バイクインフォメーション

アンダーバー
YZF-R15
YZF-R15

スポーツモデル「YZF-R15」をインドネシアで発売
排気量3%アップながら出力18.3%アップの新エンジン搭載

ヤマハ発動機株式会社は、スーパースポーツのフラッグシップモデル「YZF-R1」のDNAを受け継ぐスポーツモデルの新型「YZF-R15」を2017年4月からインドネシアで発売、その後アセアン各市場に導入予定です。
新型「YZF-R15」は、スーパースポーツの要素を醸し出す“シリアス感”や“レーシーイメージ”が支持され人気を博している現行「YZF-R15」の後継モデルとして、スポーツ性能のさらなる向上を目指して開発しました。主な特徴は、1) 現行モデル比で排気量3%アップながら出力18.3%向上※1、実用燃費4.7%向上※2を図ったVVA※3搭載の水冷155cm3エンジン、2) 「YZF-R1」のDNAを受け継ぐ外観と薄型2眼LEDヘッドライト採用、3) 優れたショック吸収性能と良好なフロント接地感、剛性感に寄与する倒立式フロントフォーク、などです。
560万台規模※4のインドネシア二輪車市場においては、スクーターやアンダーボーンタイプが主流のなか、当社の「YZF-R25」「YZF-R15」を中心とするスポーツモデルは、若いお客様のステップアップの対象として好評で、市場の牽引役となっています。今回の新型「YZF-R15」は都市部の20代男性やモーターサイクルのトレンドに敏感なお客様の期待に応えます。
製造・販売はグループ会社 YIMM(PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行います。
※1 ※2 当社社内計測値 ※3 VVA:可変バルブシステム(Variable Valve Actuation) ※4 2016年当社調べ
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

NM4
NM4

映画『GHOST IN THE SHELL(ゴースト・イン・ザ・シェル)』に大  型二輪車NM4をベースとした近未来バイクが登場 ~3月31日より北米をはじめ50以上の国と地域で順次公開~

Hondaは、ドリームワークス製作/パラマウント・ピクチャーズ配給の映画『GHOST IN THE SHELL(ゴースト・イン・ザ・シェル)』に、未来感のあるスタイリングでお客様にご好評をいただいている大型二輪車「NM4」をヒーローバイクのベース車両として提供、映画制作に協力しました。『ゴースト・イン・ザ・シェル』は世界的に評価の高い士郎正宗氏原作の漫画「攻殻機動隊」を題材とし、ハリウッドで実写化された近未来を舞台とするSFアクション映画です。事故から生還、脳以外が全身義体として、世界の最も危険な犯罪者と戦うための完璧なソルジャーとして生まれ変わった主人公の捜査官・少佐役にはスカーレット・ヨハンソン氏を、その上司である荒巻役はビートたけし氏を起用。製作陣にはアヴィ・アラッド氏、アリ・アラッド氏、スティーヴン・ポール氏とマイケル・コスティガン氏を迎え、製作総指揮は藤村哲也氏、石川光久氏、ジェフリー・シルバー氏と野間省伸氏が担当し、監督はルパート・サンダース氏が務めています。
CBR1000RR SPNM4は「近未来」と「COOL」をテーマとして開発され、2014年4月に発売されました。今回はNM4のコンセプトとそのスタイリングが作品の世界観に合致したことで、車両提供が実現しました。Hondaは車両の他に、車両の新たなデザインスケッチについても提供。映画制作スタッフがスケッチをもとに撮影車両として製作し、主人公が乗車するヒーローバイクとして使用されました。劇中で描かれる近未来の世界をより魅力的でリアリティーあるものにしています。
映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は3月31日の北米公開をはじめとして、4月7日に日本で公開されるなど、全世界50以上の国と地域で順次公開されます。放映スケジュールなど、映画の詳細に関しては、『ゴースト・イン・ザ・シェル』公式サイトをご覧ください。
なお、劇中に登場するNM4をベースとした車両は、「第33回大阪モーターサイクルショー2017」<3月18日(土)?20日(月・祝)>、「第44回東京モーターサイクルショー」<3月24日(金)?26日(日)>での展示を予定しています。
『ゴースト・イン・ザ・シェル』公式サイト
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CBR1000RR/CBR1000RR SP
CBR1000RR

操る楽しみを進化させた大型スーパースポーツモデル
「CBR1000RR」「CBR1000RR SP」をフルモデルチェンジし発売

Hondaは、高性能な水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒1000ccエンジンを搭載し、徹底した軽量・コンパクト化や新たな電子制御技術を採用するなど、総合性能を高めた大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR」と、CBR1000RRをベースに、足回りなどの専用化とさらなる軽量化を図った一人乗り仕様の「CBR1000RR SP」をフルモデルチェンジし、3月17日(金)に発売します。今回発売するCBR1000RRは、1992年発売の初代モデル「CBR900RR」から継承されてきた開発コンセプトである「トータルコントロール?操る楽しみの最大化」の進化を図るため、「ネクストステージ“トータルコントロール”操る楽しみの進化」を開発テーマに、クラス最軽量※1の車両重量とマス集中化がもたらす軽快性、出力向上と扱いやすい特性を両立したパワーユニット、ファンライディングをサポートする電子制御技術を採用し、操る楽しみを追求したCBRシリーズの最上位モデルです 。
CBR1000RR SPCBR1000RR SPには、走行状況に応じて減衰力を制御し最適な特性を提供するOHLINS(オーリンズ)製 Smart EC※2システム採用の電子制御サスペンションのほか、ブレンボ製フロントブレーキキャリパーを装備。また、より一層の軽量化とマス集中化を図るため、リチウムイオンバッテリーを搭載したほか、公道用量産車として世界初※3のチタン製フューエルタンクを採用するなど、よりスポーツ走行時の楽しみを視野に入れた特別な仕様としています。
※1Honda調べ(2017年3月現在)。直列4気筒1000ccスーパースポーツクラス
※2OHLINS Smart ECは、スウェーデンOHLINS RACING ABの登録商標です
※3Honda調べ(2017年3月現在)
●メーカー希望小売価格はメーカーサイトを御覧ください。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

Ninja 400 ABS Limited Edition
Ninja 400 ABS Limited Edition

限定モデル新発売

【Ninja 400 ABS Limited Edition】
爽快なツーリングパフォーマンスと独創のフルフェアリングスタイルが魅力のNinja 400。 カラーリングに水転写によるカーボングラフィックを際立たせたLimited Editionがこの度300台限定で新登場。 個性的なスタイリングを支えるダブルパイプペリメターフレームにはメタリックレッドの塗装を施し、シートレザーに「Ninja」ロゴのプリントを採用することで特別な一台を演出しています。 また、コンパクトな水冷DOHC4バルブパラレルツインエンジンは心地良い加速感に加え、ダイレクトなスロットルレスポンスを提供。 シャープなハンドリングも相まって、スポーツツアラーに相応しい高い快適性と走行性能を獲得しています。

■スタンダードモデルからの変更点
・カラー&グラフィックの変更
・タンクカバー、アンダーカウルに水転写によるカーボングラフィックを採用
・サイドカウルにLimited Edition専用デカール、Ninja立体エンブレムを採用
・フレームとホイールにメタリックレッド塗装を採用
・タンデムシートにNinjaロゴを採用
・Limited Edition専用のタンクパッドを採用
・ABS(アンチロックブレーキシステム)の装備
※性能及び諸元に変更はありません。

●メーカー希望小売価格(税込) Ninja 400 ABS Limited Edition 751,680円
問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

Z1000 ABS
Z1000 ABS

2017年モデル新発売

【Z1000 ABS】
圧倒的な迫力を持つ「Sugomi」スタイリングと、スロットルを開けるほどに心が高鳴る「Sugomi」パフォーマンスを兼ね備えるZ1000 ABS。 1,043cm³水冷4ストローク並列4気筒エンジンが放つパワーは、強力な加速と胸をすくようなエキゾーストノートを創出します。 サスペンションはSFF-BP(セパレートファンクションフォーク-ビッグピストン)と、ホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションを採用することで、高い路面追従性能を獲得。 また、人間工学に基づいたライディングポジションは、アグレッシブなイメージに貢献するとともに、高いコントロール性を実現。 スロットルを開けた瞬間から感じる力強いトルクとキレのあるハンドリングによりスーパーネイキッドと呼ぶに相応しい優れた走行性能を誇っています。

■主な特長
・力強い加速とリニアなレスポンスを創出する1,043cm³水冷4ストローク並列4気筒エンジン
・楕円サブスロットルを採用したデュアルスロットルバルブ
・コンパクトなリフレクターレスタイプのLEDヘッドランプ
・軽い操作感とバックトルクリミッター機構を備えたアシスト&スリッパークラッチ
・マスの集中化とシャープな旋回性能を実現する高剛性のアルミニウムフレーム
・理想的なライディングを可能にするSSF-BP(セパレートファンクションフォーク-ビックピストン)
・伸側減衰力、プリロード調整機構付きのホリゾンタルバックリンクリヤサスペンション
・LEDタコメーターと液晶スクリーンを採用したインストゥルメントパネル
・シフトチェンジの確実性を上げるギヤポジションインジケーター
・スポーティな印象を高めるシフトアップインジケーター
・5段階の調整ダイヤル付きクラッチレバー
・ラジアルマウント対向4ピストンモノブロックキャリパーとφ310mmペタルディスクを装備したフロントブレーキ
・φ250mmペタルディスクを装備したリヤブレーキ

●メーカー希望小売価格はメーカーサイトを御覧ください。
問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

Z650 ABS
Z650 ABS

2017年モデル新発売

【Z650 ABS】
気軽に乗れる扱い易さと優れたスポーツ性能を両立したライトウェイトスーパーネイキッドZ650 ABS。 軽量でスリムな完全新設計のフレームは軽快なハンドリングに貢献。パワフルなパラレルツインエンジンは低中速回転域での豊かなトルクと高速回転域でのスムーズな吹け上がりを獲得しています。 スーパーネイキッドZの誇る五感を刺激する乗り味、「Sugomi」パフォーマンスと先鋭的な車体形状の「Sugomi」デザインを継承。 エキサイティングでありながら親しみ易さも加味したパッケージがライダーを魅了します。

■主な特長
・標準装備されたETC車載器キット
・力強い加速と扱いやすさを生み出す649cm³4ストローク水冷パラレルツインエンジン
・コンパクトなデザインとマスの集中化に貢献するアンダーエンジンマフラー
・軽快なハンドリング特性に貢献する完全新設計のトレリスフレームとスイングアーム
・優れた視認性を実現したスタイリッシュな多機能メーターパネル
・シフトチェンジの正確性を高めるギヤポジションインジケーター
・スポーティな印象を高めるシフトアップインジケーター
・「Z」の文字が浮かび上がるLEDテールランプ
・良好な足つき性を実現する790mmのシート高
・軽い操作感とバックトルクリミッター機構を備えたアシスト&スリッパークラッチ
・軽快なハンドリングと高い走行性能を実現するφ41mmの正立テレスコピックフロントフォーク
・プリロード調整が可能なホリゾンタルバックリンクリヤサスペンション
・デュアルピストンキャリパーとφ300mmのペタルディスクを装備したフロントブレーキ
・φ220mmのペタルディスクを装備したリヤブレーキ
・5段階の調整が可能なクラッチレバーとブレーキレバー
・容量15リットルのフューエルタンク

●メーカー希望小売価格(税込) Z650 ABS 786,240円
問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

Ninja 650 ABS/Ninja 650 ABS KRT Edition
Ninja 650 ABS

2017年モデル新発売

【Ninja 650 ABS】
軽快且つエキサイティングな走りが楽しめるNinja 650 ABS。シャープでアグレッシブなデザインはNinjaシリーズを象徴するスポーティなイメージを創出します。パラレルツインエンジンは、低中速回転域で力強い加速とダイレクトなスロットルレスポンスを発揮。ビギナーからベテランまで幅広く親しみやすいマシンキャラクターとなっています。また、完全新設計のシャーシは軽量なフレームとスイングアームにより、俊敏なハンドリングを実現。 扱いやすく、スポーティでトルクフルなエンジン特性は、普段使いからツーリングまで様々なシチュエーションにおいてその真価を発揮します。
Ninja 650 ABS KRT Edition【Ninja 650 ABS KRT Edition】
軽快且つエキサイティングな走りが楽しめるNinja 650 ABS KRT Edition。シャープでアグレッシブなデザインはNinjaシリーズを象徴するスポーティなイメージを創出します。車体のデザインにはワールドスーパーバイク選手権シリーズで戦うNinja ZX-10Rと同イメージのカラーリングを採用。フューエルタンク上部にはKawasaki Racing Teamのデカールをあしらい、ライムグリーンとブラックで彩られたグラフィックは最高峰のレーシングマシンを彷彿とさせます。パラレルツインエンジンは、低中速回転域で力強い加速とダイレクトなスロットルレスポンスを発揮。ビギナーからベテランまで幅広く親しみやすいマシンキャラクターとなっています。また、完全新設計のシャーシは軽量なフレームとスイングアームにより、俊敏なハンドリングを実現しました。扱いやすく、トルクフルなエンジン特性は、普段使いからツーリングまで様々なシチュエーションにおいてその真価を発揮します。
■スタンダードモデルからの変更点
・カラー&グラフィックの変更

●メーカー希望小売価格(税込) Ninja 650 ABS 807,840円 / Ninja 650 ABS KRT Edition 829,440円
問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

MT-10/MT-10SP
MT-10

MTシリーズの最高峰「MT-10」「MT-10SP」を発売
ダイレクトな駆動力を得られるクロスプレーン型クランクシャフト採用のスポーツモデル

ヤマハ発動機株式会社は、クロスプレーン型クランクシャフトを備えた997cm3水冷・直列4気筒エンジンを搭載したスポーツモデル「MT-10」および上級モデルの「MT-10SP」を5月16日から発売します。「MT-10」は、MTシリーズの最高峰モデルとして“Ultimate Synchronized perfomance bike”をコンセプトに開発、“意のままに操れるストリート最強のスポーツ性能”と“多用途で楽しめる機能”を集約させたモデルとなっています。
主な特徴は、1) クロスプレーン型クランクシャフト採用によりスロットル操作に対してダイレクトな駆動力が感じられる水冷直列4気筒997cm3エンジンの搭載、2) アルミ製デルタボックスフレームや1,400mmのショートホイールベースの採用などによる1,000ccクラスと思わせない軽快な走行性能、3) クルーズコントロールシステム、D-MODE※1、TCS※2、QSS※3などの電子制御システムによる充実した機能、4) 力強いエンジンの存在感とパワーフローを強調したサイドビューなどMTシリーズ最高峰モデルにふさわしいスタイリングなどです。
MT-10SP上級モデルの「MT-10SP」には、OHLINS製電子制御サスペンション、フルカラーTFT液晶メーターなどを装備。カラーリングでは「YZF-R1M」とリレーションした「MT-10SP」専用カラーも設定しました。
※1 D-MODE: 電子制御により、3つの走行モードが選択可能な走行モード切替システム
※2 TCS: トラクション・コントロール・システム
※3 QSS: クイック・シフト・システム
●メーカー希望小売価格はメーカーサイトを御覧ください。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

TMAX530
TMAX530

スポーツコミューター「TMAX530」2017年モデルを発売
電子制御スロットル、軽量フレームの新採用などで走行性能がさらに進化

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・直列2気筒530cm3エンジンを搭載するオートマチックスポーツコミューター「TMAX530」をモデルチェンジし、4月7日から発売します。
2017年モデルは、“Master of Scooter”をコンセプトに開発。当社スクーター初の電子制御スロットルや新設計の軽量アルミフレーム、リンク式リアサスペンションなどの採用で走行性能を高めながら、軽快感とエレガントさを兼ね備えたデザインを採用し所有感を向上させました。主な特徴は、1) 電子制御スロットル「YCC-T」※1およびTCS※2、走行モードを選べるD-MODEなど電子制御技術の採用、2) 新設計アルミフレームなどによる軽量化(「SX」では現行比7kg減)、3) TMAXのDNAを受け継ぎながら、軽快でスポーティなエクステリアとエレガントなインテリアの二面性を備えた新デザインなどです。
スタンダード仕様の「SX」と、クルーズコントロールシステムや電動調整式スクリーンの採用など快適装備を充実させた「DX」を設定。いずれもABS標準装備です。
※1 YCC-T: ヤマハ・チップ・コントロールド・スロットル=アクセル操作を検知したECUが最適なスロットルバルブ開度を瞬時に演算、モーター駆動でスロットルバルブを作動させて吸入空気量を制御するシステム
※2 TCS: トラクション・コントロール・システム
●メーカー希望小売価格はメーカーサイトを御覧ください。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

NMAX155
NMAX155

高速道路も走行可能な「NMAX155」を新発売
スタイルと走りの良さで人気のスクーター「NMAX」の155ccモデルが誕生

ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”を両立させる155cm3“BLUE CORE”エンジンを搭載するスクーターの新製品「NMAX155」を4月25日より発売します。
所有感を感じるスタイリングや、手軽な車体サイズながらリラックスしたライディングポジションが可能という「NMAX125」の良さはそのままに、高速道路も走行可能な155cm3エンジンを搭載しゆとりある走行性能を実現しました。主な特徴は、1) 高効率燃焼に貢献する可変バルブシステムVVA※1を採用した水冷4ストロークSOHC・4バルブ155cm3“BLUE CORE”エンジン搭載、2) コンパクトな車体ながらもゆとりあるフットスペースによる余裕のある乗車ポジション、3) MAXシリーズを象徴するブーメランモチーフや精悍な二眼ヘッドライトなどによる躍動感のあるスポーティなスタイリング、4)ホイールロックを抑止するABSの標準装備 などです。
製造は、当社のグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行います。
1 VVA:可変バルブシステム(Variable Valve Actuation)
●メーカー希望小売価格(税込) ・NMAX155 378,000円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

Ninja 1000 ABS
Ninja 1000 ABS

2017年モデル新発売

【Ninja 1000 ABS】
優れた快適性と運動性能を併せ持つスポーツツアラーNinja 1000 ABS。外観はNinjaの血統を色濃く受け継ぐシャープなデザインがスポーティなイメージを強調しています。 エンジンは爽快な気分で楽しめるスムーズなパワー特性とし、高いコントロール性を実現。素早いスロットルレスポンスやエンジンの回転数が上昇するほどに高まる吸気音がライダーを高揚させます。 また、高いウインドプロテクションやパニアケースを容易に脱着可能なクリーンマウントパニアシステムの採用により様々なライディングシーンをカバー。 IMU(慣性計測装置)の搭載も相まってさらに洗練された走りが可能になっています。スポーティなフォルムに卓越した走行性能、扱いやすさも加わった「Ninja+ツーリング」という夢のコラボレーションが、これまでにないライディングフィールを提供します。

●メーカー希望小売価格(税込) ・Ninja 1000 ABS 1,274,400円
問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー
バイクパーツ・ウェア・ケミカル用品ならBE-LANDへ!