KYMCO CAPTURE125

充実の装備で納得の価格を実現したビジネスススクーター「CAPTURE125」!
激戦区の125ccクラスに堂々参戦!

試乗インプレッション

2008年8月中旬、KYMCOが投入するニューモデル「CAPTURE125」をどこよりも早く試乗インプレッション。

このCapture125のコンセプトは、ずばり「ビジネススクーター」。メットインスペースはもちろん、小物を収納することができるフロントインナーポケット、標準装備となるリアボックス…など、オプションを別途購入する必要はないほど基本的な収納性能が備わっている。

肝心の乗り味はトルクフルな「AGILITY125」を少しマイルドにした感じで、低速→中速→中高速と、スムーズに加速していってくれるから、トルク感こそ薄いものの、安定した乗り心地を提供してくれる。高速時の走行でも車体は安定しており、郊外までの中距離ライディングもラクラクこなしてくれそうだ。もちろん、フロントにはディスクブレーキが装備されているので、制動性能にも問題はない。

他のKYMCO車種同様、ワンプッシュで開閉するタンデムステップや、盗難抑止に効果が期待できるキーシャッター、少時間の駐輪に便利なサイドスタンドなど、押さえるところは押さえている点も安心の一台となっている。

KYMCOにしては珍しく外観の特徴が少なく感じるこの「CAPTURE125」だが、その真髄はコストパフォーマンスに集約されている。この「CAPTURE125」はなんと176,190円という驚きのメーカー希望小売価格を実現しているのだ。

その圧倒的なコストパフォーマンスは、派手さこそないものの、KYMCOのベストセラーを期待させる光を放っている。

ビジネス指向のニューモデルのCAPTURE125

低速から高速まで車体の安定性はすばらしい。

CAPTURE125 各種アングル

CAPTURE125 ディティール紹介

ヘルメットを1個収納することが出来るメットインスペース。フロアライトもついているので夜でも安心だ。

制動性に優れるディスクブレーキを採用。強力なブレーキパワーで安心のライディングが可能だ。

フロントカウルに埋め込まれたヘッドライトが特徴的。ウインカーはハンドル部分に配置されている。

鍵付きで小物入れに最適なフロントポケット部分。

標準装備となるリアボックスには最大2kgまで荷物を積載することが可能。

CAPTURE125キーシャッター

メインキーはワンタッチで開閉可能なシャッター付で安心。

試乗を終えて

ビジネススクーターとしてキムコが投入する「CAPTURE125」。やはり一番の強みは、「AGILITY125」と同様、125ccクラスのスクーターとしては破格のメーカー希望小売価格といえる。

同クラスの現行モデル「アドレスV125G(229,950円)」と比べるとその価格差はなんと約5.5万円。加えて、オプション設定となることの多い「リアボックス」や「サイドスタンド」が標準で装備されている点も特筆すべき特徴と言える。

良心的なプライスで、「購入直後から即戦力となるビジネススクーター」として、この夏注目の二種スクーターの登場だ。

 

CAPTURE125 スペック

メーカー希望小売価格\176,190-(本体価格\167,800-) ※中国製

形式   全長/全幅/全高 1,885mm/685mm/1,130mm
軸距 1,220mm シート高 750mm
乾燥重量 106.0kg エンジン形式 空冷4ストロークOHC単気筒
排気量 124.6cc 点火方式 CDI
最高出力 7.5kW/7,500rpm 最大トルク 9.6Nm/6,500rpm
始動方式 セルフ・キック 燃料タンク容量 6.8litres
変速機形式   タイヤサイズ (前)100/90-10 (後)100/90-10
ブレーキ形式 (前)油圧式ディスク (後)ドラム カラー ブラック/シルバー