バイクインフォメーション

アンダーバー
NM4-02
NM4-02

迫力あるスタイリングの大型二輪車「NM4」の
第2弾「NM4-02」を発売

Hondaは、圧倒的存在感のある独自のスタイリングと、新感覚のライディングフィールを追求した「NM4」の第2弾モデルとして、ボリューム感のあるリアデザインを採用しETC車載器などの充実装備を施した「NM4-02(エヌエムフォー ゼロツー)」※1を6月10日(火)に発売します。NM4は、「近未来」と「COOL」を開発のテーマに設定し、これまでのモーターサイクルとは一線を画した独自のスタイリングを実現したモデルで、本年4月に発売した「NM4-01(エヌエムフォー・ゼロワン)」と合わせ2タイプのバリエーションとしています。
NM4-02NM4-02の迫力あるリアビューを構成するリアボディーは、デザイン性のみならず、実用性も考慮し小物の収納が可能なユーティリティーボックスを搭載。左右それぞれ約7.5L※2の容量を確保するとともに、リアボディーにはLEDのウインカーランプをビルトインすることで、NM4-02独自のスタイリングを形成しています。また、ツーリングなどで利便性の高いETC車載器と、5段階の温度調節が可能なグリップヒーターを装備しています。
※1 NM4-02は、「Honda二輪ETC標準装備車取扱店」で販売します。使用するにあたり、セットアップ、セットアップ費用、および決済用のETCカードが必要となります
※2 Honda測定値
●メーカー希望小売価格(税込) ・NM4-02  1,161,000円 問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

D-TRACKER X
D-TRACKER X

2015年モデル新発売

ストリートスポーツ、D-TRACKER X。 鋭いレスポンスとスムーズな吹け上がりを実現する水冷DOHC4ストローク単気筒エンジンを軽量、スリムなペリメターフレームに搭載し、前後のサスペンションにはオンロード走行に最適化された専用のセッティングが施されています。

D-TRACKER X


■2014年モデルからの変更点
・ カラー&グラフィックの変更
●メーカー希望小売価格(税込) ・D-TRACKER X  563,760円

問合先: 株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 
0120-400819

KLX250
KLX250

2015年モデル新発売

ビギナーからベテランまで気軽にオフロードを楽しめるデュアルパーパスモデル、KLX250。 水冷DOHC4ストローク単気筒エンジンと最適化された燃料噴射により、低回転域の粘り強いパワーフィールと中高回転域までスムーズに吹けあがる鋭いレスポンスを両立しています。

KLX250


■2014年モデルからの変更点
・ カラー&グラフィックの変更
●メーカー希望小売価格(税込) ・KLX250  543,240円

問合先: 株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 
0120-400819

スーパーカブ
スーパーカブ

「スーパーカブ」の形状が日本で立体商標登録認可
~乗り物として初の快挙達成~

Hondaの「スーパーカブ」の形状が特許庁から立体商標として登録されることが決定しました。二輪自動車※1としてはもとより自動車業界としても、その乗り物自体の形状が立体商標登録されるのは日本で初めてであり、工業製品全般としても極めて珍しい事例となります。
1958年の生誕から50年以上の間、機能的な向上を図りつつも、一貫したデザインコンセプトを守り続けた結果として、デザインを見ただけでお客様にHondaの商品であると認識されるようになったことが特許庁の審査で認められ、立体商標登録に至りました。
世界生産累計台数は、2014年3月時点で8,700万台以上※2に達し、現在まで160ヵ国※2以上で販売され、世界で最も多く生産された二輪自動車です。
Hondaは、今後も「スーパーカブ」の基本コンセプトを大切にしながら、世界中のお客様に喜びをお届けできるよう取り組んでまいります。
※1 特許庁 類似商品・役務審査基準第12類「二輪自動車」 ※2 Honda調べ
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

YZF-R25
YZF-R25

グローバルに展開する本格250ccスポーツモデル
 「YZF-R25」 インドネシアで製造・販売

ヤマハ発動機株式会社は、新開発の2気筒250ccエンジンを搭載したスーパースポーツ“YZF-R”シリーズの新製品「YZF-R25」を、2014年 7月からインドネシア市場に導入します。製造およびインドネシアでの販売は、同国のグループ会社PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing(以下YIMM)が行います。
また、「YZF-R25」は当社新中期経営計画(2013年~2015年)の“事業規模拡大”を担うグローバルモデルとして開発、インドネシア国内だけでなく、アセアン・先進国市場への販売も視野に入れています。
新製品「YZF-R25」は、<毎日乗れるスーパーバイク>をコンセプトに、クラス最高レベルとなるエンジン出力とYZF-Rシリーズを継承す る軽量な車体とデザインにより、<スーパースポーツ>と呼ぶにふさわしい高次元な走行性能とスタイルを具現化しました。同時に<デイリーユース>での軽快 な走行性と扱いやすさ、様々なシーンでの爽快な走りを実現しています。
近年スポーツモデルの人気が高まりつつあるインドネシアにおいて、YIMMは、レースを活用したマーケティング活動に加え、昨年11月にはスー パースポーツのフラッグシップモデルYZF-R1、YZF-R6 を導入、今年5月にはYZF-R15の製造・販売を開始するなど、「スポーツイメージ」を重点に置いたブランド戦略を行っています。今回の「YZF- R25」投入で、“YZF-R”シリーズの新たなラインナップが拡充。これにより、さらなる販売拡大、ブランド力強化を進めていきます。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

CYGNUS RAY Z (シグナス レイ ズィー)
CYGNUS RAY Z (シグナス レイ ズィー)

「CYGNUS RAY Z (シグナス レイ ズィー)」が、
インドデザインカウンシル主催の
「インディアデザインマーク(I Mark)」 を受賞

ヤマハ発動機株式会社のインドでの生産拠点、India Yamaha Motor Private Limited(I.Y.M)が生産・販売するスクーター「CYGNUS RAY Z (シグナス レイ ズィー)」が、インドデザインカウンシル主催の「インディアデザインマーク(I Mark)」※を受賞。同社製品の同賞の受賞は、2012年の「YZF-R15」、2013年の「CYGNUSRAY」に続き、3年連続となる。
インドデザインカウンシルはインド商務産業省の関係機関で、公益財団法人日本デザイン振興会との連携協定により、日本の“グッドデザイン賞(G マーク)”に準じたデザイン賞「インディアデザインマーク」を創設、2012年に第1回目の公募・審査が行われています。3年目となる2014年は、「CYGNUSRAY Z」を含め50点が受賞しました。
「CYGNUS RAY Z」は、2012年当社がインドスクーター市場に初めて導入した「CYGNUS RAY」をベースに、若い男性向けに開発し2013年5月から発売しているモデルで、1)モーターサイクルをイメージさせるスモークのバイザー、2)アルミ製のリアウイング風タンデムグラブバー、3)カーボン柄メーターパネル、4)カーボン柄表皮シート、5)躍動感あるカラー&グラフィック、などによるスポーティな装いを特徴としています。なお、2013年末までにRAYシリーズ合計で15万台を販売しています。
※「インディアデザインマーク(I Mark)」: 2012 年から開始されたデザイン賞。インドにおいてデザインの価値と認知度を高め、ユーザーや製造業者のよりよいデザインに対する関心を伸ばし、よいデザインの推奨を通じて生活の質を向上させることを目的に実施されています。応募には、「インドで生産されたものである」「インドでデザインされたものである」「インドで販売されているものである」の3 条件の中から2 つ以上を満たすこと、すでに製品として完成しており量産品であること、などの条件が必要となる。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー
バイクパーツ・ウェア・ケミカル用品ならBE-LANDへ!