バイクインフォメーション

アンダーバー
VFR800F/VFR800X
VFR800F パールグレアホワイト(ストライプ)

「VFR800F」「VFR800X」のカラーバリエーションを変更するとともにETC2.0車載器を標準装備し発売

Hondaは、扱いやすい出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・V型4気筒800ccエンジンを搭載した大型ツアラーモデル「VFR800F」と大型クロスオーバーモデル「VFR800X」のカラーバリエーションを変更するとともに、ETC2.0車載器を標準装備し、「VFR800F」の「ヴィクトリーレッド」と「VFR800X」を12月14日(金)に、「VFR800F」の「パールグレアホワイト(ストライプ)」を2019年3月8日(金)にHonda Dreamより発売します。
今回、VFR800Fの気品漂う上質なスタイリングには、1980年代に米国のレースシーンで活躍した「VFR750F インターセプター」を想起させるカラーリングのパールグレアホワイト(ストライプ)を新たに採用。サイドカウルに「INTERCEPTOR」ロゴを配するとともに、フレームにシルバー、ホイールにはパールホワイトの塗装を施すことで、スポーティーなイメージをより高めました。
VFR800Fのカラーバリエーションは、新色のパールグレアホワイト(ストライプ)と従来色のヴィクトリーレッドの全2色を設定。VFR800Xのカラーリングは、現行色のキャンディープロミネンスレッド1色の設定としています。
また、従来から標準装備されているETC車載器を、今後もさまざまな情報提供などが予定されているETC2.0車載器にバージョンアップしています。
●メーカー希望小売価格は、メーカーサイトを御覧ください。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CB400 SUPER FOUR/CB400 SUPER BOL D'OR
CB400 SUPER BOL D'OR

「CB400 SUPER FOUR」と「CB400 SUPER BOL D'OR」のタイプ設定とカラーバリエーションを変更して発売

Hondaは、扱いやすい出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列4気筒エンジンを搭載したロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」にABSを標準装備。防風効果の高いハーフカウルを装着した「CB400 SUPER BOL D'OR(スーパーボルドール)」には、ABSやスポーツグリップヒーター、ETC2.0車載器を標準装備しました。CB400シリーズは、装備の見直しを図り従来の4タイプから2タイプの設定としています。また、両モデルのカラーバリエーションを変更して、Honda Dreamより11月26日(月)に発売します。
今回、CB400 SUPER FOURとCB400 SUPER BOL D'ORのカラーバリエーションに、躍動感あるホワイトとブルーを主体色にレッドのストライプを採用したアトモスフィアブルーメタリックと、重厚感のあるダークネスブラックメタリックを新たに設定。従来のキャンディークロモスフィアレッドと合せてそれぞれ3色設定としています。また、CB400 SUPER BOL D'OR に標準装備されるETC2.0車載器は、今後もさまざまな情報提供などが予定されています。
●メーカー希望小売価格は、メーカーサイトを御覧ください。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

NC750X/NC750S
NC750X キャンディークロモスフィアレッド

「NC750X」の仕様充実とカラーバリエーションを変更するとともに「NC750X」「NC750S」にETC2.0車載器を標準装備し発売

Hondaは、力強いトルク特性で扱いやすく燃費性能に優れた直列2気筒750ccエンジンを搭載した、「NC750X」の全タイプにABS(アンチロック・ブレーキ・システム)、グリップヒーター、Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を標準装備するとともに、カラーバリエーションを変更。また、「NC750X」「NC750S」の全タイプにETC2.0車載器を標準装備し、Honda Dreamより11月22日(木)に発売します。
クロスオーバースタイルのNC750Xに標準装備したHSTCは、滑りやすい路面状況などでECU(エンジン・コントロール・ユニット)が後輪のスリップ率を検知演算し、燃料噴射量を制御。エンジントルクを最適化することで後輪の駆動力を抑制します。また、2段階のトルクコントロール介入レベルの選択、およびトルクコントロールを必要としない状態が選択できるなど、走行状況に応じた制御を行うことでライダーの快適な走りに寄与します。
NC750X、NC750Sの全タイプに標準装備したグリップヒーターは、実用的かつ操作性に優れたスポーツ・グリップヒーターとして、Hondaスポーツモデルユーザーの快適性の向上に寄与しています。
また、NC750X、NC750Sの全タイプに標準装備したETC2.0車載器は、今後もさまざまな情報提供などが予定されています。
●メーカー希望小売価格は、メーカーサイトを御覧ください。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CB1000R
CB1000R

大型ネイキッドロードスポーツモデル「CB1000R」に新色を追加しETC2.0車載器を標準装備して発売

Hondaは、軽量かつコンパクトな車体に高性能な水冷4ストローク・DOHC 4バルブ・直列4気筒1000ccエンジンを搭載した大型ネイキッドロードスポーツモデル「CB1000R」に、新しいカラーバリエーションとして都会的なイメージの「ソードシルバーメタリック」を追加。さらに、ETC2.0車載器を標準装備してHonda Dreamより12月14日(金)に発売します。
カラーバリエーションは、街中でも映える洗練された大人のイメージの「ソードシルバーメタリック」を追加色として設定。従来の高質で鮮やかなキャンディークロモスフィアレッドと精悍なグラファイトブラックと合わせて全3色を設定しています。また、従来から標準装備されているETC車載器を、今後もさまざまな情報提供などが予定されているETC2.0車載器にバージョンアップしています。
CB1000Rは、スポーツバイクとしての普遍的な魅力である操る楽しさを実現するため、走りのパフォーマンスを最大化させるとともに、マスの集中化と軽量化により上質な走りを具現化したモデルです。スロットルグリップ操作に対してリニアに反応するスロットルバイワイヤシステムを採用。走行モードは、「SPORT」「STANDARD」「RAIN」のプリセットモードと、ユーザーが任意に設定できる「USER」モードの4種類から選択できます。また、走行中にクラッチとスロットル操作なしでシフトチェンジが可能となるクイックシフターなどの電子制御技術を採用しています。
●メーカー希望小売価格は、メーカーサイトを御覧ください。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CRF1000L Africa Twin
CRF1000L Africa Twin

大型アドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」のカラーバリエーションを変更するとともに、全タイプにETC2.0車載器を標準装備し発売

Hondaは、大型アドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」のカラーバリエーションを変更するとともに、全タイプ共通でETC2.0車載器を標準装備し、Honda Dreamより12月14日(金)に発売します。
今回、「CRF1000L Africa Twin」には、鮮やかでスポーティーな印象のグリントウェーブブルーメタリックを主体色としたトリコロールを新採用。従来色のグランプリレッドとマットバリスティックブラックメタリックを合わせた全3色のカラーバリエーションとしました。
グランプリレッドは、従来色を継続しながらも、シャープな印象をあたえる新たなカラーストライプを採用。マットバリスティックブラックメタリックはホイールカラーをゴールドとすることで、軽快で華やかな印象としています。また「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」には、従来色のパールグレアホワイトを継続採用しています。
CRF1000L Africa Twin、CRF1000L Africa Twin Adventure Sportsの全タイプに標準装備したETC2.0車載器は、今後もさまざまな情報提供などが予定されています。
●メーカー希望小売価格は、メーカーサイトを御覧ください。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CBR1000RR/CBR1000RR SP
CBR1000RR グランプリレッド

スーパースポーツモデル「CBR1000RR」「CBR1000RR SP」の電子制御機能を熟成させるとともに、カラーリングの一部を変更し発売

Hondaは、水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒1000ccエンジンを搭載した大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR」「CBR1000RR SP」の電子制御機能を熟成し「操る楽しみ」をさらに追求するとともに、カラーリングの一部を変更し、Honda Dreamより2019年1月18日(金)に発売します。
今回、CBR1000RRとCBR1000RR SPのスポーツライディングをサポートする電子制御機能を熟成。コーナリング時や加速時の後輪スリップと、加速時の前輪浮き上がり(ウイリー)を抑制する「Hondaセレクタブル トルク コントロール(HSTC)」の機能に、旋回中のタイヤ周長変化の精度を上げた制御を取り入れることでHSTC作動をよりきめ細かくしました。さらに、後輪スリップ抑制に対する制御介入量が9段階で任意に選択できることに加え、従来モデルではHSTCが一括制御していた領域である後輪スリップの抑制と、ウイリーの抑制をそれぞれ独立した制御へと変更。「ウイリーコントロール」として制御介入量を3段階で任意に選択可能にし、よりライダーの好みに応じたHSTCの設定変更を実現しています。
また、スロットルグリップ開度をセンサーで検出し、スロットルバイワイヤ(TBW)モーターに駆動信号を送ることでスロットルバルブを制御する「スロットルバイワイヤシステム」では、TBWモーターの駆動スピードを上げ、スロットル戻し時の応答性を高めたほか、スロットル操作に対する出力特性を5段階で任意に選択できる「パワーセレクター」において、全てのギアでピーク出力まで引き出せる「レベル1」の出力特性設定を変更し、よりトルクフルな加速を実現しています。
 スーパースポーツモデル専用ABSでは、スポーツライディング時における高速度領域でのブレーキコントロール性をより考慮した制御設定に変更しています。
●メーカー希望小売価格は、メーカーサイトを御覧ください。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

CBR250RR
CBR250RR

軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」のカラーリングを変更し発売

Hondaは、水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列2気筒250ccエンジンを搭載した軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」のカラーリングを変更し、「グランプリレッド」、「マットガンパウダーブラックメタリック」、「パールグレアホワイト」は11月22日(木)に、「グランプリレッド(ストライプ)」は12月14日(金)に発売します。
今回、CBR250RRの先鋭的なスタイリングをより際立たせるカラーリングとして、新色のグランプリレッドにくわえ、現行色のマットガンパウダーブラックメタリックのストライプデザインとパールグレアホワイトのアンダーカウルのカラーをグレーからブラックに変更。また、鮮やかなレッドに躍動感のあるストライプを組み合わせることでレーシングイメージをより高めたグランプリレッド(ストライプ)を新たに採用し、全4色のカラーバリエーションとしています。
●メーカー希望小売価格は、メーカーサイトを御覧ください。
問合先:本田技研工業株式会社 0120-086819

3CT
3CT

LMWコミューターのプロトタイプ「3CT」をEICMAに出展
「ひろがるモビリティの世界」を具現化するLMWのネクストステップ

ヤマハ発動機株式会社は、イタリア・ミラノで開催される「EICMA」(ミラノショー 一般公開:11月8日?11日)に、300cm 3水冷エンジンを搭載するLMW※1コミューターのプロトモデル「3CT」を出展します。
当社では、中期経営計画で掲げた成長戦略のひとつとして、「ひろがるモビリティの世界」を推進しています。LMWはその中核を担う技術のひとつであり、「TRICITY125」(2014年発売)を皮切りに、高速道路の走行 ※2が可能な「TRICITY155」(2017年発売)、845cm3エンジンを搭載したLMW初の大型スポーツモデル「NIKEN」(2018年発売)と、ラインナップをひろげてきました。
「3CT」は、フロント2輪が特徴のLMW機構を搭載したスポーツコミューターのプロトモデルです。旋回時の優れた安定感をはじめとするLMWの特長と、300cm 3エンジンの組み合わせで、スポーティかつ快適な平日のコミューティング、週末のファンライディングを提案します。
なお、「3CT」のほか、689cm 3 並列2気筒エンジンを軽量ダブルクレードルフレームに搭載したアドベンチャーモデル「Tenere700」、サイドケースやヒートグリップなどの各種装備を搭載し、長距離走行の快適性をより高めた「NIKEN GT」なども出展します。
※1 LMW= Leaning Multi Wheel。モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称、商標登録第5646157号。
※2日本の高速道路では、125ccを超える二輪車の走行が可能。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

Free Go (フリーゴー)
Free Go (フリーゴー)

「Free Go (フリーゴー)」をインドネシアで発売 エレガントなスタイルに実用性を兼ね備えたファミリー向けスクーター

ヤマハ発動機株式会社は、125cm 3 “BLUE CORE”エンジン搭載のスクーター「Free Go」を2018年11月からインドネシア市場で発売します。
「Free Go」は、“家族の快適をのせたファミリーコンパクト”をコンセプトに、エレガントなスタイリングと、使い勝手の良い実用機能をバランスさせたファミリー向けスクーターです。主な特徴は、1)軽量・低振動で快適な走りに貢献する “BLUE CORE”エンジン、2)始動用動力と発電を兼ね、静かな始動性を実現するとともに発電ロスを低減するスマート・モーター・ジェネレーター、3)ゆとりのある長さ720mmの居住性の高いシート、4)シート開閉の手間を省くフロント給油口、5)積載性に優れた大容量(約25L)のシート下収納ボックス、6)上質感と先進性を合わせもつ液晶メーター などです。
なお、標準モデルに加え、ストップ&スタートシステム やスマートキーを採用した「Iバージョン」、ABSを搭載した「Aバージョン」を設定しました。
インドネシアの二輪車市場は年間580万台規模 で推移しており、そのうちスクーター市場は年間480万 台※4規模です。市場価格帯によりベーシック、スタンダード、プレミアムと3つのセグメントに大別する中で、「Free Go」はベーシックからステップアップを図るお父さん世代をターゲットに開発しました。ファミリーで過ごす素敵な時間を演出する頼れるスクーターとして、家族を大切にするお父さんのニーズに応えます。
なお、製造・販売はグループ会社のYIMM(PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行います。
問合先:ヤマハ発動機株式会社  0120-090819

2018年バックナンバー
2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー
バイクパーツ・ウェア・ケミカル用品ならBE-LANDへ!