バイクインフォメーション

アンダーバー
Dunk
Dunk

50ccスクーター「Dunk」のカラーバリエーションを変更し発売

Hondaは、上質感と個性を主張するスタイリングに、力強い出力特性と環境性能に優れた50cc水冷エンジン「eSP(イーエスピー)」※1を搭載したスクーター「Dunk(ダンク)」のカラーバリエーションを変更し、7月14日(金)に発売します。
今回、スポーティーなイメージのマットガンパウダーブラックメタリックと、シルバーを基調にした高級感のあるマットビュレットシルバーの2色を新たに設定。新色では、ブレーキキャリパー、リアサスペンションスプリング、サイドモール、車名ロゴなどの各部をそれぞれの専用色で塗装するとともに、ツートーンカラーのシートを採用しています。
グロム継続採用の4色と合わせた全6色の展開となり、Dunkの個性的なスタイリングをより際立たせる豊富なカラーバリエーションで、若者を中心とした幅広い層のお客様の好みに応えられるものとしています。

●メーカー希望小売価格はメーカーサイトを御覧ください。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

グロム
グロム

125ccスポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し発売

Hondaは、個性的で躍動感あふれるスタイリングの125ccスポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し、7月24日(月)に発売します。
今回、前後のホイールとブレーキキャリパー、エンジン右側面のカバーにゴールドのカラーリングを、リアサスペンションのスプリングにはレッドのカラーリングを採用することで、グロムの力強くスポーティーなスタイリングをより際立たせています。また、車体色には精悍なイメージのマットアクシスグレーメタリックを新たに設定。
グロム従来のパールバレンタインレッド、パールヒマラヤズホワイトに加えて、全3色のカラーバリエーションとしています。
グロムは、コンパクトで扱いやすい車体サイズに、倒立タイプのフロントサスペンションや前・後輪ディスクブレーキなどの大型スポーツモデルを彷彿させる本格的な装備により、トレンドに敏感な若者をはじめ、大型二輪ユーザーのセカンドバイクとしても支持されている原付二種モデルです。

●メーカー希望小売価格(税込) グロム 351,000
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

Honda原付二輪2017年度のイメージキャラクターに「ゴールデンボンバー」を起用
レブル250

Honda原付二輪2017年度のイメージキャラクターに「ゴールデンボンバー」を起用

Hondaは、若者を中心に幅広い世代から人気を得ている「ゴールデンボンバー」を、2015年度・2016年度に引き続き、2017年度も国内原付二輪のイメージキャラクターとして起用します。
ゴールデンボンバーは、Hondaが展開するさまざまなキャンペーンやイベントにおいて、「あそびつくせ!」を発信メッセージとして、原付二輪ならではの生活を楽しむための情報を伝えてきました。3年目の今年は、世界中で愛され、生産累計1億台を迎える「スーパーカブ」を中心に、原付二輪の楽しみを伝えていきます。
現在公開中の「Honda×ゴールデンボンバー」による専用ウェブサイト「原チャであそびつくせ」では、今後、原付を活用した遊び方に関する360°映像を公開するほか、さまざまな情報を定期的に発信していきます。
専用ウェブサイト 「原チャであそびつくせ」

「ゴールデンボンバー」プロフィール
・2009年 シングル「女々しくて」をリリース。その後、2013年にオリコンカラオケランキング歴代1位となる51週連続1位を獲得
・2012年 NHK紅白歌合戦に初出場。以降4年連続で出場
・2017年4月5日、表題曲を無料配信し話題となったシングル「#CDが売れないこんな世の中じゃ」をリリース
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

V-Strom(ブイストローム)250
V-Strom250

スズキ、V-Strom(ブイストローム)シリーズの新型モデル
「V-Strom 250」を発売

スズキ株式会社は、街中から高速道路、山岳路まで、長距離ツーリングを快適に楽しむことができる、スポーツアドベンチャーツアラーのV-Strom(ブイストローム)シリーズに250ccの新型モデル「V-Strom 250」を追加し、7月6日より発売する。
「V-Strom 250」は、ツーリングでの快適性と日常的な扱いやすさを両立させ、幅広いユーザーのニーズに応えた、スポーツアドベンチャーツアラーのエントリーモデルである。エンジンは低中速の扱いやすさを重視した出力特性とし、車体には低いシート高や専用セッティングを施したサスペンションを採用することで、良好な足つき性と取り回し性能を実現した。シリーズ共通イメージのスタイリングを採用し、ヘッドライトを中心にアウトドアギアのタフなイメージのデザインとした。
●メーカー希望小売価格(税込)V-Strom 250 570,240円 問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

Ninja 650
Ninja 650

軽快且つエキサイティングな走りが楽しめる「Ninja 650」2018年モデル登場

【Z650】
シャープでアグレッシブなデザインはNinjaシリーズを象徴するスポーティなイメージを創出します。649cm3パラレルツインエンジンは、低中速回転域で力強い加速とダイレクトなスロットルレスポンスを発揮。ビギナーからベテランまで幅広く親しみやすいマシンキャラクターとなっています。 また、シャーシは軽量なフレームとスイングアームにより、俊敏なハンドリングを実現。扱いやすく、トルクフルなエンジン特性は、普段使いからツーリングまで様々なシチュエーションにおいてその真価を発揮します。
Ninja 650■2017年モデルからの主な変更点
・カラー&グラフィックの変更

■その他
・実際のモデルにはリヤフェンダーにリフレクターは装着されておりません。
・当モデルはABS装着車です。

●メーカー希望小売価格(税込) Ninja 650 807,840円
問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

Z650
Z650

気軽に乗れる扱い易さと優れたスポーツ性能を両立したライトウェイトスーパーネイキッド「Z650」2018年モデル登場

【Z650】
軽量でスリムなフレームは軽快なハンドリングに貢献。パワフルな649cm3パラレルツインエンジンは低中速回転域での豊かなトルクと高速回転域でのスムーズな吹け上がりを獲得しています。 スーパーネイキッドZの誇る五感を刺激する乗り味、「Sugomi」パフォーマンスと先鋭的な車体形状の「Sugomi」デザインを継承。エキサイティングでありながら親しみ易さも加味したパッケージがライダーを魅了します。
Z650■2017年モデルからの主な変更点
・カラー&グラフィックの変更
■その他
・実際のモデルにはリヤフェンダーにリフレクターは装着されておりません。
・当モデルはABS装着車です。

●メーカー希望小売価格(税込) Z650 786,240円
問合先:株式会社カワサキモーターサイクルジャパン 0120-400819

YZシリーズ
YZ450F

モトクロス競技用YZシリーズ6機種の2018年モデルを発売 トップエンドモデル「YZ450F」は新スペックエンジン、新設計フレームで大幅に進化

ヤマハ発動機株式会社は、84cm3~449cm3の排気量を揃えた、モトクロス競技用モデル「YZシリーズ」の2018年国内仕様6機種を8月30日より発売します。
最大排気量のトップエンドモデル「YZ450F」は、“IGNITE OFF-MANIA’S DESIRE !”をコンセプトに新スペックエンジン、新設計フレームを採用。主な特徴は、1)パワー感、操作性などを向上させたパワーユニット、2)新設計フレームの採用などによる旋回性、走破性の向上、3)レース中での始動を容易にするセルフスターターの採用、4)スマートフォンで、ユーザー自身がきめ細かいエンジンセッティングを可能とする新パワーチューナーの搭載、5)しなやかに躍動する美しさと技術進化によるパフォーマンスを表現したスタイリング などです。
「YZ250F」「YZ250」「YZ125」「YZ85」「YZ85LW」は、カラーリング&グラフィックデザインを一新。トップエンドモデル「YZ450F」とのデザインリレーションを行います。
なお本製品は「ヤマハオフロードコンペティションモデル正規取扱店」にて、2017年6月13日から12月10日の期間限定で予約の受付を行い販売します。
●メーカー希望小売価格はメーカーサイトを御覧ください。 問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー
バイクパーツ・ウェア・ケミカル用品ならBE-LANDへ!