バイクインフォメーション

アンダーバー
GSR250
GSR250

精悍で存在感のあるスタイリングと扱いやすさで好評の
ロードスポーツバイク「GSR250」を一部変更設定して発売

スズキ株式会社は、精悍で存在感のあるスタイリングと扱いやすいエンジン特性を特徴とするロードスポーツバイク「GSR250」を一部変更して、GSR250(ツートン色)を2014年7月31日(木)および、GSR250(単色)を2014年9月9日(火)より発売する。

●主な変更点
・単色:新色の 「トリトンブルーメタリック」(青色)と既存色の「パールネブラーブラック」(黒色)の全2色設定とした。
GSR250(ツートン)・ツートン色:新色の 「キャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラック」(赤/黒)と既存色の「トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト」(青/白)の全2色設定とした。
・フレームカバー両側に「SUZUKI」デカールを追加
※主要諸元に変更は無い。

●メーカー希望小売価格(税込)
 ・GSR250 456,840円 / ・GSR250(ツートン) 476,280円
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

Rev Translator
Nozza Grande(ノザ グランデ)

ブランドスローガン"Revs your Heart"を体現 エンジンと対話できるスマートフォンアプリ 「Rev Translator」配信開始

本アプリは、世界初※4の“エンジン音”を翻訳するアプリです。翻訳キャラクターは、性格別に6種類。セリフは1億通り以上 の組み合わせがあり、エンジン音によって喜怒哀楽が表示され、時間や天気でもセリフが異なります。アプリを使い続けるとポイントがたまり、ヤマハ製品をデ フォルメしたレアなキャラクターが手に入る特典がついています。
“Revs your Heart(レヴズ ユア ハート)”は当社が掲げるブランドスローガンです。“Rev”には、エンジンの回転を上げる、わくわくさせる、高ぶらせるという意味があります。当社は 「感動創造企業」として、エンジンの回転を上げるように、お客さまの心が躍る瞬間を提供していきたいと考えています。


Nozza Grande(ノザ グランデ)

この度の「Rev Translator」の開発もその一環です。本アプリを使うことで、これまでとは違った視点でエンジンやエンジン音を身近に感じてもらえることを期待し ています。
※1アプリのダウンロードは無料、携帯電話の通信料金はお客さまのご負担となります。
※2 App StoreはApple Inc.の商標です。※3 Google PlayはGoogle Inc.の商標です。
※4 2014年7月現在ヤマハ調べ
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

Nozza Grande(ノザ グランデ)
Nozza Grande(ノザ グランデ)

新開発の低燃費エンジンをお洒落なボディに搭載した女性向けモデル ベトナム向け新型スクーター「Nozza Grande(ノザ グランデ)」発売

ヤマハ発動機株式会社は、新開発の空冷125cc・FI※1エンジン搭載の女性向けスクーター「Nozza Grande」を2014年8月からベトナム市場で発売します。「Nozza Grande」は、優れた加速性能、燃費性能、環境性能を備えた新開発の次世代低燃費エンジンを、ヨーロッパテイストのお洒落なボディに搭載した都市型 ファッションスクーターです。なお、製造・販売はベトナムにある当社グループ会社のYamaha Motor Vietnam Co., Ltd.が行います。
ベトナム二輪車市場は、2013年実績で約280万台の需要(2013年/当社調べ)があり、この中でスクーターは約4割を占めています。当社 は、2011年にベトナム向けモデルで初めて“女性向け”に開発したスクーター「Nozza」を発売、スタイリッシュなデザインが好評でこれまで11万台 を販売しています。第2弾の「Nozza Grande」は、近年、ファッションの好みが多様化するベトナムの若い女性をターゲットに開発、これまでの当社アセアン向けスクーターと比べて大きめの 車格感や、乗車姿勢が美しく見えるライディングポジション、また、ヨーロッパテイストを色濃く反映したデザインのスクーターが好まれる傾向が見られるベト ナムで、エレガント、ラグジュアリーといったエッセンスを盛り込んだ外観デザインにより、女性の心を捉える「美」を追求しました。
主な特徴は、1)クラス最高レベルの低燃費(54km/L※2)と加速性能を両立し、かつアイドリング時のエンジン回転数※3が低く静粛性に優れた新開発のエンジン、2)美しいドレープを彷彿させるラインが優麗なボディデザイン、3)利便性の高い大容量(27L)LED照明付シート下トランク、などです。カラーリングは全7色を設定し、幅広いお客様のニーズに応えます。
※1:FI(Fuel Injection):電子式燃料噴射装置 / ※2:EU3モードでの社内計測値
※3:当社従来モデル比300r/min低い1,300r/min
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

Ninja ZX-14R ABS
Ninja ZX-14R ABS

2015年海外向けモデルを発表!

2015年モデル Ninja ZX-14R ABS [アメリカ仕様]
※画像右
Ninja ZX-14R ABS





問合先: 株式会社カワサキモーターサイクルジャパン
0120-400819

VTR/VTR-F/VTR Type LD
VTR

軽二輪ロードスポーツモデル「VTR」シリーズの一部を改良するとともに足着き性を向上させた「VTR Type LD」をタイプ設定し発売

Hondaは、250ccのロードスポーツモデル「VTR」と、ハーフカウルを装着した「VTR-F」のそれぞれにラジアルタイヤを採用し、7月18日(金)に発売します。また、足着き性を向上させた「VTR Type LD」を新たにタイプ設定し、同じく7月18日(金)に発売します。
今回、VTRシリーズの全タイプにグリップ力と剛性に優れるラジアルタイヤを採用することで、コーナリングやブレーキング時のフィーリング向上を図りました。
VTR-Fまた、リアタイヤの偏平率を従来モデルの70%から60%に変更して、トランスミッションのローレシオ化と同様の効果を得ることで、加速フィーリングの向上にもつなげています。なお、VTRとVTR-Fは、リアサスペンションのセッティングを変更することで、乗り心地の向上を図っています。
今回新たにタイプ設定したVTR Type LDは、VTRをベースに、前・後サスペンションに専用セッティングを施しています。これにより、VTRに比べ15mm低い740mmのシート高とし、良好な足着き性と軽快な操縦フィーリングを両立しています。

VTR Type LD VTRシリーズは、粘り強く力強いトルク特性のV型2気筒エンジンを取り回し性に優れた車体に搭載することで、男女を問わず幅広い年齢層から高い支持を得ているロードスポーツモデルです。VTR Type LDのタイプ追加によって、選択の幅をさらに広げています。
●メーカー希望小売価格(税込)
・VTR  598,320円 / ・VTR-F  609,120
・VTR Type LD  619,920
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CB250F
CB250F

新型の軽二輪ロードスポーツモデル「CB250F」を発売

Hondaは、250ccの新型ロードスポーツモデル「CB250F」を、8月1日(金)に発売します。
CB250Fは、開発の狙いを「モーターサイクルの楽しさ、喜びを手軽に体感!」と定めました。また、たくましくダイナミックなネイキッドスタイルとレスポンス性に優れ力強い出力特性の単気筒エンジンなどの採用により、開発コンセプトである「ニューライトシングルネイキッド」の具現化を図りました。
スタイリングは、筋肉質のアスリートのように絞り込まれた「ストリートファイタースタイル」を実現。V字シェイプのヘッドライトとシャープなフロントカウルが精悍なフロントスタイルを形成するとともに、フューエルタンク部のシュラウドとアンダーカウルの採用によって、たくましく軽快なイメージとしています。
CB250Fエンジンは、「CBR250R」にも搭載され、レスポンスが良く、力強い出力特性と優れた燃費性能で好評の水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ単気筒250ccを搭載。低・中回転域で扱いやすく、高回転域まで伸びやかなフィーリングとしています。そして、60km/h定地走行テスト値で50.1km/Lという良好な燃費性能を実現しています。
車体は、トラス構造のダイヤモンドタイプフレームを採用したことで、しなやかな特性を持ち、軽快で安心感のあるハンドリングに寄与しています。サスペンションは、フロントにテレスコピックタイプを、リアには5段階調節のプリロードアジャスターを備えたプロリンクを採用。ハンドルには、CB250F専用のバーハンドルを採用し、アップライトなライディングポジションにより、市街地での取り回しやすさに配慮した設計にしています。メーターは、バーグラフ表示のタコメーターや燃料計、時計などさまざまな情報を液晶ディスプレイで表示する、視認性に優れた多機能なデジタルメーターを採用しています。
車体色は、ABSタイプも含めて、クールで精悍なイメージのブラックと、アグレッシブなイメージのミレニアムレッドの2種類を設定しています。
●メーカー希望小売価格(税込) ・CB250F  464,400円 / ・CB250F<ABS>  515,160
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

Ninja 1000 ABS
Ninja 1000 ABS

2015年海外向けモデルを発表!

Ninja 1000 ABS (ZX1000MFF)※アメリカ仕様
※画像右


Ninja 1000 ABS




Ninja 1000 ABS (ZX1000MFF)※東南アジア一般仕様
※画像左




問合先: 株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

Z1000 ABS/Z1000
Z1000 ABS

2015年海外向けモデルを発表!

Z1000 ABS (ZR1000GFF)※欧州一般仕様
※画像右


Z1000




Z1000 (ZR1000FFF)※欧州一般仕様
※画像左




問合先: 株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

Z1000SX ABS/Z1000SX
Z1000SX ABS/Z1000SX

2015年海外向けモデルを発表!

Z1000SX ABS (ZX1000MFF)※欧州一般仕様
※画像右


Z1000SX




Z1000SX (ZX1000LFF)※欧州一般仕様
※画像左




問合先: 株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

RM-Z450
RM-Z250

4ストローク449cm3モトクロッサー「RM-Z450」を
マイナーチェンジして発売

スズキ株式会社は4ストローク449cm3モトクロッサー「RM-Z450」をマイナーチェンジして、2014年9月3日より発売する。
RM-Z450は、2005年にスズキの初の4ストローク市販モトクロッサーとして登場した。その後、2008年にモトクロスマシン界初のフューエルインジェクションシステムを搭載し、以降もマシン各部の見直しをおこない、年毎にそのパフォーマンスレベルを高め、熟成を重ねてきた。2015年モデルのRM-Z450は、これまで以上にハイレベルなパフォーマンスを目指し、スズキの最新 技術を装備して発売する。
●RM-Z450の主な特長
ワークスマシンによって培われた技術を惜しみなく市販モデルに投入
・スズキ・ホールショット・アシスト・コントロール(S-HAC)※を新装備
・SHOWA製SFF-AIRサスペンションの新採用
  ※スズキ・ホールショット・アシスト・コントロール(S-HAC)
スタート状況に応じたモードスイッチの選択により、ホールショット獲得及びスタート後のトップ走行を狙いとした新機構。A/B/オフの3つのモードから選択が可能。
●より快適なエンジン始動性能
・キックレバー長の見直し・新設計デコンプシステムの採用・キックスタータドライブギヤ比の変更
●冷却効率の改善
・ウォーターホースの取りまわし改良・ウォーターポンプカバーの見直し
●さらなる軽量化を実現
・従来のフレーム重量と比べ4%の軽量化と剛性アップを両立した新設計メインフレームの採用
・SHOWA製SFF-AIRサスペンションの新採用
●その他
・ラジエターシュラウドデカールデザインの変更・シート上面色を変更 (赤→灰)
・エンジンプロテクター(左/右)、リアディスクガード、リヤキャリパーガード、ブレーキホースガイド(前/後)色の変更 (白→黒)・「RENTHAL」バーパッド色の変更 (赤→黒)
●メーカー希望小売価格に変更は無い。
●メーカー希望小売価格(税込) ・RM-Z450 896,400円
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

RM-Z250
RM-Z250

4ストローク249cm3モトクロッサー「RM-Z250」を
マイナーチェンジして発売

スズキ株式会社は4ストローク249cm3モトクロッサー「RM-Z250」をマイナーチェンジして 2014年9月3日より発売する。
主な変更点
・エンジンプロテクター(左/右)、リアディスクガード、リヤキャリパーガード、ブレーキホースガイド (前/後)色の変更 (白→黒)
・シート上面色を変更 (赤→灰)
・ラジエターシュラウドデカールデザインの変更
・「RENTHAL」バーパッド色の変更 (赤→黒)
●主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。
●メーカー希望小売価格(税込) ・RM-Z250 745,200円
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

MT-07/MT-07A
MT-07

普段着感覚で走りを楽しめるスマートな大型二輪モデル
 「MT-07」「MT-07A」新発売

ヤマハ発動機株式会社は、水冷4ストローク直列2気筒・689cm3エンジンを搭載したスポーツモデルの新製品「MT-07」および、ABS標準装備の「MT-07A」を2014年8月20日より発売します。
「MT-07」「MT-07A」は“スポーツパッション&スマート”をコンセプトに、走りの楽しさと街中で映えるファッショナブルなスタイル、コストパ フォーマンスを調和させたモデルです。「普段着感覚で楽しめる運転の楽しさ」や「バイクのある豊かな生活」を提唱します。 主な特徴は、1)またがってわかるボディの軽さとコンパクトさ、2)走り出した瞬間に伝わる扱いやすくパワフルなエンジン、3)俊敏性を備えながらもビッ グバイクとしての風格を備えた新デザイン、などです。大型二輪ながら求めやすい価格を実現しました。
●メーカー希望小売価格(税込) ・MT-07 699,840円 ・MT-07A749,520円 
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

TRICITY MW125
TRICITY MW125

広がるモビリティの世界 LMW(リーニング・マルチ・ホイール)の第1弾 「TRICITY MW125」日本仕様を新発売

ヤマハ発動機株式会社は、当社初の市販マルチホイールモデル、125ccオートマチック(AT)コミューター「TRICITY (トリシティ)MW125」を2014年9月10日より新発売します。「TRICITY MW125(TRICITY 125)」は、“ニュースタンダード シティコミューター”のコンセプトのもとLMW※1製品の第1弾として開発、AT二輪車と同様の扱い易い運転操作性を備えた新しいモビリティです。
 主な特徴は、1)軽快でスポーティなハンドリングと安定感の両立による新しい楽しさ、2)さまざまな路面状況で快適な乗り心地、3)シティコミューターとしての高い利便性、4)パワフルで経済的な水冷125ccYMJET-FIエンジン、5)フロント二輪※2の特徴を活かした先進的かつ親しみやすい個性的デザインなどです。
TRICITY MW125 生産は、当社のグループ会社のTYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)が行います。
※1 LMW=Leaning Multi Wheel。モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称、商標登録第5646157号。
※2 車両区分は『第二種原動機付自転車(原付二種)』、運転には『小型限定普通二輪車(AT含む)免許』以上が必要です。
●メーカー希望小売価格(税込) ・TRICITY MW125 356,400円 
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

KX450F
KX450F

2015年モデルを発表!

「中級レベルのライダーからエキスパートライダーまで、表彰台の頂点に立たせる」というKXの設計概念は、KXブランドをこの世に送り出し40年以上経った今でも揺るぎません。 32度に及ぶAMAのタイトル獲得の事実は、どのメーカーをも凌駕するKXの真の実力を証明しています。 2015年モデルでは最先端のテクノロジーや業界初採用の機構を搭載した高性能のエンジンにチューニングを加えさらなる進化を遂げました。
■2014年モデルからの変更点
・カラー&グラフィックの変更。
・フロントフォークにショーワ製SFF-Air TACを採用。軽量、容易なアジャスト等多数の利点持つ。
・リアサスペンションのバルブセッティングを変更。安定性を向上。
・圧縮比を変更。(12.5:1⇒12.8:1)し、高回転時のエンジン機能を向上。
・ECUのセッティング変更し、点火タイミングを最適化。
・大径270mmのペタルディスク(フロント)を採用、ブレーキ性能が向上し見た目もスポーティに。
●メーカー希望小売価格(税込) ・KX450F 905,040円
問合先: 株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

KX250F
KX250F

2015年モデルを発表!

タンク上部からの直線が、そのままスイングアームに直結する独特のバルカンライン。 それを豊かな曲線でまとめ上げたおおらかで華やかなフォルムは、極上の存在感を醸しています。 そして心地よいエンジンの鼓動とリズミカルなVツインサウンドが、ライダーを遠く美しい理想の世界へと誘います。 特徴的なワイドハンドルと鞍型シートが生み出すアップライトなポジション。そしてファットな足回りとフットボードから伝わる独特な鼓動感。 美しさと居住性が高い次元で融合するVULCAN 900 CLASSICは、走る歓びを見つけるためのスタンダード・クルーザーです。
■2014年モデルからの変更点
・カラー&グラフィックの変更/・車名表記の内「Classic」→「CLASSIC」に変更。
※性能及び諸元に変更はありません。
●メーカー希望小売価格(税込) ・KX250F 756,000円
問合先: 株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

VULCAN 900 CLASSIC
VULCAN 900 CLASSIC

2015年モデルを発表!

タンク上部からの直線が、そのままスイングアームに直結する独特のバルカンライン。 それを豊かな曲線でまとめ上げたおおらかで華やかなフォルムは、極上の存在感を醸しています。 そして心地よいエンジンの鼓動とリズミカルなVツインサウンドが、ライダーを遠く美しい理想の世界へと誘います。 特徴的なワイドハンドルと鞍型シートが生み出すアップライトなポジション。そしてファットな足回りとフットボードから伝わる独特な鼓動感。 美しさと居住性が高い次元で融合するVULCAN 900 CLASSICは、走る歓びを見つけるためのスタンダード・クルーザーです。
■2014年モデルからの変更点
・カラー&グラフィックの変更/・車名表記の内「Classic」→「CLASSIC」に変更。
※性能及び諸元に変更はありません。
●メーカー希望小売価格(税込) ・VULCAN 900 CLASSIC 894,240円
問合先: 株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

KX65/KX85/KX85-Ⅱ
KX65

2015年モデルを発表!

【KX65】
6速ミッションを装備した本格的なキッズモトクロッサーKX65。 上級モデルのスタイルをそのまま凝縮したアグレッシブなデザインと高い走破性は、多くのキッズライダーたちから高い評価をいただいています。 高い信頼性と耐久性を持つ排気量64cm3 の2ストロークピストンリードバルブ単気筒エンジンは、パンチのある高回転域でのパワー特性と扱いやすさを両立。 また、ハードな走行にも耐えられるよう、車体には本格的なセミダブルクレードルフレームや、伸側減衰力の調整機構を持つ前後サスペンションを採用しています。 2015年モデルでは、上級モデルと同イメージのカラー&グラフィックを採用。 その本格的なスタイリングをさらに引き締めています。
■2014年モデルからの変更点…カラー&グラフィックの変更
KX85
【KX85/KX85‐Ⅱ】
KX85・KX85‐Ⅱは、今日のトップライダーの多くが登竜門のマシンとして選ばれてきました。 カワサキは40年前にKXブランドを打ち立てた時から変わっていない「表彰台のトップにライダーを送り込む」という、設計概念で、常に優れたバイクを送り出しています。
KX85-Ⅱ



素晴らしい出力のエンジンに性能を進化させたシャーシ、凹凸を無くし空力特性を向上させたボディデザイン。 これらを兼ね備えたKX85・KX85‐Ⅱなら、集団を抜け出し、トップに出る事が出来るはずです。
■2014年モデルからの変更点…・カラー&グラフィックの変更。/・キックスターターの材質を変更し耐久性が向上
●メーカー希望小売価格はメーカーサイトをご覧下さい
問合先: 株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー
バイクパーツ・ウェア・ケミカル用品ならBE-LANDへ!