KAWASAKI Ninja 250R試乗インプレッション

水冷2気筒・DOHC4バルブ・フューエルインジェクション搭載!
バイク業界久々の250ccフルカウルスポーツバイク「Ninja250R」が登場!

Ninja 250R 試乗インプレッション

2008年、バイク業界としては久々のピュアスポーツバイクがカワサキから発売された。 Ninjaシリーズの最小排気量モデルとして「Ninja」の名を冠せられた「Ninja250R」を今回は試乗インプレッション 。

さっそくエンジンを始動する。FI化されたエンジンのかかりはとてもスムーズで、街乗りでの感覚はセパレートながらもアップハンドルということもあり、スポーツ車というよりはネイキッドのオンロードモデルに乗っている様な、楽なライディングポジションだ。 タンクもスリムでニーグリップがしやすく、ストレスを感じさせないライディングポジションやテキパキとしっかり効いてくれるブレーキなどのおかげで、『走りを楽しむこと』ができる車輌だと言える。

また、燃費も一般道で26km/L前後、高速道路では30km/L以上伸び、タンク容量が17Lと大容量なので、1給油での航続距離は450〜500kmぐらい。ロングツーリングにも十分対応できるし、経済的だ。

次に峠へ。街中での走りに比べ少し引っ張ってみる。高回転域で操作してみると、この車輌の面白さが姿を現してくる。
街乗りでのメリハリの無い通勤運転では、やはり250ccクラスの車輌での非力感は拭えないか…と思っていたのだが、少しアクセルを捻って5000回転以上回してみるとスポーツバイク特有の吹け上がりを発揮。大型クラスの様な強烈な加速というわけにはいかないが、適度な加速とエンジンの吹け上がりで、バイクを操る楽しみを実感することが出来るのだ。特に8000〜11000rpm辺りで丁度良い感じにライントレースすることができ、峠を楽しむことができた。

足つき性は下写真の通り(※ライダーは身長180cm)。シート幅が狭めなので、足つき性は良い部類に入るだろう。
それにしても、このNinja250Rの間口の広さが素晴らしい。操作性や足つき性はピュアスポーツながらも初心者や女性ライダーのファーストマシンとして最適な一台となっているにもかかわらず、中級者以上のライダーが乗ってもライディングを楽しむことができるマシンに仕上がっている。
メーカー希望小売価格が498000円というロープライス設定でありながら、あらゆるライダー層がそれぞれに楽しむことができるクォータースポーツバイク。
スクーター主流の現在のバイク業界に新たな風を吹き込んでくれそうだ。



Ninjaの名を冠せられたピュアスポーツモデル
「Ninja250R」。

中回転〜高回転を使ったスポーツ走行が魅力的なモデルだ。

Ninja 250R ポジション

 

 

 

Ninja 250R 各種アングル

Ninja 250R ディティール紹介

視認性の高いアナログスピードメーターに加え、左にアナログタコメーター、右に水温計が配置されている。

U字ロックが収納可能なリアシート下部分。

フロントには大径290 mmのディスクブレーキを装備し、スポーツ走行をしっかりサポートしてくれる。

もちろん、リアブレーキもディスク(220mm)を採用。少し上がり気味のマフラーがスポーツ感を演出している。

シャープなラインのシート。幅は狭めなので、足つき性が向上している。

テールカウル部分。
ウインカーは前後ともにクリアレンズを採用している。

Ninja 250R スペック (2008年モデル)

メーカー希望小売価格 \498,000-(本体価格\474,286-)
カラー ・ライムグリーン ・エボニー ・キャンディプラズマブルー

形式 JBK-EX250K 全長/全幅/全高 2,085mm×715mm×1,110mm
軸距 1,400mm シート高 775mm
乾燥重量 151kg エンジン形式 水冷4ストローク並列2気筒/DOHC4バルブ
排気量 248cc 点火方式 デジタル
最高出力 23 kW(31 PS)/11,000rpm 最大トルク 21N・m(2.1 kgf・m)/8,500 rpm
始動方式 セルフ式 燃料タンク容量 17litres
変速機形式 常噛6段リターン タイヤサイズ (前)110/70-17 M/C 54S (後)130/70-17 M/C 62S
ブレーキ形式 (前)シングルディスク290(外径)
(後)シングルディスク220(外径)
カラー ・ライムグリーン ・エボニー
・キャンディプラズマブルー

・関連リンク
Ninja250Rスペシャルサイト
Ninja250R の検索結果