menu
店長の独り言
now roading
Corporate Profile

旧車・絶版車カスタム
リビルド、バイク販売
オートショップ TAKE

店舗写真

株式会社 オートショップ TAKE(タケ)
〒658-0054 
兵庫県神戸市東灘区御影中町7丁目8-15
TEL:078-843-6422
FAX:078-843-5422
営業時間:11:00~18:00
定休日:
毎週水曜・第3日曜・第2/第3木曜
ユニコーンジャパン特約店

バイクリスト

カワサキ ZRX1200 DAEG カワサキ ZRX1200 DAEG SOLDOUT(ご成約頂きました)
183万円
年式:2016年 距離: 4,100km
保険:2021年9月 色:グリーン

ZRX1200ダエグは2009年2月1日発売された。日本国内の販売を担当するカワサキモータースジャパンが中心となって企画された車両でZRX1200Rが自動車排出ガス規制強化などにより生産終了となった後に規制に対応するために開発された。ZX-10Rをベースとしたフューエルインジェクションシステムが搭載された。総排気量は従来と同じ1,164ccだが発進と停止の繰り返しが多い道路事情や峠等でのツーリングするライダーが増えつつある日本市場の特殊性を考慮して再び出力重視の設定としたため、最高出力は110psまで引き上げられた。これに対応するためZZR1200をベースとした6速トランスミッションに変更され、燃料はハイオクガソリン仕様となった。カウルはフロントが若干大型化され、LEDテールランプはZX-6Rと同形状の物が装備された。ETC車載機に考慮したメーターが装備され、新型ダブルリフレクター式ライトが採用された。タンクの形状は日本専売ということで日本人の体型に合わせるようになだらかな形状に変更されている。ホイールはZZR1400と同形状のものが装備され、従来装備されていたFブレーキ6ポットキャリパーは新型4ポットキャリパーに変更され、前後ともにペタルブレーキディスクを標準装備している。2016年10月の自動車排気ガス規制の影響を受け2016年9月に発表されたファイナルエディションをもって生産は終了となる。
ホンダ CB1100 ホンダ CB1100 SC65 CB1100R仕様 (ドレミコレクション)仕様変更できます!
価格応談円
年式:- 距離: 0km
保険: 色:トリコロール

往年の名車CB1100Rへ変身させたSC65入庫です♪車両を持ちこんでのカスタムもOKです
カワサキ 500SS カワサキ 500SS 500SS マッハⅢ H1F 国内モデル 1974年 (現状販売)
290万円
年式:1974年 距離: 37,720km
保険:2023年5月 色:パープル

オイルの滲みなどはありますがキック一発でEg始動OKです♪保証は付きませんが整備渡しです♪ 1969年に北米で販売を開始した500cc(H1)の成功を受け1972年モデルでは4車種の2ストローク3気筒車群を形成し、これをマッハシリーズと呼んだ。1976年モデルでこれら車種の名称をKHシリーズへと変更するまで、このマッハの愛称が用いられ、各排気量を持つ車種に対してそれぞれマッハI・マッハII・マッハIII/マッハIVと命名された。500ccモデルのH1発売時、もともとMACHIIIの“III”は3気筒を意味するものであったが同様に3気筒である250ccモデルと350ccモデル・400ccモデルでは3気筒を意味するIIIの愛称はなぜか用いられていない。検査受け渡しの現状販売になります♪
ホンダ CB400Four ホンダ CB400Four CB400Four 国内物 当時物キャストホイール 1977年
価格応談円
年式:1977年 距離: 38,000km
保険: 色:レッド

希少なCB400Fourが入りました(^o^)/ CB400の国内物になります♪ キャストホイールも決まってます♪
カワサキ ゼファー400χ カワサキ ゼファー400χ SOLDOUT(ご成約頂きました)
190万円
年式:2006年 距離: 35,000km
保険:検受渡 色:エボニー(E3カラー)

遂に完成しました♪ Z400FX仕様です♪ 外装・マフラーなど新品パーツで仕上げました♪ カワサキの名車Z400FXをゼファー400χでお届けすることができるようになりました。1970年代の憧れのエフエックスです。FXの外装パーツを組み付け、ケイファクトリーの極太マフラーで当時を再現しております。カラーは、E1・E2・E3・E4の各色ご準備できます。また、ノーマル車両を持ち込んでいただき制作することも可能です。現車を展示しておりますのでお気軽にお越しいただきご自身の目で確認してください。
ホンダ CT125・ハンターカブ ホンダ CT125・ハンターカブ CT125ハンターカブ ABS 国内モデル Kファクマフラー 各色OK(注文販売)
48万円
年式:2021年 距離: -
保険: 色:各色OKです

Kファクトリー製のマフラー付きになります また、別途50,000円でYSSサスペンションもご用意できます♪ CT125・ハンターカブは、普段使いの気軽さに加えて郊外へのツーリングやキャンプなどさまざまなアウトドアレジャーへの移動手段として楽しみをより一層拡げる機能性を備えたモデルです。車体は、C125をベースに市街地走行から郊外へのツーリングや林道でのトレッキングなど幅広い走行状況を想定した車体諸元とフレーム剛性バランスの最適化を図るとともに不整地でのトレッキング性能をより高める装備として110mmのストローク量を持たせたフロントフォーク、アップマフラーやアンダーガードなどを採用しています。また前後にディスクブレーキを採用し、エンジンは左手によるクラッチ操作を必要としない自動遠心クラッチを採用した。
ヤマハ アクシス トリート ヤマハ アクシス トリート ヤマハ AXISトリート SE53J インジェクション 2015年
12万円
年式:2015年 距離: 14,725km
保険: 色:ブラック

手ごろなサイズで人気のトリート入庫です♪試乗・即納・通販OKです♪ 台湾で製造販売している勁風光を日本仕様にしたもので、ヤマハ発動機販売が製造した車体を正規に輸入し販売されている。不景気の煽りを受け、維持費や任意保険などが安価に対応でき、また通勤や近距離の足として、住宅事情・駐禁問題の起こる都市部の駐車スペースのコンパクトさが売りとなり小型自動二輪車が脚光を浴びており販売台数が伸びていたがGアクシス以降の新車が登場していなかったこともありニーズに応えるためにもこの車種が登場した。車体は旧型のシグナスシリーズをベースとしており、エンジンも旧型同様の4ストロークSOHC2バルブ単気筒124ccであるが、排ガス規制対応や始動性向上のために燃料噴射装置を搭載させている
スズキ アドレスV125S スズキ アドレスV125S SOLDOUT(ご成約頂きました)
15万円
年式:2015年 距離: 9,600km
保険:2022年1月 色:ブルー

人気の125Sの入庫です♪試乗・即納・通販も大歓迎です♪自賠責保険付き♪ アドレスV125Sは2010年8月に発売された。車体を構成する要素の大部分とエンジン性能などはV125の2009年モデルを踏襲したものとなっているが外装および装備を大幅に変更しており特に車体のデザイン面においては、よりエッジとボリュームが強調されたものとなっている。装備面では速度計の取り出し及びオドメーターがケーブル式から電子式へと変更となり、メーターパネルの機能も燃料計・時計/走行距離数・オイル交換推奨時期などを液晶表示する多機能なものへと刷新されている。その他、トルクリミッター式燃料タンクキャップ、左右2箇所のヘルメットホルダー、燃料タンクの増量などの採用により使い勝手が大幅に向上している
スズキ アドレスV125S スズキ アドレスV125S SOLDOUT(ご成約頂きました)
12万円
年式:2015年 距離: 21,020km
保険: 色:ブラック

人気の125Sの入庫です♪試乗・即納・通販も大歓迎です♪自賠責保険付き♪ アドレスV125Sは2010年8月に発売された。車体を構成する要素の大部分とエンジン性能などはV125の2009年モデルを踏襲したものとなっているが外装および装備を大幅に変更しており特に車体のデザイン面においては、よりエッジとボリュームが強調されたものとなっている。装備面では速度計の取り出し及びオドメーターがケーブル式から電子式へと変更となり、メーターパネルの機能も燃料計・時計/走行距離数・オイル交換推奨時期などを液晶表示する多機能なものへと刷新されている。その他、トルクリミッター式燃料タンクキャップ、左右2箇所のヘルメットホルダー、燃料タンクの増量などの採用により使い勝手が大幅に向上している
ホンダ スーパーカブ90DX ホンダ スーパーカブ90DX SOLDOUT(ご成約頂きました)
22万円
年式:2008年 距離: 23,200km
保険:2023年6月 色:グリーン(オリジナル)

最終モデルです♪自賠責保険は5年6月までタップリ残っております♪ 太いパイプとプレス鋼板で構築されたフレームに耐久性に富みしかも低燃費な自然空冷式4ストローク単気筒エンジンを搭載。自動遠心式クラッチを組み合わせた常時噛合式3段変速機とフルカバードされたチェーンで後輪を駆動する。なお自動遠心クラッチによりハンドレバーによる操作は不要のため日本の運転免許制度ではオートマチック限定免許でも運転が可能である。フラットなステップフロアを持つスクーターほどではないがスカートを履いた女性でも容易に両足を渡しての乗車が可能である。この構造はサドル前方のフレームに燃料タンクを取り付ける一般的オートバイのレイアウトは使えないが、低く下がったフレーム上に燃料タンクを配置している。
【 総数:22件(1~10件を表示) 】 1 2 3 次へ>>