バイクインフォメーション

アンダーバー
BULLDOG(ブルドッグ)
BULLDOG(ブルドッグ)

参考出品車・コンセプトモデル「BULLDOG(ブルドッグ)」を世界初公開

Hondaは、「第31回 大阪モーターサイクルショー2015」の会場においてプレスカンファレンスを開催し、「BULLDOG(ブルドッグ)」を参考出品車・コンセプトモデルとして世界初公開しました。
このBULLDOGは、モーターサイクルを使った楽しいレジャーの世界を提案するモデルです。
開発のテーマは、「愛すべき旅の相棒」として、これまでのレジャーモデルの枠を超えた自由な発想によって、アウトドアライフで楽しく活躍するイメージを具現化しました。
15インチサイズのワイドタイヤと低重心フォルムは、730mmの低いシート高を実現し、良好な足着き性を誇ります。また、頼りがいがある逞しさの中にも愛嬌を感じさせる独自のスタイルは、ライダーのみならず、普段モーターサイクルに乗らない人も思わず笑顔になるような魅力をもっています。
BULLDOG(ブルドッグ)エンジンは、水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒400ccを搭載。力強く扱いやすい出力特性により、市街地から郊外までの幅広いシチュエーションで軽快な走りを楽しめます。
さらに、キャンプツーリングなどに対応したキャリアを採用。燃料タンクの横には小物が収納できるスペースを装備し、スタイリングのアクセントにもなっています。
BULLDOGは、遊び心を満載した新しい感覚のコンセプトモデルとして、3月27日(金)から29日(日)まで東京ビッグサイトで開催される「第42回 東京モーターサイクルショー」にも出展します。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

SEROW250 30th Anniversary Special Edition
SEROW250 30th Anniversary Special Edition

マウンテントレールの世界観を開拓したロングセラーモデル 「SEROW250」30th Anniversary Special Edition を発売

ヤマハ発動機株式会社は、市街地からオフロード走行まで“操る楽しさ”を追求したロングセラー“マウンテントレール”「SEROW(セロー)250」“30th Anniversary Special Edition”を受注期間限定モデルとして2015年4月15日より発売します。 受注期間は2015年3月12日~10月末日です。
「SEROW250」 “30th Anniversary Special Edition”は、“アクティブ・カジュアル・アウトドア”のコンセプトによるカラー&グラフィックを採用しました。特徴は、1)シュラウド部にあしらった左右非対称のロックパターンと、カモシカをイメージさせたグラフィック、2)ビビッドなオレンジ色の前後ホイールリムとハンドルスタンディングおよびシートステッチなどです。

●メーカー希望小売価格(税込) ・SEROW250 30th Anniversary Special Edition 545,400円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

VT1300CX<ABS>
VT1300CX<ABS>

大型クルーザーモデル「VT1300CX<ABS>」のカラーバリエーションを変更し発売

Hondaは、洗練された独自のスタイリングと、鼓動感あふれる水冷・4ストローク・V型2気筒1300ccエンジンを搭載した大型クルーザーモデル「VT1300CX<ABS>」※1のカラーバリエーションを変更し、3月13日(金)に発売します。
今回、車体色に新採用したキャンディープロミネンスレッドは、フレームをブラックに、前・後のアルミキャストホイールをマットグレーに仕上げ、引き締まったイメージとしています。継続色のグラファイトブラックは、フレームをブラックからグレーに、前・後のアルミキャストホイールをブラックからブラウンメタリックに変更することで、シックな中にも高級感を演出。なお、タイプ設定を見直し、ABS標準装着タイプのみとしています。
また、メーカー希望小売価格(消費税8%込み)は、従来モデルより64,800円低く設定しました。
VT1300CXは、フレームのハンドル支持部分を従来の位置より高く設定し、フロントホイールをより前方へ配置させることで、フレームとエンジンの間に大きな空間を生み出す「ハイネックスタイル」を実現したクルーザーモデルです。2009年11月に発売して以来、趣味性を重要視するライダーを中心に支持されています。
※1 受注生産車
●メーカー希望小売価格(税込) ・VT1300CX<ABS> 1,404,000円
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

ゴールドウイング F6C
ゴールドウイング F6C

「ゴールドウイング F6C」のカラーバリエーションを変更し発売

Hondaは、躍動感にあふれた迫力あるスタイリングに、パワフルな1800ccエンジンを搭載したストリート・マッスル・クルーザー「ゴールドウイング F6C」※1のカラーバリエーションを変更し、3月13日(金)に発売します。
今回、ゴールドウイング F6Cの車体色に、迫力あるスタイリングを際立たせるキャンディープロミネンスレッドを新採用。また、全身をブラック基調に仕上げたグラファイトブラックを継続し、2種類のカラーバリエーションとしています。さらに、「ゴールドウイング」誕生40周年を記念したメインキーを採用し、プレミアム感を高めています。
ゴールドウイング F6Cは、ゴールドウイングの伝統と上質感を受け継ぎながら、迫力と存在感を高めたストリート・マッスル・クルーザーとして、2014年4月に発売。力強い出力特性の水冷・4ストローク・水平対向6気筒1800ccエンジンや、柔軟で軽快な操縦フィーリングなどが、ベテランライダーを中心に支持されています。
※1 受注生産車
●メーカー希望小売価格(税込) ・ゴールドウイング F6C 1,998,000円
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

Soul GT
Soul GT

“BLUE COREエンジン”搭載のプラットフォームモデル 新型125ccスクーター「Soul GT」をインドネシアに導入

ヤマハ発動機株式会社は、次世代エンジンの開発思想”BLUE CORE(ブルーコア)”に基づき開発した高性能小型エンジン搭載の125ccスクーター新製品「Soul GT」(ソウル ジーティー)を2015年3月からインドネシアに導入します。
新型「Soul GT」は、2012年から発売し個性的な鋭い眼差しの一眼ヘッドライトで人気の現行「Soul GT」(115cc)のベクトルを受け継ぎながら、“街中での注目度No.1スクーター”をコンセプトに開発。デザインにさらなる磨きをかけ、排気量も125ccにアップ、”BLUE CORE”エンジンによるパワフルな走り、高い燃費効率と堂々たる車格感を調和させました。製造・販売はインドネシアのグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturingが行います。
主な特徴は、1)最高速度域までの素早い加速性能、2)ゆったりした乗車感と機敏な走行性、3)たくましく力強いボディデザインとこれに調和する幅広タイヤ(Fr:80mm/Rr:100mm)、4)睨みを利かせた個性的なデザインで当社125ccクラス初のLEDヘッドライトなどです。
同モデルの基本骨格やエンジンは、2014年12月から導入の「Mio125」と共通のプラットフォームをベースとしています。また、インドネシア向けの”BLUE CORE”エンジン搭載モデルとしては「Mio125」「NMAX」に続く3機種目となります。当社が進めるプラットフォーム戦略の一翼を担い、同市場での販売拡大に寄与するモデルです。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

グロム
グロム

125ccのスポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し発売

Hondaは、個性的で躍動感あふれるスタイリングの125ccスポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し、3月5日(木)に発売します。今回、カラーバリエーションを変更することによって、より軽快感にあふれた外観としています。
=主な変更点=
●カラーバリエーションを変更
・マリゴールドイエロー(新色)
・パールヒマラヤズホワイト(継続色)
・アステロイドブラックメタリック(継続色)
※パールバレンタインレッドは廃色となります
グロム●車体各部のカラーリングとロゴマークを変更
・ サイドカバーとリアカウルにマットブラック塗装を施し、軽快感を強調
・ パールヒマラヤズホワイトとアステロイドブラックメタリックのシュラウドにあしらったウイングマークをレッドに変更
・ 「GROM」のロゴを拡大し、サイドカバーに貼付
●メーカー希望小売価格(税込) ・グロム 334,800円
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

MT-09 ABS/MT-07 ABS
MT-09 ABS

レースブルーとマットシルバーを調和させた2015年カラー
「MT-09 ABS」「MT-07 ABS」に新色を設定

ヤマハ発動機株式会社は、独創的スタイルと優れた走行性で人気のスポーツバイク「MT-09 ABS」および、「MT-07 ABS」に新色を追加し2015年3月10日より発売します。
新色は“Racing Blue Tech Metal”をコンセプトとした「マットシルバー1」(マットシルバー)です。コンポーネントのアクセントカラーとしてレースブルーをおき、車体のマットシルバーとの組み合わせで、スポーティかつモダンでファッショナブルなカラーリングに仕上げました。「MT-09 ABS」はホイールとフォークアウターチューブ、「MT-07 ABS」はホイールとフレームをレースブルーとしています。
MT-07 ABS車体にはRBシリーズ※としてのプレゼンスを示す“RB”ロゴを施しました。
※RBシリーズ:ヤマハのレーシングスピリットを象徴する「レースブルー」をカラーリングに織り込んだモデル

●メーカー希望小売価格(税込)
・MT-09A 899,640円
・MT-07A 749,520円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー