バイクインフォメーション

アンダーバー
V-Strom650 ABS
V-Strom650 ABS

快適アドベンチャーツアラー「V-Strom650 ABS」を
カラーチェンジして発売

スズキ株式会社は、長距離ツーリングでの快適性を高めた二輪車、「V-Strom650 ABS」をカラーチェンジして、2015年9月30日(水)より発売する。
● 主な変更点
・設定色の車体色を変更した。
新色、黒色のグラススパークルブラック、赤色のキャンディダーリングレッド、既存色、つや消し灰色のマットフィブロイングレーメタリックの全3色設定とした。
・マフラーカバーをマットチタニウムシルバー色に変更した。
※主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

●メーカー希望小売価格(税込) ・V-Strom650 ABS 907,200円
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

V-Strom650XT ABS
V-Strom650XT ABS

冒険をイメージさせるデザインのスポーツアドベンチャーツアラー「V-Strom650XT ABS」をカラーチェンジして発売

スズキ株式会社は、街乗りから長距離ツーリングまで楽しめ、冒険をイメージさせるデザインのフロントカウルやワイヤースポークホイールを装着した、「V-Strom650XT ABS」をカラーチェンジして、2015年9月30日(水)より発売する。
● 主な変更点
・設定色の車体色を変更した。
新色、黒色のグラススパークルブラック、赤色のキャンディダーリングレッド、既存色、つや消し灰色のマットフィブロイングレーメタリックの全3色設定とした。
・マフラーカバー、カウリングアッパーをマットチタニウムシルバー色に変更した。
※主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

●メーカー希望小売価格(税込) ・V-Strom650XT ABS 950,400円
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

ビーノ XC50D Sweet Style
ビーノ XC50D Sweet Style

チョコレートをイメージさせる特別なカラーリング 「ビーノ XC50D」Sweet Style を発売

ヤマハ発動機株式会社は、レトロポップなスタイルで人気の原付1種スクーター「ビーノ XC50」シリーズに、“女の子のハッピーがたくさん詰まったチョコレート”をイメージさせる特別なカラーリングとグラフィックで表現した「ビーノ XC50D」Sweet Styleを設定、台数限定1,000台にて2015年10月20日より発売します。
「ビーノ XC50D」Sweet Styleは、「ビーノ XC50D」をベースに、シックなブロンズとレッドのツートンカラーをメインに配色し、チェック柄をモチーフにしたグラフィックを採用しました。またフロ ントのエンブレムをゴールドにするなど、スペシャル感のある外装に仕上げています。
なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。

●メーカー希望小売価格(税込)
・ビーノ XC50D Sweet Style 204,120円 問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

ビーノ XC50D/ビーノ モルフェ XC50H
ビーノ XC50D

エンジン性能と燃費を向上した
「ビーノ XC50D」「ビーノ モルフェ XC50H」を発売

ヤマハ発動機株式会社は、レトロポップなスタイルで人気の原付1種スクーター「ビーノ XC50D」とフロントバスケットを標準装備の原付1種スクーター「ビーノ モルフェXC50H」について、エンジン性能と燃費を向上させ2015年10月20日より発売します。
今回、排気系の見直しなどによりエンジン性能(馬力、トルク)を向上、また新ECU採用、O2フィードバック制御の織り込みなどFIシステムの変更で燃費性能の向上を図りました。
ビーノ モルフェ XC50Hヤマハ発動機株式会社は、レトロポップなスタイルで人気の原付1種スクーター「ビーノ XC50D」とフロントバスケットを標準装備の原付1種スクーター「ビーノ モルフェXC50H」について、エンジン性能と燃費を向上させ2015年10月20日より発売します。
今回、排気系の見直しなどによりエンジン性能(馬力、トルク)を向上、また新ECU採用、O2フィードバック制御の織り込みなどFIシステムの変更で燃費性能の向上を図りました。
●メーカー希望小売価格(税込)
・ビーノ XC50D 204,120円 / ・ビーノ モルフェ XC50H 205,200円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

ジョグ CE50
ジョグ CE50

エンジン性能と燃費を向上した
「ジョグ CE50」シリーズを発売

ヤマハ発動機株式会社は、スタンダードな原付1種スクーターとして人気の「ジョグ CE50」シリーズについて、エンジン性能と燃費を向上させ2015年10月20日より発売します。
今回、排気系の見直しなどによりエンジン性能(馬力、トルク)を向上、また新ECU採用、O2フィードバック制御の織り込みなどFIシステムの変更で燃費性能の向上を図りました。
スタンダードの「ジョグ CE50」は、華やかな「ライトイエローイッシュグレーメタリック9」(ゴールド)など全5色を設定。デラックス仕様の「ジョグCE50D」は、ゴールドキャリパー付の前輪ディスクブレーキ、アルミホイールを採用しています。シートをスタンダードより25mm低くした「ジョグプチCE50P」は、小柄な方でも肘や膝が伸びきらず、自然な着座姿勢となるように設計。「ジョグCE50ZR」は、クラス唯一のリアスポイラーなどスポーティな装備を備えています。
なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。

●メーカー希望小売価格はメーカーサイトを御覧ください。 問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

YXZ1000R
YXZ1000R

新開発の水冷3気筒998ccエンジンを採用したピュアスポーツモデル ROV第4弾「YXZ1000R」を北米市場などで発売

ヤマハ発動機株式会社は、RV※1事業の主力製品として北米で人気のROV(Recreational Off-highway Vehicle)第4弾となる、2人乗りピュアスポーツモデル「YXZ1000R」を、2015年9月から北米市場などで発売します。生産は米国のグルー プ会社Yamaha Motor Manufacturing Corporation of America(YMMC)で行います。北米を中心に、業務やレクリエーショナル、スポーツまで幅広い市場を持つROVは近年、需要が成長傾向にあり、2014年米国の総需要は約24 万台となっています。当社はこれまで、マルチパーパスモデル「VIKING」「VIKING VI」、レクリエーショナルモデル「Wolverine」を導入し販売を拡大してきました。「YXZ1000R」は、荒地や砂漠などさまざまな環境でのス ポーツ走行を想定したピュアスポーツモデルであり、これにより、業務・レクリエーショナル・スポーツと、顧客ニーズに幅広く応えるラインアップとなりま す。
YXZ1000R「YXZ1000R」の主な特徴は、1)新開発の水冷3気筒DOHC 12バルブ998ccエンジンと業界初のシーケンシャルマニュアル5速トランスミッションの採用によるエキサイティングな走行性能、2)さまざまな地形の 走破に貢献する新規専用開発の前後サスペンション、3)優れた乗り心地、操作性に寄与する27インチ専用タイヤと14インチアルミ製ホイール、4)厳しい 環境下でのハンドル操作をアシストする電動パワーステアリング(EPS)、5)圧倒的な存在感と力強さを達成したデザインなどです。
 ラインアップには、スタンダード仕様の「YXZ1000R」に加え、ビードロックリムなどを採用し、イエロー地に“スピードブロック”模様をあしらった当社創業60周年記念仕様を「YXZ1000R SE」として設定しました。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー