バイクパーツインフォメーション

アンダーバー
蓄光キー・シャッター・カバー
蓄光キー・シャッター・カバー

通勤、通学など利便性の高い原付スクーターモデルに、暗所での施錠、開錠の際に便利な「蓄光キー・シャッター・カバー」を発売!

㈱ホンダアクセス(社長:柳内邦章)は、新たに原付スクーターのキー・シリンダー、キー・シャッター夜間使用時の使い勝手を向上させる「蓄光キー・シャッター・カバー」を『ディオ』 『ディオ チェスタ』 『リード』『トゥデイ』の4モデルに装着が可能なものとして設定した。今回の「蓄光キー・シャッター・カバー」は、上記4モデルの夜間や暗所におけるキー・シャッターの開閉や開施錠時の視認性向上に寄与する。「蓄光キー・シャッター・カバー」の素材には、蓄光材を含むABS樹脂製を採用し、太陽光や電灯などの光源から光を吸収することで発光する。カラーリングは淡いグリーンの1色設定としている。装着には両面テープを使用するため、電気配線等の必要もなく簡単に装着を可能としている。また、電気を使用していないため故障の心配もなく、原付スクーターの持つ利便性をさらに向上させる
●メーカー希望小売価格 \4,095(税込) ※ 価格には、取り付け費用は含まれておりません。
問合先:株式会社ホンダアクセス 0120-66-3521

「2010MotoGP + Moto2公式DVD R4 イタリアGP」DVD発売
「2010MotoGP + Moto2公式DVD R4 イタリアGP」DVD発売

ロードレース世界選手権MotoGP 全18戦レース終了約3週間後に発売。Moto2ダイジェストも盛り込んで、2010年より大幅リニューアル!

【特典映像】
MotoGPライダー独占インタビュー アンドレア・ドビツィオーゾ
青山博一 レースコメント 125cc ハイライト
MotoGP
V.ロッシ 連続参戦記録途絶える D.ペドロサが独走で今季初優勝!
衝撃に襲われた第4戦 イタリアGP。ホームレースに懸けるV.ロッシが、2回目のフリー走行で大転倒を喫し、その後の検査で開放骨折と診断。欠場を余儀なくされ、デビュー戦から続いていた史上最多となる連続参戦記録は、230で止まってしまった。ポールポジションはD.ペドロサ。そして、J.ロレンソ、C.ストーナーと続く。衝撃醒めやらぬ中スタートした決勝。ペドロサがホールショットを奪い、驚異的な速さを見せる。序盤こそ、これに続いたロレンソだったが徐々にその差は広がり、その後、A.ドビツィオーゾと熾烈な2位争いを展開する。終始、速さを保ったペドロサが今季初優勝。2位争いを制したのはロレンソ、惜しくも3位となったドビツィオーゾだが、これで今季3度目の3位表彰台。ストーナーはM.メランドリ、R.ド・プニエとの激しいバトルを制し、4位フィニッシュとなった。
Moto2
ポールポジションから絶好のスタートをきったイタリア人ライダーのA.イアンノーネが、序盤から後続を引き離し一度もトップを譲ることなく、地元 初優勝を飾った。
◆発売日 2輪用品店/メーカー先行発売:2010年6月27日/一般DVD取扱店発売:2010年7月7日◆価格:\2,300 (税込)
◆仕様:本編80分/特典映像10分/片面1層/リージョン2/カラー/16:9/ドルビーデジタル/(C)2010 DORNA SPORTS,S.L.
●発売元:株式会社ウィック・ビジュアル・ビューロウ フリーダイヤル:0120-19-8195

`09~ ZRX1200 DAEG NASSERT Evolution 3D UP マフラー
`09~ ZRX1200 DAEG NASSERT Evolution 3D UP マフラー

カワサキワークス チームグリーン(ZX-10R)も採用中!と同形状の
サイレンサー!

・ストレート排気パルスコーンシステムにより、濁りのないクリアーなサウンドを実現、更に専用ハニカム触媒
を装備し、排気ガス及び加速騒音もクリアー。(政府認証94db以下適合・平成19年度排ガス規制適合)
・3Dベンダーによる曲線美を最大限に生かした造形のエキパイは、ヒートフィニッシュによる美しい発色と共に
O2センサー標準対応などにより、低回転から高回転までフラットな特性の高性能を実現。
・サイレンサー色は、クリアーチタン(TI)、ブルーチタン(BL)の2種類を設定。
・ノーマル重量約14kgに比べ、約4.7kgと9.3kg(約66%)もの軽量化を実現。
・マフラーを装着したまま、オイル交換可能、ノーマルステップとの併用も可能。
・ジュラルミン総削出し専用タンデムステップホルダーと専用サイレンサーステーを標準装備する事でアグレッシブなUPスタイルを実現。
●メーカー希望小売価格 \234,150(税込)   問合先: 株式会社日本ビート工業 072-257-760

'08 ~CB1300SF/SB/ABS/Special NASSERT Evolution スリップオンマフラー
'08 ~CB1300SF/SB/ABS/Special NASSERT Evolution スリップオンマフラー

新世代Evolutionマフラー遂に始動!最高性能!最高精度!リアル官能フィーリングを体感して下さい!

・迫力のストレート排気ながら、政府認証94db以下適合品。(車検OK!)
・チタンテールパイプ(TI)の表面処理をヒートフィニッシュ仕様とする事で美しい外観と耐汚性を両立。
・サイレンサーは、チタン仕様(TI)、ブルーチタン仕様(BL) ロング(L)ショート(S)4種類を設定。
・マフラーを装着したまま、オイル交換、オイルフィルター交換可能、センタースタンド使用可能。
●メーカー希望小売価格 \87,150(税込)   問合先: 株式会社日本ビート工業 072-257-760

'10~Z1000 NASSERT Evolution T-2 マフラー
'10~Z1000 NASSERT Evolution T-2 マフラー

カワサキワークス チームグリーン(ZX-10R)も採用中!と同形状の
ショートタイプサイレンサー!

・ストレート排気パルスコーンシステムにより、濁りのないクリアーなサウンドを実現、更に専用ハニカム触媒を装備し、排気ガスもクリアー。(政府認証94db以下適合・平成19年度排ガス規制適合)
・ヒートフィニッシュによる美しい発色と共にO2センサー標準対応 アンダーカウルも取付けOK!
・サイレンサー色は、クリアーチタン、ブルーチタンの2種類を設定。
・ノーマルマフラー重量約14.5kgに比べ、約6.5kgとマイナス約8Kgの軽量化。
・マフラーを装着したまま、オイル交換可能、フィルター交換可能、ノーマルステップとの併用も可能。
・独自理論による新集合方式と2本出しサイレンサーによって、 突き抜けるピークパワー(後輪13ps以上)!
軽量化によるメリットとの相乗効果で発進時からスムーズな加速を実現。
●メーカー希望小売価格 \252,000(税込) 問合先: 株式会社日本ビート工業 072-257-760

VFX-W
VFX-W

世界を魅了し、日本が待ち望んだモトクロスヘルメットすべての頂点へ!

日本に先駆けて海外でリリースされると共に、
アメリカはもちろんのこと世界各国の
モトクロスライダーを魅了した、VFX-W。
SHOEIだからこそなし得たこれまでにない斬新なフォルムと安全性。
日本のモトクロスライダーも待ち望んだフォルムと安全性がいよいよここに誕生しました。

◆規 格:JIS規格、MFJ公認◆サイズ:XS(53㎝)、S(55㎝)、M(57㎝)、L(59㎝)、XL(61㎝)、XXL(63㎝)
◆カラー:ホワイト、ブラック、マットブラック◆構 造:AIM+(Advanced Integrated Matrix Plus Multi-Fiber)強靱なガラス繊維と3次元形状とした有機繊維の複合積層構造を基に、高い弾性性能を持つ高性能有機繊維をプラス、軽量でありながらも剛性弾性に優れる高性能なシェル構造。◆付属品:布袋、マッドガード、バイザー反射防止シート(ホワイトのみ)
●メーカー希望小売価格 45,150円(税込) 問合先: 株式会社SHOEI

XR-1100
XR-1100

全世界が認めた新世代プレミアムフルフェイス!

世界中のライダーに支持されてきたベストセラーモデル「XRシリーズ」が、ついに日本初登場。
ライディングでの感動を呼び起こすエモーショナルなデザイン、幅広いバイクカテゴリーに対応するハイスペックな機能、そして、妥協を許さず追求した安全性。
世界が望んだプレミアムスポーツフルフェイス、XR-1100が、日本のライディングシーンを革新する――。
◆規 格:JIS規格、MFJ公認◆サイズ:XS(53㎝)、S(55㎝)、M(57㎝)、L(59㎝)、XL(61㎝)、XXL(63㎝)
◆カラー:ホワイト、クリスタルホワイト、ブラックメタリック、マットブラック、パールグレーメタリック、ワインレッド
◆構 造:AIM+(AIM+:Advanced Integrated Matrix Plus Multi-Fiber)強靱なガラス繊維と3次元形状とした有機繊維の複合積層構造を基に、高い弾性性能を持つ高性能有機繊維をプラス、軽量でありながらも剛性弾性に優れる高性能なシェル構造。◆付属品:布袋、ブレスガード、チンカーテン、メンテナンスキット、CW-1 PinlockR fog-free sheet
●メーカー希望小売価格46,200円(税込) 問合先: 株式会社SHOEI

2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー