載。急激にブレーキをかけた場合のホイールのロックを回避し、安定したハンドルコントロールを可能にしている。
●メーカー希望小売価格(税込) ・ER-4n ABS \699,000-
問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー