バイクインフォメーション

アンダーバー
FZ/FZ-S
FZ

インド国内外での販売拡大を担う150ccスポーツモデルの
主力製品
インド製「FZ」シリーズの新製品「FZ」「FZ-S」を発売

ヤマハ発動機株式会社は、新開発の空冷150cc・FI※エンジンを搭載したスポーツモデル「FZ」シリーズの新製品「FZ」「FZ-S」を、2014年7月からインド市場などで発売します。
新「FZ」「FZ-S」は、現行モデル「FZ16」「FZ-S」の後継として、“燃費&走行性能向上とシャープなスタイルの融合”をコンセプトに開発しました。標準モデル「FZ」に対し、「FZ-S」はメーターバイザーを装備し、さらにスポーティな外観としています。
主な特徴は、1)現行モデル比14%向上の良好な燃費と加速性能を両立した新開発の150cc・FIエンジン、2)軽快なハンドリングを支える新開発の軽量フレームとタイヤ、3)パワフル感、空気を切り裂くシャープさ、ワイルドさを調和させたボディデザイン、4)サリーガード一体化により軽快なスタイルを実現させた可動式リアフェンダー、などです。
FZ-S 世界最大のインド二輪車市場は年間総需要約1,400万台強で(2013年/当社調べ)、この中で150~180ccのスポーツタイプの二輪車は約10%を占めています。 2008年に当社が導入した「FZ16」シリーズは、流行に敏感な10~20代の若い男性を中心に支持を得てインド市場での累計販売台数は77万台(2014年5月末まで)に及び、当社のスポーティイメージの形成に寄与してきました。また、中南米などインド国外への輸出も多く、当社インド二輪車事業の柱となっています。これら国・地域のお客様はスポーティな走行を好む一方で燃費への要求も高く、その要求に応えることのできる新「FZシリーズ」により、これまで以上に国内外への販売を拡大していきます。なお、製造およびインド国内での販売はグループ会社 IYM(India Yamaha Motor Pvt. Ltd.)が行います。※FI(Fuel Injection):電子式燃料制御装置
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

グラストラッカー/グラストラッカー ビッグボーイ
スカイウェイブ250 タイプSベーシック

一部変更して発売

スズキ株式会社は、250cm3クラスのストリートバイク 「グラストラッカー」を小変更し8月28日(木)より、 「グラストラッカービッグボーイ」の車体色を変更し、7月8日(火)より発売する。
「グラストラッカー」は、軽量・コンパクトな車体と足着き性の良さで、初心者など誰にでも乗りやすく、若者を中心に好評を得ているファッション性の高いストリートバイクである。 また、フューエルインジェクションシステムを採用し、環境性能と始動性を高めている。「グラストラッカービッグボーイ」は、「グラストラッカー」をベースに大径タイヤや、幅広のハンドル、直線的なリアフェンダーなどを装備して存在感を高めたストリートバイクである。
スカイウェイブSS
●主な変更点
・「グラストラッカー」はSエンブレムを変更した。
・「グラストラッカービッグボーイ」は車体色を新色のグラスデザートカーキ(茶色がかった黄色)と既存色のソリッドブラック(黒色)の 2色設定とし、また Sエンブレムを変更した
※主要諸元に変更は無い。
●メーカー希望小売価格はメーカーサイトをご覧下さい
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

ビーノ XC50D Vacation Style
ビーノ XC50D Vacation Style

エスニック風スパイスで“トロピカルな夏”を演出
「ビーノ XC50D」Vacation Styleを発売

ヤマハ発動機株式会社は、レトロポップなスタイルで人気の原付1種スクーター「ビーノ XC50」シリーズに、エスニック風のスパイスをボディに織り込んだ「ビーノ XC50D」Vacation Styleを台数限定1,300台にて2014年7月10日より発売します。
「ビーノ XC50D」Vacation Styleは、「ビーノ XC50D」をベースに“Stylish Beauty Summer”のコンセプトのもと、ベージュとダークブラウンを基本色に、夏らしいイエローとオレンジでアクセントを施しカラーリングとロゴなどでエスニックさを表現しているのが特徴です。
なお本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。
●メーカー希望小売価格(税込) ・ビーノ XC50D Vacation Style 204,120円 
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

VIKING VI
VIKING VI

多人数乗車のニーズに対応するROVの第2弾
6人乗りモデル「VIKING VI」を北米市場などで発売

ヤマハ発動機株式会社は、RV※1事業をけん引する主力製品として2013年8月に発売した3人乗り ROV(Recreational Off-highway Vehicle)「VIKING(バイキング)」に続く第2弾として、当社初の6人乗りモデル「VIKING VI(バイキング シックス)」を、2014年7月から北米市場などで発売します。生産は米国のグループ会社Yamaha Motor Manufacturing Corporation of America(YMMC)で行います。
北米市場におけるROVの需要は年々増加傾向にあり、農業や酪農などの業務からレジャーまで、幅広い用途で使用されています。ROVの第2弾と なる「VIKING VI」は、様々な用途における「多人数で快適に移動したい」というニーズの高まりを受け、現行モデル「VIKING」のプラットフォームをベースに、多人 数乗車時の快適性と優れた走行性能を高次元で達成する製品として開発しました。
主な特徴は、1)6人乗車でも快適な居住性と、前後列とも左右ウォークスルーが可能なシートレイアウト、2)ホールド性と快適性に優れた全席独 立シート、3)1名でも6名乗車時でも快適な乗り心地を提供する専用セッティングの前後サスペンションと専用開発タイヤ、4)極低速域から高速域まで優れ たパワー特性と加速感を実現する700cc水冷4ストロークのFI※2エンジンなどです。
また、上位モデルにあたるEPS(エレクトリック・パワー・ステアリング)を装備した「VIKING VI EPS」と、EPSと装備を充実した「VIKING VI EPS SE」を合わせ、計3バリエーションを展開します。
当社は、2013年のVIKING発表時、ROVの新製品を今後5年間にわたり毎年投入する計画を発表しており、ROV製品のラインナップ充実により販売拡大を目指します。
なお、本モデルはナンバープレートを取得し一般公道を走行することはできません。
※1 RV:Recreational Vehicle の略  ※2 FI:電子式燃料噴射装置
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー
バイクパーツ・ウェア・ケミカル用品ならBE-LANDへ!