バイクインフォメーション

アンダーバー
インド初となる風洞実験施設が完成
インド初となる風洞実験施設

二輪車研究開発力を強化 ~開発と、購買・生産・品質機能をワンフロア化したテクニカルセンターが本格稼働~
~燃費性能を向上させたスクーター3モデルも同時発表~

Hondaのインドにおける二輪車生産・販売現地法人であるホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアプライベート・リミテッド(以下、HMSI 本社:インド・ハリアナ州 社長:村松 慶太)は、インド二輪事業における研究開発、生産(技術)、購買、品質部門を集約したテクニカルセンターの本格稼働開始を1月17日に発表しました。
HMSIのマネサール工場内に新設したテクニカルセンターは、インドの二輪車研究開発機能を担うホンダアールアンドディ(インディア)プライベート・ リミテッド(本社:インド・ハリアナ州 社長:天孝 篤志)やHMSIより関連部門の約200名のアソシエイトが集結することにより、綿密なコミュニケーションと業務効率の向上が可能となり、インドのお客様 にこれまで以上に「良いものを、早く、安く、低炭素でお届けする」体制が整いました。 テクニカルセンターには、インドでは初となる研究開発用の先進の風洞実験施設を導入し、インドにおける二輪車の燃費向上に向けた研究開発力の強化を行っています。
インド初となる風洞実験施設また、110ccエンジン搭載スクーターの「Activa」「Aviator」「Dio」について、新たな燃費向上技術を採用したニューモデルを発売しま す。新型エンジンは、フリクションロスを低減することなどにより、Honda社内計測比較で燃費を11%向上した60km/Lを達成しました。Hondaは、商品開発の取り組みに加え、ラジャスタン州の安全運転教育施設と協力した活動をかねてより実施しており、新たに女性や子どもを対象とし た安全運転教育プログラムを実施することで、ラジャスタン州とMOU(Memorandum of Understanding)締結に至りました。お客様の安全で快適なモーターサイクルライフに向けて、今後もさまざまプログラムの提供やサポートを行っ ていきます。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

ジョルノ・スペシャルエディション
ジョルノ・スペシャルエディション

特別カラーを限定発売

Hondaは、おしゃれで高級感のある50ccのファッションスクーター「ジョルノ」に、特別なカラーリングを施した「ジョルノ・スペシャルエディション」を設定し、受注期間限定で1月25日(金)に発売します。
車体色のマットアクシスグレーメタリックは、上質なイメージのつやを抑えたブラックのボディに、アクセントとしてハンドルカバーやフロントグリル、サイドカバーに、つやのあるブラックを施すことで精悍なイメージとしています。

ジョルノ・スペシャルエディションまた、車体色のパールキャンサーホワイトは、気品を感じさせるホワイトのボディに、ハンドルカバーやフロントグリル、サイドカバーにパールコットンアイボリーのカラーを施すことで、特別感のある1台としています。

●メーカー希望小売価格(税込) 
ジョルノ・スペシャルエディション 161,700円 
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

PCX150
PCX150

新たなカラーリングを追加し発売

Hondaは、アイドリングストップ・システムを採用するなど環境性能に優れた150ccの軽二輪スクーター「PCX150」に新たなカラーリングを追加し、2013年1月17日(木)に発売します。
今回、車体色の設定にマットガンパウダーブラックメタリックを追加。つやを抑えたブラックのフロントサスペンションのボトムケースと、つやのあるブ ラックのフロントグリルやサイドカバー、リアサスペンションスプリングを採用し、上質な存在感を醸し出しています。従来の設定色であるパールヒマラヤズホ ワイト、ミレニアムレッドと合わせ、全3色の展開としています。

●メーカー希望小売価格(税込) PCX150 329,700円  問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

V-IXION(ヴィクシオン)
V-IXION(ヴィクシオン)

“洗練された本格スポーツ”がコンセプト
インドネシア市場向けスポーツモデル
新「V-IXION(ヴィクシオン)」発売

ヤマハ発動機株式会社は、150ccの水冷4ストローク・FIエンジンを搭載するインドネシア市場向けスポーツモデル 「V-IXION」について、“洗練された本格スポーツ”をコンセプトにモデルチェンジを行い2012年12月中旬より発売します。本モデルは、2012 年春より同市場に導入した「Mio J」「SOUL GT」「JUPITER Z1」と同じく、当社の中期成長戦略※「アセアン二輪車における商品力・収益力向上」の取り組みの1つとなります。
2011年のインドネシア二輪車市場は約800万台(当社調べ)で、若い男性の間ではスポーツモデルへの憧れが強く、2007年に当社製アセア ンモデル初のFI搭載車として導入した「V-IXION」は、先進技術とスポーティな走りを強調したスタイリングが若者の高い支持を受け、インドネシアで 累計約100万台以上が販売されました。
新型「V-IXION」は、20代後半の若者のスポーティ嗜好に応えるため、“洗練された本格スポーツモデル”をコンセプトに、スタイリング、最先端フィーチャー、パフォーマンスに重点をおいて開発した製品です。
主な特色は、1)幅広偏平の新開発タイヤを採用。リアアームや前後サスペンションセッティングもあわせて変更し、スポーティなスタイリングと優れたハン ドリングを両立、2)FIシステム変更などによる走行性及び燃費性能の向上、3)新形状のヘッドライトやコンパクトなリアビューによるスピード感あるス ポーティなデザイン、4)先進的デザインのアナログ&デジタルメーターなどです。なお、製造・販売はグループ会社YIMM(PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行います
※中期成長戦略:当社の2010年から2012年までの3カ年の中期的な経営計画で、4つの成長戦略の1つとして「ア セアン二輪車における商品力・収益力向上」を掲げ、「FI搭載比率の拡大と商品力の強化」ならびに「FIシステムコストダウンと規模効果による収益性の向 上」の両立により、さらなる商品競争力強化を目指しています。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

アドレスV125Sリミテッド
アドレスV125Sリミテッド

車体色を設定して発売

スズキは、寒い季節に快適な機能を装備した125cm3スクーター「アドレスV125Sリミテッド」の車体色を変更し、 2012年12月25日(火)より発売する。
主な変更点
●車体色を新色の「グラスミッドナイトブラウン」(茶色)と、既存色の「ソニックシルバーメタリックNo.2」(銀)、
「ファントムブラックメタリックNo.2」(灰色)の3色設定とした。
※既存色、主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

●メーカー希望小売価格(税込) アドレスV125Sリミテッド 282,450円
  問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

アドレスV125S
アドレスV125S

特別色を設定して発売

スズキは、2010年8月6日に発売し好評を得ている125cm3スクーター「アドレスV125S」に特別色を設定し、 2012年1月8日(火)より発売する。
主な変更点
●「グリームグレーメタリック」を特別色として設定。
※既存色、主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

●メーカー希望小売価格(税込) アドレスV125S 261,450円
  問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

アドレスV50
アドレスV50

特別色を設定して発売

スズキは、50cm3スクーター「アドレスV50」に特別色2色を設定し、2012年12月25日(火)より発売する。
●主な変更点
「ミスティックシルバーメタリック」(銀色)、「グラスミッドナイトブラウン」(茶色)の2色を特別色として
設定した。
※既存色、主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

アドレスV50


●メーカー希望小売価格(税込) アドレスV50 151,200円
  問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

レッツ4バスケット
レッツ4バスケット

車体色を変更して発売

スズキは、大型フロントバスケットを装備するなど、主婦のお買い物に便利な機能を充実させた50cm3スクーター「レッツ4バスケット」の車体色を変更し、2013年2月26日(火)より発売する。
●主な変更点
・車体色を新色の「キャンディソノマレッド」(赤色)と既存色の「アイボリー No.2」(アイボリー色)、「スウィートブラウン No.2」(茶色)、「ミストブルー」(水色)の4色設定とした。
※主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

●メーカー希望小売価格(税込) レッツ4バスケット 156,450円
  問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

レッツ4
レッツ4

車体色を変更して発売

スズキは、50cm3スクーター「レッツ4」の車体色を変更し、2012年12月19日より発売する。
●主な変更点
車体色を新色の「キャンディソノマレッド」(赤色)と、既存色の「ブルームイエロー」(黄色)、「ソリッドブラック」(黒色)、「ミスティックシルバーメタリック」(銀色) の4色設定とした。
※主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。
●メーカー希望小売価格(税込) レッツ4 134,400円
  問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

Spark115i (スパーク115アイ)
Spark115i (スパーク115アイ)

タイ市場向け「Spark115i (スパーク115アイ)」発売
コンパクトで扱いやすいボディにFI新採用で経済性向上

ヤマハ発動機株式会社は、<扱いやすく気軽に乗れるベーシックモデル>をコンセプトとした新製品、空冷114cc・FIエンジンを搭載したMT(マニュア ルトランスミッション)モデルの「Spark115i」を開発、タイのグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)にて2012年12月上旬より同市場に導入します。
本モデルは、2012年春より同市場に順次導入した「Mio115i」、「TTX」、「NOUVO SX」、「Mio125i」に並ぶ、当社の中期成長戦略※「アセアン二輪車における商品力・収益力向上」の取り組みの1つとなるモデルです。
タイの二輪車市場は年間200万台(当社調べ/2011年)で推移し、AT車とMT車が約半分ずつを占めています。近年AT車の割合が増えていますが、 実用性や燃費に優れるMTモデルも地方都市を中心に根強い人気が続いています。その中で現行モデル「Spark Nano」は、走りと実用性の良さで支持を得ていますが、一層の燃費向上、扱い易さを望む声が多く、本製品はこれに応えて開発しました。今回の「Spark115i」は、日々の買い物や2人乗り使用においての<快適さ> <気軽に乗れる親しみやすさ> <心地よい乗り心地>を主題に、きめ細かな設計を施した製品です。エンジン・車体とも新設計し、燃料供給にはFIを新採用、優れた出力と燃費、環境性能を 調和させました。
主な特色は、1)取りまわしやすく乗る人に馴染むコンパクトな車体、2)現行モデル比で燃費25%向上の優れた経済性、3)トルクフルなエンジ ン特性と素直な操縦性による市街地での力強くかつスムースな走り、4)音響解析技術を応用し開発した新設計マフラー採用による心地よい排気音と、それを引 き立てる静かなエンジン、5)“うねり感”をもたせ、しなやかで躍動的な雰囲気を強調したボディデザイン、などです。
※中期成長戦略:当社の2010年から2012年までの3カ年の中期的な経営計画で、4つの成長戦略の一つとして「アセアン二輪車における商品力・収益力向 上」を掲げ、「FI搭載比率の拡大と商品力の強化」ならびに「FIシステムコストダウンと規模効果による収益性の向上」の両立により、さらなる商品競争力強化を目指しています。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

Ninja 250 ABS Special Edition
Ninja 250 ABS Special Edition

ニューモデルABSのスペシャルエディションが新発売!

“Ninja”のイメージを強烈に主張するスタイリング、そしてクラスを超えたパフォーマンスとクオリティを実現したフルフェアリングスポーツ、Ninja 250。
搭載される水冷パラレルツインエンジンはデュアルスロットルバルブを装備することで全回転域にわたってリニアなレスポンスを手に入れ、低中速回転域ではス ムーズかつトルクフル、高速回転域ではパワフルに吹け上がるエンジン特性が、ツーリングや日常での扱いやすさとエキサイティングなパワーフィールを実現し ています。また、エンジンはバランサーやラバーマウントを採用することで不要な振動を抑えるとともに、熱気を下方へと逃がす新設計のラジエターファンカバーを搭載し、ライダーの快適性も確保しています。
優れた剛性バランスと耐久性を持つダイヤモンドフレームは、メインフレームに高張力鋼を採用。
前後サスペンションの設定はスポーツライディング時のしっかりとした車体の安定感と俊敏なハンドリング性能、そして快適な乗り味を両立させています。
ブレーキには放熱性に優れるペタルディスクを装備し、高い制動力とコントロール性を実現。
ABSシステムには、緻密な液圧コントロールを可能とするコンパクトなABSユニットを採用することで、自然な操作感を達成しています。
Ninja 250 ABS Special Editionまた、ボルト類の使用を極力抑えたフェアリング、フローティングタイプのウインドスクリーンやビルトインタイプのフロントウインカーがシームレスで美しい外観を形成。
新デザインのスポーティな10本スポークホイールや140mm幅のリヤタイヤ、スポーティなショートサイレンサーが迫力のリヤビューを演出しています。
メーターパネルはアナログ式タコメーターとマルチファンクションLCDスクリーンを組み合わせ、バックライトには白色LEDを採用。スポーティなイメージと良好な視認性を両立しています。
さらに、足つき性に配慮したシート形状、やや高めのハンドル位置など、快適なライディングポジションを実現すると同時に、4箇所に設置した荷掛けフック、リヤシート下のヘルメットホルダーや二段式収納スペースなど、日常の使い勝手にも配慮しています。


●メーカー希望小売価格(税込) Ninja 250 ABS Special Edition 603,000
問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

Ninja 250 Special Edition
Ninja 250 Special Edition

ニューモデルのスペシャルエディションが新発売!

“Ninja”のイメージを強烈に主張するスタイリング、そしてクラスを超えたパフォーマンスとクオリティを実現したフル フェアリングスポーツ、Ninja 250。 搭載される水冷パラレルツインエンジンはデュアルスロットルバルブを装備することで全回転域にわたってリニアなレスポンスを手に入れ、低中速回転域ではス ムーズかつトルクフル、高速回転域ではパワフルに吹け上がるエンジン特性が、ツーリングや日常での扱いやすさとエキサイティングなパワーフィールを実現し ています。 また、エンジンはバランサーやラバーマウントを採用することで不要な振動を抑えるとともに、熱気を下方へと逃がす新設計のラジエターファンカバーを搭載 し、ライダーの快適性も確保しています。 優れた剛性バランスと耐久性を持つダイヤモンドフレームは、メインフレームに高張力鋼を採用。 前後サスペンションの設定はスポーツライディング時のしっかりとした車体の安定感と俊敏なハンドリング性能、そして快適な乗り味を両立させています。 ブレーキには放熱性に優れるペタルディスクを装備し、高い制動力とコントロール性を実現。 また、ボルト類の使用を極力抑えたフェアリング、フローティングタイプのウインドスクリーンやビルトインタイプのフロントウインカーがシームレスで美しい 外観を形成。 新デザインのスポーティな10本スポークホイールや140mm幅のリヤタイヤ、スポーティなショートサイレンサーが迫力のリヤビューを演出しています。 メーターパネルはアナログ式タコメーターとマルチファンクションLCDスクリーンを組み合わせ、バックライトには白色LEDを採用。スポーティなイメージ と良好な視認性を両立しています。 さらに、足つき性に配慮したシート形状、やや高めのハンドル位置など、快適なライディングポジションを実現すると同時に、4箇所に設置した荷掛けフック、 リヤシート下のヘルメットホルダーや二段式収納スペースなど、日常の使い勝手にも配慮しています。

●メーカー希望小売価格(税込) Ninja 250 Special Edition 553,000
問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

Ninja 250
Ninja 250

ニューモデル新発売!

“Ninja”のイメージを強烈に主張するスタイリング、そしてクラスを超えたパフォーマンスとクオリティを実現したフル フェアリングスポーツ、Ninja 250。 搭載される水冷パラレルツインエンジンはデュアルスロットルバルブを装備することで全回転域にわたってリニアなレスポンスを手に入れ、低中速回転域ではス ムーズかつトルクフル、高速回転域ではパワフルに吹け上がるエンジン特性が、ツーリングや日常での扱いやすさとエキサイティングなパワーフィールを実現し ています。 また、エンジンはバランサーやラバーマウントを採用することで不要な振動を抑えるとともに、熱気を下方へと逃がす新設計のラジエターファンカバーを搭載 し、ライダーの快適性も確保しています。 優れた剛性バランスと耐久性を持つダイヤモンドフレームは、メインフレームに高張力鋼を採用。 前後サスペンションの設定はスポーツライディング時のしっかりとした車体の安定感と俊敏なハンドリング性能、そして快適な乗り味を両立させています。 ブレーキには放熱性に優れるペタルディスクを装備し、高い制動力とコントロール性を実現。 また、ボルト類の使用を極力抑えたフェアリング、フローティングタイプのウインドスクリーンやビルトインタイプのフロントウインカーがシームレスで美しい 外観を形成。

Ninja 250新デザインのスポーティな10本スポークホイールや140mm幅のリヤタイヤ、スポーティなショートサイレンサーが迫力のリヤビューを演出しています。 メーターパネルはアナログ式タコメーターとマルチファンクションLCDスクリーンを組み合わせ、バックライトには白色LEDを採用。スポーティなイメージ と良好な視認性を両立しています。 さらに、足つき性に配慮したシート形状、やや高めのハンドル位置など、快適なライディングポジションを実現すると同時に、4箇所に設置した荷掛けフック、 リヤシート下のヘルメットホルダーや二段式収納スペースなど、日常の使い勝手にも配慮しています。

●メーカー希望小売価格(税込) Ninja 250 538,000
問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー