バイクインフォメーション

アンダーバー
MT-09/MT-09 SP
MT-09/MT-09 SP

ロードスポーツ「MT-09」シリーズ 2018年モデルを発売
高性能サスペンションなどを採用した上級仕様「MT-09 SP」を設定

ヤマハ発動機株式会社は、ネイキッドとスーパーモタードの“異種混合”スタイルに水冷直列3気筒845cm 3エンジンを搭載し、優れた走行性能で人気の「MT-09 ABS」の上級仕様として「MT-09 SP ABS」を設定し、3月20日より発売します。また、スタンダードモデル「MT-09 ABS」のカラーリングを変更し、同日より発売します。
「MT-09 SP ABS」は、スタンダードモデルをベースに高い次元の走りと、クラスを超えた質感を実現しました。主な特徴は、1)スーパースポーツモデル並みの減衰力を発生するスペシャル仕様のKYB製フロントサスペンションの装備、2)フロントとリアのバランスを取りながら、バネレート/減衰力を最適化したOHLINS製フルアジャスタブルリアサスペンションの装備、3)質感を感じるダブルステッチ入りシートの採用、4)引き締まった印象を与えるブラックバックのデジタルメーターの採用、5)塗り分け塗装などにより、上位モデル「MT-10 SP ABS」とリレーションすることで上級仕様としての存在感を強調したカラーリングの採用などです。
「MT-09 ABS」は、ニューカラー2色を含む3色設定で、それぞれのカラーリングコンセプトをより強調したカラー&グラフィックとしました。「ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)」は、ブラックエリアを拡大することにより、シリアスな印象を強調しました。「マットグレーメタリック3(マットグレー)」は、グラフィックのイエローのアクセントカラーを拡大することにより、軽快な印象を強調しました。「マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)」は継続販売します。
●メーカー希望小売価格(税込)
MT-09 ABS 1,004,400円 / MT-09 SP ABS 1,112,400円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

CRF1000L Africa Twin/CRF1000L Africa Twin Adventure Sports
CRF1000L Africa Twin

「CRF1000L Africa Twin」の仕様装備を充実させるとともに「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」を新たに追加し発売

Hondaは、アドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」にスロットル・バイ・ワイヤシステムなど先進装備を採用するとともに、大型のフューエルタンクなどを装備することで、さらなる冒険心を駆り立てる新モデル「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」を追加し、4月2日(月)に新販売網のHonda Dreamより発売します。「CRF1000L Africa Twin」には新たにスロットル・バイ・ワイヤシステムを採用。Hondaセレクタブルトルクコントロール(HSTC)のセッティング幅の拡大や、走行状況に応じてエンジンの出力特性を変更できるライディングモードセレクトの採用に加え、エマージェンシーストップシグナル、オートキャンセルウインカーなどの機能を追加。軽量コンパクトなリチウムイオンバッテリーの採用や車体各部の見直しによって車両重量の軽量化を図っています。
CRF1000L Africa Twin Adventure Sports「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」は「CRF1000L Africa Twin」をベースに航続距離を延伸できる24Lの大型フューエルタンクをはじめ、快適な高速巡行を可能とする大型ウインドスクリーンや車体へのダメージを軽減するフロントサイドパイプ、不整地での飛び石などからエンジンを保護する大型のスキッドプレートを装備。また専用サスペンションによりストローク量を伸長させることで悪路での走破性を高めています。さらに、足つき性を考慮した専用サスペンションによってシート高を標準より60mm低くしたローダウンタイプも設定しています

●メーカー希望小売価格はメーカーサイトを御覧ください。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CRF250 RALLY<ABS>
CRF250 RALLY<ABS>

軽二輪アドベンチャーモデル「CRF250 RALLY<ABS>」にブラックのカラーリングを新たに追加し発売

Hondaは、水冷・4ストローク・DOHC・単気筒250ccエンジンを搭載し、大型スクリーンや大容量フューエルタンクなどを装備したアドベンチャーモデル「CRF250 RALLY<ABS>」に、ブラックのカラーリングを新たに追加し、3月2日(金)に発売します。
今回、CRF250 RALLY<ABS>とCRF250 RALLY Type LD<ABS>の車体色に、さまざまなシーンにマッチする精悍な印象のブラックを新たに採用。従来のアグレッシブな印象のエクストリームレッドと合わせ、全2色※1のカラーバリエーションとしました。
●メーカー希望小売価格はメーカーサイトを御覧ください。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

MT-10 SP/TMAX530 DX/XMAX 300

世界的デザイン賞「iFデザインアワード」5年連続受賞

MT-10 SP/TMAX530 DX/XMAX 300









ヤマハ発動機株式会社のモーターサイクル「MT-10 SP」とスポーツコミューター「TMAX530 DX」、そしてスクーター「XMAX 300」が、国際的に権威のあるデザイン賞「iFデザインアワード2018」を受賞しました。いずれもプロダクト部門における受賞で、本賞受賞は5年連続となります。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

GSX-S750 ABS
GSX-S1000 ABS

アグレッシブなスタイリングに、高揚感のあるスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りを特長とする「GSX-S750 ABS」の仕様を一部変更して発売。

スズキ株式会社は、アグレッシブなスタイリングに、高揚感のあるスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りを特長とする「GSX-S750 ABS」の仕様を一部変更して2 月15 日に発売。また、特別色のマットブラックを2月26日に発売する。
●主な変更点
・ハンドルバーをアルミに変更
・車体色:3 色
黒/赤「グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド」(AV4)、
黒/青「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」(KEL)、
つや消し黒「マットブラックメタリックNo.2」(YKV) ※特別色
● 「GSX‐S750 ABS」の主な特長
エンジン
・ 一般公道での扱いやすさを追求した高出力(最高出力83kW/10,500rpm、最大トルク80Nm/9,000rpm)の749cm3直列4気筒エンジンは、「GSX‐R750」ゆずりの高揚感のあるスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りを実現。
・ 発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギヤポジション、スロットル開度等の情報を用いて、エンジン回転数をわずかに上げる「ローRPMアシスト」を採用し、発進・停車を繰り返す市街地走行などでの操作性を向上。
●メーカー希望小売価格(税込) 969,840円
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

GSX-S1000 ABS/GSX-S1000F ABS 
GSX-S1000 ABS

高揚感のある加速と軽快な走りを楽しめるロードスポーツバイクの「GSX-S1000 ABS」とフルカウルモデルの「GSX-S1000F ABS」に新色を追加して発売

スズキ株式会社は、高揚感のある加速と軽快な走りを楽しめるロードスポーツバイク
「GSX‐S1000 ABS」、「GSX‐S1000F ABS」に新色を追加して、「GSX‐S1000 ABS」を2 月15日、「GSX-S1000F ABS」を2月26 日より発売する。

●主な変更点
・設定色
「GSX-S1000 ABS」 3 色
新色_ :白/黒 「パールグレッシャーホワイト/グラススパークルブラック」(AGT) ※特別色
既存色 :黒/青 「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」(KEL)
:つや消し黒 「マットブラックメタリックNo.2」(YKV) ※特別色

「GSX-S1000F ABS」 3色
新色_ :黒 「グラススパークルブラック」(YVB)
既存色 :黒/赤 「グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド」(AV4)
:黒/青 「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」(KEL)
GSX-S1000 ABS 「GSX‐S1000 ABS」、「GSX‐S1000F ABS」は、スーパースポーツバイク「GSX‐R1000」のエンジンをベースとした直列4 気筒エンジンを搭載。高回転域の出力特性を損なうことなく、力強い低中速トルクにより街中やワインディングロードでの高揚感のある加速を楽しめる特性とした。また、軽快にライディングを楽しむため、軽量フレームをはじめとした小型・軽量な車体を新開発した。
街中からワインディングまでの多様な走行シーンにおいて軽快でニュートラルなハンドリングと、アップハンドルによる前傾の少ない乗車姿勢を実現した。
●メーカー希望小売価格(税込) GSX-S1000 ABS 1,131,840円 / GSX-S1000F ABS 1,185,840円
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

FJR1300AS/A
FJR1300AS/A

スポーツツアラー「FJR1300AS/A」のカラーリングを変更
ヤマハ“スポーツツーリング”最高峰モデルとしての存在感を演出

ヤマハ発動機株式会社は、1,297cm 3水冷4ストロークDOHC・直列4気筒エンジンを搭載し、長距離ツーリング性能とスポーツ性能を兼ね備えたスポーツツアラー「FJR1300AS」および「FJR1300A」に新色を設定し、2018年2月20日より発売します。
2018年モデルは、新色1色を含む2色設定です。今回発売する新色の「マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)」は、質感とスポーティーイメージを両立させるマットブルーをベースカラーに採用し、ヤマハのもつスポーツツアラー最高峰モデルとしての存在感を演出しています。
FJR1300AS/Aソリッドなダークグレーをベースカラーに、高品質なイメージを表現する人気の「ダークグレーメタリックN」は継続販売します。
なお、「FJR1300AS」は、標準モデル「FJR1300A」に対し、クラッチ操作不要でシフトチェンジが可能なYCC-S(ヤマハ電子制御シフト)、電動調整サスペンション、コーナーリングランプ(LED)などを採用した上級モデルです。
●メーカー希望小売価格(税込)
FJR1300AS 1,836,000円 / FJR1300A 1,512,000円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

NMAX155 ABS
NMAX155 ABS

155ccスクーター「NMAX155 ABS」のカラーリングを変更
マットブラックとゴールドホイールの組み合わせなど
高級感をさらに強調

ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”を両立させる155cm 3“BLUE CORE※”エンジン搭載のスクーター「NMAX155 ABS」のカラーリングを変更し、3月20日より発売します。「NMAX155 ABS」は、所有感を感じるスタイリングや手軽な車体サイズ、リラックスしたライディングポジションを兼ね備える原付二種スクーター「NMAX ABS」の良さはそのままに、高速道路も走行可能な155cm 3 エンジンを搭載したモデルです。2018年モデルはニューカラー2色を含む3色設定で、高級感を更に強調したカラーリングとしました。「マットブラック2(マットブラック)」は、マットブラックをベースにゴールドホイールとゴールドエンブレムを採用し、“MAXシリーズ”上位モデルを感じさせる“質感”と“凄み”を表現しています。「ビビッドパープリッシュブルーカクテル5(ブルー)」は、光沢感のあるブルーにより、“高級感”と“遊び心”を演出しています。「ホワイトメタリック6」は継続販売します。
NMAX155 ABS製造は、当社のグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行います。
※ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE(ブルーコア)” を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「NMAX155 ABS」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号
●メーカー希望小売価格(税込) 378,000円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2018年バックナンバー
2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー
バイクパーツ・ウェア・ケミカル用品ならBE-LANDへ!