バイクインフォメーション

アンダーバー
GIXXER(ジクサー)
GIXXER(ジクサー)

スズキ、インド生産の二輪車「GIXXER(ジクサー)」が 9つのバイクオブザイヤーを受賞

スズキ株式会社のインド二輪子会社スズキ・モーターサイクル・インディア社が生産・販売しているスポーツ二輪車「GIXXERジクサー」が、インドで雑誌、TV局が主催する各種バイクオブザイヤーにおいて、9つの部門で栄冠に輝いた。
「GIXXER」は、2014年8月にインド国内で販売を開始した150ccのスポーツ二輪車である。先進的でスポーティーな外観と、優れた燃費性能、力強い加速性能がインド市場で好評を得ている。8月の発売以来、台数を伸ばし月6,000~7,000台の販売となっている。今後もスズキは、拡大するインド二輪車市場でスポーツタイプの「GIXXER」の拡販に努めていく。
「GIXXER」の主な諸元
・空冷4サイクル単気筒154.9cm3 SOHCエンジン
・最高出力14.8PS/8,000rpm、最大トルク14N・m/6,000rpm
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

NM4シリーズ
NM4-02 カラーオーダープラン

迫力あるスタイリングの大型二輪車「NM4」シリーズにカラーオーダープランを追加し発売

Hondaは、圧倒的存在感のある独自のスタイリングと、新感覚のライディングフィールを追求した750ccのスポーツモデル「NM4-01(エヌエムフォー ゼロワン)」※1と「NM4-02(エヌエムフォー ゼロツー)」※2に11色のカラーオーダープランを追加し、それぞれ3月2日(月)に発売します。
今回新たに設定したカラーオーダープランは、「NM4」シリーズの世界観をさらに引き立てる外観とし、お客様の多様な嗜好に合わせて選択の幅を広げるこ とで、“自分らしさ”をより表現できるものとしています。NM4-01、NM4-02ともに、フロントフェンダー、ロアサイドカバー、アンダーカウルをボ ディーと同色にするとともに、タンクシェルタートップやリアセンターカウルなどには、ボディーカラーによって質感の異なるブラックを施すなど、より個性を 強調しています。
NM4-01 カラーオーダープラン※1 NM4-01のカラーオーダープランは、受注生産車です
※2 NM4-02のカラーオーダープランは、受注生産車で、「Honda二輪ETC標準装備車取扱店」で販売します。使用するにあたり、セットアップ、セットアップ費用、および決済用のETCカードが必要となります
●メーカー希望小売価格(税込)
・NM4-01 カラーオーダープラン 1,020,600円
・NM4-02 カラーオーダープラン 1,182,600円
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

Dio110
Dio110

原付二種スクーター「Dio110」をフルモデルチェンジし発売

Hondaは、軽快な走りとスタイリッシュな外観などで好評を得ている原付二種スクーター「Dio110」をフルモデルチェンジし、3月6日(金)に発売します。
今回のフルモデルチェンジにあたっては、使い勝手と燃費性能のさらなる向上と、より上質感のあるスタイリングを追求しました。
エンジンは、オフセットシリンダーの採用や、各部に低フリクション技術を採り入れた、空冷・4ストローク・OHC単気筒の「eSP(イーエスピー)」※1を搭載することで、57.9km/L※2(60km/h定地走行テスト値)という優れた燃費性能を実現。
Dio110また、燃焼効率の向上により、最高出力値は従来モデルに対し約6%向上させた6.6kWを実現するなど、優れた燃費性能と力強い走りを両立しています。なお、停車時の燃料消費、騒音、排出ガスを抑止するアイドリングストップシステムを新たに採用しています。
車体・足回りは、フレームを新開発し、従来モデルに対して車両重量を3kg軽量化しています。また、ゆとりある走行に寄与する、大径14インチタイヤを継承しています。
スタイリングは、「スタンダードでありながら上質を兼ね備えた洗練のカタチ」をデザインテーマに掲げ、流麗かつ立体的な面構成としています。街で映える4種類のカラーバリエーションにより、スクーターのある楽しい生活を演出します。
※1 enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称です
※2 国土交通省届出値
●メーカー希望小売価格(税込) ・Dio110 228,960円 問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

TRICITY MW125 ABS
TRICITY MW125 ABS

LMW(リーニング・マルチ・ホイール)の第1弾「TRICITY MW125」にABS標準装備モデルを設定 「TRICITY MW125 ABS」新発売

ヤマハ発動機株式会社は、ABS※1(アンチロックブレーキシステム)を標準装備する「TRICITY(トリシティ) MW125 ABS」を2015年4月20日より新発売します。
「TRICITY MW125 ABS」は、2014 年 9 月より発売している当社初の市販マルチホイールモデル「TRICITY MW125」にABSを標準装備したモデルです。
製造は、当社のグループ会社Thai Yamaha Motor Co., Ltd. (TYM)が行います。
※1 フロント2輪とリヤ1輪それぞれにセンサーが取り付けられており、スリップを感知すると独立した3つのブレーキを、それぞれ最適に制御して、車輪のロックを抑制します。また、制動距離を短くしたり、転倒を回避するシステムではありません。コーナー等の手前では十分に減速し、コーナリング中の急制動を避けてください。

●メーカー希望小売価格(税込) ・TRICITY MW125 ABS 399,600円 問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

YZF-R25 ABS
YZF-R25 ABS

気軽にスポーツライディングが楽しめる「YZF-R25」にABS標準装備モデルを設定「YZF-R25 ABS」新発売

ヤマハ発動機株式会社は、ABS※1(アンチロックブレーキシステム)を標準装備する「YZF-R25ABS」を2015年4月20日より新発売します。
「YZF-R25 ABS」は、<毎日乗れるスーパーバイク>を具現化して 2014 年 12 月より発売している「YZF-R25」にABSを標準装備したモデルです。
製造は、当社のグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行います。
※1 ABS は、車輪に付けられたセンサーがスリップを感知すると、ブレーキを制御して車輪のロックを抑制します。また、制動距離を短くしたり、転倒を回避するシステムではありません。コーナー等の手前では十分に減速し、コーナリング中の急制動を避けてください。

●メーカー希望小売価格(税込) ・YZF-R25 ABS 599,400円 問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

YZF-R3 ABS
YZF-R3 ABS

日常の扱いやすさに、優れた走行性能を追求した
グローバルモデル「YZF-R3 ABS」新発売

ヤマハ発動機株式会社は、320cm3の水冷・直列2気筒エンジンを搭載した新製品「YZF-R3 ABS」を2015年4月20日より新発売します。
「YZF-R3 ABS」は、「YZF-R25」をベースに排気量をアップし、日常域での扱いやすさはそのままに、より優れた走行性能が楽しめるモデルとして開発しました。
主な特徴は
1)320ccエンジンによる高揚感あるフィーリング
2)爽快な走行フィーリングを支える軽量フレームとロングリアアーム
3)YZF-Rシリーズの DNA を受け継ぐスタイリング
4)快適なライディングポジション
5)ブレーキ操作をサポートするABS
※1(アンチロックブレーキシステム)などです。
製造は当社のグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行います。

●メーカー希望小売価格(税込) ・YZF-R3 ABS 631,800円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

CB400 SUPER FOUR/CB400 SUPER BOL D'OR
CB400 SUPER FOUR E Package Special Edition

「CB400 SUPER FOUR」シリーズをモデルチェンジし発売

Hondaは、「CB400 SUPER FOUR」「CB400 SUPER BOL D'OR」の外観を変更するとともに、各部の熟成を図り、それぞれ3月20日(木)に発売します。
  また、「CB400 SUPER FOUR<ABS>」と「CB400 SUPER BOL D'OR<ABS>」に、ETC車載器とグリップヒーターおよび専用インジケーターランプを標準装備した「CB400 SUPER FOUR<ABS> E Package」※1と「CB400 SUPER BOL D'OR<ABS> E Package」※1をタイプ設定し、それぞれ5月23日(金)に発売します。今回のモデルチェンジにあたっては、開発コンセプトを「CB相伝・継承の外観進化“一人でも二人でももっと遠くへ快適に”」と定め、所有感を満たす伝統の スタイリングと、市街地走行からツーリングまでの幅広い用途で、さらに扱いやすく楽しく走行できるモデルを目指しました。
CB400 SUPER BOL D'ORスタイリングでは、両モデルともに新デザインのサイドカバー、リアカウルなどの採用により、スタイリッシュな外観に磨きをかけています。CB400 SUPER BOL D'ORには、新たにLEDのヘッドライトを採用した新形状のフロントカウルを装着することで、さらに精悍なスタイリングを実現しています。
  車体は、シートレールを変更し、新たに純正アクセサリーに設定したリアキャリアとトップボックスの装着に対応。また、新デザインの10本スポークのアルミダイキャストホイールを採用することで、軽快感のある走行フィーリングとスタイリッシュな外観に寄与しています。
●メーカー希望小売価格はメーカーホームページにてご確認下さい 問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CB1300 SUPER FOUR/BOL D'OR E Package Special Edition
CB1300 SUPER FOUR E Package Special Edition

ホンダ、大型二輪ロードスポーツモデル「CB1300 SUPER FOUR」シリーズに特別カラー採用の2タイプを設定し限定発売

Hondaは、大型ロードスポーツモデル「CB1300 SUPER FOUR」シリーズに、特別カラーを採用した「CB1300 SUPER FOUR E Package Special Edition」と「CB1300 SUPER BOL D'OR E Package Special Edition」を設定し、受注期間限定※2でそれぞれ2月27日(金)に発売します。今回採用した特別カラーは、深みがあり、光の当たり方によってさまざまな印象を与えるパールコスミックブラックを主体色としています。また、キャンディーアリザリンレッドのストライプを施すことで、上質で落ち着いたイメージを演出しています。さらに、シリンダーヘッドカバーには、ホイールと同色のブラウンメタリックを採用することで、特別感のある一台としています。
CB1300 SUPER BOL D'OR E Package Special Editionなお、両モデルともに、ETC車載器と、グリップヒーターおよび専用インジケーターランプを標準装備したE Packageタイプのみの設定としています。
【その他の特別なカラーリング】
・ブラックアルマイト仕上げのスイングアームとチェーンケース
・ブラックの前・後ブレーキキャリパー、フロントフォークトップボルト、フォークトップブリッジとステアリングステム
・グレイアルマイト仕上げのリアクッションリザーバータンク
●メーカー希望小売価格はメーカーホームページにてご確認下さい 問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

MAXAM CP250
MAXAM CP250

250ccスクーター、「MAXAM CP250」に
誕生10周年記念カラーを追加設定し発売

ヤマハ発動機株式会社は、250ccスクーター、「MAXAM CP250」(マグザム)に誕生10周年記念カラーを追加設定し2015年3月10日より発売します。
記念カラーは「シルキーホワイト」(ホワイト)で、デビュー当初からのコンセプトである“アーバン・スタイリッシュ・スクーター”を爽やかなブルーメタリックとのコンビネーションで表現しました。
スタイリッシュかつ都会的な上質感を漂わせ、ボディサイドの“ブルー&ブラック”のグラフィックが伸びやかなボディラインを強調します。

●メーカー希望小売価格(税込) ・MAXAM CP250 702,000円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

GSR750 ABS
GSR750 ABS

斬新なスタイリングと爽快な走りを特長とした大型ロード・
スポーツ・バイク「GSR750 ABS」一部変更設定して発売

スズキ株式会社は、斬新なスタイリングと爽快な走りを特長とする大型ロード・スポーツ・バイク 「GSR750 ABS」の一部変更設定して、2月18日(水)より発売する。
「GSR750 ABS」は、ハンドル、ステップを自然な乗車姿勢に適した位置に設定し、213kgと軽量な 車体は取り回し性にも配慮した。エンジンは高性能スポーツバイク「GSX-R750」用をベースに、街乗りで多用する中低速域を扱いやすく設定し、街中やワインディングロードでの爽快な走りを楽しめるモデルである。
GSR750 ABS●主な変更点
・ハンドルバーの色をマットシルバーに変更。
・車体色白のホイール色をブラックに変更。
・車体色黒の「GSR」ロゴ色をグレーに変更。
※主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

●メーカー希望小売価格(税込) ・GSR750 ABS 969,840円
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

GSX1300R隼
GSX1300R隼

スズキのフラッグシップモデル「隼(ハヤブサ)」
車体色を変更して発売

スズキ株式会社は、全世界で人気の大型ロード・スポーツ・バイク「隼(ハヤブサ)」の車体色を変更して、2月18日(水)より発売する。「隼(ハヤブサ)」は、「究極のスポーツバイク」を構想に開発された、高い空力特性を持つ独特のデザインと優れた走行性能が特長のスズキが誇る旗艦機種として、世界中で好評を得ているモデルである。
GSX1300R隼
●主な変更点
・車体色の設定を変更した。
車体色は、新採用の白/銀「パールブレーシングホワイト/ミスティックシルバーメタリック」、青/銀 「パールビガーブルー/ミスティックシルバーメタリック」のほか、グレー/黒「サンダーグレーメタリック/ グラススパークルブラック」の3色設定とした。
※主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。
●メーカー希望小売価格(税込) ・GSX1300R隼 1,609,200円
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

NC750S・特別カラー
NC750S・特別カラー

ロードスポーツモデル「NC750S・特別カラー」を限定発売

Hondaは、優れた燃費性能と扱いやすい出力特性の水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒750ccエンジンを搭載したロードスポーツモデル「NC750S・特別カラー」※1を、200台限定で2月24日(火)に発売します。
今回、車体色に上質感のあるパールグレアホワイトを採用。ヘッドライトカバーとリアカウルにも同色を施すとともに、ピリオンシートには鮮烈なレッドの表皮を採用しています。また、ラゲッジシェルター(通常の二輪車の燃料タンク部)にレッドのウイングマークを、リッドカバーにはストライプを施すことで、上質感でスポーティーなイメージの外観としています。
NC750Sは、扱いやすい車体サイズや、低・中回転域で力強いトルク特性を発揮しながら、42.5km/L(60km/h定地走行テスト値)という優れた燃費性能などにより、幅広い層のユーザーに支持されているロードスポーツモデルです。
※1 NC750S・特別カラーは、NC750S<ABS>、NC750S デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS>には設定がありません
●メーカー希望小売価格 ・NC750S・特別カラー 668,520円 問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

リトルカブ・スペシャル
リトルカブ・スペシャル

「リトルカブ・スペシャル」を限定発売
~スーパーカブの立体商標登録を記念して~

Hondaは、スーパーカブの立体商標※1登録を記念し、特別カラーを採用した「リトルカブ・スペシャル」※2を受注期間限定※3で2月13日(金)に発売します。今回のリトルカブ・スペシャルは、車体色に鮮やかなパールコーラルリーフブルーを採用。フロントエンブレムとサイドカバーのマークには、立体商標登録を記念した専用デザインを施しています。また、シート表皮は、レッドとホワイトのツートーンにすることで、一段とおしゃれなイメージとしています。リトルカブは、スーパーカブ50をベースに、前・後輪に14インチの小径タイヤを装着したスーパーカブシリーズのモデルとして、1997年8月に発売を開始しました。発売以来、燃費性能に優れたエンジンをはじめ、取り回しやすいコンパクトな車体サイズや、丸みを帯びたおしゃれなスタイリングなどが、幅広い層のユーザーに支持されています。
※1 立体商標とは、自社と他社の製品を識別できる立体物を商標法で保護する制度。スーパーカブは、1958年の誕生から50年以上の間、機能的な向上を図りつつも一貫したデザインコンセプトを守り続けた結果、デザインを見ただけでお客様がHondaの製品であると認識できることが特許庁の審査で認められ、2014年6月に立体商標登録に至りました。
※2 リトルカブ<セル付き>のみに設定
※3 受注期間は、2015年2月12日(木)から2015年3月29日(日)まで
●メーカー希望小売価格 ・リトルカブ・スペシャル 237,600円 問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CRF250L/CRF250M
CRF250L

軽二輪スポーツモデル「CRF250L」「CRF250M」の
カラーリングを変更し発売

Hondaは、水冷・4ストローク・DOHC・単気筒250ccエンジンを搭載したオン・オフロードモデル「CRF250L」と、スーパーモタード※1スタイルの「CRF250M」のカラーリングを変更し、それぞれ2月13日(金)に発売します。
CRF250Lの車体色は、オフロードイメージをさらに高めたエクストリームレッドと、ストリートで映えるブラックの2種類としています。エクストリー ムレッドは、2015年型モデルのモトクロスマシン「CRF450R」「CRF250R」を彷彿とさせるストライプをシュラウドに採用。ブラックは、フロ ントフォークのアウターチューブと前・後のホイールリムにもブラックを施しています。
CRF250Mの車体色は、エクストリームレッドとブラックの2種類を設定。ともに、シュラウドとサイドカバーにスピード感あふれるストライプを採用し ています。それぞれに、フレームとフロントフォークのアウターチューブ、そして前・後のホイールリムをブラックとすることで、躍動感にあふれ、ストリート で一段と映える外観としています。
CRF250MCRF250Lは、ビギナーからベテランまで幅広い層のお客様が楽しく扱えるよう、トータルバランスと操縦安定性を徹底的に追求したオン・オフロードモデルとして、2012年5月に発売を開始しました。
 CRF250Mは、CRF250Lをベースに、前・後輪に17インチのオンロードタイヤを装着。フロントブレーキに大径のフローティングタイプのディス クローターを採用するとともに、リアサスペンションのセッティングを変更し、オンロードでの操縦安定性を追求したモデルとして、2013年4月に発売を開 始しました。
●メーカー希望小売価格
・CRF250L エクストリームレッド 4621,240
・CRF250L ブラック 473,040円  ・CRF250 503,280円  問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

VFR800F
VFR800F

スポーツツアラーモデル「VFR800F」に新色を追加し発売

Hondaは、スポーティーな走行と快適なロングツーリングを楽しめるスポーツツアラーモデル「VFR800F」※1に、新色のパールグレアホワイトを追加し、2月13日(金)に発売します。
今回、フューエルタンクやカウル類のカラーリングに上質感のあるパールグレアホワイトを採用することで、洗練されたイメージとしています。これにより、カラーバリエーションは、現行のヴィクトリーレッド、ダークネスブラックメタリックと合わせて3種類となります。VFR800Fは、水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・V型4気筒エンジンの熟成を図るとともに、車体の軽量化、空力性能を追求した新形状のカウリングやトラクション・コントロール・システム(TCS)などを採用し、2014年4月に発売しました。また、ツーリングに便利なETC車載器とグリップヒーターを標準装備するなどで、ベテランユーザーに支持を得ているスポーツツアラーモデルです。
※1 受注生産車。「Honda二輪ETC標準装備車取扱店」で販売します。使用するにあたり、セットアップ、セットアップ費用、および決済用のETCカードが必要となります
●メーカー希望小売価格 ・VFR800F 1,350,000円 問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

XVS950CU BOLTシリーズ
XVS950CU BOLT

爽やかなブルー、アクティブなレッドなどを追加
「XVS950CU BOLT」シリーズ、2015年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、950cc の空冷 V ツインエンジン搭載のクルーザーモデル、「XVS950CUBOLT(ボルト)」、および「XVS950CU BOLT-R(ボルトRスペック)」について、カラーリング設定を変更した2015年モデルを2015年3月10日より発売します。
「XVS950CU BOLT」は、爽やかな「ペールブルーメタリックJ(ブルー)」とアクティブな「ディープレッドメタリックK(レッド)」を新色として設定しました。
XVS950CU BOLT-Rリザーバータンク付きリアサスペンションや切削ホイールなど装備の上級モデル「XVS950CU BOLT-R(A)」(ABS 装着車)には、クオリティ感ある新色の「マットシルバー1(マットシルバー)」と「マットグレーメタリック3(マットグレー)」を新たに設定。
継続の「ブラック」と合わせ3色設定となります。

●メーカー希望小売価格(税込)
・XVS950CU BOLT 899,640円・XVS950CU BOLT-R 945,000円
・XVS950CU BOLT-R(A) 995,760円

問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

XVS950CU BOLT-C/XVS950CU BOLT-C(A)
XVS950CU BOLT-C

スポーティテイストを楽しめるVツインクルーザー
「XVS950CU BOLT-C」「XVS950CU BOLT-C(A)」を
新発売

ヤマハ発動機株式会社は、「XVS950CU BOLT(ボルト)」をベースに、よりスポーティな外観を施したバリエーションモデルとして「XVS950CU BOLT-C」および ABS 装備の「XVS950CU BOLT-C(A)」を2015年3月10日より新発売します。
「XVS950CU BOLT-C」および「XVS950CU BOLT-C(A)」は、「XVS950CU BOLT」の “プラットフォーム“をベースに、
1)よりスポーティな走行が楽しめるライディングポジションへの変更(ハンドルとシート形状、フットレスト位置変更)、2)クラシカルなイメージのフロントフォークブーツ採用、3)メーター及び前フラッシャー位置変更、4)リザーブタンク付リアサスペンション装備(「BOLT-Rスペック」ベースでサスペンション全長変更)などを施し、クラシカルなスポーティイメージを満喫できるモデルです。
当社は2013年から進めている中期経営計画のなかで、二輪車事業での新たな取り組みとして“基本プラットフォームをベースにしたバリエーション展開の拡大”を掲げています。この取り組みの国内モデルへの展開第2弾となるのが、今回のモデルです。

●メーカー希望小売価格(税込) ・XVS950CU BOLT-C 977,400円 ・XVS950CU BOLT-C(A) 1,028,160円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー