バイクインフォメーション

アンダーバー
Ninja H2R
Ninja H2R

2015年モデル新発売!

Ninja H2Rは株式会社カワサキモータースジャパンが認定した取扱指定店のみでの取り扱いとなります。
取扱指定店は株式会社カワサキモータースジャパン ホームページにて公開いたします。(4月末頃の予定)
※当モデルは公道や一般の交通に供する場所での走行は一切できません。 また、ナンバーを取得するために必要な一切の書類は発行いたしません。
※当モデルは保証(クレーム)の対象外商品です。
※車体カラーは撮影条件などから、実際の色と多少異なる場合があります。
●メーカー希望小売価格 ・Ninja H2R 5,400,000円 
問合先: 株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

W800 Limited Edition
W800 Limited Edition

2015年モデル新発売!

トラディショナルな趣きと美しさが人気のW800。 この度、ナチュラルでオリジナリティー溢れる外観のLimited Editionが新登場いたします。 レトロスポーツ感を全体から醸し出す今回のW800は、夏場のリゾート地をイメージした自然なカラーリング。 脈々と受け継がれた空冷SOHC4バルブ排気量773ccのバーチカルツインエンジンは車体カラーに合わせたブラック塗装を施しています。 サイドカバーには高級感溢れる専用の立体エンブレム、シートはホワイト×ブラウンの特別仕様を装備。 また、フロントフェンダーとリヤフェンダーにはタンクのデザインに合わせ同色ペイントを採用し、斬新な中にも統一感ある外観を演出。 販売台数300台の限定でスタンダードモデルとは一味違うWの魅力を表現した特別な一台となっています。
■スタンダードモデルからの変更点
・カラー&グラフィックの変更
・シートデザインの変更更
・サイドカバーに専用エンブレムを採用
・カラーアルマイトホイールの採用
※性能及び諸元に変更はありません。
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
●メーカー希望小売価格 ・W800 Limited Edition 912,600円 
問合先: 株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

Ninja 250SL
Ninja 250SL

2015年モデル新発売!

大好評のNinjaシリーズに、シンプルでレーシーなピュアスポーツ Ninja 250SLが新登場。 SL=スーパーライトを表すキャッチフレーズながら、レーシーでポテンシャルの高さを誇るライトウェイトスポーツ。 Ninja 250SLに搭載しているパワーユニットは、力強い低中速回転域と心地よいピックアップ特性と共に、高速回転域での鋭い反応が特徴のピークまで心地よく伸びるエンジンキャラクターです。 また、軽量でスリム&コンパクトなシャーシを実現するために設計された新しいトレリスフレームは軽くてクイックなハンドリングに加え、アグレッシブなスーパースポーツデザインを併せ持ちます。
■主な特長
・スリム化されたパッケージ、ライダーとタイトフィットするボディワーク、そしてトップブリッジの下にマウントしたクリップオンハンドルがスポーツライディングを想起させます。
・Ninjaシリーズから受け継がれた魅惑的なフルフェアリングのボディワーク。「スリムなパッケージ」「ダイナミックさとエッジの効いたライン」が補完 し合い、よりスタイリッシュに。アグレッシブで軽快感のあるシングルバルブ式ヘッドライト、シャープなウインドスクリーンとスポーティーなホイールでスー パースポーツルックスを演出。
・スリム、軽量、コンパクトが特徴のオリジナルのトレリスフレームは、軽快で鋭敏なハンドリングとスポーツモデルらしい機能美を併せ持ちます。
Ninja 250SL・149kgのNinja 250SLはNinja 250より20kg以上も軽量であり、俊敏なハンドリング性能に貢献。
・カワサキオリジナルのユニトラックリヤサスペンションはあらゆるスピードレンジと路面コンディションに対応し、安定したハンドリングとスムーズなライディングを提供。
・コックピットをモダンでレーシーなルックスに演出するオールデジタルの計器類。
・φ37mmのテレスコピック式フロントフォークは軽量で俊敏なハンドリングと、安定したライディングに貢献。
・ホイールはNinjaシリーズ共通のデザイン。スリムなタイヤを装着することによってシャープなハンドリングを実現。
・ラジエターファンカバーがラジエターを通過した熱気をエンジン下部に逃がし、温度上昇を低減。ライダーの快適性が大幅に向上。
・フロントとリヤのペタルディスクブレーキは安定した制動力を発揮するとともにスポーティーなルックスにも貢献。
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※当モデルは川崎重工業株式会社の海外工場Kawasaki Motors Enterprise(Thailand) Co.,Ltd(KMT)で日本向けに生産された車両です。
●メーカー希望小売価格 ・Ninja 250SL 459,000円 
問合先: 株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

NMAX
NMAX

新開発の水冷BLUECOREエンジンを搭載したグローバル
モデル インドネシア発スポーティスクーター「NMAX」発売

ヤマハ発動機株式会社は、2000年末から欧州を中心に展開し好評を博しているスクーターブランドのMAXシリーズ”テイストのボディに、BLUECORE思想に基づく新開発の155cc水冷エンジンを搭載したスポーティスクーターの新製品「NMAX(エヌマックス)」を2015年2月からインドネシアに導入します。
製造はインドネシアのグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturingが行い、当社中期経営計画(2013年~2015年)の“事業規模拡大”を担うグローバルモデルとして、インドネシア国内だけでなく、アセアン・先進国市場など世界各国での販売も視野に入れています。
排気量530ccのTMAXを筆頭に、400cc、250cc、125ccのXMAXなどをラインナップするMAXシリーズのニューフェイスとなる「NMAX」は、シリーズのDNAを受け継ぐスポーティな走りとスタイリング、および実用性を調和させ“Global Prestige City Commuter”のコンセプトのもとで開発しました。
NMAX主な特徴は、
1)“BLUE CORE”思想に基づき開発したVVA※搭載の新型水冷エンジン、2)スポーティで俊敏な走りを支える軽量・高剛性の新フレーム、3)自然なハンドリングに寄与する専用開発の13インチタイヤ、4)スポーティな走行性能を支えるABS(当社アセアン向けスクーター初)、5)MAXシリーズを感じさせる独創的なスタイリングデザインなどです。
※VVA;可変バルブシステム(Variable Valve Actuation)
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

CBR1000RR SP Champion Special
CBR1000RR SP Champion Special

「CBR1000RR SP Champion Special」を限定発売

Hondaは、「CBR1000RR SP」に、ロードレース世界選手権シリーズ最高峰のMotoGPクラスに出場している「Repsol Honda Team」の2014年シーズンのカラーを施した「CBR1000RR SP Champion Special」※1をタイプ設定し、受注期間限定※2で1月23日(金)に発売します。
このモデルは、2014年のMotoGPクラスにおいて、Repsol Honda Teamが「ライダー」「コンストラクター」「チーム」の3タイトル獲得を記念した特別仕様です。
フューエルタンク上部には、3タイトル獲得の記念ステッカーを採用。さらに、Repsol Honda Teamのマルク・マルケス選手のゼッケンナンバー「93」と、ダニ・ペドロサ選手のゼッケンナンバー「26」のステッカーに加え、テクニカルスポンサーのステッカーを、車両本体に同梱しています。
CBR1000RR SP Champion Specialまた、ブレーキシステムには、Hondaがスーパースポーツモデル用に専用開発した電子制御式「コンバインドABS」を標準装備しています。車体色は、バイブラントオレンジのみの設定です。
※1 受注期間限定モデル
※2 受注期間は、1月22日(木)から3月8日(日)まで
●メーカー希望小売価格
・CBR1000RR SP Champion Special 2,111,400
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

GSR250S
GSR250S

ハーフカウルを装備したロード・スポーツ・バイク
「GSR250S」 一部変更設定して発売

スズキ株式会社は、精悍で存在感のあるスタイリングと扱いやすいエンジン特性を特長とする   ロード・スポーツ・バイク「GSR250」のハーフカウル仕様「GSR250S」を一部変更して1月26日(月)より発売する。
「GSR250S」は、街乗りからツーリングまで幅広く使えるバイクとして好評を得ている「GSR250」に、高い防風効果を発揮するハーフカウルを装備。また、ハンドル形状と位置の変更により高速走行や長距離ツーリング等における防風性や快適性を高めている。

● 主な改良点
・ サイドアッパーカウル色をシルバーに変更。 ・ ロゴデカール色を変更
※主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。
●メーカー希望小売価格(税込) ・GSR250S 492,480円 問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

アドレス110
アドレス110

新型110ccスクーター「アドレス110」を発売

スズキ株式会社は、街中での使い勝手の良さを追求した軽量な車体に、優れた燃費性能と走行性能を両立したエンジンを搭載した、新型110cc原付二種スクーター「アドレス110」を3月19日より発売する。
「アドレス110」は、2014年9月にドイツ・ケルンで開催された二輪車の国際見本市「イン ターモト」で「Address」として発表した、燃費性能と走行性能を両立した新型の110ccスクーターである。小型スクーターのグローバルモデルとし て、スズキのインドネシア子会社スズキ・インドモービル・モーター社で生産し、同国での販売をはじめ、日本、アセアン諸国、欧州、大洋州に向けて輸出す る。
「アドレス110」は、クラストップレベル※1の軽量な装備重量97kgによる取り回しの良さや、51.2km/L※2の燃費性能と低中速域での優れた加速性能を特長とし、大容量のシート下トランクスペース、フロントインナーラック、シート開錠機能付ステアリングロックを採用するなど、日常の使い勝手の良さを考慮した。
また、シャープで引き締まった躍動感のあるデザインを採用し、細部まで作り込むことでグローバルに通じる魅力的な外観とした。
お求めやすい価格設定の新型スクーターとして原付二種スクーターのラインアップに追加することで、原付一種からのステップアップや、原付二種の乗り換えユーザーを中心に拡販を図る。
●メーカー希望小売価格(税込) ・アドレス110 205,200円
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

タクト
タクト

新型50ccスクーター「タクト」を発売

Hondaは、取り回しやすい車体サイズに、力強い出力特性と優れた燃費性能を両立した水冷・4ストロークエンジンを搭載した新型50ccスクーター「タクト」と、低シート高タイプの「タクト・ベーシック」を、それぞれ1月23日(金)に発売します。
タクトの開発にあたっては、幅広い層のお客様が手軽に扱え、力強く燃費性能に優れたエンジン搭載による高い機動性と経済性を備えた「ニュースタンダードスクーター」を目指しました。
スタイリングは、「安心感」をテーマに、シンプルかつ落ち着いたフォルムとしています。張りのある大きな曲面を基調に、厚みのある立体的なデザインによって、親しみやすいイメージを持たせました。エンジンは、50ccスクーター「Dunk(ダンク)」用に新開発した水冷・4ストローク・OHC・単気筒50ccの「eSP(イーエスピー)」※1を搭載。燃費性能は、50ccスクータークラスで最も優れた※280km/L※3(30km/h定地走行テスト値)を実現しています。
タクト・ベーシックバリエーションは、タクトと、タクトをベースに15mm低いシート高による良好な足着き性を確保し、よりお求めやすい価格を実現したタクト・ベーシックの2タイプを設定することで、幅広い層のお客様の好みに応えられるものとしています。
※1 enhanced(強化された、価値を高める)Smart(洗練された、精密で高感度な)Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称です
※2 Honda調べ。2015年1月16日現在
※3 国土交通省届出値
●メーカー希望小売価格 ・タクト 172,800円 ・タクト・ベーシック 159,840
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

ビーノ モルフェXC50H
ビーノ モルフェXC50H

深みがありクオリティ感あるレッドを採用 2015年モデル「ビーノ モルフェXC50H」を発売

ヤマハ発動機株式会社は、フロントバスケットを標準装備した原付1種スクーター「ビーノ モルフェXC50H」に新色を設定し、2015年2月14日より発売します。
新色は、女性の幅広い年齢層からの要望に応える「ダルレッドメタリックD」(レッド)で、シックで深みのあるカラーを採用し、クオリティ感を伝えます。人気の「ダークレデッシュグレーメタリック2」(ダークブラウン)は継続設定します。
「ビーノ モルフェ XC50H」は、レトロポップなスタイリングと軽快な走行性で人気の「ビーノXC50」をベースに、1)シャッター付きで籐かご調のフロントバスケット、2)インナーポケット、3)大型コンビニフックなどを装備し、買い物などでの利便性を高めたモデルです。
なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。

●メーカー希望小売価格(税込) ・ビーノ モルフェXC50H 205,200円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

ビーノ XC50D
ビーノ XC50D

選べる2つのスタイル「Vino Girl」と「Vino Boy」 「ビーノ XC50D」 2015年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、レトロポップなスタイルで人気の原付1種スクーター「ビーノ XC50D」の2015年モデルを2015年2月14日より発売します。
2015年モデルは、女の子らしいスタイルを好む女性に向けて≪Vino Girl≫、ボーイッシュでアクティブな女性に向けて≪Vino Boy≫と2つのスタイルを設定しました。
新色の「マットダークグレーメタリック1」(マットグレー/ベージュ)は、ビーノ初のマットカラーをベージュ系ボディと調和させ、ホイール、フラッシャーカバーもベージュとして細部までコーディネイトを図りました。また、イエローとホワイトをアクセントに使った「ビビッドブルーメタリック1」(ブルー/ブラック)も新設定です。
ファッションを楽しむ女性に向け、今回も女性デザインチームが開発を担当しました。
なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。
●メーカー希望小売価格(税込) ・ビーノ XC50D 204,120円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

ジョグ CE50
ジョグ CE50

華やかな“ゴールド”採用、ZRには“ピンク”を設定 2015年モデル「ジョグ CE50」シリーズを発売

ヤマハ発動機株式会社は、スタンダードな原付1種スクーターとして人気の「ジョグ CE50」シリーズのカラーリングを変更し、2015年モデルとして2015年2月14日より発売します。
2015年モデル「ジョグ CE50」は、明るさと華やかさを強調した新色の「ライトイエローイッシュグレーメタリック9」(ゴールド)など、全5色を設定しました。「ブラックメタリックX」と「シルバー3」は、ホイールをブラック塗装とし、各色ともシートはステッチ仕様としました。
「ジョグ CE50」をベースに、前輪ディスクブレーキとアルミホイールを採用するデラックス仕様の「ジョグCE50D」は、いずれも前輪にゴールドのブレーキキャリパー、シートにはステッチを採用しました。
クラス唯一のリアスポイラーなどスポーティな装備を備える「ジョグCE50ZR」は、新色に「パープリッシュレッドメタリック2」(ピンク)と、シックな「ラジカルホワイト」(ホワイト)を設定。継続色の「マットブラック2」(マットブラック)ともに、それぞれボディ色とホイールの調和を図り、ゴールドのブレーキキャリパーを新たに採用しています。
なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。
●メーカー希望小売価格(税込)
・ジョグ CE50 160,920円 ・ジョグ CE50D 173,880円 ・ジョグ CE50ZR 194,400円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

シグナス-X XC125SR
シグナス-X XC125SR

スタイルに合わせて選べる“SHOW OFF SPORTY”と“URBAN SPORTY”系カラー 「シグナス-X XC125SR」 2015年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、スポーティ感溢れる原付2種スクーターとして人気の「シグナス-X XC125SR」を、ビビッドなカラーリングがスポーティさを際立たせる“SHOW OFF SPORTY”系3色と、都会的で落ち着いた大人の上質を感じさせる継続設定の“URBAN SPORTY”系2色の全5色設定にて、2015年2月14日より発売します。
“SHOW OFF SPORTY”系のうち、新色の「ブラックメタリックX」(ブラック/イエロー)は、ブラック・イエロー・ホワイトの3色使いとなり、よりショーオフ感の際立つカラーリングにしました。もう一つの新色「ビビッドブルーメタリック1」(ブルー)と「ビビッドレッドメタリック5」(レッド)は、外装にマットブラックを織り込むことでビビッドなカラーとのメリハリをつけています。また“SHOW OFF SPORTY”系は、いずれもモール部に「YAMAHA」ロゴを配してスポーティ感を強調しました。
なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。
●メーカー希望小売価格(税込) ・シグナス-X XC125SR 291,600円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

MT-09 TRACER ABS
MT-09 TRACER ABS

“スポーツマルチ”用途に応える「MT-09」プラットフォーム
展開モデル 「MT-09 TRACER ABS」新発売

ヤマハ発動機株式会社は、“クロスプレーンコンセプト”にもとづく846cm3の直列3気筒エンジン搭載の「MT-09」をベースに開発したプラットフォーム展開モデル、「MT-09 TRACER ABS(トレーサー)」を、2015年2月10日より新発売します。
「MT-09 TRACER ABS」は、“Sport Multi Tool Bike”のコンセプトのもとに開発、市街地走行からツーリングまで多用途で、スポーティかつ快適な走行性を備えます。
主な特徴は、1)滑らかな発進性・走行性をサポートするTCS(トラクションコントロールシステム)、2)レイヤー構造を取り入れたフロントカウルやハンドルカバー等によるツーリング時の快適性向上、3)好みにより高さが調整可能なハンドル・シート・フロントスクリーン、4)視認性の高い多機能メーターパネル、5)フルLEDヘッドライトなどです。
なお、当社は2013年から進めている中期経営計画のなかで、二輪車事業での新たな取り組みとして“基本プラットフォームをベースにしたバリエーション展開の拡大”を掲げています。この取り組みを国内モデルに初めて展開したのが今回の「MT-09 TRACER ABS」です。
●メーカー希望小売価格(税込) ・MT-09 TRACER ABS 1,047,600円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

CBR650F・特別カラー
CBR650F・特別カラー

ロードスポーツモデル「CBR650F・特別カラー」を限定発売

Hondaは、水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒650ccエンジンを搭載したロードスポーツモデル「CBR650F・特別カラー」を、100台限定で1月16日(金)に発売します。
今回、Honda伝統のトリコロールイメージのカラーリングを採用することで、さらにスポーツマインドあふれた外観としています。
車体色は、パールメタロイドホワイト1色の設定です。
CBR650Fは、エントリー層からベテラン層までの幅広いライダーに受け入れられる扱いやすい車体サイズと、直列4気筒エンジンらしい伸びやかな回転フィーリングを堪能できるマシンの具現化を目指し、エンジン、車体のすべてを新開発しています。2014年4月に発売して以来、幅広いユーザーに支持されているロードスポーツモデルです。

●メーカー希望小売価格 ・CBR650F・特別カラー 1,163,160
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CB1100 EX<ABS>・特別仕様
CB1100 EX<ABS>・特別仕様

「CB1100 EX<ABS>・特別仕様」を限定発売

Hondaは、トラディショナルイメージのロードスポーツモデル「CB1100 EX<ABS>」に、アルミキャストホイールを採用した「CB1100 EX<ABS>・特別仕様」を設定し、200台限定で1月26日(月)に発売します。
  CB1100 EXは、CB1100をベースに、2本出しマフラーやワイヤースポークホイールの採用などで、トラディショナルイメージを深めたモデルです。
今回、前・後にアルミキャストホイールを採用することで、トラディショナルなイメージと軽快さを融合させるとともに、前・後にチューブレスタイヤを採用しています。 
足回りの軽量化により、車両重量をCB1100 EX<ABS>に対して2kgの軽量化を図ることで、より軽快な取り回し性を実現しています。
車体色は、キャンディーアリザリンレッド1色の設定です。

●メーカー希望小売価格 ・CB1100 EX<ABS>・特別仕様 1,163,160
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

バンディット1250S ABS
バンディット1250S ABS

大型スポーツバイク「バンディット1250S ABS」を 一部改良して発売

スズキ株式会社は、大型スポーツバイク「バンディット1250S ABS」を一部改良して1月15日より発売する。
「バンディット1250S ABS」は2000年に「バンディット1200」として発売以来、コンパクトな車体やトルクフルで扱いやすいエンジンなどでご好評いただいている、大型スポーツバイクのロングセラーである。
今回の一部改良では、ハーフカウルの形状を変更し空気抵抗の低減を図ったことで、高速走行時の快適性を高めた。また、黒色のフレーム及びホイールを採用し、全体的に引き締まった印象とした。
■「バンディット1250S ABS」の主な改良点
・コンパクトでシャープな造形のハーフカウル。サイドカウルをラジエーター側面まで延長した形状とし、空気抵抗の低減を図ったことで、高速走行時の快適性を高めた。
・全体的に引き締まった印象を与える、黒色のフレーム及びホイール。
・フレームとホイールに合わせて、ハンドル固定部位にも黒色塗装を施し、ハンドルバーの色はマットシルバーに変更。
・車体色は、新採用の赤「キャンディダーリングレッド」のほか、黒「グラススパークルブラック」、白「パールグレッシャーホワイト」の3色を設定。

●メーカー希望小売価格(税込) ・バンディット1250S ABS 1,112,400円
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー