バイクインフォメーション

アンダーバー
CBR250R
CBR250R <ABS>

新型のロードスポーツモデル「CBR250R」を発売!

Hondaは、市街地の走行から郊外のツーリングまで、幅広い用途で扱いやすい新型の軽二輪ロードスポーツモデル「CBR250R」を、3月18日(金)に発売します。
より多くのお客様に、スポーツモデルを所有する喜びや操る爽快感と楽しさを提供するために、メーカー希望小売価格は44万9,400円(スタンダードタイプ)とお求めやすい価格を実現しています。

CBR250R <ABS>
CBR250Rの開発にあたっては、エントリーユーザーからベテランまでの幅広いお客様の期待に応えるとともに、世界各国の市場に適合するサイズや嗜好に合うスタイリングなどを反映したグローバルモデルの確立という高い目標を掲げました。開発の指針を“Sport Quarter for One World, CBR250R”とし、新開発のトラス構造フレームと軽量・コンパクトな水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・単気筒250ccエンジンを搭載。また、VFR1200FやCBR1000RRで採用している、Hondaのフルカウルスポーツモデルの最新デザイン理論「マス集中フォルム」を基に、ダイナミックかつスポーティーなスタイリングを実現し、所有する喜びと操る楽しさを高い次元で両立しています。
CBR250Rなお、国内向けCBR250Rの生産は、グローバルモデルの125ccスクーターPCXの生産で実績があるタイホンダマニュファクチュアリングカンパニー・リミテッドにて行います。

●メーカー希望小売価格(税込)
・CBR250R スタンダード 449,400
・CBR250R<ABS> 499,800
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

パフォーマンスダンパー
パフォーマンスダンパー

-世界初-車両用車体制振ダンパー「パフォーマンスダンパー」二輪車用を新開発・欧州にて発売!

ヤマハ発動機株式会社は、車両用車体制振ダンパー「パフォーマンスダンパー」を、二輪車用として新たに開発、欧州市場にて「TMAX」のオプション装着品として2011年4月20日より発売します。車両用車体制振ダンパーを二輪車用に搭載できるものは量産品としては世界初となります。
  「パフォーマンスダンパー」は、2000年に基本概念を発案後、2004年4月に量産自動車用として初めて採用されて以来、さまざまな特設車種においてコーナリングパフォーマンスや快適性の向上を実現するものです。
二輪車用車体制振ダンパーは製品名称を「ヤマハパワービーム」と名付け、欧州市場を中心にオートマチック・スーパースポーツとして人気の「TMAX」専用に開発したものです。自動車用として高い評価を得ている「パフォーマンスダンパー」の効果と同様、二輪車でも車体の変形と振動を吸収することで安定感と安心感の向上を図り、幅広い方に効果が体感できるものとしました。
欧州市場向け「TMAX」●ヤマハパワービームの特徴
通常二輪車のフレームは走行に伴いごくわずかな変形が生じています。 弾性体である金属製のフレームは変形に対する減衰性が低いため、外力による変形エネルギーはほぼそのまま蓄積・放出され、固有振動数で変形を繰り返そうとします。
   「ヤマハパワービーム」は、フレームの一箇所への減衰付加により、その変形エネルギーを吸収し、熱エネルギーとして発散させるようにしています。これによりフレームの過大な変形速度が抑制され、快適性や安定感の向上を実現するものです。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

グラディウス400 ABS
グラディウス400 ABS

400ccスポーツネイキッド「グラディウス400 ABS」をカラーチェンジして発売!

スズキは、スタイリッシュなデザインにVツイン(V型2気筒)エンジンを搭載したスポーツ  ネイキッドバイク「グラディウス400 ABS」のカラーを変更し、4月26日(火)より発売する。

●主な変更点
・新色パールビガーブルー/グラススプラッシュホワイト、新色ミスティックシルバーメタリック/グラススパークルブラックを設定し、
全2色設定とした。
グラディウス400 ABS・フロントフェンダーの「ABS」デカールを廃止。
・エンジン上部のフレームカバーを車体色と同色に変更。
・ステップブラケットをエンジン同色に変更。
・グラブバー色をブラックに変更。

●メーカー希望小売価格(税込)
グラディウス400 ABS 808,500円 
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

XJR1300
XJR1300

ブラック&ホワイトの2色を設定!2011年モデル!

ヤマハ発動機株式会社は、1300ccの空冷4ストロークDOHC4気筒エンジンを搭載した「XJR1300」のカラーリングを変更し2011年3月20日より発売する。
今回の2011年モデルの「ブラックメタリックX」車には、サイドビューにレトロかつモダンなストライプと、燃料タンクにYAMAHAロゴのニューグラフィックを採用。新色「ブルーイッシュホワイトカクテル1」には、ホワイトをベースに音叉マークエンブレムを施し、シンプルかつ質感高く仕上げた。エンジンはブラック塗装で統一、空冷大排気量エンジンの存在感を強調させた。

●メーカー希望小売価格(税込)  XJR1300 1,081,500円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

YZF-R1
YZF-R1

MotoGPマシンYZR-M1をイメージしたカラーリングを採用
2011年モデル!

ヤマハ発動機株式会社は、高性能な水冷4ストロークDOHC直列4気筒エンジンを搭載する1,000ccスーパースポーツ、「YZF-R1」のグラフィックを変更し2011年4月15日より発売する。
2011年モデルの「ディープパープリッシュブルーメタリックC」車には、MotoGP用ファクトリーマシン「YZR-M1」※のイメージ漂うカラー&グラフィックを採用した。マゼンタ系フレームとの調和が人気の「ブルーイッシュホワイトカクテル1」は継続設定とした。
「YZF-R1」は、<Ultimate Cornering Master 1000>をコンセプトとした製品で、“クロスプレーン型クランクシャフト”を採用するなどMotoGPマシン「YZR-M1」の技術を随所に反映、リニアな駆動力特性と高いコーナリング性能が特色である。スーパースポーツの高性能と高品質感を期待するニーズに応え2009年6月より国内発売している。

●メーカー希望小売価格(税込)  YZF-R1 1,417,500円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー