バイクインフォメーション

アンダーバー
CTX1300
CTX1300

新型のクルーザーモデル「CTX1300」を発売

Hondaは、水冷・4ストローク・DOHC・縦置きV型4気筒エンジンを搭載した新型のクルーザーモデル「CTX1300」※1を2月21日(金)に発売します。CTX1300は、「快適技術の体感」を開発コンセプトに掲げたCTXシリーズのフラッグシップモデルです。足着き性を考慮した低シート高の車体はもとより、エンジンや各種装備などのあらゆる領域で優れた快適性を追求しています。スタイリングには、CTXシリーズ共通の力強い「水平基調デザイン」を採用。特徴的なフロントカウルは、LEDヘッドライトの採用によって、個性的でダイナミックな面構成としています。機能美を追求した存在感あふれる縦置きのV型4気筒エンジンと、流麗なデザインのエキゾーストパイプやマフラーなどによって、ダイナミックで高級感のあるスタイリングとしています。また、740mm※2という低シート高の実現によって、低く構えた独特のプロポーションと取り回しやすさを両立させています。
CB1100 EXエンジンは、低・中速域で力強いトルク特性とし、市街地で扱いやすく、縦置きV型4気筒独特の鼓動感を楽しむことができます。
車体は、専用設計のフレームとして、フロントサスペンションには倒立タイプのテレスコピックを、リアサスペンションにアルミ製スイングアームに2本クッションをそれぞれ装着しています。また、前・後輪には新デザインでスタイリッシュなアルミキャストホイールを採用しています。装備は、コンバインドABSと、ツーリングの利便性を高めるパニアケース、ETC車載器、グリップヒーター、オーディオを標準装備するなど、充実した内容としています。

※1 受注生産車。「Honda二輪ETC標準装備車取扱店」で販売します。使用するにあたり、セットアップとセットアップ費用および決済後のETCカードが必要です
※2 Honda測定値
●メーカー希望小売価格(税込)  CTX1300 1,837,500円 問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

Ninja 250SL/ABS(Ninja RR/ABS)
Ninja 250SL

海外向け2014年モデルを発表!

右…Ninja 250SL (BX250AEF)※マレーシア仕様
下…
Ninja 250SL (BX250AEF)※フィリピン仕様
Ninja 250SL






下…Ninja 250SL (BX250AEF)※中国仕様
左下…
Ninja 250SL(インドネシア仕様のみ製品名はNinja RR mono) (BX250AEF)※インドネシア仕様
Ninja 250SL


Ninja RR mono









問合先: 株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

XTZ150S Crosser BlueFlex
XTZ150S Crosser BlueFlex

SUVをイメージさせるパワフルな150ccオン・オフモデル
ブラジル向け「XTZ150S Crosser BlueFlex」発売について

ヤマハ発動機株式会社は、エタノール混合燃料にも対応する150ccエンジンを搭載したオン・オフモデルの新製品「XTZ150S Crosser BlueFlex※(エックスティーゼット150エス クロッサー ブルーフレックス)」を、2014年3月よりブラジルにて販売します。
「XTZ150S Crosser BlueFlex」は、2013年導入のストリートモデル「YS150 FAZER BlueFlex」に続き、ブラジル二輪車市場(約152万台 2013 年/ヤマハ調べ)の中で最大の需要層となる150ccクラスに当社が導入する第2弾モデルで、 “パワフル&コンフォート”をコンセプトに開発しました。
主な特徴は、
1) “SUV”をイメージしたスポーティでアグレッシブなデザイン
2)エタノール混合燃料にも対応し低燃費で加速性に優れる空冷150ccのFI (電子式燃料噴射)エンジン
3)荒れた路面での乗り心地を向上させる、クラス初採用のリンク式モノクロスサスペンション
など「余裕のある高速性能」「路面の凹凸に対する十分なクッション性能」「街乗りから長距離移動時の快適性」などを求めるお客さまの声に応えます。 前輪ブレーキはドラム仕様とディスク仕様の2仕様を設定しています。
当社は今後も伸張の見込まれる150cc需要層への販売拡大を目指し、ニューモデルの開発や販売網整備、アフターセールス活動の強化に引き続き努めます。
なお、当モデルの製造・販売はグループ会社のYamaha Motor da Amazonia Ltda. が行います。
※ガソリンとエタノールまたはそれらを混合した燃料で走行できる機能を、当社では”BlueFlex(ブルーフレックス)”と呼称しています。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

CB1100/CB1100 EX
CB1100

「CB1100」の各部の熟成を図るとともに、トラディショナル
イメージを深めた「CB1100 EX」を新たにタイプ追加し発売

Hondaは、空冷・4ストローク・直列4気筒エンジンを搭載したロードスポーツモデル「CB1100」のエンジンと各部の熟成を図り、2月20日(木)に発売します。また、2本出しマフラーやワイヤースポークホイールの採用などで、トラディショナルイメージを深めた「CB1100 EX」をタイプ追加し、同じく2月20日(木)に発売します。
さらに、「CB1100 EX<ABS>」に、ETC車載器とグリップヒーターおよび専用インジケーターランプを標準装備した「CB1100 EX<ABS> E Package※1」をタイプ設定し、4月18日(金)に発売します。
CB1100 EXCB1100は、トランスミッションを従来モデルの5速から6速に変更し、燃費性能の向上と高速走行時の静粛性向上に寄与しています。また、新たにギアポジション表示や燃費表示を追加した新型のメーターを採用するなど、各部の熟成を図っています。全身をブラックで統一した「CB1100 BLACK STYLE」も同様の変更を施しています。
CB1100 EXは、アルミリムのワイヤースポークホイールや2本出しマフラー、17L※2容量の新形状の燃料タンク、専用シートの採用などにより、トラディショナルイメージを深めたモデルとしています。トランスミッションは、CB1100と同様の6速ミッションを採用。マフラーを2本出しとすることにより、力強いエキゾーストサウンドを追求しています。
CB1100は、2010年3月に発売以来、空冷エンジンならではの味わいや端正なスタイリングなどで、ベテランライダーを中心に好評を得ています。今回、新たにCB1100 EXをラインアップすることにより、お客様の幅広い要望に応えられるものとしています。
※1受注生産車。「Honda二輪ETC標準装備車取扱店」で販売します。使用するにあたり、別途セットアップ店にて事前にETCセットアップとセットアップ手数料、および決済後のETCカードが必要となります ※2Honda調べ
●メーカー希望小売価格はメーカーサイトをご確認下さい。 問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CYGNUS α (シグナス アルファ)
CYGNUS α (シグナス アルファ)

インドスクーター市場の中心カテゴリーに投入するヤマハ初のファミリー向けモデル
「CYGNUS α (シグナス アルファ)」 新発売

ヤマハ発動機株式会社は、2月5日からインド・デリーにて開催の「第12回オートエキスポ2014」に、同国向け115ccスクーターの新製品 「CYGNUS α」(シグナス アルファ)を出展し、2月に発売します。「CYGNUS α」は、急伸長するインドスクーター市場の中心である「ファミリーカテゴリー」に当社が初めて導入するモデルです。
「CYGNUS α」は、居住性・収納力・扱い易さといった実用機能を、モダンで洗練されたボディデザインに集約しました。エンジンは「CYGNUS RAY」シリーズと共通とし、優れた走行性、経済性を継承しています。主な特徴は、1) 滑らかな発進性・心地よい加速感と優れた燃費性能を両立、2) 足付き性に優れ二人乗りでも余裕のあるフラットロングシート、3)フルフェイスヘルメットも収納可能※な高い収納力、4)扱い易い軽量ボディと安定感のある走行性などです。なお、製造・販売はグループ会社 IYM (India Yamaha Motor Pvt. Ltd.)で行います。世界最大のインド二輪車市場は1,400 万台強(2013年/当社調べ)、なかでもスクーターは近年急速に販売が拡大しています。2011年に240万台規模だった同国スクーター市場は、 2014年は360万台が見込まれています(当社予測)。インドではスクーターを家族で共有することが多く、比較的大きめの車格を持つ「ファミリー向け」 のモデルが市場で大きなボリュームを占めています。
当社は2012年にインドスクーター市場に参入、第1弾は若い女性向け「CYGNUS RAY」、翌年発売の第2弾は若い男性向け「CYGNUS RAY Z」、いずれも若者層をターゲットに開発したモデルで、そのスタイリッシュなデザインと扱いやすさなどが好評を博し、2013 年末までに累計約18万台を販売しています。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

MT-09
MT-09

"クロスプレーン・コンセプト"に基づいて開発した
3気筒エンジン搭載
シンクロナイズドパフォーマンスバイク 「MT-09」新発売

ヤマハ発動機株式会社は、“クロスプレーン・コンセプト”に基づいて開発した水冷・4ストローク・直列3気筒・846cm3ダウンドラフト吸気FIエンジンを搭載した「MT-09」及び、ABS標準装備の「MT-09A」を2014年4月10日より新発売します。
「MT-09」「MT-09A」は “Synchronized Performance Bike”のコンセプトのもとに開発、日常の速度域で乗り手の意思とシンクロする「意のままに操れる悦び」を提唱します。主な特徴は、1)クロスプレー ン・コンセプトに基づき開発されたリニアな特性を備える3気筒エンジン、2)徹底した軽量化設計による装備重量188kgの車重、3)ネイキッドとスー パーモタードの異種交配造形による個性的デザインなどです。
●メーカー希望小売価格(税込)  MT-09 849,960円 / MT-09(ABS搭載モデル) 899,640
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

バーグマン200
 バーグマン200

スズキ、軽量・コンパクトで扱いやすい 新型スクーター
「バーグマン200」を発売

スズキ株式会社は、軽量・コンパクトで扱いやすい新型スクーター「バーグマン200」を 2月28日より発売する。
「バーグマン200」は、 軽量・コンパクトで扱いやすい車体に、 力強い加速と滑らかな走行を実現する200ccの水冷エンジンを搭載したスクーターである。多機能メーターの採用や大容量のシート下収納、足つき性の良いフロアボード形状と低いシート高など、通勤・通学からプライベートまで様々な用途での使い勝手を高め、快適性と機能性を追求した。
●「バーグマン200」の主な特長
デザイン
・大型スクーター「スカイウェイブ(輸出名:バーグマン)」シリーズに共通する独立 2灯型ヘッドライトおよびテールランプを採用した上品でスポーティーなデザイン。
エンジン
・力強い加速と滑らかな走行を実現する、最高出力14kWの200cc 水冷4サイクル単気筒エンジン。
車体
・装備重量161kgの軽量・コンパクトで扱いやすい車体。
その他の装備
・走行データから算出した燃費状況を表示する平均燃費計や、燃費の良い走行状況の 目安となるエコ・ドライブ・インジケーターを装備した、視認性の高い多機能メーター。
 バーグマン200 ・フルフェイス・ヘルメットが2個※入る大容量41Lのシート下収納や、12Vのアクセサリーソケットを備えたフロントボックス。※ヘルメットの形状や大きさによっては収納できない場合がある。
・左右の足元付近を絞り込んだ形状のカット・フロアボードの採用と、735mmの低いシート高により優れた足つき性を実現。
・車体色は、白「ブリリアントホワイト(YUH)」、 銀「クールシルバー(W6V)」、 グレー「マットフィブロイングレーメタリック(PGZ)」、黒「マットブラックメタリックNo.2 (YKV )」の4色を設定。
●メーカー希望小売価格(税込)  バーグマン200 509,250
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー
バイクパーツ・ウェア・ケミカル用品ならBE-LANDへ!