バイクインフォメーション

アンダーバー
VTR/VTR-F
VTR

軽二輪ロードスポーツモデル「VTR」の一部を改良するとともにハーフカウルを装着した「VTR-F」を新発売

Hondaは、250ccのネイキッドロードスポーツモデル「VTR」の一部を改良するとともに、新設計のハーフカウルを装着した「VTR-F」をタイプ追加し、2月14日(木)に発売します。
VTRは、電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)のセッティングを変更。市街地で常用する低 回転域のスロットルリニアリティーをさらに向上させることで、街中での扱いやすさを向上させています。また、前・後のサスペンションのセッティングを変更 し、シート高や軽快感はそのままに、ツーリングや街中での快適な走行と安心感のある乗り心地をさらに高めています。
VTR-FVTR-Fは、市街地はもとより高速道路での快適な走行を目指し、新設計のコンパクトなハーフカウルを装着したスタイリッシュなモデルです。ヘッドラ イトにY字デザインのマルチリフレクターを採用し精悍なフロントマスクとしています。メーターは、専用設計の多機能な液晶ディスプレイを備えるなど、所有 感も高めた装備としています。
●メーカー希望小売価格(税込) 
VTR 567,000円 / VTR-F 588,000
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CTX700N/CTX700
CTX700N

快適技術が体感できる「CTX700N」「CTX700」を発表
~新たなクルーザーモデル「CTX」シリーズの第一弾~

Hondaは、「快適技術の体感」を新たな開発コンセプトに掲げた「CTX」シリーズの第一弾として、ネイキッドモデル「CTX700N」とカウル装着モデル「CTX700」を、米国シカゴで開催の国際モーターサイクルショー(International Motorcycle Show)にて発表しました。
この新たなクルーザーモデルのCTXのネーミングは、Comfort Technology Experienceに基づいたものです。モーターサイクルをこれまで以上に、“楽に、快適に、爽快に”乗っていただきたいとの想いから、スタイリングはもちろん、車体やエンジンなどあらゆる領域で、優れた快適性を実現するための技術を追求しています。スタイリングは両モデルともに、Honda独自の「水平基調デザイン」をデザインのテーマとしています。「おおらかで力強い面構成」と「機能的に独立した部品構成」をキーワードに、フレーム構成からシートやサイレンサーに至る細部まで、機能美を融合した水平基調で表現しています。
CTX700車体は、新設計のリアサブフレームを採用することで、足着き性に優れ安心感のある720mmの低シート高を実現しています。また、ライディングポジションは、さまざまな体格のライダーが親しめるように自由度の高い設定とし、市街地走行から長距離ツーリングまで幅広い用途で快適な走行を楽しめるものとしています。
エンジンは、常用する低・中回転域の力強さと燃費性能に優れた水冷・直列2気筒670ccを搭載。不快な振動を抑えた心地よい鼓動感のエンジンが、ライディングの楽しさと快適性を高めています。なお、両モデルともにマニュアルトランスミッション搭載タイプとデュアル・クラッチ・トランスミッション搭載タイプを設定し、幅広いユーザーの好みに応えられるものとしています。CTX700NとCTX700は、グローバルモデルとして熊本製作所で生産し、世界各国に輸出します。日本では、2013年初夏の発売を計画しています。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

PW50
PW50

2013年モデル発売

ヤマハ発動機株式会社は、オートマチックトランスミッションを採用したキッズ向けプレイバイク「PW50」についてグラフィックを2013年YZシリーズと共通イメージに変更し、2013年2月25日より発売します。
「PW50」は3歳~6歳程度の幼児(体重25kg以下)対象の入門用モデルで、(1)運転操作が容易なオートマチックトランスミッション、 (2)扱い易い軽量・小柄な車体、(3)メンテナンス負荷の少ないシャフトドライブ、(4)自転車と同様操作の左右レバー式ブレーキ、などが特徴のモデル です。

●メーカー希望小売価格(税込)  PW50 116,550円 問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

ビーノ XC50/ビーノ XC50D
ビーノ XC50

2013年モデル発売

ヤマハ発動機株式会社は、レトロポップなスタイルで人気の原付1種スクーター「ビーノ XC50」シリーズについて「カワイイ」をさらに演出するカラーリングおよびグラフィックを採用した2013年モデルを2013年3月1日より発売します。
標準モデル「ビーノ XC50」は、“ピュアモノトーン”イメージのカラーリングにデラックス仕様と共通デザインのVinoロゴグラフィックを採用、ビーノブランドを印象づける色鮮やかなビトロエンブレムを新たにそえました。
ビーノ XC50Dデラックス仕様の「ビーノ XC50D」には、ポップな5色を揃えていますが、2013年モデルは、さらに「カワイイ」を演出するニューカラーを4色設定しました。また、「ダークグ レーイッシュブルーメタリックA」(ブルー/ベージュ)と「ダルシアンソリッド6」(グリーン)にはグラフィックをボディサイドに採用し、Vinoのイ メージ一新を図りました。 なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。

●メーカー希望小売価格(税込)
ビーノ XC50 193,200円 / ビーノ XC50D 198,450円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

アドレスV50
アドレスV50

使い勝手と快適性を追求したスクーター
「アドレスV50」の車体色を変更して発売

スズキは、50cm3スクーター「アドレスV50」の車体色を変更し、2013年2月20日(水)より発売する。
●主な変更点
車体色を新色の「スプラッシュホワイト」(白色)と、既存色の「グラスシャインブラック」(黒色)、
「アルファレッド」(赤色) の3色設定とした。
※既存色、主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

●メーカー希望小売価格(税込) アドレスV50 151,200
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

Z250
Z250

ニューモデルが新発売!

アグレッシブで筋肉質なスタイリングと優れたパフォーマンス、そして高いクオリティを実現するクォーターストリートファイター、Z250。 力強く、逞しいボディーワークはその秘めたるパフォーマンスを予感させ、コンパクトなヘッドライトカウルやシャープなデザインのシュラウド、そしてエンジンやエキゾーストパイプ、テールカウルに至るまで、そのデザインは一目で“Z"と分かる強烈な存在感を放っています。 搭載されるパワーユニットはデュアルスロットルバルブを装備した水冷パラレルツインエンジン。 あらゆる回転域にわたってリニアなレスポンスを実現すると同時に、低中速回転域ではスムーズかつトルクフル、高速回転域ではパワフルに吹け上がるエンジン特性が、市街地での扱いやすさとスポーティなパワーフィールを両立させています。 また、エンジンはバランサーやラバーマウントを採用することで不要な振動を抑えるとともに、熱気を下方へと逃がすラジエターファンカバーを搭載し、ライダーの快適性も確保。 メインフレームに高張力鋼を採用したダイヤモンドフレームは、優れた剛性バランスと耐久性を兼ね備え、前後サスペンションは市街地走行時の快適性とコーナリング時の安定感、そしてスポーティなライディングフィールを両立させています。 また、ブレーキには放熱性に優れ、高い制動力とコントロール性を実現するペタルディスクを装備。スポーティな10本スポークホイールやショートサイレンサー、140mm幅のリヤタイヤが迫力あるストリートファイターイメージを演出しています。
Z250メーターパネルはアナログ式タコメーターとマルチファンクションLCDスクリーンを組み合わせ、バックライトにはアンバー色のLEDを採用。スポーティなイメージと良好な視認性を両立しています。 さらに、足つき性に配慮したシート形状、やや幅広でアップライトなハンドル位置など、快適なライディングポジションを実現すると同時に、4箇所に設置した荷掛けフック、リヤシート下のヘルメットホルダーや二段式収納スペースなど、日常の使い勝手にも配慮しています。

●メーカー希望小売価格(税込) Z250 488,000
問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー