バイクインフォメーション

アンダーバー
Saluto
Saluto

インド二輪車市場の最大需要領域に導入 経済性、使い勝手の良さを備えた125cc「Saluto」発売

ヤマハ発動機株式会社は、インド二輪車市場の最大需要領域に向け、125cc ファミリー向けモーターサイクルの新製品「Saluto」(サルート)を2015年4月から導入します。
「Saluto」は、“Economical & Practical Indian Family motorcycle”のコンセプトのもと、低燃費と日常用途での使い勝手、スタイリッシュなデザインを兼ね備えたファミリー向けモデルとして開発しました。
当社従来型 125cc モデルと比べコンパクトな燃焼室を備える新エンジンを採用、クラス最軽量 112kgの徹底した軽量設計もあり、当社従来モデル比で約 10%の燃費向上を達成しました。また、普段から家族を乗せることが多いインドのお客さまのために、サスペンション・フットレスト・シートなどは快適性にこだわったセッティングとし、デザインは樹脂製タンクカバーなどにより躍動的なスタイルとしました。
なお、製造・販売はIYM (India Yamaha Motor Pvt. Ltd.)が行います。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

レッツバスケット/アドレスV50
レッツバスケット

新型モデルが発売

スズキ株式会社は、新型「レッツバスケット」および新型「アドレスV50」の2機種の
50cc原付一種スクーターを5月7日(木)より発売する。
新型「レッツバスケット」は、軽量・低燃費で使い勝手に優れる新型「レッツ」をベースに、大型のフロントバスケットやフロントインナーラックなどの収納スペースを設け、毎日のお買い物での利便性を高めたスクーターである。
また、新型「アドレスV50」は、スポーティーな外観とゆとりのある乗車ポジションを先代モデルから引き継ぎ、新型「レッツ」と共通のエンジンの搭載により燃費性能を向上させた。
両モデルとも新開発のフューエルインジェクションシステム(燃料噴射装置)を採用した新設計エンジンにより、53.8km/L※1 の低燃費を実現した。
■新型「レッツバスケット」、新型「アドレスV50」共通の主な特長
・新設計エンジンにより53.8km/L※1の低燃費を実現。ガソリンタンク容量を従来モデルの4.5L から4.8Lに増量し、航続距離を延ばした。
・シート後方下部に、駐輪時のスタンド掛けを容易にするスタンドグリップを装備。
・大型サイズのストッパー付かばんホルダーをハンドル下に装備。※2
・フルフェイスヘルメットが1個収納できるシート下トランクスペース。※3
※1 WMTCモード値。WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
※2 最大積載許容重量1.5kg。
※3 形状、大きさによりシート下トランクスペースに収納できないヘルメットもある。
最大積載許容重量10kg。
アドレスV50■新型「レッツバスケット」の主な特長
・荷物の飛び出しを抑止するロール式シャッター付の25L大型フロントバスケット※4。
・2Lのペットボトルが収納できるフロントインナーラック。※5
・U字ロックホルダー付リヤキャリア。※6
・車体色は、赤「キャンディダーリングレッド」、白「アイボリーNo.2」、茶「ダークモカブラウン」の3色を設定。
※4 最大積載許容重量5kg。
※5 形状によりフロントインナーラックに収納できないペットボトルもある。最大積載許容重量2.2kg。
※6 最大積載許容重量3kg。
■新型「アドレスV50」の主な特長
・ フロントからリヤまで一体感のある、直線基調のスポーティーな外観。
・ シート高やハンドルバーの位置を高めに設定することで、ゆとりのある乗車ポジションを実現。
・ 500mlのペットボトルや小物の収納に便利なフロントインナーラック。※7
・ 車体色は、赤「キャンディダーリングレッド」、白「スプラッシュホワイト」、黒「グラスシャインブラック」、グレー「パールムーンストーングレー」の4色を設定。
※7 形状によりフロントインナーラックに収納できないペットボトルもある。最大積載許容重量1.5kg。
●メーカー希望小売価格(税込) ・レッツバスケット 166,320円 ・アドレスV50 155,520円
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー