バイクインフォメーション

アンダーバー
CBR250R/CBR250R<ABS> Special Edition
CBR250R

外観を一新し各部の熟成を図った「CBR250R」とレーシングイメージの「CBR250R<ABS> Special Edition」を発売

Hondaは、250ccのロードスポーツモデル「CBR250R」の外観を一新するとともに、エンジンの最高出力を高め、4月24日(木)に発売します。また、MotoGPで活躍している“Repsol Honda Team”のカラーリングを施した「CBR250R<ABS> Special Edition」※1を5月20日(火)に発売します。
CBR250Rのスタイリングは、二眼タイプのヘッドライトを採用し、よりスポーティーなフロントフェイスとしています。また、フロントカウル、ミド ルカウル、テールカウル、サイドカバーのデザインを一新。さらに、燃料タンクとスクリーンの形状を変更することで、精悍なイメージを高めています。このほ か、シートとサイドカバーをスリムな形状として、足着き性の向上を図っています。エンジンは、吸気系のインレットダクトとコネクティングチューブの形状と、バルブタイミングを変更することによって、低・中速域のトルクをキープしたまま、最高出力を従来モデル比で1kW高い21kW*を実現しています。なお、60km/h定地走行テスト値では、従来モデルに比べ、0.9km/L高い50.1km/Lの良好な燃費性能も実現しています。新形状のステンレス製マフラーは、上質感とスポーティー感を高め、スタイリッシュな外観にも寄与しています。
CBR250R<ABS> Special Edition車体色は、CBR250RはABSタイプも含めて、トリコロールイメージのロスホワイト、鮮やかなミレニアムレッド、精悍なブラックの3色を設定して います。CBR250R<ABS> Special Editionは、ロードレース世界選手権のMotoGPクラスで活躍しているRepsol Honda Teamのカラーリングをイメージしたナイトリックオレンジ1色の設定。ホイールにも専用のオレンジカラーを採用するなど、レーシングイメージにあふれた モデルとしています。
※1 受注期間限定モデル。受注期間は、2014年4月18日(金)から2014年6月8日(日)まで

●メーカー希望小売価格はメーカーサイトをご覧下さい。 問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CBR650F/CB650F
CBR650F

新開発の直列4気筒エンジンを搭載した「CBR650F」
「CB650F」を新発売

Hondaは、新開発の水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒650ccエンジンを搭載したロードスポーツモデル「CBR650F」「CB650F」を、それぞれ4月21日(月)に発売します。
両モデルの開発にあたって、エントリー層からベテラン層までの幅広いライダーに受け入れられる扱いやすい車体サイズと、直列4気筒エンジンらしい伸びやかな回転フィーリングを堪能できるマシンの具現化を目指し、エンジン、車体のすべてを新開発しました。エンジンは、軽量・コンパクトな設計とし、低・中回転域で扱いやすい出力特性を、高回転域では直列4気筒らしい伸びのあるフィーリングと上質なエキ ゾーストサウンドを追求しました。また、上質感のある機能美も重視し、メカニカルで力強いエンジンの外観や、流れるようなラインで構成したエキゾーストパ イプなどに、見る楽しさも付加しています。
  車体・足回りは、エンジンの小型化と、マスの集中化を重視した設計としています。フレームは、新開発した楕円型断面のツインチューブ形式を採用。また がりやすいスリムな車体としています。軽量な中空断面構造とした新デザインのアルミキャストホイールは、軽快な操縦フィーリングに寄与しています。
CB650Fスタイリングは、精悍なV字型ヘッドライトから塊感のある燃料タンク、絞り込まれたテールエンドへと流れるような躍動的なラインで構成。美しい曲線の エキゾーストパイプとショートマフラーなどが、グラマラスなフォルムを実現しています。CBR650Fは、スポーティーなフルカウルを採用しているのに対 して、CB650Fは、たくましいネイキッドスタイルとしています。

●メーカー希望小売価格(税込)
CBR650F 999,000円 / CB650F 923,400
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

YZF-R15
YZF-R15

アセアン全域へ展開するスポーツブランド戦略
“YZF-Rシリーズ”「YZF-R15」インドネシアで製造・販売開始

ヤマハ発動機株式会社は、150cc のスーパースポーツモデル「YZF-R15」を、従来のインドに加え、インドネシアでも生産を開始し、2014年5月から同市場で発売します。
「YZF-R15」は、“YZF-Rシリーズ”直系のボディデザイン、スポーティな走行性、市街地での扱いやすさなどが特徴の150ccクラスの本格的なスーパースポーツモデルです。
2008年からインドで製造・販売していますが、このたびグループ会社のYIMM (PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)により、インドネシアでも製造・販売を行うことになりました。
近年、インドネシアの二輪車市場では、生活の足としてのスクーターだけでなく、趣味財のスポーツモデルにも需要の伸長が顕著に現れています。特に、若い男性の間でスポーツモデルへの憧れが強く、2007 年から販売の「V-IXION」は、同国スポーツカテゴリーでトップシェアの人気モデルとなっています。
また、YIMMは2009年から、モトGPに参戦するヤマハのファクトリーチームのオフィシャルスポンサーとなり、レースを活用したマーケティング活動をインドネシアで展開、昨年 11 月にはスーパースポーツのフラッグシップモデル YZF-R1、YZF-R6 を導入するなど、「レース」や「スポーツイメージ」を重点に置いたブランド戦略を行っています。
今後はアセアン全域にも同様の市場が形成されると想定しており、この度のインドネシアを皮切りに、順次“YZF-R シリーズ”ラインナップ強化による販売拡大およびブランド力の強化を進めていきます。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

スカイウェイブ250シリーズ
スカイウェイブ250 タイプSベーシック

大型スクーター「スカイウェイブ250シリーズ」を
マイナーチェンジして発売

スズキ株式会社は250cm3スクーター「スカイウェイブ250シリーズ」4機種をマイナーチェンジし、「スカイウェイブ250タイプSベーシック」・「スカイウェイブSS」・「スカイウェイブ250タイプM」・「スカイウェイブ250リミテッド」を2014年4月18日(金)に発売する。
●主な変更点

スカイウェイブSS
■スカイウェイブ250 タイプSベーシック
・新色の 「アルバブルーメタリック」(青色)と既存色の「パールブレーシングホワイト」(白色)、「グラススパークルブラック」(黒色)の全3色設定とした。
・シートにグレーのステッチを施した
・Sエンブレムを変更した
■スカイウェイブSS
・Sエンブレムを変更した
スカイウェイブ250タイプM
■スカイウェイブ250タイプM
・新色の黒/つや消し黒 「グラススパークルブラック/マットブラックメタリックNo.2」白/つや消し黒 「パールブレーシングホワイト/マットブラックメタリックNo.2」   既存色の赤/黒 「パールミラレッド/マットブラックメタリックNo.2」の全3色設定とした。
・シートに赤のステッチを施した
・Sエンブレムを変更した
スカイウェイブ250リミテッド


■スカイウェイブ250リミテッド
・シートにグレーのステッチを施した
・Sエンブレムを変更した

●メーカー希望小売価格はメーカーサイトをご覧下さい
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

グロム
グロム

マイナーモデルチェンジし発売

Hondaは、個性的で躍動感あふれるスタイリングの125ccスポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し、4月15日(火)に発売します。今回、カラーバリエーションを変更するとともに、ホイールとブレーキキャリパーにゴールドカラーを採用するなどして、より魅力的な外観としています。
=主な変更点=
●カラーバリエーションを変更
・パールヒマラヤズホワイト(新色)
・アステロイドブラックメタリック(継続色)
・パールバレンタインレッド(継続色)
グロム●車体各部のカラーリングを変更
・ホイールに高級感のあるゴールドカラーを採用
・前・後のブレーキキャリパーにゴールドカラーを採用
・サイドカバーガーニッシュにゴールドカラーを採用
・車体色と同色を施したシートカウル、ヘッドライトステー

●メーカー希望小売価格(税込) グロム 329,400
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

NC750X/NC750S/インテグラ
NC750X

「NC750X」「NC750S」「インテグラ」にETC車載器と
グリップヒーターを装備した「E Package」タイプを設定し発売

Hondaは、「NC750X」「NC750S」「インテグラ」に、ツーリングなどで利便性の高いETC車載器とグリップヒーターを装備した「E Package」※1をタイプ追加し、それぞれ4月21日(月)に発売します。NC750XのE Packageは、ローダウン仕様のType LDを含め、デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)搭載車にタイプ設定しています。

NC750SETC車載器や、5段階の温度調節が可能なスポーツグリップヒーター、足元でシフトチェンジができるDCTチェンジぺダルを装備しています。
車体色は、マットパールグレアホワイト、ソードシルバーメタリック、パールスペンサーブルーの3種類を設定しています。
NC750SのE Packageは、DCT搭載車にタイプ設定しています。NC750Xと同様に、ETC車載器と、スポーツグリップヒーター、DCTチェンジぺダルを装備しています。
車体色は、マットパールグレアホワイト、グラファイトブラックの2種類を設定しています。
インテグラインテグラのE Packaegと、専用色ホイールなどを採用したスポーティータイプの「インテグラ S」のE Packageには、ETC車載器と、スポーツグリップヒーターを装備しています。
車体色は、インテグラにはマットパールグレアホワイト、キャンディーアルカディアンレッドの2色を設定。インテグラ Sは、マットガンパウダーブラックメタリック1色の設定としています。
※1工場装着・受注生産車。「Honda二輪ETC標準装備車取扱店」で販売します。使用するにあたり、セットアップとセットアップ費用、および決済用のETCカードが必要です

●メーカー希望小売価格(税込)はメーカーサイトをご覧下さい
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

VFR800F
VFR800F

スポーツツアラーモデル「VFR800F」を一新し発売

Hondaは、外観を一新するとともに各部の熟成を図り、スポーティーな走行とロングツーリングの快適性を高めたスポーツツアラーモデル「VFR800F」※1を4月18日(金)に発売します。
新型のVFR800Fは、開発コンセプトを「大人のスポーツバイク ~Elegant Sport~」に設定しました。車体の軽量化に加え、空力性能を追求したカウリングや、トラクション・コントロール・システム(TCS)の採用、熟成を図った水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・V型4気筒エンジンなどにより、市街地での扱いやすさとロングツーリングでの快適性をさらに高めています。
VFR800Fスタイリングは、「大人を魅了するエレガントなたたずまい」をスタイリングコンセプトとして、シャープなエッジと質感の高さを主張する造形美を追求しました。ボディーは、ラジエーターの搭載位置を車体サイドから前側に移動したことにより、コンパクトでスポーティーなイメージとしています。フロントは、シャープな新デザインのカウルにLEDヘッドライトを採用することで、精悍さを際立たせています。
車体・足回りは、シートレールを従来モデルのスチール製からアルミダイキャスト製に変更。また、スイングアーム、フロントフォーク、ホイールを新設計するとともに、マフラーのレイアウトを右側に一本出しにするなどで、大幅な軽量化を図っています。シート回りは、スリム化を図ることで足着き性に配慮するとともに、シート高を標準仕様より20mm低く設定できる機構を設けるなど、取り回しやすさも考慮しています。ブレーキは、ABSを標準装備しています。
エンジンは、低・中回転域の力強さを向上させるために、吸・排気系とバルブタイミングを見直しています。また、回転数によって稼働するバルブ数を切り替えるHYPER VTECを継承しています。
制御系は、過剰な後輪駆動力を抑えるTCSを新たに採用することで、走行安定性の向上に寄与しています。
装備は、ツーリングに便利なETC車載器とグリップヒーターを標準装備するなどで、利便性を高めた仕様としています。
※1受注生産車。「Honda二輪ETC標準装備車取扱店」で販売します。使用するにあたり、セットアップ、セットアップ費用、および決済用のETCカードが必要となります
●メーカー希望小売価格(税込) VFR800F 1,350,000円 問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

ゴールドウイング F6C
ゴールドウイング F6C

迫力あるスタイリングと爽快な走りを追求した
「ゴールドウイング F6C」を発売

Hondaは、躍動感にあふれ、迫力あるスタイリングに、パワフルな1800ccエンジンを搭載したストリート・マッスル・クルーザー「ゴールドウイング F6C」※1を4月22日(火)に発売します。スタイリングは、「ゴールドウイング」の伝統と上質感を受け継ぎながら、全身に力強さを大胆に表現することで、躍動感にあふれ、迫力と存在感を高めたデザインとしています。フロント回りは、ボリューム感のあるラジエーターシュラウドが力強さを際立たせています。
ゴールドウイング F6Cまた、フロントからリアに流れるように下がっていくトライアングルフォルムとロー&ロングの車体構成によって、迫力に満ちた独特なスタイリングを確立しました。なお、ヘッドライト、テールランプ、ウインカーランプの全灯火器にLEDを採用することで、先進的なスタイリングを表現しています。エンジンは、ゴールドウイングの水平対向6気筒1800ccエンジンを継承。ゴールドウイングに比べ車両重量で75kgの軽量化を図り、専用開発のマフラーを採用することなどにより、低速からパワフルなフィーリングと力強いエキゾーストサウンドを実現しています。車体・足回りは、フロントに19インチ、リアには17インチの新デザインのアルミダイキャストホイールを採用し、ゴールドウイングシリーズとして最大のホイールサイズとしています。低く身構えた車体構成により、シート高を735mmに抑え、足着き性にも配慮しています。ブレーキには、安心感のあるABSを搭載しています。
※1 受注生産車
●メーカー希望小売価格(税込) ゴールドウイング F6C 1,998,000
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

PCX/PCX150
PCX

モデルチェンジし発売

Hondaは、スタイリッシュな外観と環境性能に優れたエンジンなどで好評を得ているスクーター「PCX」「PCX150」をフルモデルチェンジし、PCXを4月24日(木)に、PCX150は5月16日(金)に発売します。スタイリングは、125ccの原付二種スクーターのPCX、150ccの軽二輪スクーターPCX150ともに、ヘッドライト、テールランプ、ウイン カーランプ、ライセンスランプの全灯火器にLEDを採用したほか、新設計のフロント・リアカウルを採用するなど、さらにスタイリッシュで高級感のある外観 としています。 エンジンは、耐久性と静粛性、燃費性能に優れたスクーター用グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」※1の一部を改良し、低・中速域の力強いトルク特性とすることで、両車種ともに燃費性能の向上を実現しています。
PCX150なお、停車時の燃料消費、騒音、排出ガスを抑止するアイドリングストップシステムも継続して搭載しています。 車体・足回りは、両車種ともに、従来モデル同様の大径14インチタイヤを前後に採用。リアタイヤには、転がり抵抗を軽減する低燃費タイヤを新たに採用 し、燃費性能の向上に寄与しています。シートは、バックレスト一体型とし、ライディングポジションの自由度を高める形状としながら、良好な足着き性を確保 しています。
  装備面では、両車種ともに燃料タンク容量を従来モデルの5.9Lから8.0L※2に増やすことで、給油の頻度を低減し航続距離を高めるなど、使い勝手の向上を図っています。
※1 enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称です
※2 Honda測定値
●メーカー希望小売価格(税込) PCX 329,400円 /  PCX150 360,720
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

NM4-01
NM4-01

圧倒的な存在感を放つ新コンセプトモデル「NM4-01」を発売

Hondaは、圧倒的存在感のある独自のスタイリングと、新感覚のライディングフィールを追求した新コンセプトモデル「NM4-01(エヌエムフォー ゼロワン)」4月21日(月)に発売します。
このNM4-01は、「近未来」と「COOL」を開発のテーマに設定し、これまでのモーターサイクルとは一線を画した独自のスタイリングを実現。新感覚のライディングフィールを追求しています。
デザインでは、コンセプトに掲げた「フロントマッシブスタイリング」と、ライダーが潜り込むように着座し、インストルメントパネル越しに見える風景から構成される「コックピットポジション」を具現化しています。
NM4-01このコックピットポジションと、アジャスタブルタイプの起立式バックレストによって、新感覚のライディングフィールを楽しむことができます。また、 DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)の走行モードと連動した可変色メーターの採用によって、マシンを操縦する感覚を高め、NM4-01なら ではの世界観を演出します。
  力強さと塊感を表現したフロント回りは、ウインカーランプよりも奥まった位置にLEDヘッドライトを搭載し、フロントフェアリングの左右にはビルトイ ンしたミラーや小物などを収納できるユーティリティーボックスを設けています。また、テールランプとウインカーランプにもLEDを採用しています。
NM4-01リア回 りは、200mm幅のワイドタイヤとローフォルムを強調し絞り込んだテールカウルによって、力強さを演出しています。
なお、個性的なスタイリングと安定感のある素直なハンドリングを実現するために、プラットフォームを新開発しています。
エンジンは、低・中回転域で力強いトルク特性の水冷・4ストローク・直列2気筒745cm3を搭載。トランスミッションはDCTを標準装備しています。

●メーカー希望小売価格(税込) NM4-01 999,000
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

ST250 Eタイプ
ST250 Eタイプ

軽二輪ロードスポーツモデル「ST250 Eタイプ」の
車体色を変更して発売

スズキ株式会社は、249 cm3単気筒エンジンを搭載するトラディショナルなスタイルの軽二輪ロードスポーツモデル「ST250 Eタイプ」の車体色を変更し、4月14日(月)より発売する。
●主な変更点
・車体色のキャンディダークチェリーレッドを新色「フォックスオレンジメタリック/グラススパークルブラック」(橙色/黒)に変更し、 「パールミラージュホワイト/グラススパークルブラック」(白/黒)、「グラスミッドナイトブラウン」(茶色)の3色設定とした。
・フレーム色を黒に統一した
・Sエンブレムの変更
※主要諸元に変更は無い。
●メーカー希望小売価格(税込) ST250 Eタイプ 484,920
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

レッツ4 バスケット
レッツ4 バスケット

買い物に便利な大型フロントバスケット装備の50cm3
スクーター 「レッツ4バスケット」の車体色を変更して発売

スズキは、大型フロントバスケットを装備するなど、主婦のお買い物に便利な機能を充実させた50cm3スクーター「レッツ4バスケット」の車体色を変更し、2014年4月14日(月)より発売する。
●主な変更点
・車体色の「ミストブルー」(水色)を「キディイエロー」(黄色)に変更し、「アイボリー No.2」(象牙色)、「スウィートブラウン No.2」(茶色)、「キャンディソノマレッド」(赤色)の4色設定とした。
※主要諸元に変更は無い。
●メーカー希望小売価格(税込)  レッツ4 バスケット 160,920
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー
バイクパーツ・ウェア・ケミカル用品ならBE-LANDへ!