バイクインフォメーション

アンダーバー
WR450F
WR450F

人気のレースに参戦できるエンデューロ(競技)専用モデル
「WR450F」 国内仕様を新発売

ヤマハ発動機株式会社は、450ccの水冷4ストロークDOHC・5バルブ・FIエンジンをアルミ製フレームに搭載し、優れた旋回性、走破性、セッティン グ容易性を備えるエンデューロ競技専用モデル「WR450F」の国内仕様を2012年6月30日より、予約期間限定(期間受注生産)にて発売します。
今回の「WR450F」は、<The Real Enduro Racer , Best in tight trail riding !>をコンセプトに開発し、「扱い易いエンジン特性」「クイックな旋回性」「容易なセッティング」を具現化したモデルで高次元な走りのパフォーマンスを斬 新なスタイルに集約しました。また、パソコン不要でポータブルタイプの“Power Tuner”を同梱、FIのセッティングをあらゆるシチュエーションで容易に楽しめます。本製品は「ヤマハオフロードコンペティションモデル正規取扱店」 にて販売します。
※WR450Fは国土交通省の認定を受けていませんので、ナンバープレートを取得できません。また道路を走行できません。道路を走行すると道路交通法及び 道路運送車両法の違反となります。私道、寺の境内、海辺、堤防上、農道、林道など道路の形態を整えていないところでも、人や車が自由に出入り出来るところ は道路とみなされます。
※保証(クレーム)の対象外製品となります。
●メーカー希望小売価格(税込): WR450F 917,950

問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

PCX150
PCX150

新型軽二輪スクーター「PCX150」を新発売

Hondaは、アイドリングストップ・システムを採用するなど環境性能に優れた原付二種スクーター「PCX」をベースに、新開発の水冷・4ストローク・単気筒150ccエンジンを搭載した軽二輪の新型スクーター「PCX150」6月7日(木)に発売します。
軽二輪スクーターは、通勤・通学などの市街地走行から有料道路を利用したツーリングまで幅広い用途に適した利便性の高さから人気があります。 PCX150は、軽二輪市場において、より多様化するお客様のニーズに応えるため、原付二種スクーターPCXの“コンパクトなサイズ”と“お求めやすい価 格”はそのままに、“ゆとりある動力性能と環境性能の両立”をキーワードに開発しました。
エンジンは耐久性と静粛性、燃費性能を高めた新開発のスクーター用グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」※1シリーズの150ccエンジンを搭載。この水冷・4ストローク・単気筒150ccエンジンは、電子制御燃料噴射装置(PGM-FI※2) を採用し、エンジン各部の多岐にわたる徹底的な低フリクション化の実施で、49.0km/L(60km/h定地走行テスト値)の高い燃費性能を実現しまし た。また、停車時に自動的にエンジンが停止するアイドリングストップ・システムを搭載しています。車体は、前・後輪に14インチの大径ホイールを採用した ことにより、優れた走行安定性と快適な乗り心地を実現。さらに、Honda独自のコンビブレーキ(前・後輪連動ブレーキ)を標準装備することで、安定した 制動力を効率的に得ることを可能にしています。デザインは、流麗なフォルムや特徴的なウインカー一体型のデュアルハロゲンヘッドライトなどで、上質な存在 感を醸し出しています。収納は、シート下に容量25L※3の収納スペースとフロントカウルに容量1.5L※3のインナーボックスを設け、快適な使い勝手を実現しました。
PCX150PCX150の生産は、タイのタイホンダマニュファクチュアリングカンパニー・リミテッドが行い、調達から生産まで効率化を図ることで、高品質とお求めやすい価格を実現しています。
※1 enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用水冷エンジンの総称です
※2 PGM-FIは、Hondaの登録商標です ※3 Honda測定値
●メーカー希望小売価格(税込):PCX150 329,700円 
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

インテグラ
インテグラ

爽快で快適な走りと高い利便性を融合した「インテグラ」を新発売 ~第二世代のデュアル・クラッチ・トランスミッションを初搭載~

Hondaは、新設計の水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒700ccエンジンに有段式自動変速機のデュアル・クラッチ・トランスミッションを組み合わせた大型モデル「インテグラ」4月24日(火)に発売します。このインテグラは、「ニューミッドコンセプト」シリーズとして開発した3モデルの1台で、開発のキーワードを“SCOOTING MOTORCYCLE(スクーティング モーターサイクル)”と定め、モーターサイクルの走りの楽しさとコミューターの快適性・利便性を高い次元で融合させたモデルです。エンジン、フレーム、ホイールは、ニューミッドコンセプトシリーズ共用としながら、エアマネジメント性能に優れたカウルやスクリーン、快適性を追求した大型シートなどの採用によって、コミューターの快適性と優れた利便性を実現しています。
インテグラエンジンは、低・中回転域での力強い出力特性に加え、燃焼効率の追求による低燃費化を目指し、理想的な燃焼室形状や低フリクション技術などを多岐にわ たって採用。燃費は38.0km/L(60km/h定地走行テスト値)を達成しています。簡単な操作で変速が可能なデュアル・クラッチ・トランスミッショ ンは、軽量・コンパクト化を図った第二世代へと進化させ、ATモードとMTモードを設定。優れた伝達効率によって、ダイレクト感のある走行フィーリングが 味わえます。
車体は、しなやかさと剛性感を高い次元で両立したダイヤモンドフレームと、高い路面追従性を発揮する前・後サスペンションや大径17インチの高圧ダイキャスト製の前・後アルミホイールを採用しています。スタイリングは、モーターサイクルの機動性とコミューターの快適性を融合させたオリジナリティーあふれる斬新なデザインとしています。
●メーカー希望小売価格(税込):インテグラ 808,500円  問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

NC700S
NC700S<ABS>

快適な走行と高い燃費性能を両立したネイキッドモデル
「NC700S」を新発売

Hondaは、力強いトルク特性で扱いやすく燃費性能に優れた新設計の水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒700ccエンジンを搭載した大型ネイキッドモデル「NC700S」4月24日(火)に発売します。
このNC700Sは、「ニューミッドコンセプト」シリーズとして開発した3モデルの1台です。開発にあたっては、ニューミッドコンセプトの“市街地走行やツーリングなどの常用域で扱いやすい”“快適で味わい深く燃費性能に優れたミドルクラス※1のモーターサイクルをお求めやすい価格で提供したい”といった思想を反映しています。エンジン、フレーム、ホイールは3モデル共通としながら、それぞれ個性的なスタイリングと味わい深い走行フィーリングを実現しています。
エンジンは、低・中回転域での力強い出力特性に加え、燃焼効率の追求による低燃費化を目指し、理想的な燃焼室形状や低フリクション技術などを多岐にわたり採用。燃費は41.5km/L(60km/h定地走行テスト値)を達成しています。
車体は、しなやかさと剛性を高い次元で両立したダイヤモンドフレームを採用。また、燃費性能を高めたことにより、燃料タンクを小型化しシート下に配置しました。従来の燃料タンク部には、フルフェイスヘルメットも収納可能な容量21L※2のラゲッジスペースを装備し、使い勝手に優れたものとしています。
NC700Sスタイリングは、シンプルでありながら、ダイナミックなプロポーションを実現。エンジンとフレームの機能美を際立たせながら、フロントからリアまで流れるようなフラッシュサーフェス処理を施した低重心フォルムは、先進のネイキッドモデルにふさわしいものとしています。
※1 排気量500cc〜750cc程度の欧米における中型車
※2 Honda測定値。ラゲッジスペースには、ヘルメットの形状や大きさによっては入らない場合があります
●メーカー希望小売価格(税込):NC700S 598,500
NC700S<ABS> 647,850
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CRF250L
CRF250L

新型オン・オフロードモデル「CRF250L」を発売

Hondaは、市街地からオフロードまで幅広い使用環境で、軽快な走行が楽しめる新型の250ccオン・オフロードモデル「CRF250L」5月14日(月)に発売します。
CRF250Lの開発にあたっては、開発のキーワードを「On(日常)を便利に、Off(週末)を楽しむ“ちょうどいい相棒 New On & Off Gear”」と定めました。ビギナーからベテランまで幅広いお客様が楽しく扱えるよう、トータルバランスと操縦安定性を徹底的に追求しました。エンジンは、低・中回転域で力強い出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・250cc単気筒を採用。オフセットシリンダーなどの低フリクション技術 を多岐にわたって採用したことなどにより、燃費は44.3km/L(60km/h定地走行テスト値)と優れた燃費性能を実現しています。
  新設計のフレームは、軽快性と安定性を両立し、しなやかな走りを可能とするスチール製ツインチューブタイプを採用しています。また、フロントサスペン ションにはクッションストローク250mmの倒立タイプを、リアにはアクスルトラベル240mmのプロリンクサスペンションを採用することで、市街地から オフロードまで軽快で高い走破性を実現しています。
CRF250Lスタイリングは、モトクロスマシンCRFシリーズを継承しながら、さらにシャープかつアグレッシブさに磨きをかけ、新時代のCRFにふさわしいHonda のアイデンティティーを主張するデザインとしています。カラーバリエーションは、アグレッシブなイメージのエクストリームレッドと、クールなイメージのロ スホワイトの2色を設定しています。
●メーカー希望小売価格(税込):
CRF250L 449,400
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

SOUL GT (ソウル ジーティー)
SOUL GT (ソウル ジーティー)

インドネシア向けFI・ATコミューター「SOUL GT (ソウル ジーティー)」発売 -低燃費で経済性に優れた115ccエンジンを力強いスタイリッシュな車体に搭載-

ヤマハ発動機株式会社は、経済性に優れた115ccYMJET-FI※1エンジンを搭載したAT(オートマチック)コミューター、「SOUL GT (ソウル ジーティー)」を2012年4月7日よりインドネシア市場に導入しています。
当社は、中期成長戦略「アセアン二輪車事業における商品力・収益力向上」※2を担う製品として本年2月より同市場に「Mio J」を導入しましたが、今回の「SOUL GT」はこれに続く第2弾となります。また、現行「Mio SOUL」の後継モデルとなります。
インドネシアの二輪車市場は年間約800万台の規模(2011年/ヤマハ調べ)で、ATモデルは約50%を超えています。2007年8月から導入の「Mio SOUL」は、低く構えたスタイリッシュな一眼タイプのヘッドライトなどを特色とした男性的フォルムが、特に若い男性のお客様から人気を博し累計130万台を販売しています。
今回の「SOUL GT」は、堅調な経済成長を背景に今後も二輪車需要伸長が見込まれるなか、スポーティで先鋭的デザインを待ち望む20代男性をターゲットに企画、開発したモデルです。現行車の特色である一眼ヘッドライトを継承しながらボディデザインを進化させ、鋭い眼差しのヘッドライト部、パワフルさを表現するエアインテーク風のサイドカバー、ダイナミックで個性的なテールライト廻りなど、より力強く、スタイリッシュに仕上げました。
なお、製造・販売はグループ会社のYIMM(PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行います。
※1 YMJET-FI:Yamaha Mixture Jet-Fuel Injection/主通路とは別に設けた副通路からのエアアシストを行い噴射燃料と空気を効率的に混合させ、実用域での燃費向上に貢献するFIシステムです。
※2 中期経営計画:当社の2010年から2012年までの3カ年の中期的な経営計画で、4つの成長戦略の一つとして「アセアン二輪車における商品力・収益力向上」を掲げ、「FI搭載比率の拡大と商品力の強化」並びに「FIシステムコストダウンと規模効果による収益性の向上」の両立により、更なる商品競争力強化を目指しています。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー