バイクインフォメーション

アンダーバー
MOTOROiD
MOTOROiD

Red Dot Award : デザインコンセプト2018 「MOTOROiD」が世界的デザイン賞で初の大賞受賞

ヤマハ発動機株式会社が「第45回東京モーターショー2017」などに出品し人気を博した「MOTOROiD(モトロイド)」が、世界最高峰のデザイン賞のひとつである「Red Dot Award:デザインコンセプト2018」において、大賞となる「Luminary award(ルミナリー賞)」を受賞しました。日本の企業が同賞を受賞するのは初めてのことです。
「Luminary award」は、世界55ヵ国より応募された5,640点のうち、1点のみが選ばれます。「MOTOROiD」は、 “Best of the Best” (上位40点)に選出され、さらにその中からトップ3として「Luminary award」にノミネートされていました。同賞の受賞は9月28日、シンガポールで行われた授賞式にて発表されました。
「MOTOROiD」は、“人とマシンが共響するパーソナルモビリティ”を目指したコンセプトモデルです。知能化と自律技術を適用した高度なバランス制御を実装、マシンが自らの状態をセンシングして重心移動によって起き上がりそのまま不倒状態を保ちます。また、ユーザーを認識して歩み寄ってくるほか、ライダーアクションに呼応するような反応を見せるHMI(Human-Machine Interface)機能など、さまざまな機能を備え、まるでパートナーのように振る舞います。“移動の道具”を超えたモビリティの未来像を提案しました。
外観は、荒々しい切削痕が残ったフレーム、あちこちに生々しく残った車体の傷、大きく磨り減って溝も消えかかったタイヤなど、技術とデザインの共創における苦悩や葛藤のプロセスを視覚的に伝えています。技術と機能を具現化するために、一から造形を行いました。
「Red Dot Award」は、ドイツの「Design Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)」主催による世界的な格式の高いデザイン賞で、プロダクトデザイン、コミュニケーションデザイン、デザインコンセプトの3部門で、毎年卓越したデザインが選定されています。「International Design Excellence Awards(IDEA)」、「iF Design Award」と並び世界3大デザイン賞の1つとも言われています。
なお「MOTOROiD」は、「International Design Excellence Awards(IDEA)」 “Gold(金賞)”も受賞しています。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

GSX250R
GSX250R

街乗りにおける日常的な扱いやすさとスポーティーなスタイリングを 特長としている「GSX250R」に新色を追加して発売

スズキ株式会社は、街乗りにおける日常的な扱いやすさとスポーティーなスタイリングを特長としている250ccロードスポーツバイク「GSX250R」に新色を追加して10月1日より発売する。
「GSX250R」の搭載する248cm3の2気筒エンジンは、平成28年国内新排出ガス規制に対応しながらフリクション低減や燃焼効率向上など、街乗りで多用する低中速の扱いやすさを重視した出力特性としている。「アーバンアスリート」をコンセプトに、都会や郊外を颯爽と駆け抜ける姿をイメージしたスタイリングは、テールカウル先端に向けてコンパクトにラインが集合するスポーティーなデザインとし、セパレートタイプのハンドルバー、前後分離式シートなどを採用しながら、快適なライディングポジションを実現した。
●主な変更点
新色の追加
※諸元に変更は無い。
●メーカー希望小売価格(税込) 
GSX250R(新色) 538,920円 / GSX250R 527,040円
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

V‐Strom(ブイストローム) 250/ABS
V‐Strom(ブイストローム) 250

ツーリングでの快適性と日常的な扱いやすさを両立させたスポーツアドベンチャーツアラー「V‐Strom(ブイストローム) 250」をマイナーチェンジ及び、ABS仕様を追加して発売

スズキ株式会社は、ツーリングでの快適性と日常的な扱いやすさを両立させ、幅広いユーザーのニーズに応えた、250ccスポーツアドベンチャーツアラー「V‐Strom(ブイストローム) 250」をマイナーチェンジ及び、ABS仕様を追加して、「V‐Strom250」を10月29日より、「V‐Strom250 ABS」を10月1 日より発売する。
「V‐Strom 250」は、街中から高速道路、山岳路まで、長距離ツーリングを快適に楽しむことができる、スポーツアドベンチャーツアラーのV‐Strom(ブイストローム)シリーズのエントリーモデルである。
エンジンは低中速の扱いやすさを重視した出力特性とし、車体には低いシート高や専用セッティングを施したサスペンションを 採用することで、良好な足つき性と取り回し性能を実現した。シリーズ共通イメージのスタイリングを採用し、ヘッドライトを中心にアウトドアギアのタフなイメージのデザインとした。
●主な変更点
マフラーカバーの変更、ABS仕様の設定
●メーカー希望小売価格(税込) 
V‐Strom(ブイストローム) 250 570,240円 / V‐Strom(ブイストローム) 250 ABS 602,640円
問合先:スズキ株式会社 0120-402-253

PW50
PW50

キッズ向けファンバイク 「PW50」 2019年モデルを発売
上級オフロードレーサーの最新カラー&グラフィックイメージを採用

ヤマハ発動機株式会社は、オートマチックエンジン搭載のキッズ向けファンバイク「PW50」 2019年モデルについて、上級オフロードレーサー「YZシリーズ」 2019年モデルと共通イメージのカラー&グラフィックを採用し、2018年10月25日より発売します。
「PW50」は、体重25kg以下の子ども向けオフロード入門モデルで、初代から37年のロングセラーモデルです。
主な特徴は、1)運転操作が容易なオートマチックユニット、2)コンパクトで扱い易いボディ、3)メンテナンス負荷の少ないシャフトドライブ、4)自転車と同じ操作の左右レバー式ハンドブレーキなどです。
●メーカー希望小売価格(税込) PW50 167,400円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

MOTOROiD
MOTOROiD

世界3大デザイン賞「IDEA」で最高位の金賞を初受賞 「MOTOROiD」がRed Dot Awardに続く栄冠を獲得

ヤマハ発動機株式会社が「第45回東京モーターショー2017」などに出品し人気を博した「MOTOROiD(モトロイド)」が、世界最高峰のデザイン賞のひとつである米国の「International Design Excellence Awards(IDEA)」において最高位のGold(金賞)を受賞しました。当社が同賞を受賞するのは初めてのことです。38回目となる今回のIDEAには世界各国より史上最多となる1,870点を超える応募があり、金・銀・銅賞をあわせて145点が受賞しました。また「MOTOROiD」のデザイン賞受賞は、「Red Dot Award:デザインコンセプト2018」“Best of the Best”に続き2つ目です。
「MOTOROiD」は、“人とマシンが共響するパーソナルモビリティ”を目指したコンセプトモデルです。知能化と自律技術を適用した高度なバランス制御を実装、マシンが自らの状態をセンシングして重心移動によって起き上がりそのまま不倒状態を保ちます。また、ユーザーを認識して歩み寄ってくるほか、ライダーアクションに呼応するような反応を見せるHMI(Human-Machine Interface)機能など、さまざまな機能を備え、まるでパートナーのように振る舞います。“移動の道具”を超えたモビリティの未来像を提案しました。
外観は、荒々しい切削痕が残ったフレーム、あちこちに生々しく残った車体の傷、大きく磨り減って溝も消えかかったタイヤなど、技術とデザインの共創における苦悩や葛藤のプロセスを視覚的に伝えています。技術と機能を具現化するために、一から造形を行いました。
「IDEA」は、アメリカ工業デザイナー協会(Industrial Designers Society of America)が主催する世界最高峰のデザイン賞のひとつです。革新性やユーザーエクスペリエンス、審美性などの観点から審査が行われ、自動車や家具、医療機器、産業機械など多彩なカテゴリーから卓越したデザインが選定されます。「iF Design Award」、「Red Dot Award」と並び世界3大デザイン賞の1つとも言われています。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

SR400
SR400

デビュー40周年を迎えたロングセラーモデル「SR400」を発売 排出ガス規制に適合、従来の乗り味とスタイリングを継承し復活 40th Anniversary Editionを数量限定で同日発売

ヤマハ発動機株式会社は、2017年に生産を終了した「SR400」を従来の個性はそのままに、「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合させ11月22日より発売します。また、発売40周年を記念した「SR400 40th Anniversary Edition」を数量限定500台で同日より発売します。
「SR400」は、心地よい鼓動感のビッグシングルエンジン、シンプルかつ美しいスタイリング、キックスターター方式、といった1978年の発売以後、熟成と深化を重ねた “SRらしい”個性が人気のロングセラーモデルです。
新たな特徴は、1)優れた環境性能と燃費性を実現するO 2フィードバック制御の精度向上、2)蒸発ガソリンの外気への排出を低減するキャニスターの採用、3)音響解析技術を駆使し、低音と歯切れの良さを向上させた新マフラー、などです。なお、キックスターターやデコンプレバーなどは従来モデルから継続採用しています。
カラーリングは、ブラックとメッキの金属感を調和させ、本質的な魅力を表現した「ヤマハブラック(ブラック)」と、リラックス&カジュアルな印象をアピールした「グレーイッシュブルーメタリック4(ブルー)」を設定しました。
「SR400 40th Anniversary Edition」は、「ベリーダークオレンジメタリック1(ブラウン)」をベースに、職人の手作業によるサンバースト塗装 ※を施したフューエルタンクや真鍮音叉エンブレム、サイドカバーの電鋳SRエンブレムなど、素材から塗装まで所有感を満たす装飾にこだわり、SRの歴史や世界観が凝縮されたモデルです。
※サンバースト塗装:ベースの基本色にぼかし塗装を施す塗装
●メーカー希望小売価格(税込) SR400 572,400円 / SR400 40th Anniversary Edition 691,200円
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2018年バックナンバー
2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー
バイクパーツ・ウェア・ケミカル用品ならBE-LANDへ!