バイクインフォメーション

アンダーバー
フォルツァ Si
フォルツァ Si

新型の軽二輪スクーター「フォルツァ Si」を発売

Hondaは、スリムでスタイリッシュな新設計ボディーに、力強い出力特性と優れた燃費性能を両立した新開発エンジン搭載の軽二輪スクーター「フォルツァ Si」を7月19日(金)に発売します。
フォルツァ Siは、“ジャスト フィット! ダイナミック オールマイティー コミューター”を開発のキーワードに定め、実用性と快適性の融合を徹底的に追求しています。

フォルツァ Si
スタイリングは、歴代の「フォルツァ」のDNAを継承しながらも、引き締まったスポーティーなデザインとしています。取り回しやすい車体サイズと、使い勝手に優れた大容量53Lのラゲージボックスをシート下に確保するために、シンプルでコンパクトな構成の新設計フレームを採用しています。
  エンジンは、新開発の軽量・コンパクトな設計で、低フリクション技術を多岐にわたって採用したことなどで、41.0km/L(60km/h定地走行テ スト値)という優れた燃費性能としています。また、低・中回転域から高回転域まで力強くスムーズな出力特性を実現しています。フォルツァ Si
前・後ホイールには、軽快感と剛性感を兼ね備えた新デザインのアルミキャストホイールを採用。フロントが14インチ、リアは13インチの大径サイズとしながら、シート高を715mm※1に低く抑えることで、余裕のある走りと取り回しやすさを両立させています。

●メーカー希望小売価格(税込) 
フォルツァ Si 539,700円 / フォルツァ Si<ABS> 589,050円
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

FORCE(フォース)
FORCE(フォース)

インドネシア市場向けの新製品「FORCE(フォース)」 コストパフォーマンスに優れたFI採用MTモデル

ヤマハ発動機株式会社は、<扱いやすく気軽に乗れるベーシックモデル>をコンセプトとした、115ccのFIエンジン搭載のMT(マニュアルトランスミッ ション)モデル「FORCE(フォース)」を、2013年6月よりインドネシア市場に導入します。製造・販売は、インドネシアのグループ会社 YIMM(PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行います。
「FORCE」は、日常での使い勝手に主眼をおき、1)取り回しに優れるコンパクトな車体、2) FI採用などによる優れた経済性、3) トルクフルなエンジン特性と素直な操縦性、4)タンデム乗車でも快適なワイド&ロングシート、などが特徴のモデルです。
ボディデザインはしなやかで躍動的な雰囲気を強調、カラーリングは、上質感を感じさせる“エレガント”な4色と、10代の若者をターゲットに若々しさ、躍動感をダイナミックなカラーコンビネーションで表現した“スポーティ”な3色の計7色設定です。
インドネシアの二輪車市場は約700万台の規模(2012年/ヤマハ調べ)で、MTモデルの比率は約30%です。近年はAT(オートマチックト ランスミッション)モデルの増加に伴いMTモデルの割合は減少傾向にありますが、実用性やコストパフォーマンスの高さにより市場で根強い人気があります。  現行の「JUPITER MX」、「JUPITER Z1」、「Vega RR」に今回の「FORCE」を加えたラインナップの強化により、当社はインドネシア市場におけるMTカテゴリーのシェア拡大に努めます。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

MT-09
MT-09

クロスプレーンコンセプトに基づく新開発3気筒エンジン搭載 2014年欧州市場向け新製品 「MT-09」について

ヤマハ発動機株式会社は、新開発の850cc直列3気筒エンジンを搭載したスポーツモデルの新製品「MT-09」を、欧州市場に向けて2013年9月前半より発売します。
「MT-09」は“Synchronized Performance Bike”のコンセプトのもと、欧州二輪車市場のメインカテゴリー「ロードスポーツ」クラス、なかでも近年伸長傾向の700~999ccクラスに導入する 新製品です。なお、本製品は当社の新中期経営計画(2013年~3ヵ年)にある“先進国・二輪車事業におけるラインナップ充実”を具現化する新製品第2弾 となります。また、クロスプレーンコンセプトに基づく新開発エンジンは、先進国向けモデルの核となるコンポーネントのひとつとして、高性能で魅力ある当社 らしいプラットフォーム展開を担う予定です。
主な特徴は、1)新開発、リニアな特性を備える直列3気筒エンジン、2)徹底した軽量設計による188kgボディ、3)ネイキッドとスーパーモタードの “異種混合”ハイブリッド・デザイン、などです。日常の速度域で乗り手の意思とシンクロする“意のままに操れる走りの悦び”を提唱します。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー