バイクインフォメーション

アンダーバー
YZF-R15
YZF-R15

インド生産のスーパースポーツモデル「YZF-R15」 インド初の国家的デザイン賞「インディアデザインマーク」を受賞

ヤマハ発動機株式会社のインドでの生産拠点、India Yamaha Motor Private Limited(I.Y.M)が生産・販売する150ccスポーツモデル「YZF-R15」が、インドデザインカウンシル主催の「インディアデザインマーク(I Mark)」を受賞しました。
インドデザインカウンシルは、インド商務産業省の関係機関で、(財)日本デザイン振興会との連携協定により、日本の“グッドデザイン賞(Gマーク)”に準じたデザイン賞「インディアデザインマーク」の創設を2010年より準備、今回その第1回目となる公募・審査が行われたものです。総応募数78件の中から、31件が受賞、この中で日本企業製品の受賞は、ヤマハ「YZF-R15」を含む3社4製品でした。
「YZF-R15」は、“移動手段”としてのバイクが主流のインド市場に、”走りを楽しむ”という新しい価値観を提案するものとして2008年から発売しているモデルで、インド市場におけるヤマハブランド価値向上に大きく貢献しています。同排気量クラスとしてはインド初の本格的スーパースポーツで、2011年秋にはモデルチェンジを行い、さらにスポーティなデザインとなりました。“YZF-R シリーズ”直系のボディデザイン、スポーティな走行性、快適な乗り心地、市街地での扱いやすさなどが支持されています。

問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

スーパーカブ50
スーパーカブ50

フルモデルチェンジし発売

Hondaは、ビジネスや通勤、レジャーなどの幅広い用途で多くのお客様から支持をいただいている「スーパーカブ50」をフルモデルチェンジし、5月25日(金)に発売します。
今回のスーパーカブ50は、“ニューベーシックカブ”を開発コンセプトに、装備を充実させながら、さらに使い勝手を高めるとともに、お求めやすい価格を目指したモデルです。
エンジンは、低フリクション技術を多岐にわたって採用した高効率の空冷・4ストローク・単気筒50ccを搭載。低・中回転域を重視したトルク特性に よって、荷物積載時などで力強い走りを実現しています。また、発進と変速でそれぞれ独立したクラッチ機構を備えた2段クラッチシステムをスーパーカブ50 に初採用したことで、変速時のショックを軽減しています。
車体は、剛性に優れたバックボーンタイプのパイプフレームを新たに採用。従来モデルのカスタムタイプに比べホイールベースを35mm延長したことなどにより、荷物積載時のより安定した走行に寄与しています。
  デザインは、本年3月に発売した「スーパーカブ110」と同様に、伝統的でオリジナリティーのあるスタイリングをベースに、シンプル、フレンドリー、質実を表現した“丸みのある四角”をテーマとして、さまざまなライフシーンにマッチするスタイリングとしています。
スーパーカブ50生産は、中国の新大洲本田摩托有限公司で行い、調達から生産まで効率化を図ることで、メーカー希望小売価格を従来モデルのカスタムタイプ(4速ミッ ション、セルフ式スターター装備)に比べ48,300円(消費税込み)安く設定することができ、よりお求めやすい価格としました。

●メーカー希望小売価格(税込):スーパーカブ50 187,950円 
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

スカイウェイブ650LX
スカイウェイブ650LX

650ccビッグスクーター
「スカイウェイブ650LX」がカラーチェンジして発売

650cm3ビッグスクーター「スカイウェイブ650LX」がカラーチェンジし 2012年5月17日(木)より発売。
●主な変更点
・車体色を 新色「パールムーンストーングレー」と既存色「パールミラージュホワイト」の計2色設定とした。

●メーカー希望小売価格(税込)
スカイウェイブ650LX 1,113,000円
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー