バイクインフォメーション

アンダーバー
CB125F 教習車仕様
CB125F 教習車仕様

小型限定普通二輪教習車「CB125F 教習車仕様」を
自動車教習所向けに発売

Hondaは、日常の移動手段として幅広い層のお客様に支持されている「原付二種」※1市場の活性化を目的に、「小型限定普通二輪免許」※2の教習車として「CB125F 教習車仕様」を全国の自動車教習所を対象に12月11日(金)に発売します。
CB125F 教習車仕様は、欧州で販売している「CB125F」をベースに、国内の二輪教習に適した特殊装備を付加した自動車教習所専用モデルです。エンジンは、発進・停止のしやすさに配慮し、低速時での粘り強い出力特性に加え、扱いやすい変速比配分の5速マニュアルトランスミッションを採用した空冷・4ストローク・OHC・単気筒125ccエンジンを搭載。コンパクトな車体とあいまって、教習生が扱いやすい教習車を目指しました。また、転倒時における車両の破損や損傷を軽減させる大型のサイドバンパーを、フロントとリアの左右に装備。30km/hまたは40km/h(切り替え式)の走行速度や、ブレーキの操作状況、エンジン停止状況などを教習指導員へ視覚的に伝える教習用の表示ランプを車体前後に装備しています。視認性に優れたメーターパネルには、マニュアルトランスミッションの操作が初めての教習生にも選択したギアが容易に判別できる、「ギアポジションインジケーター」を採用しています。車体色は爽やかなイメージのパールサンビームホワイト1色の設定です。
※1総排気量が50cc超125cc以下の第二種原動機付自転車の略称
※2総排気量が125cc以下の二輪の自動車を運転できる免許
●メーカー希望小売価格(税込) ・CB125F 教習車仕様 486,000円
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CBR1000RR/CBR1000RR SP
CBR1000RR SP

「CBR1000RR」のカラーバリエーションを変更するとともに、「CBR1000RR SP」のカラーリングを変更し発売

Hondaは、大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR」のカラーバリエーションを変更し、マットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイトは11月27日(金)に、ロスホワイトを12月11日(金)に発売します。また、「CBR1000RR SP」※1はカラーリングを変更し、12月11日(金)に発売します。
CBR1000RRのカラーバリエーションは、新たに精悍なイメージのマットバリスティックブラックメタリックを採用。「トリコロール」イメージのロスホワイトは車体側面にデザインされたストライプの色調を一部変更し、ゴールドのラインを追加。さらに、ウインドスクリーン下部に施されたカラーリングの色調を変更するとともに、アンダーカウルをレッドとすることで、上質感とスポーティーなイメージを一段と強調しています。そのほか、継続色となるパールグレアホワイトを合わせ、全3色のバリエーションとしています。CBR1000RRは、スーパースポーツモデル用として世界で初めて※2電子制御式「コンバインドABS」を搭載したABS仕様車もタイプ設定しています。CBR1000RR
CBR1000RR SPは、トリコロールイメージのロスホワイトのカラーリングを変更。車体側面のストライプにゴールドのラインを追加し、アンダーカウルをレッドとしたほか、ホイールに施されたピンストライプのデザインを変更することで、よりアグレッシブなカラーリングとしています。CBR1000RR SPは、“The Edge of CBR”を開発のキーワードに、スポーツライディングの楽しみを追求した一人乗り専用設計のモデルで、オーリンズ社製の前・後サスペンション、ブレンボ社製フロントブレーキキャリパーを採用しています。また、車体の挙動をより感じられる専用シートや軽量化したシートレールなど、各部を特別な仕様としています。なお、電子制御式コンバインドABSを標準装備しています。
※1CBR1000RR SPは受注生産車 ※2Honda調べ
●メーカー希望小売価格はメーカーホームページをご覧下さい。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

ゴールドウイング
ゴールドウイング

大型二輪クルーザー「ゴールドウイング」にツートーンカラーを設定するなどカラーリングを一部変更して発売

Hondaは、圧倒的な存在感と快適で上質な走りを楽しめる1800ccの大型二輪クルーザー「ゴールドウイング」に、40周年記念モデルで好評を博したツートーンカラーを設定するなどカラーリングを一部変更して、11月25日(水)に発売※1します。
ゴールドウイングは力強い出力特性とともに、低重心化や静粛性などに優れた水平対向6気筒1800ccエンジンを搭載した、Hondaのクルーザーモデルの最高峰です。エアロダイナミクスを追求したカウル類のほか、リアトランクと左右のサドルバッグは総容量142L※2と収納性に優れ、長距離ツーリングを快適に楽しむことができます。
今回、上質感のあるパールグレアホワイトと、迫力あるスタイリングをより際立たせるキャンディープロミネンスレッドのソリッドカラー2色に加え、高級感をさらに際立たせるヘビーグレーメタリック-Uのツートーンカラー1色を設定し、全3色のカラーバリエーションとしています。
ゴールドウイング・カラーバリエーション
<ソリッドカラー>
・パールグレアホワイト(継続色)
・キャンディープロミネンスレッド(新色)
<ツートーンカラー>
・ヘビーグレーメタリック?U(新色)
※1ゴールドウイングは受注生産車です
※2Honda調べ。リアトランク容量は61L、サドルバッグ片側の容量は40L強

●メーカー希望小売価格(税込) ・ゴールドウイング 2,408,400円 ・ゴールドウイング(ツートーンカラー) 2,516,400円
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

MT-10
MT-10

「EICMA」に出展する2016年欧州向けネイキッドの新製品
MTシリーズ最高峰モデル「MT-10」発売について

ヤマハ発動機株式会社は、クロスプレーン型クランクシャフトを備えた998cm3水冷・直列4気筒エンジンを搭載する新製品「MT-10(エムティー・テン)」を、2016年5月末に欧州で発売予定です。また本モデルは、11月19日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」にて展示します。
「MT-10」は、MTシリーズの最高峰モデルとして企画・開発しました。”意のままに操れるストリート最強スポーツ性能”と”多用途で楽しめる機能”を集約させたモデルです。
主な特徴は、1)低中速のトルク特性を重視したセッティングを施し、クロスプレーン型クランクシャフトの特徴であるリニアなトルク感とコントロール性を備えたエンジン、2)「MT-07」と同じ1,400mmのショートホイールベースとするなど、軽快なハンドリングをもたらすシャーシ、3)積極的なスポーツライディングからツーリングまで幅広いシーンに適したライディングポジション、4)クルーズコントロールシステムなど多用途で楽しめることに配慮した各装備、5) “The King of MT”のデザインコンセプトによるフラッグシップモデルとしての存在感や引き締まったボディなどが特徴のスタイリング、などです。当社は「Torquey×Agile」をコンセプトとする”MTワールド”を、モーターサイクルの新しい世界観として提唱してきました。「MT-09」をはじめ「MT-09 TRACER」「MT-07」「MT-03」「MT-25」など、ユーザーニーズにきめ細かく呼応した製品を展開し、高い支持を得ています。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

SR400 60th Anniversary
SR400 60th Anniversary

ヤマハ発動機創業60周年記念カラーモデル
「SR400」60th Anniversary限定発売

ヤマハ発動機株式会社は、1978年の初代からのロングセラーモデル「SR400」に、当社創業60周年記念カラーの「SR400」60th Anniversaryを設定し、2015年12月18日より限定発売します。2015年11月17日から2016月4月末日までの受注期間限定モデル で、予約窓口は全国の「ヤマハスポーツバイク取扱店」です。
「SR400」60th Anniversaryは、イエロー地にブラックの“スピードブロック”をタンクに、専用エンブレムをタンク天面に配し、前後のハブとリムはブラック処理 としました。1970年・80年代の欧米のレースで活躍したヤマハマシンのイメージを再現しました。ナノ膜コーティングのエキゾーストパイプなど標準車の クオリティ感に、60年の軌跡が重なっています。
●メーカー希望小売価格(税込) ・SR400 60th Anniversary 583,200円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

BOLT CスペックABS
BOLT CスペックABS

ヤマハ発動機創業60周年記念カラーモデル
「BOLT CスペックABS」60th Anniversary限定発売

ヤマハ発動機株式会社は、空冷Vツイン941cm3エンジンを搭載しスポーティテイストを楽しめるクルーザー「BOLT CスペックABS」に、当社創業60周年記念カラーの「BOLT CスペックABS」60th Anniversaryを設定し2016年3月1日より限定発売します。2015年11月17日から2016月4月末日までの受注生産モデルで、予約窓口 は全国の「ヤマハスポーツバイク取扱店」です。ご注文頂いてからお届けまで約3ヵ月いただきます。
「BOLT CスペックABS」60th Anniversaryは、イエロー地にブラックの“スピードブロック”のタンク、イエローステッチのシート、ブラック仕上げのヘッドライトリム・メー ターリング・テールライトユニットを装備しています。1970・80年代の欧米のレースを駆け抜けたヤマハチームの情熱を表現しています。
●メーカー希望小売価格(税込) ・BOLT CスペックABS 1,060,560円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

VMAX 60th Anniversary
VMAX 60th Anniversary

ヤマハ発動機創業60周年記念カラーモデル
「VMAX」60th Anniversary限定発売

ヤマハ発動機株式会社は、加速感とパワー感が特徴の1679cm3水冷V型4気筒エンジンを搭載する「VMAX」に、当社創業60 周年記念カラーの「VMAX」60th Anniversaryを設定し、2016年3月1日より限定発売します。2015年11月17日から2016月4月末日までの受注生産モデルで、予約窓 口は全国の「VMAX取扱店」です。ご注文頂いてからお届けまで約3ヵ月いただきます。
「VMAX」60th Anniversaryは、タンクとリアカウル天面にイエロー地にブラックの“スピードブロック”を配し1970・80年代の欧米のレースを疾走したヤマ ハ車のスピリットを表現しました。また、マットブラック塗装をエアインテークやサイドカバーに、ハーフグロス塗装をエキゾーストパイプに施し、光沢感ある アルマイトパーツとの調和が上質な味わいを印象づけています。
●メーカー希望小売価格(税込) ・VMAX 60th Anniversary 2,484,000円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

VMAX
VMAX

生命感を伝える艶やかな藍色系を採用
「VMAX」2016年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、加速感とパワー感が特徴の1679cm3水冷V型4気筒エンジンを搭載する「VMAX」の2016年モデルを2015年12月10日より発売します。
2016年モデルは “Top of Performance Cruiser”をコンセプトに新色「ダークパープリッシュブルーメタリック1(ブルー)」を採用し、「VMAX」のパフォーマンスを若々しい生命感で表 現しました。エンジンやエアインテーク、サイドカバーなどメタル材とのコントラストが、みなぎるパワーを強調します。本製品は「VMAX取扱店」にて販売 します。

●メーカー希望小売価格(税込) ・VMAX 2,376,000円 問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

CB250F/CB250F Special Edition
CB250F

軽二輪ロードスポーツモデル「CB250F」のカラーリングを一部変更するとともに、特別カラーを施した「CB250F Special Edition」を発売

Hondaは、250ccの軽二輪ロードスポーツモデル「CB250F」のカラーリングを一部変更し、2016年1月15日(金)に発売します。また、新たに特別カラーを施した「CB250F Special Edition」を受注期間限定※1で2015年12月7日(月)に発売します。
 CB250Fは、たくましくダイナミックなネイキッドスタイルと、レスポンス性に優れた力強い出力特性の単気筒エンジンの採用、軽快なハンドリングなどにより、エントリーユーザーからベテランまで、幅広い層のお客様に支持されているモデルです。
●CB250F
ミレニアムレッドのカラーリング構成を変更。新たにフロントカウルの下部をミレニアムレッドとすることで、精悍なフロントスタイルをよりシャープなイメージとしたほか、リアカウルをブラックとすることで車体前方の塊感を強調し、CB250Fのたくましく躍動感あふれる「ストリートファイタースタイル」を一段と強く演出しています。
車体色はABSタイプとともに、ミレニアムレッドのほか、現行のブラックと合わせて全2色を設定しています。
CB250F Special Edition●CB250F Special Edition
ハイコントラスト色による特別カラーを施したCB250F Special Editionを新たに設定。CB250Fの「モーターサイクルの楽しさ、喜びを手軽に体感」というキーワードを、より幅広い層のお客様に提案するモデルとしています。車体色はレモンアイスイエロー1色の設定です。
※1 受注期間は、2015年11月13日(金)から2015年12月25日(金)まで
●メーカー希望小売価格はメーカーサイトを御覧ください。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CBR250R/CBR250R<ABS> Special Edition
CBR250R

軽二輪ロードスポーツモデル「CBR250R」のカラーリングを一部変更するとともに、特別カラーを施した「CBR250R<ABS> Special Edition」を発売

Hondaは、軽二輪ロードスポーツモデル「CBR250R」のカラーリングを一部変更し、2016年1月15日(金)に発売します。また、特別カラーを施した「CBR250R<ABS> Special Edition」を受注期間限定※1で2015年12月7日(月)に発売します。
●CBR250R
Hondaスポーツモデルの象徴的なカラーである「トリコロール」のカラーリングデザインを変更。ロスホワイトを基調に、鮮烈なレッドと、色調が異なる二色のブルーのカラーリングを施すとともに新たにゴールドのラインを配し、アンダーカウルをブラックとすることでトリコロールのイメージをより鮮やかに際立たせています。また、ウインドスクリーン下部に施されたカラーリングの色調を変更することで、よりスポーティーなイメージを演出しています。車体色はABSタイプとともに、トリコロールイメージのロスホワイトのほか、現行のミレニアムレッド、ブラックの全3色を設定しています。
CBR250R<ABS> Special Edition●CBR250R<ABS> Special Edition
CBR250R<ABS> Special Editionには、CBRシリーズの既存イメージにとらわれない、ハイコントラスト色によるカラーリングデザインを採用。CBR250Rの新たな魅力を提案するレモンアイスイエローとキャンディーエナジーオレンジの全2色を設定しています。
※1 受注期間は、2015年11月13日(金)から2015年12月25日(金)まで
●メーカー希望小売価格はメーカーサイトを御覧ください。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

インテグラ

「インテグラ」をモデルチェンジしEICMA2015で世界初公開

インテグラ(サイドビュー)Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州ブラックネル 社長:神子柴 寿昭)は、現地時間2015年11月9日(月)午前10時に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。
<ご参考>
Hondaは、水冷・4ストローク・OHC・4バルブ直列2気筒745cm3エンジンを搭載した「インテグラ」をモデルチェンジし、11月19日(木)から11月22日(日)までイタリア・ミラノで開催されるEICMA2015(ミラノショー)に、ワールドプレミアとして出品します。
インテグラは、モーターサイクルの走りとスクーターの利便性を融合した新しいコンセプト「SCOOTING MOTORCYCLE(スクーティング モーターサイクル)」として、2012年に販売を開始しました。
今回は、LEDヘッドライトを採用して精悍なフロントフェイスとしています。また、新たに採用した異型断面のマフラーにより、ライダーに心地よいエキゾーストサウンドを提供するなど、各部の熟成を図りました。
インテグラ(フロントビュー)<INTEGRAの主な特長>
・「SCOOTING MOTORCYCLEの深化と高級感の向上」をスタイリングコンセプトに掲げ、LEDをヘッドライト※とテールランプに採用することでよりスタイリッシュなフロントフェイスを実現
・新たにデザインしたコンパクトな異型断面マフラーを採用
・「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」に、新たなプログラムを設定
※欧州仕様車に標準装備(一部の販売国を除く)
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

NC750S/CB500F

「NC750S」と「CB500F」をモデルチェンジしEICMA2015で世界初公開

NC750S(サイドビュー)Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州ブラックネル 社長:神子柴 寿昭)は、現地時間2015年11月9日(月)午前10時に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。
<ご参考>
Hondaは、ミドルクラスのネイキッドロードスポーツモデル「NC750S」と「CB500F」をモデルチェンジし、11月19日(木)から11月22日(日)までイタリア・ミラノで開催されるEICMA2015(ミラノショー)に、ワールドプレミアとして出品いたします。
NC750SとCB500Fは、ともにLEDのヘッドライトとテールランプなどの採用により、さらにスタイリッシュな外観へと変更。また、新たに採用した異型断面のマフラーにより、ライダーに心地よいエキゾーストサウンドを提供するなど、各部の熟成を図りました。
NC750S(リアビュー)<NC750Sの主な特長>
・「マスフォワードプロポーションの深化とスポーツ感向上」をスタイリングコンセプトに掲げ、LEDをヘッドライト※とテールランプに採用することで、よりスタイリッシュなフロントフェイスを実現
・新たにデザインしたコンパクトな異型断面マフラーを採用
・「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」に、新たなプログラムを設定
このNC750Sは、欧州と日本での発売を計画しています。
※日本仕様車に標準装備。欧州向けにはタイプ設定

CB500F(サイドビュー)<CB500Fの主な特長>
・「メカニカル&アグレッシブ」をスタイリングコンセプトに、LEDのヘッドライトとテールランプを採用し、精悍なイメージをさらに高めたスタイリングを実現
・新たにデザインしたコンパクトな異型断面マフラーを採用
このCB500Fは、欧州とアメリカでの発売を計画しています。

CB500F(フロントビュー)





問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

TRICITY(トリシティ)MW125/ABS
TRICITY(トリシティ)MW125/ABS

親しみやすさを印象づけるマットブルー登場 「TRICITY(トリシティ)MW125/ABS」に新色を追加

ヤマハ発動機株式会社は、フロント二輪※1のLMW※2モデル、125ccオートマチック(AT)コミューター「TRICITY(トリシティ)MW125」及びABS装備の「TRICITY MW125ABS」のカラーリングを追加し2015年12月15日より発売します。
新色は “エレガント&スマート”をキーワードとした「マットブルーメタリック3(マットブルー)」で、落ち着きと質感があり、フロント二輪の特徴を活かした親しみやすいボディをより印象づけています。
製造は当社グループ会社のTYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)が行います。

※1 車両区分は『第二種原動機付自転車(原付二種)』、運転には『小型限定普通二輪車(AT含む)免許』以上が必要です。
※2 LMW=Leaning Multi Wheel。モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称、商標登録第5646157号。
●メーカー希望小売価格(税込)
・TRICITY(トリシティ)MW125 ABS 399,600円 / ・TRICITY(トリシティ)MW125 356,400円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー