バイクインフォメーション

アンダーバー
TRICITY 155 ABS
TRICITY 155 ABS

高速道路も走行可能走りのフィールドを広げるLMW第2弾
「TRICITY155ABS」新発売

ヤマハ発動機株式会社は、“BLUECORE”水冷エンジンを搭載したフロント二輪のLMW※1モデル、「TRICITY(トリシティ)155ABS」を2017年1月20日より新発売します。当社の成長戦略のひとつ“広がるモビリティの世界”を推進するLMW(LeaningMultiWheel)※1の第2弾です。
「TRICITY155ABS」は、“もっと行動範囲を広げ、さらに所有感を満たすNewStandardCityCommuter”をコンセプトに開発しました。主な特徴は、1)高効率燃焼に貢献する可変バルブシステム(VVA)搭載“BLUECORE”エンジン、2)ヤマハ独自のLMW機構と新設計フレームや足元スペース面積拡大によるゆったりとした乗車ポジション、3)高級感のあるLEDヘッドランプや余裕の収納スペース、4)ワンタッチ操作のパーキングブレーキなどです。
なお、生産はタイのグループ会社TYM(ThaiYamahaMotorCo.,Ltd.)で行います。
※1LMW=LeaningMultiWheel。モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称、商標登録第5646157号。
●メーカー希望小売価格(税込)・TRICITY 155 ABS 453,600円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

Rebel 500/Rebel 300
Rebel 500

米国で新型クルーザーモデル「Rebel 500」、
「Rebel 300」を発表

Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス 社長:神子柴 寿昭)は、現地時間2016年11月17日(木)に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、ロングビーチで開催されている
IMS Long Beach(ロングビーチショー、一般公開:11月18日?20日)に先駆け、新型のクルーザーモデル「Rebel 500(レブル 500)」、「Rebel 300(レブル 300)」を発表しました。
Rebelシリーズは、デザインコンセプトを「SIMPLE」、「RAW(未加工の素材)」として、主に北米において、「ジェネレーションY」※と呼ばれる若い世代向けに開発。体格差や経験差、さまざまな使い勝手に対応できるよう、同一の車体にて排気量の異なるエンジンを搭載可能とし、お客様の感性を刺激するスタイリングと、いつでも気軽に楽しめるサイズ感のモーターサイクルを目指しました。
=Rebel 500の主な特長=
スタイリングは、アイコニックなフューエルタンク、くびれのあるナロースタイルのフレームボディー、マット&ブラックアウトに徹したパーツによって、タフでCOOLなイメージを表現。前後タイヤはファット&ワイドサイズ(フロント130/90-16、リア150/80-16)を採用し、ナロースタイルの車体と相反する存在感を演出。お客様の自由な楽しみ方を想起させます。
エンジンは471ccのDOHC直列2気筒を搭載。吸排気、FIのセッティングを最適化することで、パルスフィールとスロットルを開ける楽しみを表現しました。
Rebel 300=Rebel 300の主な特長=
Rebel 500と基本的なプラットフォームを共通とし、吸排気系、FIのセッティングを最適化した286ccのDOHC単気筒エンジンを搭載し、パルスフィールとスロットルを開ける楽しみを表現しました。
Rebel 500/300ともに、オプションのキットを装備することで、パッセンジャーシートの装着を可能とした仕様としています。
なお、日本国内ではRebel 500およびRebel 250として発売を計画しています。
※ ジェネレーションY:米国において1980年代から1990年代に生まれた世代

問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

ブラジルで二輪車生産開始40周年記念式典を開催
CB1100TR CONCEPT

Hondaのブラジルにおける二輪車および汎用製品の生産販売子会社であるモトホンダ・ダ・アマゾニア・リミターダ(以下、HDA)は、現地時間2016年11月10日に、1976年の生産開始から40年を迎えたことを記念し、式典を開催

記念式典には、Hondaから代表取締役社長 社長執行役員の八郷隆弘、南米地域本部長でHDA取締役社長のイサオ ミゾグチのほか、従業員などが出席しました。
HDAは、1976年に従業員276名、年間生産能力2,200台の体制で、「CG125」から二輪車の生産を開始しました。その後、最量販モデルであるCGシリーズを中心に生産台数を伸ばし、2007年には二輪車累計生産台数1,000万台、2014年には2,000万台を達成しました。
HDAは、お客様に喜ばれる商品をタイムリーにお届けすることを目指し、マナウス工場で多種多様な部品の生産から最終組み立てまでを一貫して行い、敷地内の研究所では地域のニーズに合った商品の開発を強化してきました。地域のお客様の期待に応える商品をお届けし続けてきた結果、現在ではブラジル二輪車市場全体の8割にあたる台数を販売しています。
また、HDAは二輪車の生産・販売だけではなく、ブラジル国内に交通安全教育センターを3ヵ所設置するなど、交通安全普及活動にも力を入れています。
Honda代表取締役社長 社長執行役員 八郷隆弘のコメント
「ブラジルにおける二輪車事業を通して、長きにわたり、お客様に喜びをお届けできたことを誇りに思うとともに、ご支持いただいたすべてのお客様に心より感謝いたします。お客様の喜びを胸に、Hondaらしいチャレンジングな製品を、今後も作り続けてまいります」

問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

Z900 ABS / Z650 ABS / Versys-X 250 ABS
Z900 ABS

海外向け2017年モデル

Z900 ABS (ZR900B)※欧州一般仕様(右画像)
パールミスティックグレー×メタリックフラットスパークブラック


Z650 ABS




Z650 ABS (ER650H)※欧州一般仕様
(左画像)
パールフラットスターダストホワイト×メタリックスパークブラック

Versys-X 250 ABS


Versys-X 250 ABS (KLE250B)※インドネシア仕様
キャンディライムグリーン×メタリックグラファイトグレー


問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン
0120-400819

BURGMAN(バーグマン)400 / GSX‐S125 / GSX250R / V-Strom(ブイストローム)250
BURGMAN(バーグマン)400

スズキ、ミラノショーで海外向け二輪車の新型モデルを発表

スズキ株式会社は、11月8日から13日※までイタリア・ミラノで開催されている二輪車ショー「EICMA2016(ミラノショー)」において、海外市場向けの2017年新型モデル4車種を発表した。※プレスデー:11月8~9日、一般公開日:11月10~13日
スズキは、ラグジュアリースクーターの新型「BURGMAN(バーグマン)400」を全面改良して発売する。さらに、ストリートスポーツバイクの新型「GSX‐S125」、スタンダードスポーツバイクの新型「GSX250R」、アドベンチャーバイクの新型「V-Strom(ブイストローム)250」を投入する。
GSX‐S125
新型「BURGMAN400」は2017年春より欧州、北米を中心に、新型「GSX‐S125」は2017年夏より欧州を中心に販売を開始する。また、新型「GSX250R」は2016年冬より、新型「V-Strom250」は2017年夏より、中国への投入を皮切りにグローバル展開する。2016年10月にドイツ・ケルンで開催された二輪車の国際見本市「インターモト」で発表した5車種と合わせて、合計9つの新型モデルを2017年に市場投入することで商品を充実させ、拡販を図る。


BURGMAN(バーグマン)400■ミラノショー」発表モデルの概要
●BURGMAN400
・エレガントなスタイリングと快適性、充実した収納、動力性能を兼ね備えたラグジュアリースクーターの全面改良。
・「バーグマン・クーペ」をコンセプトにデザインされた、よりスリム、スポーティーで軽快な印象のスタイリング。
●GSX‐S125
・「GSX-R125」と共通のエンジン、フレームを採用したストリートスポーツバイク「GSX‐Sシリーズ」の新型モデル。
・シリーズ共通のイメージとなる低く構えたデザインを採用。
GSX‐S125
●GSX250R
・街乗りで多用する低中速の扱いやすさを重視した出力特性と、スズキのスポーツバイクの伝統を継承したスポーティーな外観を持つ、スタイリッシュなスタンダードスポーツバイク。
●V-Strom250
・「V-Stromシリーズ」の新型モデルとして、シリーズ共通のイメージとしたスタイリングを採用し、ツーリングでの快適性と日常的な扱いやすさを両立したスポーツアドベンチャーツアラー。
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

CB1100TR CONCEPT / AFRICA TWIN ENDURO SPORTS CONCEPT
CB1100TR CONCEPT

EICMA2016(ミラノショー)にコンセプトモデル2台を出展
~「CB1100TR CONCEPT」「AFRICA TWIN ENDURO SPORTS CONCEPT」~

Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州ブラックネル 社長:井上 勝史)は、現地時間2016年11月8日(火)午前10時に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。
Hondaは、イタリア・ミラノで開催されるEICMA2016(ミラノショー、一般公開:11月10日?11月13日)に、コンセプトモデルを2台出展します。
【コンセプトモデル】
■CB1100TR CONCEPT
CB1100をベースに、米国のフラットトラックレースの感動と興奮をイメージしたコンセプトモデルです。開発テーマは、「King of Urban Flat Track Circuits」。通常のフラットトラックレーサーのオフロードスタイルとは対極的なイメージを演出し、ピュアなレーシングスピリットとヨーロッパで人気のあるストリートテイストを融合させました。
AFRICA TWIN ENDURO SPORTS CONCEPT■AFRICA TWIN ENDURO SPORTS CONCEPT
アドベンチャーモデルのCRF1000L Africa Twinをベースに、ライダーに新たな可能性を提案するためにデザインしたコンセプトモデルです。開発テーマを「Queen of the Off-Road」とし、他の多気筒マシンとは一線を画したコンセプトにしています。エンデューロ・スポーツモデルとして、さらにオフロード性能を進化させ、随所にモトクロス・エンデューロマシン「CRFシリーズ」の軽量パーツを装着。スタイリングは、軽快でスポーティーなイメージを演出しました。
この2台のコンセプトモデルは、ローマに拠点を置く、Honda R&D Europe S.R.Lにて製作しました。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

TMAX
TMAX

YCC-T(電子制御スロットル)採用等で走りのクオリティを
さらに進化 2017年欧州向け新型「TMAX」を発売

ヤマハ発動機株式会社は、530ccのスポーツコミューター「TMAX」をモデルチェンジし、2017年モデルとして2017年3月頃から欧州に導入します。「TMAX」は2001年の導入以来、従来にはなかったモーターサイクル感覚のコミューターとして欧州を中心に高い評価を得ており、欧州市場の大型スクーターカテゴリーでトップの人気を維持しています。
新型「TMAX」は、"Master of Scooter"をコンセプトに開発、当社スクーター初の電子制御スロットル「YCC-T」※1や新設計の軽量フレームなどを採用、スタイリングも進化させ、走行性・所有感・快適性の向上を図りました。
主な特徴は、1) YCC-TおよびTCS(トラクション・コントロール・システム)など電子制御技術の採用、2)豊かなトルク特性に貢献する新作のスポーティなアップマフラー、3)スポーティな走行に貢献する細部の軽量化と新フレーム(車両重量では現行比9kg軽量化※2)、4)快適な乗り味をもたらすリンク式リアサスペンション、などです。スタンダード仕様に加え、スポーティさを強調した「SX」、クルーズコントロールシステムや電動調整式スクリーン採用などで優れた快適性を備える「DX」と、3仕様を設定。いずれもABS標準装備です。
スタイリングはTMAXのDNAを受け継ぎ、スポーティとエレガンスが調和された新プロポ―ションとしました。精悍なフロントマスクに加え、TMAXのアイコンである”ブーメラン”モチーフはリアカバーと融合させテールへ向かって跳ね上がる軽快な印象を持たせています。
※1 YCC-T:ヤマハ・チップ・コントロール・スロットル=アクセル操作を検知したECUが最適なスロットルバルブ開度を瞬時に演算、サーボモーターでスロットルバルブを作動し吸入空気量を制御するシステム。
※2:ABS装着モデル比
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

GSX-R150/GSX-S150
GSX-R150

スズキ、インドネシアモーターサイクルショーで
アセアン地域向け二輪車の新型モデルを発表

スズキ株式会社のインドネシア子会社スズキ・インドモービル・モーター社(SIM社)は、2016年11月2日から6日までインドネシア・ジャカルタで開催されている「インドネシアモーターサイクルショー」において、アセアン地域向け二輪車の新型モデル「GSX-R150」「GSX-S150」を発表した。
アセアン地域における二輪車は日常の交通手段としての用途が主であるが、モータースポーツの人気を背景に、趣味性の高いスポーツモデルの需要も高まってきている。
GSX-S150スズキはこのような需要に応えるため、これまでも日本から大型二輪車の「ハヤブサ」などを完成車で輸出して販売してきたが、より幅広いユーザー層へ向けたステップアップモデルとして小排気量スポーツバイクの「GSX-R150」、「GSX-S150」を投入し、アセアン地域におけるスズキブランドの向上を図る。
スズキは「GSX-R150」、「GSX-S150」をSIM社で生産し、2017年初頭よりインドネシア国内をはじめ、順次アセアン地域内で販売を開始する予定である。


■「GSX-R150」の主な特長
・スーパースポーツバイク「GSX-Rシリーズ」の新型モデル。
・軽量でコンパクトな車体に147.3cm3の水冷4バルブ単気筒DOHCエンジンを搭載。
・キーレスイグニッションシステム(上級仕様車のみ)や、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」を採用。
・「GSX-R」の伝統を受け継いだスポーティーなスタイリング。
・全長2,020mm×全幅700mm×全高1,075mm
■「GSX-S150」の主な特長
・ストリートスポーツバイク「GSX-Sシリーズ」の新型モデル。
・軽量でコンパクトな車体に147.3cm3の水冷4バルブ単気筒DOHCエンジンを搭載。
・ワン・アクション式シャッター付ステアリングロックや、「スズキイージースタートシステム」を採用。
・シリーズ共通のイメージとなる低く構えたデザイン。
・全長2,020mm×全幅745mm×全高1,040mm
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

Ninja H2R
Ninja H2R

2017年モデル新発売

Ninja H2R
ミラーコートマットスパークブラック(GY3)

※当モデルは公道や一般の交通に供する場所での走行は一切できません。また、ナンバーを取得するために必要な一切の書類は発行いたしません。
問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン
0120-400819

2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー
バイクパーツ・ウェア・ケミカル用品ならBE-LANDへ!