バイクインフォメーション

アンダーバー
TTX
TTX

FI搭載のタイ向け新製品「TTX」発売 20代男性をターゲットとしたニューテイストの115cc ATコミューター

ヤマハ発動機株式会社は、斬新なオフロードテイストのスタイリングにYMJET-FI※1を搭載した115ccのAT(オートマチック)コミューター「TTX」を開発、タイのグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)にて2012年4月より同市場に導入します。
タイの二輪車市場は年間約200万台(2011年/ヤマハ調べ)で推移。このなかで20代男性を中心に、個性に合わせたドレスアップをするなど、自己表現ツールとして二輪車を楽しむ文化が定着しています。こうしたお客様に向けた次世代ATコミューターが新製品「TTX」で、R&D機能をもつタイのグループ会社「YMAC」(Yamaha Motor Asian Center Co., Ltd.)を中心に企画・開発を進めました。外装部品を重ね合わせた“レイヤー構造”を施し、スポーティー且つ個性的なスタイリングに専用サスペンション・幅広タイヤ(後輪100/70-14)などを採用したニューテイストのモデルです。また、多彩な純正アクセサリー用品も設定し、個性的なドレスアップを楽しむお客様のニーズに応えました。
「TTX」は、同じく2012年4月より導入の125ccYMJET-FIを搭載したATコミューター「NOUVO SX」と共に、3月27日(一般公開は28日)より開催されている第33回バンコク国際モーターショーにて発表、展示しています。両製品とも、2012年1月よりタイに導入しているYMJET-FI搭載モデル「Mio115i」などに続き、当社の中期成長戦略※2「アセアン二輪車における商品力・収益力向上」の取り組みの一翼を担うラインナップとなります。
※1 YMJET-FI:Yamaha Mixture Jet-Fuel Injection/主通路とは別に設けた副通路からのエアアシストを行い噴射燃料と空気を効率的に混合させ、実用域での燃費向上に貢献するFIシステムです。
※2 中期成長戦略:当社の2010年から2012年までの3カ年の中期的な経営計画で、4つの成長戦略の一つとしてアセアン二輪車における商品力・収益力向上」を掲げ、「FI搭載比率の拡大と商品力の強化」並びに「FIシステムコストダウンと規模効果による収益性の向上」の両立により、更なる商品競争力強化を目指しています。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

NOUVO SX (ヌーボ エスエックス)
NOUVO SX (ヌーボ エスエックス)

ベトナム向け現地製コミューター 「NOUVO SX (ヌーボ エスエックス)」発売 -FI採用などにより高い経済性と走行性を実現したATフラッグシップモデル-

ヤマハ発動機株式会社は、当社独自のフューエルインジェクション「YMJET-FI」※1を備え る水冷125ccエンジンを搭載したAT(オートマチック)コミューター、「NOUVO SX」を2012年3月下旬よりベトナムのグループ会社YMVN(Yamaha Motor Vietnam Co., Ltd.)にて製造・販売します。2011年秋より導入の女性向けATコミューター「Nozza(ノザ)」と同様、当社の中期成長戦略「アセアン二輪車に おける商品力・収益力向上」※2の取り組みの一翼を担う製品です。
ベトナム二輪車市場は約350万台規模の年間需要(2011年/ヤマハ調べ)で、AT車が約110万台を占め、順調な経済成長のもと都市部を中心に伸長 が見込まれています。このAT車市場拡大の先駆けとなったのが2002年導入の「NOUVO」で、今日のリーディングモデルとして高い支持を受けていま す。 
 最新となる「NOUVO SX」は、ワンクラス上の高い走行性を感じさせる新設計エンジン、独自の燃料供給システム「YMJET-FI」採用などにより低燃費と高い環境性能・走行 性を備えています。またアセアンATモデル初のプロジェクターヘッドライト、LED照明メーター&LEDテールランプ、転がり抵抗20%低減の専用開発タ イヤを採用するなど、ATフラッグシップモデルに相応しいプレミアム感の高い製品となっています。
 なお、カラーリングは標準仕様と、スポーティなイメージを演出するRCエディションを設定します。標準仕様4色、RCエディション3色と、計7色の展開となります。
※1 YMJET-FI:Yamaha Mixture Jet-Fuel Injection/主通路とは別に設けた副通路からのエアアシストを行い噴射燃料と空気を効率的に混合させ、実用域での燃費向上に貢献するFIシステムです。
※2 中期成長戦略:当社の2010年から2012年までの3カ年の中期的な経営計画で、4つの成長戦略の一つとしてアセアン二輪車における商品 力・収益力向上」を掲げ、「FI搭載比率の拡大と商品力の強化」並びに「FIシステムコストダウンと規模効果による収益性の向上」の両立により、更なる商 品競争力強化を目指しています。

問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

ST250 Eタイプ
ST250 Eタイプ

新色を設定して発売

スズキは、249cm3単気筒エンジンを搭載するトラディショナルなスタイルの軽二輪ロードスポーツモデル「ST250 Eタイプ」に新色を追加し、グラスミッドナイトブラウンを3月20日(火)、パールネブラーブラック/パールミラージュホワイトを4月25日(水)より発売する。
●主な変更点
既存色ミストグリーンメタリックに、新色グラスミッドナイトブラウンと新色パールネブラーブラック/パールミラージュホワイトを追加し、全3色設定とした。
ST250 Eタイプ


※主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

●メーカー希望小売価格(税込)
ST250 Eタイプ 471,450円
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

グラディウス400 ABS
グラディウス400 ABS

新色を設定して発売

スズキは、スタイリッシュなデザインにVツイン(V型2気筒)エンジンを搭載したスポーツネイキッドバイク「グラディウス400 ABS」に新色グラススパークルブラックを追加し、2012年4月25日(水)より発売する。
●主な変更点
既存色パールミラージュホワイト/グラススパークルブラックとパールビガーブルー/グラススプラッシュホワイトに、新色グラススパークルブラックを追加し、全3色設定とした。
グラディウス400 ABS


※既存色、主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

●メーカー希望小売価格(税込)
グラディウス400 ABS 808,500円
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

Ninja 250R
Ninja 250R

2012年モデル Ninja 250R 追加カラー 新発売!

上質感と機能性を兼ね備えた、Ninja 250R。スタイリッシュなフルフェアリングに水冷DOHC4バルブ並列2気筒エンジンを搭載、力強い中低速とツインならではのパワーテイストが味わえます。 燃料供給方式はフューエルインジェクションとし、微粒化インジェクター、デュアルスロットルバルブの採用で高回転域まで気持ちの良いレスポンスを実現。 ブレーキはフロント外径290mm、リヤ外径220mmのペタルディスクを採用し、安定した制動力を発揮します。また、わずかに前傾したシートポジション、高めの位置に設定したハンドルバーが自然でリラックスしたライディングポジションを実現しています。 今回、メタリックスパークブラックの車体カラーをベースにグラフィックを配した追加カラーを300台限定で発売いたします。

■2012年モデルからの変更点
・カラー&グラフィックの変更
・ メーカー希望小売価格の変更

●メーカー希望小売価格(税込):Ninja 250R 543,000円
問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー