バイクインフォメーション

アンダーバー
TRICITY
TRICITY

LMW(リーニング・マルチ・ホイール)第1弾
「TRICITY」タイ市場で新発売

ヤマハ発動機株式会社は、長期ビジョン“広がるモビリティの世界”を具現化する当社初の市販マルチホイールモデル、125ccオートマチック(AT)コミューター「TRICITY(トリシティ)」を4月からタイ市場に導入します。
「TRICITY」は、AT二輪車と同様の扱い易い運転操作を実現しつつ、新たなコミューター市場の創造をめざし“ニュースタンダード シティコミューター”のコンセプトのもとに開発した、LMW※製品の第1弾です。タイで生産し、グローバルモデルとして2014年中に欧州・日本市場への導入も予定しています。
主な特徴は、1)軽快でスポーティなハンドリングと安定感の両立による新しい楽しさ 2)様々な路面状況で快適な乗り心地、3)シティコミュー ターとしての高い利便性、4)パワフルで経済的な水冷125ccYMJET-FIエンジン 5)フロント二輪の特徴を活かした先進的かつ親しみやすい個性 的デザインなどです。
生産およびタイ国内での販売は、グループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)が行います。
※LMW=Leaning Multi Wheel オートバイのように傾斜して旋回する3輪以上の車両の総称、商標登録申請中
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

NM4
NM4

新コンセプトモデル「NM4」を世界初公開

Hondaは、「第30回 大阪モーターサイクルショー2014」の会場においてプレスコンファレンスを開催し、新コンセプトモデル「NM4(エヌエムフォー)」の2タイプを参考出品車(市販予定車)として世界初公開しました。
このNM4は、「近未来」と「COOL」を開発のテーマに設定し、これまでのモーターサイクルとは一線を画した新感覚で独自のスタイリングを追求したモデルです。
デザインは、コンセプトに掲げた「フロントマッシブスタイリング」と、ライダーが潜り込むようにして車両との一体感を重視した「コックピットポジショ ン」を具現化しています。この低く構えたコックピットポジションと、アジャスタブルタイプのバックレストによって、新感覚のライディングフィールを楽しむ ことができます。また、見やすさと楽しさを表現したインストルメントパネル越しに見える風景は、映画の世界に入り込んだかのようなNM4ならではの世界を 提供します。
NM4力強さを表現したフロントフェアリングには、LEDヘッドライトを採用。また、テールランプとウインカーにもLEDを採用しています。なお、フロントフェアリングの左右には、小物などを収納できるユーティリティーボックスを設けています。
バリエーションは、ワイドで迫力のあるリアタイヤとローフォルムを強調し絞り込んだスタイリングの「NM4-01」と、独特の存在感とボリュームのあ るリアデザインの「NM4-02」の2タイプを設定しています。NM4-02の左右のリアボディーには、ユーティリティーボックスとしての機能を持たせて います。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

GSR750 ABS
GSR750 ABS

ロードスポーツバイク「GSR750 ABS」に
専用2トーンカラーを設定し発売

スズキ株式会社は、斬新なスタイリングと爽快な走りを特長とするロードスポーツバイク「GSR750 ABS」に、青/白の専用2トーンカラーを設定し、5月8日より発売する。
●「GSR750 ABS 専用2トーンカラー」の主な特長
デザイン
・青/白2トーン「トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト」のヘッドライトカウル、燃料タンク、ラジエーターサイドカバー、テールカウル
・チタン色のハンドルバー
・濃金色のフロントフォークアウターチューブ
・赤色のリヤサスペンションスプリング
・青色のドライブチェーン

●メーカー希望小売価格(税込)  GSR750 ABS 1,002,240円 問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

W800 Chrome Edition
W800 Chrome Edition

2014年モデル クロームエディションが新発売!

往年の名車、W1のクラシカルな雰囲気を現代風に取り入れたW800がこの度、Chrome Editionとして限定販売で新登場します。 レーシングフラッグを意識してデザインされた専用のカバーエンブレムにタックロールシート、クロームメッキタンク。当時のイメージを残しながらも今のW800に合わせてデザインを構成する事で復刻とは違う美しく、モダンなスタイルが完成いたしました。
エンジンはトルクと鼓動が楽しめる空冷バーチカルツイン。市街地走行からロングツーリングまで滑らかな心地良さを乗り手に伝えます。 トラディショナルな美しさとライディングフィールを徹底的に追求したW800は、幅広い層から支持され続ける懐かしくて新しいカワサキのネオクラシックモデルです。
■スタンダードモデルからの変更点
・カラー&グラフィックの変更
クロームメッキ塗装【フューエルタンク/テールランプブラケット】
・シートデザインの変更
・サイドカバーに専用エンブレムを採用

●メーカー希望小売価格(税込) ・W800 Chrome Edition  925,560円
問合先: 株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

Ninja 400 ABS Special Edition
Ninja 400 ABS Special Edition

2014年モデル スペシャルエディションが新発売!

オールラウンド・フルフェアリング・スポーツNinja 400。この度、若者をターゲットに斬新なSpecial Editionが限定販売で新登場。ブラックのボディカラーに煌びやかに塗上げられたメタリックレッドのフレームやホイール、さらにカーボン転写の意匠部 品がNinja 400のスポーティーなスタイリングに高級感をプラスします。 レスポンスの良さにこだわったツインエンジンは中低速域の豊かなトルクを実現。エントリーユーザーにも扱いやすい滑らかな加速を味わえます。またフレーム 内部まで伸びた吸気ダクトからは新鮮な空気を送り込むとともにエキサイティングな吸気音を演出。RED×BLACK×CARBONのスタイリッシュなボ ディと扱いやすいツインエンジンに次世代オートバイユーザーは必ず満足させられるはずです。
■スタンダードモデルからの変更点
・カラー&グラフィックの変更
 カーボン転写の意匠部品(アッパーカウル/シートカウル/アンダーカウル)
 ヘアライン柄の意匠部品(ピボットカバー)
 メタリックレッド塗装(フレーム、ホイール、スイングアーム)に変更
・ABS(アンチロックブレーキシステム)の装備

●メーカー希望小売価格(税込) ・Ninja 400 ABS Special Edition  740,880円
問合先: 株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

CB1300 SUPER FOUR/CB1300 SUPER BOL D'OR
CB1300 SUPER FOUR

大型ロードスポーツモデル「CB1300」シリーズをモデルチェンジし発売

Hondaは、力強い出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒1300ccエンジンを搭載したロードスポーツモデル「CB1300 SUPER FOUR」と「CB1300 SUPER BOL D'OR」の各部の熟成を図り、それぞれ3月20日(木)に発売します。また、両モデルにETC車載器と、グリップヒーターおよび専用インジケーターランプを標準装備した「CB1300 SUPER FOUR E Package」※1と「CB1300 SUPER BOL D'OR E Package」※1をタイプ設定し、それぞれ5月23日(金)に発売します。
今回のモデルチェンジにあたって、開発コンセプトを「“威風堂々”感動のCBフラッグシップスポーツ」と定め、以下の5つの感動につながる性能のさらなる向上を目指し、さまざまな変更を行っています。
1.所有する感動 迫力ある車格と伝統が息づく大人のCBスタイリング
2.またがった瞬間の感動 堂々としていて自由度の高いライディングポジションと良好な足着き性
3.太い走りの感動 大排気量車の余裕にあふれる走りと直列4気筒らしい吹け上がり
4.操る感動 迫力ある車格を軽快にコントロールできるハンドリング
5.余裕がもたらす感動 市街地からロングツーリングまで気負わずに走行できる懐の深さ
エンジンは、長距離クルージングの快適性を向上させるために、トランスミッションを従来モデルの5速から6速に変更。さらに、低回転域で力強く、高回転域では直列4気筒の心地よく吹け上がる特性を追求し、電子制御燃料噴射装置(PGM-FI※2)のセッティング変更や、新形状で排気効率の高い小型マフラーを採用しています。
車体は、迫力ある車格でありながらも、市街地からワインディング走行までの幅広いシチュエーションでの扱いやすさを追求。ロングツーリングの使い勝手に対応できるよう、新たに純正アクセサリーに設定したリアキャリアとトップボックスのほか、パニアケースの装着に対応するために、シートレール部の補強やフレーム各部の剛性バランスの見直しを行っています。なお、両モデルともにABS(アンチロック・ブレーキシステム)を標準装備しています。
CB1300 SUPER BOL D'ORスタイリングでは、CB1300 SUPER BOL D'ORに新たにLEDヘッドライトを採用。新デザインのフロントカウルによって、独創的かつ存在感の高いフロントビューとしています。また、両モデルにスリムな小型マフラーを採用するなど、さらに精悍なイメージとしています。
※1 受注生産車。「Honda二輪ETC標準装備車取扱店」で販売します。使用するにあたり、セットアップとセットアップ費用、および決済用のETCカードが必要です
※2 PGM-FIは、Hondaの登録商標です
●メーカー希望小売価格はメーカーサイトをご覧下さい。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CB400 SUPER FOUR/CB400 SUPER BOL D'OR
CB400 SUPER FOUR

「CB400 SUPER FOUR」シリーズをモデルチェンジし発売

Hondaは、「CB400 SUPER FOUR」と「CB400 SUPER BOL D'OR」の外観を変更するとともに、各部の熟成を図り、それぞれ3月20日(木)に発売します。また、「CB400 SUPER FOUR<ABS>」と「CB400 SUPER BOL D'OR<ABS>」に、ETC車載器とグリップヒーターおよび専用インジケーターランプを標準装備した「CB400 SUPER FOUR<ABS> E Package」※1と「CB400 SUPER BOL D'OR<ABS> E Package」※1をタイプ設定し、それぞれ5月23日(金)に発売します。今回のモデルチェンジにあたっては、開発コンセプトを「CB相伝・継承の外観進化“一人でも二人でももっと遠くへ快適に”」と定め、所有感を満たす伝統のスタイリングと、市街地走行からツーリングまでの幅広い用途で、さらに扱いやすく楽しく走行できるモデルを目指しました。
スタイリングでは、両モデルともに新デザインのサイドカバー、リアカウルなどの採用により、スタイリッシュな外観に磨きをかけています。CB400 SUPER BOL D'ORには、新たにLEDのヘッドライトを採用した新形状のフロントカウルを装着することで、さらに精悍なスタイリングを実現しています。
CB400 SUPER BOL D'OR車体は、シートレールを変更し、新たに純正アクセサリーに設定したリアキャリアとトップボックスの装着に対応。また、新デザインの10本スポークのアルミダイキャストホイールを採用することで、軽快感のある走行フィーリングとスタイリッシュな外観に寄与しています。
※1 受注生産車。「Honda二輪ETC標準装備車取扱店」で販売します。使用するにあたり、セットアップとセットアップ費用、および決済用のETCカードが必要です
●メーカー希望小売価格はメーカーサイトをご覧下さい。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

モンキー・くまモン バージョン
モンキー・くまモン バージョン

原付レジャーモデル「モンキー・くまモン バージョン」を
タイプ設定し発売

Hondaは、熊本県とのコラボレーションにより、熊本県のPRマスコットキャラクターである「くまモン」をイメージした「モンキー・くまモン バージョン」4月14日(月)に発売します。
このモンキーは、くまモンのイメージカラーであるブラックとレッドを車体各部に表現しています。燃料タンクは、ブラックを基調にレッドのストライプを あしらった2トーン塗装にするとともに、くまモンのイラストバッジと立体的な「HONDA」エンブレムを採用しています。また、くまモンのほっぺたをイ メージしたレッドのホイールを採用するなど、特別感にあふれた1台としています。
=その他の専用仕様=
  ・ブラックとレッドの2トーンカラーのシート
  ・レッドの結晶塗装を施したシリンダーヘッドカバー
  ・ブラックのクランクケースカバー
  ・「くまもとサプライズ」ステッカーを貼付したサイドカバー
  ・くまモンのイラストを施したメインキー
  ・メッキを施したエキゾーストパイプカバーとリアサスペンションスプリング
  ・ブラックのリアキャリア
  車体色は、グラファイトブラック1色の設定です。
●メーカー希望小売価格(税込) モンキー・くまモン バージョン 336,960
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

VFR1200X デュアル・クラッチ・トランスミッション
VFR1200X デュアル・クラッチ・トランスミッション

市街地から長距離ツーリングまで余裕をもって楽しめる
「VFR1200X デュアル・クラッチ・トランスミッション」を発売

Hondaは、力強い出力特性の水冷・4ストローク・OHC・V型4気筒エンジンを搭載したオン・オフロードスタイルの「VFR1200X デュアル・クラッチ・トランスミッション」※1を3月7日(金)に発売します。
このモデルは、「オールロード・グランツーリスモ」を開発コンセプトに掲げた、Hondaのクロスオーバーコンセプト※2のフラッグシップモデルです。デュアル・クラッチ・トランスミッション(以下、DCT)を標準装備するなどして、市街地走行から長距離ツーリングまで、さまざまなシチュエーションで余裕を持って操る楽しみと快適な走行を徹底的に追求しています。
エンジンは、Honda伝統のV型4気筒1,236cm3を搭載。低・中速域から高速域まで力強い出力特性としています。また、トランスミッションはHondaが二輪車用として独自に開発した有段式自動変速機DCTを搭載。オートマチックモードとマニュアルモードが選択でき、簡単な操作でダイレクト感のある走行フィーリングを味わうことができます。また、ライダーが後輪の駆動力のレベルを必要に応じて任意に選択できる「Hondaセレクタブル トルク コントロール」を採用しています。車体は、高い剛性感としなやかさを両立したダイヤモンドタイプのフレームを採用。フロントサスペンションには倒立タイプのテレスコピックを、リアサスペンションにはプロアームとプロリンクをそれぞれ組み合わせて装着しています。また、前・後ホイールには、チューブレスタイヤの装着に対応したワイヤースポークホイールを採用し、しなやかな足回りを実現しています。なお、シートは日本人の体格を考慮した専用設計とし、810mm※3の低いシート高を実現しています。
スタイリングは、ボリューム感にあふれる堂々としたデザインで、大地をおおらかに走破するイメージとしています。車体色は、精悍なイメージのマットチタニウムブレードメタリック1色の設定です。
また、「コンバインドABS」や、ツーリングの利便性を高めるETC車載器※4、グリップヒーター、メインスタンドを装備するなど充実した内容としています。
※1 受注生産車。「Honda二輪ETC標準装備車取扱店」で販売します
※2 Hondaの二輪車開発における新たなチャレンジの方向性で、「異なる価値を高次元で融合させる」思想
※3 Honda測定値
※4 使用するにあたり、セットアップとセットアップ費用、および決済後のETCカードが必要です
●メーカー希望小売価格(税込)  VFR1200X デュアル・クラッチ・トランスミッション 1,837,500
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー
バイクパーツ・ウェア・ケミカル用品ならBE-LANDへ!