明石海峡航路旅客船健自動車渡船、「まりん・あわじ」就航、原付バイク輸送開始

アンダーバー

兵庫県二輪自動車協同組合より 全国の原付ライダーの皆様へ

平成22年11月の明石海峡フェリー休止以降、明石海峡大橋を通行できな125cc以下のバイクの明石・淡路市間、移動手段がありませんでした。





国、兵庫県、明石市、淡路市、㈱淡路ジェノバラインにて協議の結果、淡路市が船舶を建造、明石市が公共浮桟橋を整備、運航を㈱淡路ジェノバラインにて行うこととなり、平成27年9月23日より明石海峡航路旅客船健自動車渡船、「まりん・あわじ」が就航しバイクの輸送を開始、4年9か月ぶりに原付バイクの海峡移動が可能となりました。

当組合では、全国のライダー皆様から頂いた署名を持ち淡路市、明石市、㈱ジェノバ、㈱淡路ジェノバライン、他関係団体へ出向き陳情を行いました。 ここに、署名活動にご協力いただいたライダーの皆様へ御礼申し上げるとともに、就航に尽力された関係各方面の皆様に感謝申し上げます。



「まりん・あわじ」


航路 岩屋港⇔明石港
総トン数 118トン
定員 旅客180名 乗員3名 125cc以下バイク8台 自転車20台
運賃 大人500円 バイク450円

バイクを搭載できるのは新造船「まりん・あわじ」のみです。
「まりーんふらわあ2」ならびに「小型船」はバイク搭載できないのでご注意ください。
三輪バイクなどについては、㈱淡路ジェノバラインへ直接電話にてご確認ください。


乗船について

㈱淡路ジェノバライン公式サイトをご覧ください。→株式会社ジェノバライン公式サイト